2016年1月19日(火) 曇り一時晴れ時々小雪

週明けから日本列島を寒波が襲っている。
昨日のテレビでは関東の大雪を報じていたが、福井では全く積雪がなく違和感を感じたほど。
昨夜も22時頃までは雪のゆの字もない状態だったが、目覚めると待望の積雪
多いところでは1mという予報だったが、自宅付近の積雪は15cm程度と少し拍子抜け。
嶺北北部には大雪注意報が出ているようだが、もちろん私は山にいきますよ(笑)

文殊山
CIMG1886.jpg
もっと山肌が白くなっているかと思いきや、黒い箇所もチラホラ。
このところ1日2~3座とハイペースだったが、今日は遅めのスタートなので1座だけ。
 
11:36 二上登山口駐車場
CIMG1888.jpg
お昼近いせいもあるのか、珍しく先客の車はトイレ付近に4台のみ。

雪や雨は降っていないが、気温が氷点下だったので、今シーズン初の目出し帽を装着。
CIMG1892.jpg

準備していると、ちょうど大N翁が到着された。
CIMG1893.jpg

駐車場付近の木々も雪化粧してキレイ。
CIMG1894.jpg

2年目になるエコ融雪装置
CIMG1895.jpg
動力を全く使わず、沢水だけでこれだけ効果を挙げるアイデアは本当に素晴らしい。

登山口に至る林道は薄ら白くなっている程度。
CIMG1896.jpg

11:45 二上登山口(標高約26m)
CIMG1897.jpg
今日は気温が低いので、なるべく汗をかかないよう一段とちんたら登っていこう。

序盤の部分は5cm程度と、思ったほど積雪がない。
CIMG1899.jpg
なんか自宅付近の方が多い気がするが・・・

12:17 追分(Hポスト)(標高約175m)
CIMG1900.jpg

旧道にトレースがあったが、本コースへ。
CIMG1901.jpg

12:21 岩清水(標高約189m)
CIMG1902.jpg

福井市街も雪化粧。
CIMG1903.jpg

この付近の木々も雪を纏ってキレイだった。
CIMG1904.jpg

12:37 七曲合流点(標高約248m)
CIMG1906.jpg
ここまでで6人とすれ違う。ということはこの先は私と大N翁だけのようだ。

大村コースにトレースはなく、ご住職はお休みのようだ。
CIMG1908.jpg

もちろん帆谷コースにもトレースはなし。
CIMG1907.jpg

七曲付近の木々は思ったほど雪が付着していなかった。
CIMG1909.jpg

吹き溜りになる文殊霊泉分岐付近でも積雪10cm程度と少ない。
CIMG1910.jpg

12:55 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG1912.jpg
ハイク開始から1時間10分経過。超ちんたら歩きでも、額に薄ら汗がにじみ出る。

本堂に貼ってあった同様の注意書きが掲示されていた。
CIMG1913.jpg
すんば(杉葉)は泥と混ざると余計に滑りやすくなるので路面に入れないように。

泥濘箇所はまだ根雪になっていないので、不用意に足を置くとズルっと滑り易い。
CIMG1914.jpg

大N翁が降りてこられた。
CIMG1915.jpg
ということはこの先は私ひとりか。。。

13:05 角原コース合流点(標高約295m)
CIMG1916.jpg
前回歩いた角原コースにもトレースはなし。

13:14 展望台(標高約340m)
CIMG1917.jpg
この辺りから稜線を吹き渡る風が強くなってきた。

展望台から南越方面を望むと、越前市付近にはほとんど積雪がありません。
CIMG1918.jpg
今回の寒波第一陣は福井市以北だったようで、文殊山の北と南で景色が一変していた。
実は出発前にライブカメラで確認したところ、今庄や敦賀には全く雪がなかった。

13:22 大文殊(山頂)(標高365m)
CIMG1920.jpg
タイムは1時間37分。

予想通り、山頂には誰も居ません
CIMG1921.jpg
山頂の積雪も10cmほどで、ベンチも薄ら白くなっている程度。

気温は0℃だが、風があるので体感温度は氷点下
CIMG1923.jpg

福井市街は小康状態だが、坂井市やあわら市方面は真っ白。
CIMG1922.jpg
この時間帯は暴風雪だったようで、あわら市で観光バスが横転する事故があったそうだ。

通常と逆で、山頂付近より、麓の木々の方が白い
CIMG1927.jpg
今回の寒波は県内の北にいくほど激しかったようだ。

本堂の陰で立ったままお昼にする。
CIMG1925.jpg
冬はやはりおでんに限りますね。

時折日差しが差してきた。
CIMG1926.jpg

身体が暖ったまっているうちにとっとと降りよう(13:54)
CIMG1928.jpg

雪に泥濘が隠れているので、時折足を取られそうになる。
CIMG1929.jpg

14:11 小文殊(室堂)(標高296m)
CIMG1930.jpg

雪が少ないのでコケないように注意しながら下っていく。
CIMG1931.jpg

14:21 七曲合流点(標高約248m)
CIMG1933.jpg

あの寒気がもっと南下して欲しいが・・・
CIMG1934.jpg

14:45 二上登山口(標高約26m)
CIMG1936.jpg
下りは51分。

待望の寒波到来だが思ったほど雪が多くなく、少し肩透かしだった。
明日からもっと寒波が強まるようなので期待したいのだが・・・


やっぱり、山っていいね!


文殊山(365m)(二上コース) コースMAP
標高差339m
登り 1時間37分、下り 51分、TOTAL 3時間
今年4回目・通算162回目+1
出会った人 10人(大N翁他) 出会った動物 なし
2016年:11座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/691-6cd127d1