剱岳 Mの記 2日目

author photo

Byよっし~

2015年8月29日(土) 雨のち曇り

ヘタれな私が挑んだ剱岳早月尾根
初日は急登股ずれに悩まされて、小屋まで9時間もかかってしまった。

ここまでの様子はコチラ。
剱岳 Mの記 1日目その1
剱岳 Mの記 1日目その2

DSCN0001p.jpg
2日目はいよいよ核心部の岩場を経て、山頂へ。
しかも明日は仕事なので、下りは一気に標高差2200mを下らないとならないのだが・・・
 
4時に起床。夜中雨音で何度か目を覚ましたが、比較的ぐっすり眠ることができた。
同室のグループの方たちも、5時前にアタックするのでみなさん起きていた。

未明から降り出したがまだ降っている。
DSCN9997.jpg
結構強く降っており、傘なしだと数秒で頭がびしょびしょになるほど。
今日は登頂後一気に麓まで下山するので、5時前からアタックするつもりだったが、
この雨の中まだ暗い山道を歩くのは危険
天候の回復を待つべく、部屋に戻って山頂アタックの準備をしながら過ごす。
同室の方々も天候の回復を待って待機しておられた。

5時になると外が白み始めたが、依然として強い雨足のまま。
DSCN9999.jpg

標高2400m付近までしか見えず、山頂部は雨雲の中。
DSCN0001.jpg
山頂に向かおうとするグループもいたが、佐伯さんが「もう少し待つように」と必死に説得していた。

小屋前の気温は12℃
DSCN0006_20150902131752ab2.jpg
山頂付近は4~5℃は低いはずなので、おそらく7~8℃ぐらいだろう。
また小屋付近は無風だったが、山頂部は強風が予想されるので、体感温度はもっと低いはず。
万一雨で衣服が濡れれば、みるみるうちに体温を奪われるので、佐伯さんたちが必死で止めるのも無理のない話である。

5時半を過ぎ少し雨足が衰え、おぼろげながらも山頂近くが見えてきた。
DSCN0002.jpg
う~ん どうしよう・・・

昨日遅着した岩手のグループや別山方面に縦走するグループは、予定通り山頂に向かうそうだ。

食堂では朝食が始まっていた。
こんなことなら弁当じゃなく、温かい朝食すれば良かった(笑)
朝飯は昨日の昼飯の残りを平らげ、弁当はお昼にしよう。

談話室にあったテレビで、麓の上市町付近の天気予報を確認。
DSCN0008_20150902131753358.jpg
昨日は晴れマークだったお昼も、軒並み雨マークに変わっていた。
またてんきとくらすに裏切られた(笑)

雨雲レーダーの画像も、富山を始め北アルプス一帯に雨雲が見られる。
DSCN0009_201509021318075eb.jpg
しかも西側の日本海にも続々と雨雲が控えていて、これらがこの後やってくるはず。

昨日延々9時間もかけて登ってきたので、山頂アタックしたいのはやまやまなのだが、
この雨の中カッパを装着しての登山。
普通の登山道ならいざ知らず、2800m以上は晴れた日でも怖い岩稜帯が待ち構えている。
断崖絶壁の濡れた岩場を通過するのは大変危険で、万一足を滑らせたら・・・
また股ずれも昨日よりは幾分症状が和らいだが、まだヒリヒリしている。
そしてたとえ無事登頂できたとしても、この天候では眺めも期待できそうにない。

またそれ以上に不安なのは下り
明日は仕事なので、標高差2200mを一気に下らなければならず、満身創痍の身体で焦って降りると、
木の根が多く雨で濡れた路面では何が起こるか分からない。

ち~ん

”山は逃げない!”

