2015年7月25日(土) 晴れ

湯俣温泉でのテン泊の一夜。
他人のイビキや圧迫感にも悩まされず、ゆったり足を伸ばして睡眠することができた。
身軽で暖かい小屋泊まりもいいが、やはり自分だけの空間が確保できるテン泊がいい。
先週ツギロウさんは、大天荘で初めて山小屋の洗礼を受けたそうだ(笑)
 
3時頃から目が冴え、お腹も空いてきたので、少し早い朝食を済ます。
DSCN9260.jpg
このような自由度があるのもテン泊のメリットです。
 
日の出はまだだが空が白みだし、稜線が分かるようになってきた(4:27)
DSCN9261.jpg

アルコールを抜くために朝風呂へ。
DSCN9262.jpg
う~ん 気持ちいい~ 早朝から山で温泉に入れるなんてし・あ・わ・せ!
浴室には電灯がなく、脱衣場の灯りがほんのり照らす様子も、秘湯ならではの雰囲気。
なおお風呂は朝8時まで利用可能です。

ゆったり温泉に入ってリラックスしたせいか、再び睡魔が襲ってきた(4:54)
DSCN9263.jpg
今日は降りるだけなので、もうしばらく寝ることにしよう。

再び目を覚ますと7時。4人組のグループはもう出発されたようだ。
DSCN9264.jpg
名残り惜しいが、私もそろそろ撤収することにしよう。

お世話になりました。
DSCN9265.jpg
素晴らしい温泉と美味しい食事、ありがとうございました。

小屋の方やベテラン3人組に挨拶し、小屋を後にする(7:37)
DSCN9266.jpg

結局、クマもんには出逢えなかった(笑)
DSCN9267.jpg

対岸に渡り、再び晴嵐荘を望む。
DSCN9268.jpg
また紅葉の時期に来ます!

ヤマホタルブクロ(山蛍袋)
DSCN9269.jpg
キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。

クサボタン(草牡丹)
DSCN9270.jpg
キンポウゲ科センニンソウ属の半低木で、プロトアネモニンを含む有毒植物。
半低木とは、茎の大半は枯れるが基部は木質化して残り、草と木の中間のような存在。

昨日から比べると水量もやや少ない感じ。
DSCN9271.jpg

出発前から点滅していたデジカメの電池が無くなり、ここからは携帯での撮影となる。
DSCN9272.jpg

ここまでで3組とすれ違う。
KC4F0043.jpg
昨日お会いした小屋番の女性は、重い歩荷を背負っておられた。ご苦労様です。

8:30 名無避難小屋(標高約1330m)
DSCN9273.jpg
ここはスルー。

木橋が出てくると、林道終点も近い。
DSCN9274.jpg

今日も存在感のある針ノ木岳(2821m)。
DSCN9275.jpg
機会があれば縦走してみたい。

8:50 林道終点(標高約1283m)
DSCN9276.jpg
ここで小休止する。晴嵐荘から1時間13分と、昨日より20分ほど早い。

小屋に居た3人組の方は許可証でここに駐車しているそうだ。いいなぁ~(8:58)
KC4F0044.jpg

今日は昨日より日差しが強いので、汗が止まらない。
KC4F0045.jpg

9:14 東京電力高瀬川第5発電所(標高約1297m)
KC4F0046.jpg

この日は荷揚げのヘリが頻繁に行き来していた。
KC4F0048.jpg

高瀬トンネル(L=934m)を抜ければ、高瀬ダム(9:41)
KC4F0049.jpg

涼しい~
KC4F0050.jpg

9:53 湯俣登山口(高瀬トンネル入口)(標高約1273m)
KC4F0051.jpg
下りは2時間16分。ここで小休止。

烏帽子岳(2628m)がちょこんと頭を出していた。
KC4F0052.jpg
登ってみたいけど、日本三大急登なんだよな・・・

ダムには許可タクシーが停まっていたが、ハイカーは私1人。
KC4F0054.jpg
高瀬ダムから七倉駐車場まではまだ5kmもあるが、1人だと2200円。
う~ん、タクシーで楽するか、歩いて浮かしたお金でランチするか、さぁどうしよう・・・

などと悩むことなく、ソッコーで歩くことに決定!(笑)
KC4F0055.jpg

まずは高瀬ダムの堤面をつづら折れに降りていく(10:03)
KC4F0057.jpg

遮るものがないので、容赦なく日差しが降り注ぐ。
KC4F0058.jpg
あぢぃよ~

こんな看板があるということは、昇り降りする方がいるんですね(笑)
KC4F0059.jpg

ダムを降りるのに20分ほどかかりました(10:22)
KC4F0060.jpg

七倉ダムまでの区間にはトンネルやスノーシェッドが多く、対向車に注意。
KC4F0061.jpg
なおトンネル内は右側通行です。
途中ベテラン3人組の車が追いついてきて、乗っていかないか勧められる。
ありがとうございます。でもさらにデブが乗ると大変なので、お気持ちだけいただきます(笑)

一番長い最後のトンネルを抜ければ、七倉登山口。
KC4F0063.jpg

11:07 七倉ゲート(標高約1059m)
KC4F0065.jpg
高瀬ダムから1時間4分。晴嵐荘からの15kmは、3時間30分だった。

土曜日ということもあって、駐車場はほぼ満車。
KC4F0068.jpg

七倉山荘の自販機は麓と同価格で良心的。
KC4F0066.jpg

渇いた喉を癒すのは、やっぱコークでしょ!
KC4F0067.jpg

下山後は、大町中心部にあるヒマラヤン・シェルパへ。
KC4F0072.jpg
エベレスト(8848m)登頂経験のあるネパール人シェルパのオーナーが経営されている。

注文したのは、期間限定の夏祭り★カレーSET(950円)
KC4F0082.jpg
日替わりカレー3種とサラダ、食べ放題のナンにドリンクが付いている。
ごちそうさま。美味しかったです。

ハードな山登りはなく1泊2日のまったり温泉ハイクだったが、大自然の中でリフレッシュすることができた。
晴嵐荘は古い湯治場の雰囲気と、モダンなBarがミックスされたような不思議な感じの山小屋で、
温泉お酒好きなハイカーにはピッタリです。
紅葉の時期にも是非訪れてみたい!

(この日の行程)
7:37湯俣温泉晴嵐荘
8:30名無避難小屋
8:50林道終点
9:53高瀬ダム10:03
11:07七倉ゲート

やっぱり、山っていいね!

湯俣温泉晴嵐荘(1418m)
標高差359m
下り 3時間30分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/601-4182c856