2015年12月22日(火) 曇り時々晴れ

今日は1年で一番昼の時間が短い冬至
ちなみに日の出が一番遅いのは冬至じゃなく、半月遅れの1月7日頃で、
日の入りが一番早いのも、冬至じゃなく半月早い12月7日頃なんだそうです。

仕事や溜まっていたレポ作成もあり、先週は山に登らずじまい。
やはり1週間山に行かないと身体がなまってくる感じ。
今日はまずまずのお天気のようでいろいろ迷ったが、久しぶりにこの山へ

野坂岳(913m)※
CIMG1205.jpg
前回の昨年1月から約2年ぶりとすっかりご無沙汰。
一昨日(20日)の穂高さんのレポをみると、登山道にもかなり雪が積もり良さげな様子。

※以前は野坂岳の標高は914mとされ、敦賀市の郵便番号、上3桁と同じで覚えやすかったのだが、
2014年4月に913mに改訂され1m低くなってしまった。
 
遅く出発したので、敦賀市内に入ったのは10時少し前。
CIMG1206.jpg
この日は事故が多いのか、途中3箇所ほど現場を見かけた。

いこいの森に続く道路には雪は全くなし。
CIMG1207.jpg

10:11 いこいの森駐車場(標高約193m)
CIMG1208.jpg
積雪が多いともっと下の駐車になるのだが、今回も登山口前まで来ることができた。
平日のせいか先客の車は5台ほどと少し寂しい。

10:14 野坂岳登山口(標高約190m)
CIMG1209.jpg
山頂までの標準タイムは2時間30分。雪道なので目標3時間としたいが果たして・・・

今日もミツクマ頑丈69DMです(笑)
CIMG1210.jpg

序盤は造成林の中をいやらしい傾斜が続く。
CIMG1211.jpg

前回雪が出始めた箇所もご覧の通り。
CIMG1212.jpg

沢を渡渉して左岸へ。
CIMG1213.jpg
この辺りから下山してくる常連さんたちとすれ違い始める。

10:56 トチノキ(橡の木)地蔵(標高約362m)
CIMG1214.jpg

2013年の水害で下流に流出したお地蔵様は、より高台に安置されていた。
CIMG1215.jpg

お地蔵様から先は前回前々回とも一面の雪だったが、今回は完全に夏道が露出。
CIMG1216.jpg
途中穂高さんと思しき男性とすれ違ったが、シャイな私は挨拶を返すしかできませんでした(笑)

積雪時は狭くて少し危険なトラバース部分になる個所も全く雪がありません。
CIMG1218.jpg
まぁ上の方に行けばあるんだろう・・・

11:22 テレビ塔コース合流点(標高約550m・山頂まで2km)
CIMG1219.jpg
”ちんたら歩き”のせいか息も上がっていないのでスルー。

11:23 夏道・冬道分岐2
CIMG1220.jpg
ここからは何度か夏道と冬道が交錯しながら登っていく。

夏道は斜面を巻きながら登っていくので、積雪時は危険で急登な冬道を登るのだが、
CIMG1221.jpg
雪がないので緩やかな夏道へ。

11:28 夏道・冬道分岐3
CIMG1222.jpg
ここも夏道へ。

11:32 夏道・冬道分岐4
CIMG1223.jpg
ようやく登山道脇にポツポツと雪が見えてきたが、登山道はクリア。

11:37 行者岩分岐
CIMG1224.jpg
この辺りでようやく登山道にも雪が出てきたが、歩くのにはほとんど支障なし。

11:47 一の岳(標高約690m)
CIMG1225.jpg
1時間33分とまずまずのペースで、ようやく小休止

ここにも積雪はなく、お地蔵様もお顔を覗かせています。
CIMG1226.jpg

少し晴れ間が出てきて、眼下には敦賀市街が広がる。
CIMG1227.jpg

北側にはホノケ山(737m)や日野山(795m)が望め、
CIMG1228.jpg

冠山(1257m)も確認できた。
CIMG1230.jpg

さぁ、ここから先はスノーパラダイスが待っているはず・・・(11:54)
CIMG1231.jpg
ここまで7人とすれ違ったので、この先は私1人?