今回は山の神様が「もう1度挑戦しろよ」と課した”試練”ということで下山を決意する。
DSCN0010_20150902131809ba7.jpg
白山市から来られたおねーさまたちも今回は登頂を諦めて下山するとのこと。
長野から来られたご夫婦も下山されるそうだ。もっとも奥様は登りたがっていたが(笑)

下山することを佐伯さんに伝えると、「その方がいい。お気をつけて」と見送ってくれた。
DSCN0011_20150902131811552.jpg
お世話になりました。また必ずきます!

カッパを着こんで下山開始(5:58)
DSCN0012_20150902131812618.jpg

トトロくんもまたね~(笑)
DSCN0013.jpg

丸山から小屋方面を振り返る(6:01)
DSCN0014_201509021505411b8.jpg

大岩付近は滑り易いの慎重に下っていく。
DSCN0015_201509021505422c7.jpg

登山道には沢の様に雨水が流れている。
DSCN0016_20150902150543dea.jpg

池塘付近の登山道は完全に水没していた(6:31)
DSCN0017_20150902150544330.jpg

6:43 標識(標高2000m)
DSCN0018_20150902150546c1b.jpg
昨日は1時間41分もかかったこの区間、下りは45分。

6:50 旧小屋跡(標高約1975m)
DSCN0019_201509021506017b0.jpg
休憩しようと思ったが雨を遮る木々がないのでスルー。

こんな天気で登ってくるハイカーもほとんどいないだろうと思っていたが、既に10名近くとすれ違う。
DSCN0020.jpg
みんな筋金入りのどえむなんですね(笑)

7:42 標識(標高1800m)
DSCN0022.jpg
水分補給だけしてスルー。

8:15 標識(標高1600m)
DSCN0023_201509021506075a1.jpg
ここで小休止。雨足がまた強くなってきて、この辺りが一番ヒドかった。

山頂付近は雨雲で全く見えません。
DSCN0025_20150902150623dfd.jpg
5時頃からアタックしていれば、ちょうど今頃岩稜帯に差し掛かった頃だろう。

麓付近は雨も止んでいるようだ。
DSCN0026_20150902150624aa1.jpg

8:43 標識(標高1400m)
DSCN0027_20150902150626be0.jpg
濡れた木の根や段差の大きい箇所が多いので、ペースが上がりません。
また下りで悩まされたのが
雨で蚊取り線香が使えないのと虫除けスプレーも雨と汗で流れてしまうので、
ブヨやアブがブンブン飛び回り、衣服の上からも刺してくる。

9:20 標識(標高1200m)
DSCN0029_20150902150627ffa.jpg
転ばないように慎重に降りていたが、2度ほど尻もちをついちゃいました。

依然として登ってくるハイカーが絶えません。
DSCN0031_20150902150629796.jpg
秋雨前線の影響で明日からもしばらく雨マークが続くようだが、みなさんお気をつけて。

10:02 松尾平(松尾奥の平)(標高約1000m)
DSCN0032_20150902150645179.jpg
ここで最後の小休止。暑くなってきたのでカッパを脱ぐ。

この辺りでは雨もすっかり止んでいて、山頂部の雨雲も取れていた。
DSCN0034_2015090215460153a.jpg
う~ん もしかすると登れたかも。でも所詮は結果論だと自分に言い聞かせて先に進む(10:19)

既に足が悲鳴を上げており、もつれて2度ほどコケてしまった。
DSCN0035.jpg
ブヨに左瞼を刺されて大きく腫れ上がり、視界が狭くなっていたのも原因かも。
山頂に行っていた場合、この辺に戻ってくるのは17時半過ぎ。
かなり薄暗くなっているだろうから、そんな時にコケたらもっと危険だろう。

10:50 剱岳早月尾根登山口(標高約770m)
DSCN0036_201509021506498ba.jpg
下りは4時間52分
小屋からの標準タイムが4時間なので、雨でかなりペースダウンを余儀なくされた。

やっぱり憧れ(登頂)には、厳しい試練があるんですね(笑)
DSCN0037_20150902150650367.jpg
修行してまた出直してきます。

駐車場に戻ると、早月尾根がキレイに望めた。
DSCN0039_201509021603228cf.jpg
やっぱり”降りると晴れる”の法則は健在です(笑)

