今年の干支猿(申)
monky01.jpg
今年も干支の山に登るべく、福井県内と近県にある猿・申の付く山をまとめてみました。
やっぱり猿(申)が付く山に登らざるをえないでしょう!
 
【申、猿】の付く山

① 猿塚(さるづか)(1221m:福井県大野市)

県内で唯一の”猿”が付く山で、旧和泉村(大野市)の九頭龍湖のさらに奥にあり、福井県最深部
と言っていいぐらいの秘境
この付近は猿が多く、以前平家岳(1442m)に登った際に周囲を囲まれ威嚇された(笑)
登山道はなく、沢を登り詰めていくので、沢登りの装備とスキル、経験が必須。
他のハイカーに出会う確率は限りなくゼロに近く、携帯の電波も届かないので遭難しても分かりません。
単独並びに一般ハイカーは止めておいた方が無難です。もちろん私もパスします(笑)


② 猿山(さるやま)(332m:石川県輪島市)

能登半島の輪島にあり、日本海の断崖に面した山。
3月下旬から4月上旬に咲くユキワリソウ(雪割草)の群生地としても超有名で、
申年の今年は激混みが予想されるかも。


③ 猿ヶ山(さるがやま)(1448m:富山県南砺市)

合掌造りで有名な五箇山の近くにあり、庄川と小矢部川の分水嶺になっている山。
標高は高いがブナオ峠(980m)から登るため、日帰り可能(往復約5時間)
なお山口県萩市にも同名の猿ヶ山(626m)がある。


④ 猿ヶ馬場山(さるがばんばやま)(1875m:岐阜県白川村)

飛騨高地最高峰で日本三百名山ぎふ百山に選ばれている。
残雪期の春山登山で人気があり、山頂からは北アルプスや白山など360度のパノラマが楽しめる。
なお新潟県新発田市にも同名の猿ヶ馬場山(202m)がある。


⑤ 猿投山(さなげやま)(629m:愛知県瀬戸市・豊田市)

古くから山嶽信仰巨石信仰として崇められてきた山で、第12代景行天皇(日本武尊の父)が
伊勢に行幸した際に、不吉な事を行なった愛猿を海に投げ捨てた伝説に由来すると謂われる。


⑥ 庚申山(こうしんざん)(408m:滋賀県甲賀市)

山頂には最澄が開いたとされる広徳寺があり、山名は本尊の青面金剛童子と結びついた
庚申尊(猿田彦神)に由来する。
また北西にある飯道山(はんどうざん・664m)は古くから修験者の厳しい修行場とされ、
彼らが後の甲賀忍者になったとも謂われている。


①以外はどれも登りたい山なので、全部登ろうかな?(笑)
sankasezaruwoenai.png


やっぱり、山っていいね!


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/687-17508298