2015年8月4日(火) 晴れ

連日福井は真夏日が続き、うだるような暑さ。
今日も予報では35℃超の猛暑日
こういう日は家でじっとしているか、白山のような高山に行くのがいいのだが、
手軽に登れて、涼しげなお山はないだろうか・・・
という訳で先日JH9IRLさんが登られていたこの山へ。

権現山(565m)
DSCN9415.jpg
旧今立町(越前市)にある山で、大宝元(701)年に泰澄大師が開山したと謂われる。
山登りを始めた4年前に一度登ったことがあり、渓流沿いにを見ながら登っていく。
もちろん低山なので暑いのは変わらないだろうが、少し涼を感じられるかもしれない。
 
旧今立町中心部から小次郎公園方面へ。
DSCN9397.jpg
巌流島の決闘で有名な佐々木小次郎の生誕地とされる。

柳の滝への案内看板に従い、集落(柳元町)の細い道を進んでいく。
DSCN9398.jpg

小まめに看板が設置されているのがありがたい。
DSCN9399.jpg

10:49 権現山登山口駐車場(標高約136m)
DSCN9400.jpg
駐車場は5~6台駐車可能。先客の車はなかった。公衆トイレもあります。

10:59 権現山登山口(柳の滝遊歩道)(標高約136m)
DSCN9401.jpg
水は2L(500ml×4)持参。他に虫除けスプレー、蚊取り線香、クマ鈴(or火薬銃)なども忘れずに。
標準コースタイムは1時間30分ほどだが、暑さを考慮し目標はゆるゆるの2時間。

しばらく柳谷沢沿いの遊歩道を登っていく。
DSCN9403.jpg
別名裏参道とも呼ばれる。

11:01 不動滝(標高約150m)
DSCN9404.jpg
落差8m。

滝の横に祀られている不動明王に由来する。
DSCN9405.jpg
なお柳の滝は1つの滝ではなく、柳谷にある主な5つの滝の総称。

泰澄大師像の右の大岩に不動明王が彫られている。
DSCN9406.jpg

前回微かに読めた小六(小次郎の幼名)は分からなかった。
DSCN9469.jpg

階段を登って2番目のお釜滝へ。
DSCN9408.jpg
途中、クマより大嫌いなヘビ(マムシ)に出逢う。ほんと、ヘビはダメなんです(笑)

11:04 お釜滝(標高約170m)
DSCN9411.jpg
高さ5mほどで、柳五滝の中では一番小さい。

手前で交差する林道を使うと、山頂近く(標高約570m)まで行けるようです。
DSCN9409.jpg

高さ約11mの滝で、落下する水勢が巨石の中腹をえぐって、深さ約2mの滝つぼを作り、
DSCN9410.jpg

その形が釜底を連想させることから、こう呼ばれるそうだ。
DSCN9413.jpg

3番目の布滝へ。
DSCN9412.jpg

幾分涼しい感じもするが、やはり暑いです!
DSCN9414.jpg

11:12 布滝(標高約200m)
DSCN9417.jpg

柳の滝の中で一番規模が大きい滝で、高さ36m。
DSCN9416.jpg
大岩壁をすべるように流れる様が、さながら白布をたらした様なので、こう呼ばれる。

この辺りは所謂なめ床になっていて、かめ穴(甌穴)も見かけられる。
DSCN9418.jpg
地元の古老たちは、少年時代に滝すべりで遊んだそうだ。

丸太橋を渡って左岸へ移るが、
DSCN9421.jpg

すぐまた右岸へ。
DSCN9422.jpg
橋の丸太にはびっしりコケが生えているので、雨後は慎重に。

樹林帯の中だとはいえ、暑さで汗が止まりません。
DSCN9423.jpg
またブヨがぶんぶん飛び回っていて、追っ払うも時折無防備な背中を刺してくる。

11:36 窓滝(標高約275m)
DSCN9426.jpg

二つの峰に挟まれて、1ヶ所窓を切ったように開けた場所から落下することから名付けられた。
DSCN9424.jpg

水分補給を兼ねてベンチで小休止(11:45)
DSCN9427.jpg
大モミまで、まだ30分もあるのね。。。

こもり穴は一度行っているのでパス。
DSCN9428.jpg

対岸の登山道からズームで撮影。
DSCN9431.jpg
かつて平家の落武者がこの穴に隠れていたという伝説に由来する。

窓滝で遊歩道は終了。ここから先は登山道になる。
DSCN9432.jpg

11:59 夫婦滝(標高約320m)
DSCN9433.jpg
暑さが堪え、ここでもたまらず小休止。

岩の上からふたすじになって水が落ちることから、こう呼ばれる。
DSCN9435.jpg
相変わらずブヨが付き纏っているので、虫除けスプレーをガンガンかけてハイク再開(12:11)

