2016年1月12日(火) 曇りのち晴れ

今回は久しぶりに滋賀県の山に遠征へ。

飯道山(はんどうざん)
CIMG1778.jpg
※下山後、旧水口町側から撮影。

おっと 空手チョップが炸裂!!
rikidouzan.jpg
それは力道山!Σ\( ̄ー ̄;)

♪一生一緒にいてくれや
mikidouzan.jpg
それは三木道三!Σ\( ̄ー ̄;)

ボケはこのぐらいにして、飯道山は滋賀県の湖南エリア、甲賀市と湖南市に跨る里山で、
古代より山岳信仰や修験霊場として敬われている。
また甲賀忍者発祥の地とも謂われ、以前からこの付近を通る度に気になっていた。

なお”こうが”と呼びがちだが、地名や駅名、行政施設などは”こうか”と濁らない。
余談だが、米原も市名や駅名などは”まいばら”と濁るが、高速のIC等は”まいはら”と濁らない。
ラジオの渋滞情報などで確認するとなるほどと思いますよ。

今回は飯道山と南東麓にある庚申山(こうしんさん)(407m)を周回するプランである。
 
5時過ぎに自宅を出発して、R8で滋賀県を目指す。
途中越前市付近では小雪が舞っていたり、敦賀付近では小雨もパラついていた。
滋賀県に入り、朝の通勤渋滞を回避すべく、木之本ICから北陸道に入る。

米原JCTで名神に入り、草津JCTから新名神へ。
CIMG1624.jpg
距離的には湖東三山SICや八日市ICで降りた方が近いが、降りてすぐ飯道山なのでこちらの方が便利。

信楽ICで高速を降り、R307(近江グリーンロード)で小野登山口へ。
CIMG1626.jpg

信楽高原鉄道の踏切を渡った先が小野登山口。
CIMG1627.jpg
ただし渡った先には駐車スペースがないため、踏切手前の小野地蔵尊の駐車場に駐車。

9:12 小野登山口(小野地蔵尊)駐車場(標高約330m)
CIMG1628.jpg
先客の車はなく、私が一番乗り?

この小野登山口にしたのは、庚申山の登山口も兼ねており、周回できるから。
CIMG1630.jpg

飯道山にはこの旧甲南町側の小野登山口の他に、旧信楽町側の宮町登山口
CIMG1629t.jpg
旧水口町側の百町登山口三大寺(貴生川)登山口、湖南市側のアセボ峠口など
数多くの登山口がある。

9:22 飯道山小野登山口(標高約330m)
CIMG1631.jpg
飯道山山頂までは約3.5km。今日はスパイク長靴でなく、久しぶりに登山靴でハイク開始。

まずは舗装された林道を歩いていく。
CIMG1632.jpg
林道入口にはゲートがあり、許可車以外通行不可。

9:29 林道分岐①(標高約338m)
CIMG1633.jpg
標識に従い右へ。なお手前にもう1箇所林道分岐があるのでご注意を。

9:35 林道分岐②(標高約362m)
CIMG1636.jpg
ここには山頂方向を示す標識はなかったが、持参した地図を確認し直進。
なお右へ行くと、直接山頂には行きません。

林道なので急登こそないが、いやらしい傾斜が続きます。
CIMG1637.jpg
”忍法ちんたら歩き”を駆使し登っていく(笑)

地図によると、途中から林道と分れて尾根を直登していくはずなのだが・・・
CIMG1638.jpg
実は1箇所、それらしき取付き口があったのだが、標識はなくピンクのリボンだけだったので
スルーしてしまった。

これはもしかすると、甲賀幻妖斎の妖術か??(ウソ)
kougagenyousai.jpg

歩き始めから30分が経過。林道はくねくねと山肌を巻きながら登っていく。
CIMG1639.jpg
やはりさっきのリボンのあった箇所が登山道だったのだろう。
山頂に行く場合は林道の方が便利だが、先に飯道神社に行く場合は登山道の方が断然近い。
でも林道の方が急登がないので結果オーライかも(笑)

だいじょ~ぶ!
aokage.jpg
今の若い人は知らないだろうな・・・(笑)

山肌に巨岩が目立ってきた。
CIMG1640.jpg
飯道山は全山花崗岩からできており、奇岩や巨岩が多い。

行けども行けども幻術のように林道が続きます。
CIMG1641.jpg
しかも時折周りからカサカサと何かが動く音がしてくる。どうやら敵の術中に嵌ってしまったようだ。
もっとも自分から嵌っていったのだが・・・(笑)

