2015年11月21日(土) 曇り

マーシンでご主人と談笑している際、以前から気になっていたことを尋ねる。

よ:氏家(うずえ)付近の小高い山は何という山ですか?」
主:「確か岡山じゃなかったかな・・・」
よ:「あの山は登れないんですよね?!」
主:「いや、岡山神社の裏から登れたはずだよ」

CIMG0522.jpg

地理院地図にも山名表示はなく、てっきり登れないものと思っていたのだが、
ご主人から地元ならではの貴重な情報をGET! ありがとうございます。
5座目は別の山に登る予定だったが、急遽この岡山を追加。
言い忘れましたが、今日は8座登りますがなにか?
 
12:44 岡山登山口(標高約20m)
CIMG0527.jpg
ご主人の情報を基に、まずは岡山神社の石段を登っていく。

12:46 岡山神社(標高約34m)
CIMG0528.jpg
社伝によると、祭神は天津兒屋根命(あまつこやねのみこと)、伊弉冉(いざなみ)、
誉田別尊(ほむたわけのみこと=応神天皇)。
元々は明治初期に白山宮(白山神社)として山頂に鎮座されていたが、大正3(1914)年に岡山神社に改称。
その後老朽化や不便さもあり、昭和60(1985)年に現在の地に遷座された。

拝殿右手の摂社へ。
CIMG0530.jpg
縁起等はなかったが、恐らく宇気持命(うけもちのみこと)を祀る稲荷神社だろう。

摂社脇の壁の裏手に回ると、情報通り登山道らしき道を発見!
CIMG0531.jpg

落ち葉が降り積もっているが、トレースは明瞭。
CIMG0532.jpg

うん? この標識は?
CIMG0533.jpg

どうやら地元の方が付けたモノのようだ。
CIMG0534.jpg

標識に従い進んでいく。
CIMG0535.jpg

標識は10mほどの間隔でこまめに設置されている。
CIMG0536.jpg

道には細かなアップダウンがあり、古墳(円墳)のようだ。
CIMG0537.jpg

ここで順路の標識は180度転回し、歩いてきた方向へ戻る(12:53)
CIMG0538.jpg

ようやく山頂方向を示す標識が現れる(12:55)
CIMG0539.jpg

どうやらこの標識の作者はいきなり山頂ではなく、古墳巡りをさせたかったようだ(笑)
CIMG0540.jpg

12:57 岡山山頂(標高60m)
CIMG0543.jpg
順路に従って歩いたので13分。直接山頂だと10分かかりません。

小さな祠があり、ここがかつて岡山神社があったところ。
CIMG0544.jpg

下山時用の標識も設置されている。
CIMG0545.jpg
山好きの地元の方が設置されたのだろうが、本当に頭が下がる。

簡易水道跡へいざなう標識もあったが、これはパス。
CIMG0547.jpg

下りは6分。
CIMG0548.jpg
まだまだ続きます(笑)

☆アクセス☆



やっぱり、山っていいね!


岡山(60m)
標高差40m
登り 13分、下り 6分 TOTAL 19分
出会った人 なし 出会った動物 なし

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/656-af6d1c9e