2016年3月4日(金) 晴れ

晴天なので取立山に行きたかったが、所用があったので近場の文殊山へ。
CIMG2219.jpg
今回も泥濘の多い二上コースを避けて、角原コースへ。
あの場所も気になるし・・・
 
10:13 角原登山口駐車場(標高約20m)
CIMG2220.jpg
誰もいないかと思いきや先客が2台。

10:16 角原コース登山口(標高約20m)
CIMG2221.jpg
今日も長靴でハイク開始。

一週間前に降った雪もすっかり消え、林道にも全くありません。
CIMG2222.jpg

10:30 林道終点(標高約95m)
CIMG2223.jpg

これが昨年春に登った際に気付いたお地蔵様
CIMG2224.jpg

お地蔵様の塔身に左 文殊道と彫られている。
CIMG2225.jpg

左手は急斜面だがトレースらしきモノがあり、下草の少ないこの時期を待っていた。
CIMG2226.jpg

かなりの急斜面で路面も柔らかいため、踏ん張りが効きにくく難儀しながら登っていく。
CIMG2227.jpg
しかも人のトレースはなく、獣の足跡ばかり。
もしかするとクマさんやイノシシくん御用達の獣道なのかな?(笑)

予想では半田コースのどこかに合流するのかと思っていた。
CIMG2228.jpg

うん? 半田コースではないぞ?!
CIMG2229.jpg

鞍部のような谷を緩やかに登っていくと、前方を歩く人影が見えた。
CIMG2230.jpg
男女二人組のようで、どこかで見た雰囲気。もしかして・・・

よ:「もしかして、大Kのりちゃんさんですか!?」

大:「でたー 青いクマだ!(笑)」

お二人や旧道を下山されてきたソロの女性にも驚かれてしまった。
まぁ、普通はあんなところ歩きませんよね(笑)

10:47 追分(Hポスト)(標高約175m)
CIMG2231.jpg
このルートが合流したのは二上コース、半田コース、帆谷古道、旧道が交差する追分
これは私の想像だが、帆谷と角原を結ぶ峠道(文殊道)だったのかも。
角原から帆谷までは、鉾ヶ崎、大土呂、半田、二上と大回りをしないとならないが、
このルートだと一直線で行ける。
往時はよく使われていたのかもしれないが、交通機関が発達していつの間にか忘れ去られ、
獣道化してしまったのだろう。
そういう訳でこのルートは勝手ながら角原古道と名付けさせていただきます(笑)

裏道(半田コース経由)から登って大Kのりちゃん御夫妻と一緒に旧道へ。
CIMG2234.jpg

キクバオウレン(菊葉黄蓮)
CIMG2233.jpg
キンポウゲ科オウレン属の多年草。今がまさに盛りです。

亀足と体力をだいぶ使ってしまったので、どんどん遅れていきます。
CIMG2235.jpg

11:21 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG2236.jpg
のりちゃん御夫妻が待っていてくれたが、少し休ませて下さい(笑)

1週間前の大きな雪だるまは跡形も全くありません。
CIMG2237.jpg

11:34 角原コース合流点(標高約295m)
CIMG2238.jpg
現在の角原コースはここに合流。

今日は一段と泥濘がひどく、長靴でも足がとられそうなぐらい。
CIMG2239.jpg

11:44 展望台(標高約340m)
CIMG2240.jpg

カタクリ群生地にはロープが張られていた。
CIMG2241.jpg
後から分かったが、カタクリの新芽を保護すべくご住職が設置されたそうだ。

泥濘を避けて登山道の端や外れて歩く方が多く、知らないうちにカタクリの新芽を踏んでしまうからだ。
新芽でなくても上から踏み固めてしまうと、芽が地上に出られなくなってしまう。
僅か2~3週間のために、11ヶ月近くも地下で時を待っているカタクリ。
この時期は登山道を外さず、靴の汚れが気にならない長靴で歩くのをおススメします。

11:54 大文殊(山頂)(標高365m)
CIMG2242.jpg
タイムは1時間38分。今日はご住職も詰めておられた。

山頂の気温は14℃
CIMG2243.jpg
もうすっかり春の陽気で暑いぐらい。

今日は加越国境の山々も望めた。
CIMG2246.jpg

おぼろげではあったが、純白の白山も遥拝できた。
CIMG2245.jpg
今頃取立山にはいっぱい登っているんだろうな。

山頂の河津桜も咲き始めています。
CIMG2248.jpg

軽くお昼を済ませ、のりちゃん御夫婦と下山開始(13:39)
CIMG2251.jpg

水分が蒸発して少し泥濘が固くなってきたが、相変わらず歩きづらい。
CIMG2252.jpg

13:51 角原コース分岐点(標高約295m)
CIMG2254.jpg
下りは正規の角原コースで降りるべく、のりちゃん御夫妻とはここでお別れ。
また山でお会いしましょう。

角原コースの雪も消えていた。
CIMG2255.jpg

ふきだまりになる箇所に僅かに残っていたが、これも今日明日ですっかり消えてしまうだろう。
CIMG2256.jpg

14:05 水場(標高約155m)
CIMG2257.jpg

14:11 林道終点(標高約95m)
CIMG2259.jpg

この角原古道、急坂部分にロープを設置すればいいコースになるだろう。
CIMG2258.jpg

14:20 角原コース登山口(標高約20m)
CIMG2260.jpg
下りは41分。

新たなルートが開拓でき、大Kのりちゃんさんたちとも出会えて楽しいハイクでした。

やっぱり、山っていいね!


文殊山(365m)(登り:角原古道、下り:角原コース) コースMAP
標高差339m
登り 1時間38分、下り 41分、TOTAL 4時間4分
今年9回目・通算167回目+1
出会った人 30人ぐらい(ご住職、大Kのりちゃん御夫妻、TK翁他) 出会った動物 なし
2016年:17座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/703-981dfeee