続・劔岳Mの記 第4章

author photo

Byよっし~

2015年9月15日(火) 晴れ

ヘタれハイカーの私がついに念願の劔岳に登頂。
DSCN0286z.jpg
山頂からの360度の大パノラマをもっと堪能していたかったが、
予定時刻から遅れているのと、登り以上にハードな早月尾根下りが待っているので、
後ろ髪を引かれつつも下山開始(10:16)
しかも明日は残念ながら仕事なので、馬場島まで一気に降りなければならない。

続・劔岳Mの記 最終章です。
 
下りは距離約8.3km、標高差約2220m
DSCN0281_20150918195505a55.jpg
例えるなら、白山室堂(2450m)から別当出合(1260m)を2回続けて降りる感じ。
白山の際でも翌日以降激しい筋肉痛に襲われるのに、
今回の場合はどんな目に遭うことやら ((( ;゜ Д ゜)))

早月尾根に降りる際は分岐看板を見失わないように。
DSCN0282_2015091819550773f.jpg
別山尾根側に降りるハイカーが大多数で、別山尾根ルートの下りは分岐看板には行かないので
他のハイカーの後に付いていくと、カニのヨコバイ方面に行ってしまうのでご注意下さい。

10:25 別山尾根・早月尾根合流点(標高約2987m)
DSCN0283_201509181955081c8.jpg
特にガスっている際は、道をロストしやすいので十分ご注意を。

岩稜帯の下りは登り以上に細心の注意が必要。
DSCN0284_2015091819551046f.jpg

再び1本ボルトに差しかかる(10:46)
DSCN0285_201509181955328a3.jpg

こんな感じで岩肌に刺さっています(ウソ)
UsainBolt.jpg

今度は左足から第1歩。
DSCN0286_2015091819553359e.jpg
下りの場合、少し登っていく感じなのと、ボルトがこちらに傾いているので恐怖感は少ない。

11:15 標識(標高2800m)
DSCN0287_20150918195535001.jpg

ここでドーピング剤補給を兼ねて小休止(11:24)
DSCN0289.jpg
日帰りハイカーが続々と登ってきて、ここでご一緒になったカップルは3時前から登り始めたそうだ。

休憩していると、カニのはさみ付近からガラガラと音を立てて落石が発生。
50㎝以上ある岩が何個も落ちてきたが、我々がいる場所から割と外れていたので事無きを得る。
自然になのか、人為的なのか不明だが、劔岳の怖さを改めて感じた。

2600m付近まで雲が上がってきた。
DSCN0288_201509181955373b3.jpg

早月尾根コースで唯一ある登り返し。
DSCN0290_20150918195557f9e.jpg

12:26 標識(標高2600m)
DSCN0291_201509181955589db.jpg
ここでヘルメットと簡易ハーネスを外す。また暑くなってきたので、アウターも脱ごう。

雲がどんどん上っていて、山頂が見えたのはここが最後でした(12:37)
DSCN0292_20150918195600334.jpg

13:21 標識(標高2400m)
DSCN0293_20150918195601ee9.jpg
早月小屋までは残り0.8km。

2400m地点を過ぎると再び樹林帯の中へ。
DSCN0294_20150918195603132.jpg

13:49 早月小屋(標高約2220m)
DSCN0295_201509181956255f7.jpg
山頂から3時間33分。
当初の計画では13時に到着し、13時半出発だったが、約50分の遅れ。

明日が休みだったら、ここで連泊したいところだが・・・
DSCN0297.jpg
ドーピング剤をチャージして頑張ろう。

水が残り500mlほどになったので、小屋で2L(900円)を購入。
DSCN0296_20150918195626a2a.jpg
お代官様の話では、昨日の小屋泊まり組で私が一番最後の帰還だそうだ(笑)
お世話になりました。また機会があれば寄せて貰います。

時間もないので早々に出発(14:02)
DSCN0298_20150918195629ec9.jpg
麓まで4時間半はかかると計算して、到着予想時刻は18時半

丸山から小屋を振り返ると、背後は既に真っ白。
DSCN0299_201509181956316ad.jpg

ここからは岩と木の根が混じった道なので、慎重に降りていく。
DSCN0300_20150918195650356.jpg

14:42 標識(標高2000m)(※実際は1996m)
DSCN0301_2015091819565213b.jpg
ここはスルー。

15:26 標識(標高1800m)(※実際は1750m)
DSCN0302.jpg
水分補給を兼ねて立ったまま小休止(15:30)

下るに従い、ガスが濃くなってきた。
DSCN0303.jpg

16:07 標識(標高1600m)(※実際は1548m)
DSCN0304.jpg
ここも通過。

16:23 標識(標高1400m)(※実際は1445m)
DSCN0305_20150918195714e61.jpg
ここでも立ったまま小休止(16:29)

不用意に木の根に足を置くと滑るので、慎重に下っていく。
DSCN0306_20150918195716c53.jpg

17:04 標識(標高1200m)(※実際は1245m)
DSCN0307_20150918195717f16.jpg
あと鬼ヶ岳1回分下れば登山口だ。

画像では明るく写っていますが、だいぶ薄暗くなってきた。
DSCN0308_2015091819571995e.jpg
まだヘッデンなしでもどうにか歩けるので先を急ごう。

