2015年11月21日(土) 曇り

長泉寺山を後にし向かったのは、同じく鯖江市にある王山(おうざん)
CIMG0400.jpg
標高62m、周囲600mほどのこれまた丘のような小山。
ここには54基もの古墳があることから、王山古墳群とも呼ばれている。

崇神天皇が全国に派遣した四道将軍の1人、大彦命(おおひこのみこと)が(こし)の国に遠征。
深江の逢山(おうざん)付近に陣を敷いて賊と対峙していた際、命が天に祈りを捧げると、
空から佐婆(波)之矢(さばのや)が降ってきて、敵の大将に当たったとされる(舟津社記)
その矢羽が鯖の尾に似ていたことから、この地を鯖矢と呼ぶようになり、
一説では鯖矢の”鯖”と深江の”江”が合わさって、鯖江になったとも謂われている。
 
付近は道が細く入り組んでいるので少し迷ったが、なんとか看板を発見。
CIMG0418.jpg

9:58 王山古墳群駐車場(標高約36m)
CIMG0419.jpg
20台ほど駐車可能。この先の鯖江高校に子供を送ってきた車の転回場所にもなっているようだ。

ここにも水洗トイレが完備しているので、OPP対策は大丈夫。
CIMG0420.jpg

駐車場正面には三床山(280m)が望める。
CIMG0421.jpg

北側には先ほど登った長泉寺山(112m)も望めた。
CIMG0422.jpg

弥生時代中期から古墳時代中期まで(1~5世紀)の墳墓が密集しており、
CIMG0423.jpg
昭和42(1967)年に国の史跡に指定された。

登山届提出ポストかと思ったら、パンフレット用だった(笑)
CIMG0425.jpg
せっかく登山届を書いてきたのに・・・(ウソ)

10:00 王山西登山口(標高約36m)
CIMG0426.jpg
東麓の車の道場側にも登山口があるようだ。

コンクリート舗装された遊歩道を登っていく。
CIMG0427.jpg
途中、清掃員の方とすれ違う。ご苦労様です。

2分ほどで3つの祠のある分岐に差し掛かる。
CIMG0428.jpg
詳細は不明だが、祀ってあるのは東麓の舟津神社と同じ大彦命、猿田彦命、孝元天皇なのかも。

孝元天皇皇子の大彦命は越の国に入り、途中”塩垂の長”(≒猿田彦命)という長老の教えを受け、
阿伊奴彦の先導により日野川を下り深江に至る。
命が舟を付けたことから”舟津”と呼ばれ、近くの山に登ったところ、長老に再会したことから
”逢山”と呼ばれるようになったと謂われる(舟津社記)

直進するのが山頂への最短ルートのようだが、天邪鬼な私は周回コースへ(笑)
CIMG0431.jpg

石段を緩やかに登っていく。
CIMG0432.jpg

道の両側には墳墓を示す標識が至るところに立っている。
CIMG0433.jpg

山頂部に到着(10:05)
CIMG0436.jpg
山頂は広尾根になっており、最高地点は南端の40号墳付近。

遊歩道は各墳墓を見ながら周回できる。
CIMG0437.jpg

10:08 25号墳(復元)
CIMG0439.jpg
古墳時代前期のものとされ、周囲からは平安時代の土器も出土している。

山上中心部には弥生時代後期に作られた方形周溝墓が密集。
CIMG0445.jpg
まさに越の国を治めた王たちが眠る山で、王山の名に相応しい。

中央の窪み(墓坑)に木棺を組んで、そこに遺体を安置し盛土された。
CIMG0442.jpg

東側の麓に見えるのが、親鸞上人ゆかりの車の道場
CIMG0440.jpg
正式には”上野別堂”といい、上人がこの地ではじめて教えを説いた念仏道場。
上人が乗られた輿(こし)に車がついていたことから、この名が付いたと謂われる。

古墳周辺からは近江や尾張と同じ形式の土器が多数出土。
CIMG0446.jpg
のちに継体天皇として即位する男大迹王(をほどのおおきみ)が近江で生まれ、越前に移った後に尾張氏の娘である目子媛(めのこひめ)を妻にしたことなどからも、この当時近江や尾張と深い関係があったと謂われる。

なんか石像が見えるので寄ってみる。
CIMG0447.jpg

日蓮大菩薩(上人)の像だった。
CIMG0448.jpg

10:13 40号墳(復元)
CIMG0450.jpg
ここが王山の最高地点。

弥生時代中期末の方形周溝墓で、東西23.5m、南北21m、高さ3m。
CIMG0452.jpg
王山で最大、最古の墳墓で、丹南エリアでも最大級の弥生式墳墓。

眺望は南側だけで、サンドーム福井を始め村国山(239m)や日野山(795m)が望める程度。
CIMG0454.jpg

ここも長居せず、下山開始(10:15)
CIMG0455.jpg

路面にコケが生えていて、滑り易いのでご注意を。
CIMG0457.jpg

途中、乙坂山(289m)が望めた。
CIMG0458.jpg

下りは4分。
CIMG0459.jpg
3座目に向かう・・・


☆今回のルート図☆ (クリックすると拡大します)
CIMG0423t.jpg

☆アクセス☆



やっぱり、山っていいね!


王山(62m)
標高差26m
登り 14分、下り 4分 TOTAL 19分
出会った人 1人 出会った動物 なし

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/653-378841bd