ここにも分岐っぽいところがあったが、標識がないので舗装路へ(10:11)
CIMG1642.jpg

10:16 林道分岐③(標高約570m)
CIMG1643.jpg
飯道神社まで残り500m。

右に行くと堂徳寺林道を経由して、杖の権現や貴生川(きぶかわ)駅に至る。
CIMG1644.jpg

路肩が大きく崩落した箇所が幾つかあった。
CIMG1646.jpg

林道は緩やかに下り始め、前方に車らしきモノが見えてきた。
CIMG1647.jpg

10:25 飯道山山頂・飯道神社分岐(標高約598m)
CIMG1648.jpg
ここまで1時間3分。

飯道山は山頂と神社のあるピークの双耳峰で、ここがその鞍部になる。
CIMG1651.jpg

庚申山に周回する場合、また戻ってこないといけないので、先に飯道神社へ。
CIMG1650.jpg

檜やヒバが茂る登山道を進んでいく。
CIMG1652.jpg
今日初めて舗装されていない道を歩きました(笑)

この一帯は広尾根になっており、古い石組みで囲まれた無数の僧坊跡がある。
CIMG1653.jpg

10:29 木食応其(もくじきおうご)上人入定窟
CIMG1654.jpg
安土桃山期の真言宗の僧侶で、豊臣秀吉の保護を受け高野山の再興や方広寺の造営などに携わった。

かつて神仏習合の飯道権現を祀る飯道寺(はんどうじ)があり、
CIMG1657.jpg
最盛期には僧房58宇余を数えたが、江戸期中期から衰退し、明治の神仏分離令で廃寺となった。

階段を下っていく。
CIMG1658.jpg

前方に大岩と鳥居が見えてきた。
CIMG1659.jpg

月の輪の峯
CIMG1661.jpg

”越野カバ丸”の異名を持つ私ならサクっと登れてしまうが、今回は止めておこう(ウソ)
akakage.jpg

説明書きがあったが、文字がかすれてほとんど読めなかった。
CIMG1660.jpg

神社へは一旦石段を降りていく。
CIMG1662.jpg
眼下に見える林道は先ほどの林道から続いているようだ。

10:33 飯道神社入口(三の鳥居)(標高約577m)
CIMG1663.jpg
正しくは”いひみち(いいみち)じんじゃ”だが、中世以降飯道寺(はんどうじ)が有名となったため、
”はんどうじんじゃ”と呼ばれることも多い。

パイロンで保護されているのは鳥居護法石
CIMG1664.jpg

鳥居護法石の右手にあるのが鏡の大岩
CIMG1666.jpg
月の輪の峯の反対側に当たり、キレイに切り立った面からこう呼ばれるのだろう。

境内にあった飯道山惣絵図の看板。
CIMG1668.jpg

多くの僧坊が描かれており、往時の繁栄ぶりが偲ばれる。
CIMG1670.jpg

公衆トイレもありました。
CIMG1667.jpg

本殿に向かう石段の左側に行くと、修験者たちが修行した行場
CIMG1671.jpg

本殿直下の急斜面を取り巻くように巨岩の岩場が続いており、1周およそ350m
CIMG1674.jpg

非常に険しい道で、まさに天然のフィールドアスレチック場らしく、
CIMG1673.jpg
ここで修行した修験者たちがのちの甲賀忍者になったとも謂われている。
また真田十勇士に出てくる甲賀忍者の猿飛佐助は講談や小説上の架空の人物とされるが、
飯道山北麓に位置する三雲の豪族の子、三雲佐助賢春という説もある。

ただし昨年10月から始まった本殿葺替工事のため、本殿には周回できません。
CIMG1672.jpg
行場巡りのために滑り易い長靴じゃなく、登山靴にしたのに・・・ 残念。

少しだけ覗いていこう(10:36)
CIMG1675.jpg

天狗の岩
CIMG1677.jpg

先の方でなにやらゴソゴソ音がする。
CIMG1680.jpg
他のハイカーかと思いきや、甲賀幻妖斎配下(ウソ)のお猿さんだった。
こちらに近づいてきたので、南蛮渡来の”忍法火遁の術(火薬銃)”で撃退(笑)

トラバース気味に進むのかと思っていたら、この先は斜面を下っていく。
事前の予習では、この先不動の押し分け岩胎内くぐりなど、中肉の方が
なんとか通れそうな箇所が続くらしい。
チョッと太めな私の場合、多分通れない、いや、よしんば通れたとしても引き返すのは一層困難なので
ここでドロンします(←古っ!)