17:46 松尾平(松尾奥の平)(標高約1000m※実際は1045m)
DSCN0309_20150918195720884.jpg
馬場島までは残り1km。ここで最後の小休止。

日の入り(18:04)時刻が過ぎたので、ヘッデンを点灯。
DSCN0311_20150918195739025.jpg

松尾平~馬場島間は道幅が広く、階段も整備されているので歩き易いが、
DSCN0312_201509181957406f0.jpg
所々木の根や岩の箇所があるので慎重に。

18:38 剱岳早月尾根登山口(標高約770m)
DSCN0313_20150918195741638.jpg
下りは小屋から4時間36分、山頂からは8時間22分だった。

登山口から駐車場まで全く街灯がなく、真っ暗で不気味でした。
DSCN0314_20150918195743893.jpg
立山ICから高速に乗り、途中徳光PAの温泉で汗を流した後帰宅。
自宅に戻ったのは22時過ぎでした。

憧れだった劔岳早月尾根
急登の連続や雨での撤退など様々な試練が待ち構えていたが、無事登頂を果たすことができた。
早月尾根はハードなコースですが、しっかり予習と装備等の対策を講じていれば、
決して登れない山ではないと思います。

ある意味、ヘタれで亀足の私でも登ることができたので、このレポをご覧になられた方が
「これなら私でも登れるかも?」と自信が付いたことでしょう。ねぇpopさん!?(笑)


(この区間の行程)
10:16 剱岳山頂
10:25 別山尾根・早月尾根合流点
11:15 標識(標高2800m)11:24
12:26 標識(標高2600m)12:37
13:21 標識(標高2400m)
13:49 早月小屋 14:02
14:42 標識(標高2000m)
15:26 標識(標高1800m)15:30
16:07 標識(標高1600m)
16:23 標識(標高1400m)16:29
17:04 標識(標高1200m)
17:46 松尾平(松尾奥の平)17:56
18:38 剱岳早月尾根登山口
18:45 馬場島キャンプ場駐車場

やっぱり、山っていいね!

剱岳(2999m)
標高差2229m
登り 11時間42分、下り 8時間22分


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 18

はなきち二人  

こんにちわ。

凄~い、凄い。すぐに再挑戦をするとは、さすがよっし~さんですね。良く頑張りました。◎+☆3つ。(笑)
大変過酷な山行でしたね。でも、今回はお天気にも恵まれたようで無事に山頂に立てて良かったです。
ブログを西宮で読みながら楽しませていただきました。ゆっくり体を休めて下さい。
私達も今日から普通の生活に戻りました。次は、白山の紅葉です。

2015/09/21 (Mon) 13:14 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

しばらく更新がなかったのでまた関西に行かれているのかなと思っていたら、やっぱりでしたね。

試練と憧れ

やはり劔岳早月尾根は超ハードでした。
ただ前回から間髪入れずのハイクだったので、身体がまだ覚えていてくれて、キツさも前回ほどではなかったです。
ここは体力とある程度経験が求められますが、危険な箇所はしっかり整備されていますので、機会があればいかがですか。
小屋で2泊すれば、かなりゆとりのあるハイクになります。


白山の紅葉も始まっているようですね。
明日休みですが、シルバーウィークで混んでいそうなのでどうしようか迷っています。

2015/09/21 (Mon) 16:07 | EDIT | REPLY |   

ゲンジ  

こんにちは。
剱岳登頂おめでとうございます。

ハラハラドキドキ、それでいて笑いあり、素敵な山行、「Mの記」執筆されても、本家に負けませんよきっと(笑)

私もいつの日か剱岳に登りたいと思います。
レポ大変参考になりました。
とっても勇気づけられましたよ。
お疲れ様でした^^d

2015/09/21 (Mon) 18:14 | EDIT | REPLY |   

おかん  

登頂おめでとうございます!
リベンジも含めて、喜びも特盛ではないでしょうか。笑

Mの記、とても読みごたえがあり楽しませていただきました。
私も早く登頂したいとうずうずしております。


あ、吉田食堂のことです。笑

2015/09/21 (Mon) 19:34 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~さん、こんばんは。
釼岳、登頂そして無事のご帰還おめでとうございます。
360度ぜ~んぶ見渡せる凄い景色、足元が凄んでしまう景色、短期間でリベンジ登山して良かったですね。  私達もと思いましたがとてもとても。
よっし~さんの写真を拝見させて頂くことで、もう登頂出来た気分です。
今日、「剱岳 点の記」のテレビ放送が有りました、わたしはこれで2回目を
テレビでみましたが、これもなにかの因縁でしょうか
それとも、よっしさんが、テレビ局にごり押しで放送を頼んだのかな~~~~
(笑い)。

2015/09/21 (Mon) 21:46 | EDIT | REPLY |   

poptrip  

剱岳に登るなら早月尾根だなと,実は以前から思っておりました。詳細なレポートはとても参考になりました。
ただ,一度白山でやらかしちゃってから「ちょっとでも危険なところには行きたくない症候群」にかかっておりまして(笑)
もう少し修業を積んでから挑戦しようかどうか考えてみますね。

2015/09/21 (Mon) 21:49 | EDIT | REPLY |   

kita  

剱岳登頂記楽しく読まさせていただきました!

