第20回若狭・三方五湖ツーデーマーチ

author photo

Byよっし~

2011年5月22日(日)

最近ウオーキングや山登りに目覚めた自分
減量と体力作りのためであるが、次第に身体を動かすのが面白くなってきた。
もっと身体を動かしたいと思っていたところ、ある1枚のポスターに目が留まる。
【第20回若狭・三方五湖ツーデーマーチ】
1.jpg
ツーデーマーチ?

名前は聞いた事があり、なんか歩くイベントだというのは知っていたが、それ以上は興味がなかったせいか知らずじまい。
パンフを読んでみると、土・日の2日間にかけて、若狭町を歩くイベントで、それぞれ40km・20km・10km・7kmの4コースがあるそうだ。
よし体力作りと自分の実力試しに挑戦してみよう!
事前申込だけかと思いきや、当日申込でもOKとのこと。良かった。休みがどうなるか分からないし・・・

さすがに40kmは私の実力ではかなり厳しい。また10kmだと普段それぐらい歩いているので物足りない。
20kmが短過ぎず長過ぎず、ちょうど良い距離のようだ。

また20kmのコース内容は、1日目の土曜日は三方五湖を周回するコースで、
2日目の日曜は、熊川宿を経由して上中駅まで歩き、電車で戻ってくるコース
眺望の良さそうな土曜日の三方五湖周回コースが歩きたかったのだが、あいにくその日は出勤日(涙)
やむなく日曜日だけの参加となる。

迎えた当日、4:30起床。
今日の天気予報は、生憎の
まだ降り始めていないが、午前中から見事に傘マークのオンパレード。
カッパを忘れずに入れたつもりだが、のちに下のズボンを忘れたことに気付く。

5:30 自宅を出発。会場のある若狭町三方グランドを目指す

7:00 三方グランドに到着。
駐車場は1000台分以上あるらしいので、ノープロブレム。

DSC01499.jpg

20kmの部の受付開始は7時半からだが、グランドでは既に40kmの部の出発式が行なわれていた。

DSC01501.jpg
まずは受付で20kmの部にエントリー。
距離数また土日両日に関係なく、参加料は2,000円
1日だけだったら500円ぐらい引いてくれてもいいのに。

DSC01506.jpg
参加申込みをすると、ゼッケンやルートMAPのほか、色んな記念品が貰える。

DSC01505.jpg

タオルナイロンバッグピンバッジ。三方名産の梅干に福井生まれのお米コシヒカリも貰えるほか、会場に隣接する温泉、きららの湯の半額券(300円で入浴可)など。
なるほどこれだけ記念品があるなら、1日だけで2,000円も仕方ないかも。
お米と梅干はかさばるので、引換券のまま帰りに貰うことにする。

会場にはテントが多数設置されており、地元の商工会などが主体の出店がある。
DSC01507.jpg

朝飯として、茹で玉子2個(100円)を購入。
DSC01520.jpg

町内にある日本名水100選の1つ、【瓜割名水】やその水で沸かしたお茶も無料で振舞われている。
DSC01510.jpg

グランド方面を見ると、40kmの部がSTART。
DSC01512.jpg

20kmの部の出発式も近いので、脂肪を燃やすゼリーも摂取。
DSC01524.jpg

次第に空模様が怪しくなってきた。
DSC01522.jpg

突風が吹き始め、テントが飛ばされそうになる場面も。
DSC01525.jpg

そうこうしていると、遂にが降り始めた。
弱い雨と思いきや、これが意外と強い雨
みんな堪らず雨具や傘を準備する。
DSC01526.jpg

8:15 20kmの部 出発式
DSC01533.jpg

雨の中の出発式。横殴りの雨で、司会者や来賓の方々も大変そう。
そういう私もカッパの上だけしか持ってきていなかったので、ズボンがたちまちびしょ濡れ。
いろいろお話が続きそうですが、早く出発しましょうよ~

8:30 20kmの部 START
DSC01535.jpg
ゲートでMAPにスタンプを貰い、出発。

しとしと雨が降る中、みんなコースを歩き始める。
DSC01537.jpg

しばらく歩き出して気付いたこと。

それはみんな歩くのが速いというか、
私の歩くのが意外と遅いということ。
DSC01540.jpg

それまで自分は歩くスピードは人並みで、どちらかと言えば速い方だと勝手に思い込んでいたのだが、
それは大きな勘違いだった。
自分では普段どおり歩いているのだが、どんどん抜かれていく。
それも私の母のような年代に近い方にもだ。
もちろん20kmのウオーキングに参加される方々だから、足には多少自信のある方が多いのだろうが、年配の方に次々と抜かれていく様をまざまざと見せつけられ、ちょっとヘコむ 。

でも競歩じゃないんだし、マイペースで楽しもう!