ベンチで食べずじまいだった小屋の弁当をいただく。
DSCN0038_2015090216032160b.jpg
巻き寿司といなり寿司の助六弁当で、程よい酢加減といなりの甘さが身体に染みる。
しかもデザートにゼリーまで付いているのがうれしい。

下山後は汗を流すべく、上市町の大岩不動の湯へ。
DSCN0042.jpg
ここは温泉(ナトリウム-カルシウム硫酸塩泉)だが、低料金(420円)で入浴できる。
ただしシャンプー類は備え付けられていません(自販機で購入可能)
股ずれした部分がヒリヒリして大変でした(笑)
またブヨに刺された左瞼は大きく腫れていて、ただでさえ細い目が塞がり右目の半分も開きませんでした。

大岩不動の湯

その後は富山市内や金沢でぶらぶらしながら帰宅(画像はキッチン・ユキのハヤシライス大盛)
DSCN0054_20150902162030f52.jpg
その夜からこれまで経験したことがないほど猛烈な筋肉痛に襲われ、
3日間は普通に歩くことさえままならないヒドさでした(笑)

今回剱岳早月尾根に挑戦したが、残念ながら雨で登頂を断念。
もしかすると登頂できたかもしれないが、焦って下っていたらおそらく大怪我をしていただろう。
軟弱者かもしれないが、自分の体力、技術、経験に不安がある場合、撤退する勇気が大事だと思う。

またあの尾根を登るのかと思うと気が滅入るが、機会を狙って再挑戦してみたい!

(この区間の行程)
5:58 早月小屋
6:01 丸山
6:43 標識(標高2000m)
6:50 旧小屋跡
7:42 標識(標高1800m)
8:15 標識(標高1600m)8:29
8:43 標識(標高1400m)
9:20 標識(標高1200m)
10:02 松尾平(松尾奥の平)10:19
10:50 剱岳早月尾根登山口
10:55 馬場島キャンプ場駐車場

やっぱり、山っていいね!

剱岳(早月小屋)
標高差1445m
登り 9時間11分、下り 4時間52分
出会った人 80人ぐらい 出会った動物 なし

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 25

よっしー  

そーなんですね そーなんですね(泣)
ほんとに残念でした。
あんなキョワイ所を雨で行くなんて無理っすよ。
勇気ある撤退です(^・^)
次回も期待しています!!!

お股も疲れた足もほんとにお疲れ様でした~
でもお風呂でしみるのもドMだからいいんですよね(笑)

2015/09/02 (Wed) 20:15 | EDIT | REPLY |   

清水  

私は立山側からの登山だったので
早月尾根は知りませんが
濡れた岩場は
鎖や梯子があっても危険で怖いところです

今回の決断は良かったと思います
山は逃げませんし天気の良い日も有ります
再度の挑戦を期待しております

2015/09/02 (Wed) 22:57 | EDIT | REPLY |   

ツギロウ  

よっし~さん こんばんは。

無事のご帰還!なによりでございました。ほんとに嬉しゅうございます。撤退は決行よりも勇気が入ります。この天気でアタックしたところで決して良い結果には繋がらなかったと思いますし、それは決して勇者の行動ではない気がします。
そして、それでまたツギの楽しみ(苦しみ?)が増えたんですから、とっても羨ましいです。

すこしでもカラダをお休めになってください。
貴重なレポ、ありがとうございました。

2015/09/02 (Wed) 23:22 | EDIT | REPLY |   

コウちゃん  

何と言っていいやら。雨には適いませんね
僕なんかも三連続白山室堂で敗退してますよ

そんなに辛い急登なら僕は行きません、行けません。
チブリも諦めました(汗)自分に有った、のんびり
出来る山登りを続けていきます。それが僕の
山行スタイルに今決定しました(笑)だって
お股も足も痛いのいやだぁ〜。

