2011年5月25日(水)

減量と体力作りのために始めた山登り。
登っている時は、『苦しい・・・なんでこんなとこ登っているんだろう』と思う時もままあるのだが、
登り終えた爽快感に徐々に魅せられてしまっている。
今日も天気がいいので、どこかに登ろう。
今日もまた文殊山あたりにしようかな?
いや、徐々に高い山に挑戦していき、いつかは白山へ。
色々悩んだ挙げ句、今回は越前市にある【日野山】に決定!
DSC01647.jpg
日野山は標高795m。
泰澄大師によって開山され、越前五山(白山、越知山、文殊山、吉野ヶ岳、日野山)の一つに数えられる。
福井・鯖江方面から見ると、コニーデ型に見えるところから、【越前富士】とも呼ばれている。
800m近い日野山、私の体力で大丈夫だろうか?

DSC01651.jpg

9:15 中平吹公民館駐車場
DSC01653.jpg
DSC01655.jpg

クルマをここに停めて、日野神社へ。
DSC01657.jpg
何やら音がするので、空を眺めてみると、日野山のはるか上空を飛行機が飛んでいく。
DSC01656.jpg

9:22 日野神社
DSC01658.jpg
祭神は、継体天皇・安閑天皇・宣化天皇の三神。奥院日野山頂にある。
DSC01659.jpg
道中の安全を祈願し、参拝。

9:28 日野山中平吹登山口
DSC01662.jpg

猪除けの為のフェンスを開けて、登山道へ。
傍にはお決まりのように、【熊出没注意】の看板が。
DSC01661.jpg

登山道には地元の小学生が描いた看板があり、頂上までの距離が100mごとに記されている。
DSC01667.jpg

砂防ダムの辺りから、階段で急登となる。
DSC01669.jpg
DSC01671.jpg

まだ2000mもあるんだ。ふう~
DSC01672.jpg

途中で見かけたキレイな花。何ていう花なんだろう?
DSC01673.jpg

道中ではいくつかの奇岩が見られる。

10:00 焼餅石
DSC01676.jpg
焼餅(くず米に菜の干したものを混ぜてついた餅を焼いたもの)によく似ているところから、名付けられたとされる。

10:03 石の唐戸
DSC01679.jpg
昔、この中平吹の里に館を構えていた僧兵、佐々生光林房が追われてこのほら穴に隠れたとされる。

10:06 弁慶の三枚切り
DSC01682.jpg
昔、武蔵坊弁慶がこの山に登り、この岩を三枚に切って力を試したとされる。ホンマかいな?

10:11 車道と合流。
DSC01684.jpg
実は日野山、登山道のほかに頂上の祠修復の際に造られた車道が、頂上まで続いているらしい。
車道付近からは付近の山々が眺められる。

車道には行かず、忠実に登山道をトレース。
DSC01686.jpg

10:23 室堂(5合目)到着。
DSC01688.jpg
登山開始から約55分。標準的なタイムが50分だそうなので、まずまずのペース。

ちょうど団体客の方々が休憩中だった。
ここが5合目で、頂上まで残り1000m
DSC01695.jpg
ベンチのほか、屋根付の休憩所水場もある。
DSC01693.jpg

カッコイイ仏像も祀られている。

不動明王?
DSC01689.jpg

阿修羅?
DSC01690.jpg

みなさんもう行ってしまうんですね。
DSC01692.jpg
しばらく休憩し、私も後を追うことにする。

10:30 室堂出発。
DSC01696.jpg

ブナの原生林の中を1人進んでいく。
今日は熊除けの鈴のほかに、AMラジオを鳴らして人が居ることを知らせる。出てくるなよ~!
DSC01698.jpg

10:50 比丘尼ころばし入口
DSC01699.jpg

ここからは【比丘尼ころばし】という急登が続く。
解説では、昔この御山が女人禁制で、女性は登山できなかったにもかかわらず、その禁を破った尼僧(比丘尼)が登ったところ神の怒りに触れて転げ落ちたことに由来するらしい。

岩場の上にが付着して滑りやすい箇所もあるため、ロープが付いている。
先ほど室堂で一緒になった女性がここで難儀されていた。
DSC01702.jpg

11:00 大比丘尼ころばし
DSC01703.jpg
比丘尼ころばしの先には、より急登な【大比丘尼ころばし】が続く。
ひいひい言いながら、大比丘尼ころばしを抜ける。頂上まで残り200m。
DSC01706.jpg

11:30 頂上(795m)到着。
DSC01708.jpg
室堂から1時間。登山口から1時間55分で頂上へ。
DSC01715.jpg

頂上の休憩所には、先ほど室堂で先行された団体客が既に陣取られていた。
休憩所より高い部分には、日野神社奥院の祠がある。
DSC01711.jpg

ここからは越美・加越国境の山々が望める。
頂上からの絶景を見ていると、登っている途中の苦しさなど忘れてしまう。

銀杏峰、部子山、能郷白山方面
DSC01718.jpg
白山方面は霞んであまり見えない。雪解けのこの時期は見え難いらしい。
DSC01721.jpg

休憩所の日陰で、持参した携帯コンロでお湯を沸かして昼ごはん。
DSC01725.jpg
今回もカップ麺と食後のコーヒーとわたし的にはえらく控えめ(笑)
DSC01727.jpg

食後は北側の方へ。
DSC01736.jpg
三里山や文殊山、越前市街地が眼下に広がる。
DSC01733.jpg

12:20 下山開始。
DSC01738.jpg
登ってきた道を降りるのもいいのだが、比丘尼ころばしは登り以上に注意を要するので、迂回路の車道へ。

だがあまり整備されていないのか、こんな風に崖崩れの箇所も何箇所かある。
DSC01739.jpg

12:40 比丘尼ころばし入口
DSC01740.jpg

12:53 室堂 ここで小休止。
DSC01741.jpg

登山道より歩きやすいが、路面がコンクリートなので足に負担がかかってくる。
DSC01743.jpg

木が道を塞いでいる箇所もあるので注意。
DSC01744.jpg

途中からコンクリート舗装がなくなり、赤土の道になる。
DSC01746.jpg
土砂崩れでもあったのかな?

13:35 登山口
DSC01748.jpg
下山は1時間15分だった。
日野神社に再び参拝し、無事登山できたお礼を伝える。

あんな上まで登っていたんだ。改めて下から見ると余計に高く見えてきた。
つい1週間前には365mの文殊山でビビっていたのが、倍以上の高さでも何とかなるもんだ。
DSC01749.jpg

旧南条町の「花はす温泉そまやま」で汗を流した後、帰宅。
DSC01750.jpg
来週はどの山に登ろうかな?

日野山(795m)(平吹コース)
標高差715m
登り 1時間55分、下り 1時間15分、TOTAL 4時間20分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/7-4a5261d6