コースはR27に沿って、旧道や農道をメインに交通量の少ないルートが設定されている。
道沿いには地元特産の梅林若狭牛の牧舎が見受けられる。
DSC01542.jpg

(物好きだね~ こんな雨の中歩いて・・・)
DSC01543.jpg
と牛さんたちがこちらを見つめていた(笑)

歩き始めて1時間20分経過。休憩所に到着。
ちょうどトイレにも行きたかった。
DSC01546.jpg

飴の振る舞いもあり、ありがたい。
DSC01547.jpg

雨足は弱まるどころか、強くなる一方。
もう既にシューズの中までぐしゃぐしゃ。
DSC01551.jpg

R27に合流し、倉見峠を越え、旧上中町エリアへ 。
DSC01553.jpg

ここにも休憩ポイント。お弁当を注文している人はここで受け取る。
DSC01556.jpg
DSC01557.jpg
私は今回申し込んでいないので、軽く小休止のみ。
ちょうどここが20kmコースの半分ぐらいだそうだ。

先行グループはR27のガードをくぐり、嶺南牧場のある方へ向かっていく。
DSC01558.jpg

コース図を見て、うすうすは知っていたが、やはり峠越えのコースなのね・・・
DSC01559.jpg

緩やかではあるが、しばらく坂道をひたすら登っていく。
DSC01562.jpg

途中にあるゴルフ場では、こんな雨の中でもプレイ中。
DSC01566.jpg
私たちもこんな雨の中歩いているんだから、お互いさまであるが。

道中、反対方向から歩いてくる人たちと何人かすれ違う。
どうやら彼らは40kmコースの方のようだ。
でもここですれ違うということは、彼らは時速8km以上のスピードで歩いてきた計算。すげぇ~!
DSC01563.jpg

峠を越えて下り坂に差し掛かった辺りから、ようやく雨足が弱くなってきた。ここで少しペースアップ。
DSC01569.jpg

R303に合流し、【熊川宿】へ。
DSC01578.jpg

古くから若狭は御食国(みけつくに)と呼ばれ、京都へ日本海の食材を運んでいたが、その道がこの熊川宿のある鯖街道
国道脇の旧街道沿いに旧家が再生保存されており、文化庁の「重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けている。
20kmの部の第1チェックポイントがあり、MAPにスタンプを押してもらう。
DSC01580.jpg

だが雨のせいで、カッパのポケットに入れてあったMAPはびしょ濡れ。しまった!
チェックポイントでスタンプを押してもらい、少し宿場町を散策。

そこで目に留まったのが、この幟。
DSC01581.jpg

みたらし団子のいい香りが、鼻を通して私の胃袋をくすぐる。
DSC01584.jpg
『1本下さい!!』
DSC01585.jpg

1本100円だが、外はカリっと、中はもっちり柔らかな団子で、餡も絶妙な甘辛ぐあい。とっても美味しかった。

また地元の方のご厚意で、【長操なべの振舞い】が無料で行なわれていた。
DSC01590.jpg
DSC01589.jpg

大きな鍋に作られた長操なべ。
DSC01592.jpg

うめぇ~!
雨で濡れて冷えた身体とすきっ腹に染み込む。
DSC01591.jpg

北川沿いを上中駅方面へ。雨はすっかり上がり、少し青空も。
もう残り数kmだ。
DSC01595.jpg

R27との合流点が近づいてきた。上中駅ももうすぐ。
DSC01599.jpg

13:10 JR小浜線上中駅到着。
第2チェックポイントでもある。
DSC01601.jpg

20kmコースはここから電車に乗って、三方駅まで戻ってゴールとなる。なお運賃は若狭町が負担してくれるので、タダ。太っ腹!
前の電車がひと足違いで行ってしまったので、20分ほどホームで待つ。

13:36 電車到着
DSC01607.jpg

三方駅まで20分ほどのプチ電車旅。
DSC01609.jpg

14:00 三方駅到着。
DSC01610.jpg
ゴールのグランドに向けて、ラストウオーク。
DSC01612.jpg

14:10 GOAL 無事完歩
DSC01615.jpg

スタンプを押してもらったMAPは、こんなにボロボロ。
DSC01617.jpg
【完歩証】もGET!
DSC01622.jpg
完歩の抽選記念品は、残念ながら末等の鉢植え。引換券で梅干とお米を受け取る。
DSC01616.jpg
DSC01621.jpg

14時30分から、【地魚ふるまい】が始まるので、早速私も並ぶ。
DSC01625.jpg
DSC01624.jpg

鰤や鯛が三切れほどと量的には全然物足りないが、美味しい刺身も堪能。
DSC01631.jpg

今回歩いた4時間半ほどのうち、3時間近くは雨だったがとっても楽しかった。
是非来年も参加しよう。できれば2日間とも。

受付時に貰った入浴半額券を使い、隣接のきららの湯へ。
DSC01636.jpg
ゆったり温泉で疲れを癒した後、帰宅の途へ。

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆

応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (87)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)