2015/09/03 (Thu) 01:00 | EDIT | REPLY |   

山きちやっほ〜V  

おはようございます。(^o^)/

無事下山されてご苦労様でした。
今回のよっしーさんの計画ではもう一泊し無いと無理でしたね。
其れに股ズレしてたら尚更に危なっかでしょうね、下山して正解でしたね、今度チャレンジするのでしたらもう少し足を鍛え小休止の時はリュクは下ろしても立って休み水分補給だけか飴を舐めるか少しの行動食を食べるぐらいにした方が良いです。

失礼な事を書きましてすいませんm(_ _)m
僕も5年前と4年前2回チャレンジしましたが1度は両足が攣り早月小屋が見える稜線でリタイヤしました。
2回目は体調を整え夜中2時に出発しピストンで11時間かけて行って来ました。

2015/09/03 (Thu) 08:48 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よっしーさん こんにちは

残念ながら雨が降っていたので山頂アタックは中止しました。
さすがに私の技術、経験では雨の中カニのはさみを通過する勇気はありませんでした。

温泉では股ずれ箇所が沁みて大変でした。
またブヨに瞼や腕を何箇所も刺され、大きく腫れあがってしまいました。
よっしーさんたちが行かれる際も虫対策はお忘れなく。

もう一度鍛錬してから再挑戦したいと思います。

2015/09/03 (Thu) 10:55 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

清水さん こんにちは

清水さんも劔岳に登られているんですね。
別山尾根ルートは標高差が少ないのでポピュラーですが、岩場の危険度は早月尾根より大きいみたいですね。
カニのたてばいやよこばいでは渋滞も発生し、他のハイカーの落石を受けたりする危険性もあるようですね。

今回久しぶりの連休なので無理して登りたいという気持ちもあったんですが、
これも劔岳の試練だと思って諦めました。
また挑戦するつもりですが、なかなか連休がとれないのがネックです(涙)
あと1ヶ月もすると小屋周辺は凍結するらしいので、おそらく来年以降になってしまうかも。

2015/09/03 (Thu) 11:09 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ツギロウ殿 こんにちは

さすがにあの天気で山頂アタックするのは無謀だと思い断念しました。
どうせ登るのならやっぱり天気のイイ日に登りたいですよね。

昨日までは筋肉痛に悩まされていましたが、なんとか普通に歩けるようになりました。
まだ階段の上り下りでは少し痛みますが。
しっかり回復してからまた挑戦したいと思います。

2015/09/03 (Thu) 11:13 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

コウちゃんさん こんにちは

早月尾根、北アルプス三大急登というのはやはり本当でした。

比較としてチブリ尾根を出しましたが、全く似て非なるモノです。
まず登山道の整備状況が違い、早月尾根と比較するとチブリ尾根は遊歩道というぐらい歩き易いです。
次に段差が全然違い、早月尾根では1段で50㎝以上ある個所が多いので、ひたすら足を高く上げることが続きます。
これがボディーブローのようにじわじわと効いてきて、後半足にきます。

正直早月尾根を経験すると、チブリ尾根は可愛らしく感じてしまいました。
砂防新道なんか、舗装路と呼んでもいいかも(笑)

2015/09/03 (Thu) 11:21 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

山きちやっほ〜Vさん こんにちは

アドバイスありがとうございます。
いつものように休みぐせがついてしまい、後半は歩いているより立ち止まっている時間の方が多かったかも。
体重を減らし、足への負担を少なくするようトレーニングして再度挑みたいと思います。

2015/09/03 (Thu) 11:25 | EDIT | REPLY |   

はなきち二人  

お疲れ様でした。

悪天候の時は、引き返す勇気が正解だと思います。
まして代官様が止めたほうが良いといったのならなおさらです。その決断に👏です。山は逃げない。

レポを読んでいると私達には早月尾根の登山道は絶対無理そうですね。砂防新道の舗装路で我慢しますよ。
文珠山でお会いしましょう。(笑)