行者堂前に戻ってくる(10:43)
CIMG1683.jpg

石段を登って本殿へ。
CIMG1681.jpg

葺替工事施工中で危険なため、この祠が仮本殿となっていた。
CIMG1684.jpg
御祭神は伊弉冊尊(いざなみのみこと) 速玉男神(はやたまのおのかみ) 事解男神(ことさかおのみこと)

ここから先は関係者以外立入禁止で、本殿はシートに隠れて見えなかった。
CIMG1685.jpg

なお工事終了は2017年3月末の予定だそうです。
CIMG1682.jpg

山頂に向かいます(10:49)
CIMG1686.jpg

やはりこの付近はお猿さんがよく出没するようだ。(笑)
CIMG1687.jpg

10:54 飯道山山頂分岐(標高約598m)
CIMG1688.jpg
山頂までは約800m。

道幅は狭くなり、両脇にクマ笹が茂る中を緩やかに登っていく。
CIMG1689.jpg

途中軽いアップダウンもあった。
CIMG1690.jpg

再びなだらかになってくると山頂ももうすぐ。
CIMG1692.jpg

11:12 飯道山山頂(標高664m)
CIMG1694.jpg
神社から23分で到着。山頂には誰も居なかった。

登頂記念の三角点(二等・飯道山)タッチ。
CIMG1695.jpg

山頂の気温は4℃
CIMG1696.jpg

標柱の脇には小さなお地蔵様が祀られていた。
CIMG1699.jpg

眺めは北西方向が開けていて、富士山のような円錐形の山は、”近江富士”こと三上山(432m)
CIMG1698.jpg
琵琶湖対岸の比良山系の山々もおぼろげながら望めた。

ベンチでお湯を湧かしてお昼にする。
CIMG1700.jpg
食後コーヒーを淹れてまったりしていると、6人パーティーのおねーさまたちが登ってこられた。
地元滋賀県の山仲間だそうで、貴生川側の三大寺登山口から登ってこられたそうだ。
まさかこの方たちも幻妖斎配下のくノ一?(笑)

少しパラっと落ちてきたので、おねーさまたちは食事も摂らずに下山されていった(11:46)
CIMG1701.jpg
やはり私を偵察しに来たくノ一だったようだ(大ウソ)

私も後を追うべく、下山開始(11:47)
CIMG1702.jpg

おねーさまたちが言っていた通り、こちらのコースの方が断然急登
CIMG1703.jpg

”K・H・K(下りは速い子)”の私は程なくおねーさまたちに追い付く(11:52)
CIMG1704.jpg

11:55 杖の権現休憩所(標高約580m)
CIMG1705.jpg
少し下ったところに杖の権現という祠があるらしい。

おねーさまたちが登ってきた貴生川コースの方が近道だが、岩がゴロゴロしているそうだ。
CIMG1706.jpg
おねーさまたちは下りはもうこりごりということで、林道を降りていかれた。

どうしようか迷ったが、私も遠回りでも歩き易い林道(堂徳寺林道)をチョイス(11:58)
CIMG1707.jpg

途中開けた場所からは、甲賀市街が望めた。
CIMG1708.jpg
遥か先におぼろげに見えるのは御在所岳や雨乞岳などの鈴鹿山脈の山々。

そのすぐ下には大規模な崩落現場があった。
CIMG1709.jpg
貴生川コースはこの下の方を通っているようだ。

再びおねーさまたちに追い付く(12:06)
CIMG1710.jpg
ここからはおねーさまたちと談笑しながら降りていく。

木々の隙間の先に見えるのが貴生川コースだそうだ。
CIMG1711.jpg
岩がゴロゴロして歩きにくそうで、あのまま進んでいたら敵の術中に嵌っていただろう(笑)

12:14 貴生川コース合流点(標高約430m)
CIMG1712.jpg

左が降りてきた林道で、右がおねーさまたちが登ってきた貴生川コース。
CIMG1713.jpg
林道の方が遠回りでも路面状態が良いので、下りの場合は林道がベター。

途中にあった看板。
CIMG1715.jpg
全然似てない・・・(笑)

12:23 飯道山休憩所(標高約357m)
CIMG1717.jpg
東屋とトイレが設置されている。反対側の斜面を登っていくと岩壺不動尊がある。

12:25 貴生川コース分岐点(標高約340m)
CIMG1718.jpg

庚申山に向かうので、ここでおねーさまたちとお別れ。
CIMG1720.jpg
いろいろ教えていただきありがとうございました。
おねーさまたちの情報がなければ、今頃貴生川コースで嵌っていたことでしょう。
やはり白雲斎先生が遣わされたくノ一だったんですね(笑)

百町登山口に向けて林道を進んでいく。
CIMG1721.jpg

既に8km近く歩いているが、登山道を歩いたのは僅か1kmほど(笑)
CIMG1722.jpg

12:38 飯道山百町登山口(標高約256m)
CIMG1723.jpg
下りは51分。
楽しみにしていた行場巡りは工事のためできなかったが、里山にしては懐の大きい山なので、
機会があればまた登ってみよう。

2座目の庚申山に向かいます・・・


☆今回のルート図☆ (クリックすると拡大します)
handouzan01-002.jpg

☆アクセス☆



やっぱり、山っていいね!


飯道山(664m)(登り:小野登山口 下り:百町登山口)
標高差408m
登り 1時間50分、下り 51分 TOTAL 3時間16分
出会った人 6人 出会った動物 猿1匹
2016年:8座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/688-55bc2009