鎖場もあるが、注意すれば特に必要なし。
DSCN9436.jpg

また丸太橋を渡って右岸へ。
DSCN9437.jpg

最後の渡渉箇所を渡って左岸へ。
DSCN9438.jpg

ここからは急斜面に取り付いて、つづら折れに登っていく。
DSCN9439.jpg

12:34 松ヶ嶽神社の大モミ(標高約455m)
DSCN9440.jpg
越前市の天然記念物に指定されている。
ここでも小休止。持参した水は既に500mlを消費し、減りが早い。

大モミから元気を貰い、もうひと踏ん張り(12:44)
DSCN9442.jpg

ここから急登な尾根が待ち構えている。
DSCN9443.jpg
山頂まで残り約200mで、標高差約100mを直登していくので、一番キツい箇所。

山頂が見えてきた。
DSCN9444.jpg

12:59 権現山山頂(標高565m)
DSCN9445.jpg
タイムは2時間と目標通りだが、前回(1h19m)よりは大ブレーキ。
山頂には誰も居なかった。

山頂にある松ヶ嶽神社が、別名松ヶ嶽大権現とも呼ばれるのが山名の由来。
DSCN9447.jpg

お決まりの半鐘を鳴らす。
DSCN9448.jpg

山頂からの眺めはあまり良くなく、僅かに西側が望めるだけ。
DSCN9457.jpg

ベンチでお昼にしよう。
DSCN9449.jpg
調理していると、ソロの男性が登ってきた。

今日はカレーもやしラーメン。
DSCN9452.jpg

残ったスープは雑炊にしていただきます。
DSCN9453.jpg

久しぶりにふち子さんとコーヒータイム。
DSCN9454.jpg
パンツ見ないでね(笑)

ようやく汗も引いたところで、降りることにしよう(14:00)
DSCN9458.jpg
今回は鞍部の小屋や鞍ヶ上展望台には立ち寄らず、往路と同じ裏参道ピストン。

山頂直下にあったこの巨木。
DSCN9459.jpg
カミナリが落ちたようで、内部が真っ黒に焦げていた。

急坂は慎重に下っていく。
DSCN9460.jpg

14:03 松ヶ嶽神社の大モミ(標高約460m)
DSCN9461.jpg
こちらから見る大モミの方が風格がある。

14:17 夫婦滝(標高約320m)
DSCN9463.jpg

14:23 窓滝(標高約275m)
DSCN9464.jpg

せっかく引いた汗がまた湧きだしてくる(汗)
DSCN9465.jpg

14:36 布滝(標高約200m)
DSCN9466.jpg

14:42 不動滝(標高約150m)
DSCN9467.jpg

14:44 権現山登山口(柳の滝遊歩道)(標高約136m)
DSCN9470.jpg
下りは44分。ちょうどトレランの男性が登ろうとされていた。

やはり夏の低山は暑かったが、滝や渓流を眺めながら少しは涼を感じることができた。
ブヨやヤブ蚊も多いので、虫除け対策は忘れずに。

下山後は温泉で汗を流し、小腹が空いたのでスガキヤ(アルプラザ店)へ。
DSCN9472.jpg

冷しラーメン大盛(590円)
DSCN9474.jpg
おやつですがなにか。

プレミアム第3弾は、プレミアム冷しラーメン(590円)。
DSCN9471.jpg
ツギロウさん、8月7日(金)からの開始ですよ~(笑)


やっぱり、山っていいね!

権現山(565m)(裏参道コース)
標高差429m
登り 2時間、下り 44分、TOTAL 3時間45分
今年1回目・通算2回目
出会った人 2人 出会った動物 マムシ1匹

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/605-13df011f