2015/09/03 (Thu) 12:32 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

6時近くになってやや小降りになったんですが、濡れた岩場の危険性や眺望のない山頂などを考えると、どえむというより無謀な山行になると思い撤退を決断しました。
佐伯さんたち小屋番の方々も今日は止めておいた方がいいと宿泊者を説得していましたが、縦走組や遠方から来られているグループはアタックされていました。

早月尾根の登山道は白山や他の北アルプスから比べると、整備が今一歩という感じでした。
階段が整備されている箇所もあるんですが、2100mから2200mぐらいの間はかなり悪路でした。
でもこれが普通で、白山が逆に整備され過ぎているのかもしれませんね。

はなきちさんたちも2泊3日の行程であれば大丈夫だと思います。
是非どえむを味わってください(笑)

2015/09/03 (Thu) 13:02 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~さん、こんにちは。
剣岳、ああ剣岳,剣岳。 なんと凄い山なのか。
何度もテレビでは見ているものの、想像すら出来ません。  あのどえむ探偵団の隊長殿が頂上を目前にして途中下山のアッパーカットを見舞われてしまっておまけに股ずれに虫刺され、でも無事のご帰還ご苦労様でした。  今後の再度の挑戦を期待しています。
それにしても山小屋のご主人の懸命なる御説得、その説得を受け入れたよっし~さんの素直な態度に頭が下がる思いです。そうすればもっと山の事故も減ると思われそうです。

2015/09/03 (Thu) 14:09 | EDIT | REPLY |   

よっしー  

>よっしーさんたちが行かれる際も虫対策はお忘れなく。

いえいえ 私たちへなちょこなのでは行きません(恐)よっし~さんは是非お天気の良い日にリベンジしてくださいね~ その日を楽しみに待ってます。瞼 お大事に~(笑)

キッチンユキのご飯 懐かしいです。
家族でよく食べに行きました。
高校の頃には、部員の仲間と金沢駅の地下のお店にもカレーを食べに行きました。




2015/09/03 (Thu) 14:36 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大kのりちゃんさん こんにちは
なんかお久しぶりですね(笑)

剱岳早月尾根、やはり一筋縄では登らせてもらえない厳しいお山ですね。
この時期は残雪はないんですが、急登と暑さ、虫、それに雨が加わり結構ハードな責苦が待ち構えていて、どえむ冥利につきる山行でした(笑)

スケジュールの都合でなかなか難しいところですが、近県から来られた方はほとんど下山されていました。
もう1回あの急登が味わえると思うと楽しみでなりません(ウソ)

2015/09/03 (Thu) 14:41 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よっしーさんへ

へなちょこ隊にはk-ecoさんがおられるので、有無を言わさず行くぞ!ということになるのでは?(笑)

金沢駅地下のお店は私も小学生の頃に行きました。
まだ七尾線が0番ホームだった頃ですね(笑)

2015/09/03 (Thu) 15:12 | EDIT | REPLY |   

おかん  

こんにちは~

ブログを書いているということは、無事に下山
されているということなので、結末を楽しみに
待っていました♪
賢明な判断だと思います。

私も早月尾根で小屋まで7時間かかりましたよ~。
2時間なんて誤差誤差。笑


2015/09/03 (Thu) 17:04 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

おかんさん こんばんは

お恥ずかしい限りです。
7時間を目標にしたんですが、1800m地点を越えてからがめちゃくちゃキツかったです。
いつものよたよたぶりに加え、股ずれが痛くて、のそのそと妖怪なめくじ歩きに変化しちゃいました(笑)

今回の山行で早月尾根の急登ぶりは分かったので、次回は少しはマシになるかも(多分)