路面に雪が多くなってきたが、ほとんど溶けている状態。
CIMG1232.jpg
2日前は一面の銀世界に一本道のトレースが続いていたはずなのに・・・

溶けた雪がシャーベット状になっており、長靴で大正解。
CIMG1234.jpg

12:21 二の岳(標高約822m)
CIMG1235.jpg
二の岳付近の雪もほとんど溶けていた。

三の岳に向かう登りは積雪時には直登になるので急登だが、夏道が露出しているので楽ちん。
CIMG1236.jpg

12:36 三の岳(標高約877m)
CIMG1237.jpg
三の岳付近もご覧の通り。僅か2日でここまで溶けるとは・・・

これを登れば山頂だ。
CIMG1238.jpg

12:44 野坂岳避難小屋(標高約906m)
CIMG1239.jpg
小屋内は誰もおらず、山頂に向かいます。

12:45 野坂岳山頂(標高913m)
CIMG1240.jpg
タイムは2時間31分。雪がほとんど消えていたせいもあるが、標準タイムで登ることができた。

山頂にも誰もおらず、私が今日のしんがりのようだ。
CIMG1241.jpg
看板の標高は従前のままだった。

山頂の雪もほぼ消えており、三角点(一等・野坂岳)もご覧の通り露出。
CIMG1242.jpg

生憎の曇り空で、残念ながら白山は遥拝できず。
CIMG1243.jpg

北側には西方ヶ岳(764m)や日本海
CIMG1244.jpg

西側には雲谷山(787m)や久須夜ヶ岳(619m)。
CIMG1245.jpg

南側には三国山(876m)と琵琶湖
CIMG1247.jpg

伊吹山(1377m)や霊仙山(1094m)も望めた。
CIMG1262.jpg
この冬も登ろう!

弱い風が吹いており、じっとしていると肌寒いので小屋で食事にしよう。
CIMG1251.jpg

小屋内は外気温(6℃)より低い5℃だったが、風が当たらない分むしろ暖かく感じる。
CIMG1253.jpg

今日のお昼はきつねそばとおにぎり3個。
CIMG1254.jpg

でもそれだけで終わるはずもなく、カレーうどんに残った汁で雑炊も(笑)
CIMG1261.jpg

ソロの男性と入れ替わりで下山開始(13:30)
CIMG1263.jpg

13:35 三の岳(標高約877m)
CIMG1264.jpg

13:43 二の岳(標高約822m)
CIMG1265.jpg

登り時より一段と雪解けが進んでおり、明日にはほとんど消えてしまいそう。
CIMG1266.jpg

13:57 一の岳(標高約690m)
CIMG1267.jpg
下りも夏道で降りていく。

14:09 テレビ塔コース合流点(標高約550m)
CIMG1269.jpg

14:19 トチノキ(橡の木)地蔵(標高約362m)
CIMG1270.jpg

地蔵を過ぎた桜の木のところで、3匹のと遭遇。
CIMG1271.jpg
慌ててカメラを構えるも、あっという間に姿を消してしまった。
もしかすると干支の新年まで待ち切れず、顔見せしてくれたのかな?(笑)

14:39 野坂岳登山口(標高約190m)
CIMG1272.jpg
下りは1時間9分。

残念ながら期待した雪景色はお目にかかれなかったが、気持ちのいいハイクが楽しめました。
早くドカっと降ってくれないかな?

下山後は旧河野村(南越前町)の河野シーサイド温泉ゆうばえへ。
CIMG1273.jpg

通常料金は600円だが、JAF会員は1月31日まで半額の300円で入浴可能。
CIMG1280.jpg
それじゃまた嶺南の山に登らないと(笑)

露天風呂はないが、全面ガラス張りの大浴場からは日本海に沈む夕陽が望めます。
CIMG1278.jpg
冬至ということで、ゆず湯も楽しめました。


やっぱり、山っていいね!

野坂岳(913m)
標高差723m
登り 2時間31分、下り 1時間9分、TOTAL 4時間25分
今年1回目・通算4回目
出会った人 8人(穂高さん他) 出会った動物 猿3匹


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/675-ba975227