2015年8月11日(火) 晴れのち曇り

前回文殊山で花火を観る会は少人数ではあったが、
ブロ友さんたちや常連さんたちと楽しく観覧することができた。
今回観覧するのは、三国花火大会
昨年もご住職や大N翁と観覧したのだが、2回の順延で9月に開催という珍事となり、
当日も弱い雨が降っていて、あまりキレイには見られなかった。
DSCN9600.jpg
今回は雨の心配はないが、代わりに別の問題が・・・
前回山ガールのうさちゃんさんが参加していただき、ご住職もご機嫌だったが、
果たして今回は??(笑)
 
15:17 二上登山口駐車場
DSCN9601.jpg
先客は5台ほど。

15:24 二上登山口(標高約26m)
DSCN9602.jpg
明日仕事なので、今回は日帰りです。

常連さんたちが下山してくる。
DSCN9603.jpg
常連さんの話では、ご住職が山ガールの到着を待ち詫びているそうだ(ウソ)

15:48 追分(Hポスト)(標高約175m)
DSCN9604.jpg

15:51 岩清水(標高約189m)
DSCN9605.jpg
水はほとんど枯れていた。

15:59 七曲合流点(標高約248m)
DSCN9606.jpg
暦の上では立秋(8/8)が過ぎ、これまでの猛暑よりは幾分暑さも和らいだ感じがする。

16:10 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN9607.jpg
今日はザックが軽いので、休まず進みます。それでも8kg近くはありますが(笑)

稜線部になると、涼しい風が吹いていて気持ち良かった。
DSCN9608.jpg
またクマさんに遭えないかな~と半分期待しながら登っていたが、ご住職の話によると、
残念なことに先週3頭中2頭駆除されてしまったらしい。
クマと上手に共存できればいいのに・・・ 合掌。

16:26 大文殊(山頂)(標高365m)
DSCN9609.jpg
今日のタイムは1時間2分。
山頂にはご住職と常連さん、おっ、今回もソロの山ガールもいるぞ!
道理でご住職もニコニコ顔なんだ(笑)

ご住職から前回の花火を観る会の写真をいただく。
DSCN9610.jpg
ありがとうございます。 おや、酔っぱらって花火を振り回していますね(笑)

昨年初めて見たフシグロセンノウの第1陣は終了していた。残念。
DSCN9611.jpg
でも蕾が4つぐらいあったので、来週辺りにはまた咲いてくれるだろう。

早速、ちべたいビア(ノンアル)で喉の渇きを潤します。
DSCN9613.jpg
一応身体を気遣って、脂肪と糖の吸収を抑えるモノをチョイス。
もっとも山めしや下山後のおやつを控えればいいだけなんですが(笑)

全体的に雲がかかっていて、白山も分かりにくい。
DSCN9616.jpg
今夜からペルセウス座流星群が見られるようだが、今日は期待できそうにない。

あれ? 花火観て行かないんですか?!
DSCN9614.jpg

貴女が降りてしまうと、またご住職の機嫌が・・・
DSCN9615s_20150812130839a91.jpg

山ガールが帰ってしまったので、ご住職とヤケ酒です(ウソ)
DSCN9618.jpg

開始までようやく1時間を切り、麓ではポツポツと灯りがつきはじめる。
DSCN9623.jpg
この日は雲が多くて、残念ながら夕陽は見られませんでした。

おぼろげながらも白山もお顔を出してくれました。
DSCN9621.jpg
涼しげな風が吹き渡り、気温は24℃と気持ちいい。

山ガールが来ないか、ご住職と双眼鏡で麓の二上駐車場を観察(笑)
DSCN9626.jpg
住:「お、1台車が入ってきたぞ! ちっ、なんだ野郎か・・・」

お酒が進むご住職は冷や酒へ。
DSCN9627.jpg

先ほどの男性は前回もご参加いただいたI原翁だった(19:04)
DSCN9628.jpg
今回もご参加ありがとうございます。

開始5分を切ったので、三脚にカメラをセット。
DSCN9634.jpg
文殊山から会場まで直線距離で27kmも離れているが、遮るモノがないため観覧することができる。

合図の二尺玉(20号玉)で三国花火大会の開始です(19:31)
DSCN9635.jpg
上空450mまで打ち上がり、直径450mの大輪の華を咲かせます。
1発なんと、60万円もするそうです。

尺玉(10号玉)以下の場合、すぐに消えてしまうので、なかなかタイミングが合いません。
DSCN9639.jpg

音速(c)は以下の計算式で求められるが、
708abfb483b01c95ba3faabd4e6f10a7.png
κ =気体の比熱比、R=を気体定数、T =気体温度、M =気体の平均分子量

大雑把に気温25℃での速度346.18m/secとして、
文殊山―三国港の直線距離約27kmでの音の到達時間は、
27,000m ÷ 346.18m/秒 ≒ 77.994秒

いま聴こえている音は1分以上前に打ち上げられたものなので、音に合わせることもできない。
DSCN9654.jpg

動画①


動画②


斜めスターマインや尺玉の一斉乱れ打ちで花火大会も終了(20:28)
DSCN9660.jpg
距離があるので画像や映像ではなかなか上手く捉えられなかったが、肉眼では結構楽しめた。

I原翁と一緒に下山開始(20:47)
DSCN9664.jpg

ご住職は夜道はイノシシやクマが怖いので、本堂に泊まられるそうだ(笑)
DSCN9665.jpg
おやすみなさい。

20:58 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN9667.jpg
夜道だとひたすら早く降りようとするせいなのか、いつもよりペースが速くなる。

21:25 二上登山口(標高約26m)
DSCN9668.jpg
下りは38分。
駐車場にテントを張った方がおられた。こんなところでテン泊?(笑)

天気にも恵まれ前回のフェニックス花火より打ち上がる高度が高いため、結構迫力があった。
残念ながら山ガールの参加はなかったが、楽しい夏のひとときでした。

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(二上コース) コースMAP
標高差339m
登り 1時間2分、下り 38分、TOTAL 6時間1分
今年25回目・通算146回目+1
出会った人 8人ぐらい(ご住職、I原翁他) 出会った動物 なし

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/608-cf8cecbe