2015/09/03 (Thu) 18:23 | EDIT | REPLY |   

k-eco  

よっし~さん お疲れ様でした~
読んでるだけでも疲れちゃいましたよ…
私達『へなちょこ隊』は剱岳とか槍ヶ岳とか
怖いお山系は行こうと思った事無いでーす
これから狙ってるのは蝶とか立山三山縦走とかですかね~
出来ればテント泊装備で行ければ最高なんですが、まだまだ
体力が足りないのでボチボチ頑張って行きたいと思っています!
次回のお山ブログも楽しみにしてまーす

2015/09/03 (Thu) 21:47 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

k-ecoさん こんにちは

駄文のレポをご拝読いただきありがとうございます。
核心部のレポをご期待されていたのかもしれませんが、
残念ながら雨で撤退となりました。
期待倒れですみません。

立山三山縦走、いいですね~
私は観光を含めてまだ立山に行ったことがないので、行ってみたいと思っています。
是非へなちょこ隊で偵察をお願いします(笑)

2015/09/04 (Fri) 09:46 | EDIT | REPLY |   

ゲンジ  

こんばんは。

こんばんは。

「Mの記」とっても楽しかったです^^
つい最近、図書館で新田次郎の小説を借りてきました。その一つに「点の記」がありまして、そうだ、よっし~さんが今、「Mの記」を実行したんだと爆笑してしまいました(笑)

今回は雨で撤退となりましたが、おっしゃるとおり山は逃げませんから、正解ですよね。
もう一度早月尾根チャレンジしてくださいね。
私も、いつか剣岳登りたいです。
そのときは早月尾根からかもしれません。
貴重なレポ、とても参考になりました。
お疲れ様でした。

アラキ岳喰い付き尾根制覇おめでとうございます^^d

2015/09/04 (Fri) 21:32 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: こんばんは。

ゲンジさん こんにちは

新田次郎の山岳小説、私も読みました。
剱岳点の記、孤高の人、槍ヶ岳開山など、どれも先人たちの山に賭ける想いが伝わってきて、山に対する気持ちが少し変わるような気がします。

ゲンジさんなら剱岳も問題ないと思います。
早月尾根の方が標高差があってキツいですが、別山尾根より危険度は少ないと言われるので、しっかり注意されれば大丈夫だと思います。

私より先に登ってしまわれそうですね(笑)

2015/09/06 (Sun) 10:47 | EDIT | REPLY |   

じゅーん!  

初めまして

初めまして。
じゅーん!と申します。
いきなりの投稿失礼いたします。
たまたま登山関係のブログを探していたら、よたよた歩きさんのブログを発見し、剣岳 Mの記発見してしまいました。
記事面白く読ませていただきました。
私は全くの登山初心者で、いろいろ情報が詰まっていて、またユーモア溢れる文書に一気に読んでしまいました。
また、立ち寄らせてください。
私もいつか剣岳挑戦したいと思います。
また立ち寄らせてください。

2015/09/08 (Tue) 08:49 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 初めまして

じゅーん!さん はじめまして
コメントありがとうございます。
また拙い当ブログをご覧いただきありがとうございます。

登山を始められて間もないということですが、
今が一番楽しい時期でしょうね。
いろんなことが初めてで、新しいことを覚えたり、装備を用意したりと、
毎回ワクワクされているのではないでしょうか。

当ブログは低山が多いのであまり参考にならないかもしれませんが、またお寄り下さい。

2015/09/09 (Wed) 12:46 | EDIT | REPLY |   

じゅーん!  

いえいえ、拙くないです。
非常に楽しく読ませていただいております。
仰るとおり、現在はどの山に登るか、どんな道具が必要か、良いか、毎日ネットや雑誌で調べるのが楽しくてしょうがないです。
仕事にも張りが出ております。
山っていいですね!
よたよたさんの登っている山は私からすれば全然低山ではなく、非常に参考になります。
ちなみにブログも初心者です。
登山を機に始めました。
これからもちょこちょこ立ち寄らせていただきますので、よろしくお願いいたします。
返信不要です。
ありがとうございました。

2015/09/09 (Wed) 20:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (211)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (27)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (88)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (7)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)