今自分も早月尾根から帰ってきました。行ってみると、「よっし~さんが行けるのなら、自分も…」なんて甘い考えだったと、反省することしきり。
すみません。1本ボルトまで行けませんでした。

早月小屋ですでに足はガクガク。結局3時間43分の2600m地点で高山病なのか疲れなのかフラフラして、滑落寸前になり撤退を決意しました。スリップも100回はしたでしょうか? 

もう行けませんが、トトロ岩や小窓尾根も見れて満足です。

2015/09/22 (Tue) 14:59 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ゲンジさん こんばんは\(^▽^)/!

お恥ずかしい内容ですが、なんとか劔岳山頂に立つことができました。

早月尾根は”試練と憧れ”に違わない超ハードなコースでしたので、登頂時の興奮はひとしおでした。

私が上れたので、ゲンジさんならいつでも登れますよ。

2015/09/22 (Tue) 20:40 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

おかんさん こんばんは \(^▽^)/!

>私も早く登頂したいとうずうずしております。
あ、吉田食堂のことです。笑

やっぱり!?
おかんさんなら楽勝ですよ(笑)

2015/09/22 (Tue) 20:43 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大kのりちゃんさん こんばんは\(^▽^)/!

今回のハイクはさすがに疲れました。
下りも8時間かかるので、無事下山して自宅に帰るまでが登山と自分に言い聞かせながら降りていました。

劔岳点の記、TV放映されたんですね。
ご想像通り、私の登頂記念に放送してくれたようです(ウソ)

2015/09/22 (Tue) 20:50 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

poptripさん こんばんは\(^▽^)/!

早月尾根はロングコースなので、体力と集中力の勝負だと思います。
popさんの場合、体力は問題ないと思うので、あとは集中力ですね。
前半部は鬼ヶ岳の序盤にあるような木の根いっぱいの道が延々続き、
後半部は岩の殿堂が待っています。
下りは特に滑り易いので、焦らずに降りていくのが必要です。

なお早月尾根の山ガール出現率は極端に少ないので、別山尾根の方がpopさん好みかも(笑)

2015/09/22 (Tue) 20:58 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

kitaさん こんばんは\(^▽^)/!

今月3度目の早月尾根、お疲れ様でした。

>早月小屋ですでに足はガクガク。結局3時間43分の2600m地点で高山病なのか疲れなのかフラフラして、滑落寸前になり撤退を決意しました。スリップも100回はしたでしょうか?

無茶し過ぎですよ~(笑)
標高差1900mをたった3時間43分で登るなんて・・・
明らかに急激な上昇に伴う高山病ですね。
私の場合よたよた登っているので、自然と高地馴化しています(笑)

日帰りの方は早朝というか3時頃から登っている方が多いようです。
日の出前の方が涼しくて登り易いそうです。

釈迦に説法かもしれませんが、次回はもう少しゆっくり登られてはいかがですか?

2015/09/22 (Tue) 21:15 | EDIT | REPLY |   

kita  

その通りです!!目が覚めました。

トレランを捨てます。
やはり剱岳はそんな甘い山ではないということです。

9歳の女の子とお父さんも日帰りで登っていました。
2600m地点なら6時間はかかっていたはず。。。

まだ、諦めるには早いですね(^^)

2015/09/23 (Wed) 19:47 | EDIT | REPLY |   

よっしー  

よっし~さん お疲れ様でした!!
憧れの登頂おめでとうございます。
ロードショー楽しかったです。

私は鎖場・はしごは苦手なので、永遠の憧れとなることでしょう(^_^;)

またワクワクしたレポ 楽しみにしています!!!



2015/09/24 (Thu) 11:07 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

kitaさん こんにちは

トレランを諦める必要はないと思いますよ。
自分の身体と相談しながら、自分のハイクをされればいいと思います。

2015/09/25 (Fri) 10:57 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よっしーさん こんにちは

ヘタレな私でも登れたので、よっしーさんたちでも恐らく登れますよ。
ただ鎖が怖いのは慣れるしかないので、難しいところですね。

これからは低山中心になるので、また来年に向けて鍛錬したいと思います。

2015/09/25 (Fri) 11:12 | EDIT | REPLY |   

福井鉄  

剱岳登頂おめでとうございます。
昨年、今年とこのコースを登りました。
来年以降も登ろうと思います。

2015/09/27 (Sun) 11:45 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

福井鉄さん こんにちは
おひさしぶりです。

早月尾根日帰りで登られたんですね。
小屋まで3時間、山頂まで6時間とは。。。
そのご健脚が羨ましいです。

8月だとまだ雪渓があるんですね。
来年は・・・ いやなんでもないです(笑)

2015/09/27 (Sun) 13:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (211)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (27)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (88)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (7)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)