2016年3月5日(土) 曇り時々晴れ

昨日に引き続き連休だが、今日はやや曇りの予報。
取立山や日野山にでもと思ったが、今日もやっぱりこの山へ。

文殊山
CIMG2261.jpg
対人恐怖症(ウソ)の私はなるべく人と遭いたくないので、今日もマイナーな北山コース
をチョイス。
3年前に一度下りで利用したが、登りでは今回が初めて。
 
10:30 北山コース登山口(標高約19m)
CIMG2263.jpg
二上から帆谷方面に向かい、小高い丘のような太田山との間にある北山町集落から登るルート。

集落内の細い道を進み、林道の入口が登山口で、このお地蔵さんが目印。
CIMG2264.jpg
駐車場はないが、入口付近の路肩に2台ほどのスペースがある。

今日も長靴でハイク開始(10:32)
CIMG2265.jpg

しばらく沢沿いに林道を歩いていく。
CIMG2266.jpg

現在、途中に倒木箇所があるので車の通行は不能。
CIMG2267.jpg
倒木がなくても狭隘で退避箇所もほとんどなく、轍も深いので止めておいた方が無難。

10:45 林道分岐①(標高約93m)
CIMG2268.jpg
林道が二手に分かれ、北山コースはへ。
下りの際は一方が登っているので間違わないが、登りの際はご注意を。

10:46 林道分岐②(標高約96m)
CIMG2269.jpg
少し行った先にある分岐もへ。
なお左に行くと、大村コースの近くで行き止まりになると思われる。
近日中に調査予定(多分)

10:51 林道終点(標高約120m)
CIMG2270.jpg

ここから林道側へやや戻るような感じで右手の登山道に取付くのだが、
CIMG2271.jpg
看板やリボン等はなく少し分かりづらいかも。

10:53 帆谷・北山コース合流点(標高約125m)
CIMG2272.jpg
登山道に入ってすぐに、右手からくる帆谷コースと合流。
ここにはやや劣化しているが、標識があります。

尾根に取付き、U字型に掘れた登山道を登っていきます。
CIMG2273.jpg
ハイカー遭遇率より獣遭遇率の方が断然高いので、クマ鈴やラジオ等は必携。

小ピーク(P160)手前の急坂は、以前は階段があったが朽ちて崩壊しているので登りづらい。
CIMG2274.jpg

11:00 小ピーク(分岐)(標高約160m)
CIMG2275.jpg
ここで登山道が90度左に折れる。
登りの際(左折)はまず間違えることはないが、下りの際(右折)はご注意を!

しばらくなだらかだが、すぐにまた急坂になる。
CIMG2276.jpg

北山(帆谷)コースはマイナーなコースのため、倒木や折れた枝が道を塞いだ箇所も。
CIMG2277.jpg

私が除去してもいいのだが、大N翁のお仕事を奪うと怒られそうなので自粛。
CIMG2278.jpg
後で山頂で大N翁に話したら、「遠慮せんと、どうぞ!」と勧められてしまった(笑)

はるか頭上の二上コースからクマ鈴の音が聴こえてきた。
CIMG2279.jpg
また向こうも谷間からクマ鈴の音が聴こえるので、こちらを凝視してくる。
ええ、ここも登山道なんですよ。

11:20 七曲合流点(標高約249m)
CIMG2280.jpg
ここまで48分。暑さのせいか、ちょうど二上から登ってこられたUZさんと一緒に小休止。
お互い人一倍重い身体だと大変ですね(笑)

下山中のN田翁がやってこられ、昨日の角原古道の件を聞いてこられた。
えっ、もうご存じとは・・・ どうやらご住職から伺ったそうだ(笑)
また今日は北山コースで登ってきたことを伝えると、翁も大層興味を示され今度挑戦されるとのこと。

UZさんと一緒にハイク再開(11:32)
CIMG2281.jpg
今日は昨日以上に暖かく、4月下旬並みの陽気で、半袖でも充分なぐらい。

11:47 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG2282.jpg
汗が止まらず、たまらずここでも小休止。もちろんUZさんもご一緒です(笑)

鞍部付近も一部泥濘が残っていたが、水分が蒸発したせいか昨日より路面が硬い。
CIMG2283.jpg

12:07 展望台(標高約340m)
CIMG2284.jpg

12:14 大文殊(山頂)(標高365m)
CIMG2285.jpg
タイムは1時間42分と暑さでバテバテだった。

それもそのはず。山頂の気温は17℃(この後18℃まで上昇)
CIMG2286.jpg
日陰の御堂内でこの気温だから、日なたの部分は20℃近かったのだろう。
そのせいか、山中の杉の木が一斉に花粉を放出。
風が吹く度に黄色い煙の如く大量の花粉がバラまかれ、花粉症の症状を訴えるハイカーも多かった。

TK翁、I原翁とともにお昼。
CIMG2287.jpg
今日もカップ麺のみです(笑)

河津桜も昨日より開花が進み、3分咲ぐらい。
CIMG2290.jpg
その後も大N翁やM川翁など続々と登ってこられ、SEASUNさんともお会いした。

暖かくて気持ち良く、すっかり長居してしまった(14:32)
CIMG2292.jpg

14:45 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG2293.jpg
旧道からHポストに降り、帆谷古道から降りるプランも考えたが、七曲り方面へ。

15:00 七曲合流点(標高約249m)
CIMG2294.jpg
帆谷(北山)コースなので、直進。

15:08 小ピーク(分岐)(標高約160m)
CIMG2295.jpg
くどいようですが、帆谷、北山コースは右折です。
標識が少し隠れているので見落としやすく、直進してしまうと獣道で道が途中で無くなります。
しかもクマのねぐらも3つほどあります・・・

15:13 帆谷・北山コース分岐点(標高約125m)
CIMG2296.jpg
北山コースにピストンするので、右へ。

15:14 林道終点(標高約120m)
CIMG2297.jpg
あとは林道を下るだけ。

15:25 北山コース登山口(標高約19m)
CIMG2298.jpg
下りは53分。

北山コースは前半は林道、後半は帆谷コースで、ハイカーが少ないので静かなハイクが楽しめます。
ただし一部迷い易い箇所もあるので、初めての場合は地図やGPSをお忘れなく。

なお帰宅後にどえむマスターコウダから北山コースの林道調査の指令が入っていたので、
近日中に調査します。だってしないとどんなお仕置きをされることやら(笑)


やっぱり、山っていいね!


文殊山(365m)(北山コース) コースMAP
標高差346m
登り 1時間42分、下り 53分、TOTAL 4時間53分
今年10回目・通算168回目+1
出会った人 50人ぐらい(ご住職、UZさん、N田翁、TK翁、TU翁、大N翁、M川翁、I原翁、SEASUNさん他)
出会った動物 なし
2016年:18座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/704-b47b7c14