♪ハヤシが食べたいの~ 頭から離れない~

私は時折無性にハヤシライスが食べたくなる。
もちろんカレーライスも大好きだが、ハヤシじゃないと駄目という気分の日もよくある。
20代の頃務めていた会社には独身寮があり、まかない付だったのだが、毎週金曜日の夕食は必ず
カレーとハヤシが交互と決まっていた。
寮のおじさんは元超有名ホテルのコックをされていた方で、特にハヤシは絶品だった。
そんな懐かしい味はもう食べることはできないが、山でもハヤシライスが食べたい!

山の大皿ハヤシライス
DSCN8262.jpg
某大手カレーチェーン店(ココ●チ)でもカレーを頼むことはまずなく、ハッシュドビーフ(ハヤシ)オンリー。
しかも卓上にあるとび辛スパイスをこれでもか!というぐらいかけて頂くのがよっし~流。
たまにハッシュドビーフがない店舗に入ると、テンション激下がりになるほどなんです(笑)
 
☆☆☆ 用意するもの ☆☆☆

ハヤシソース(レトルト)  2パック
白米   約2合(300g)
ミックス野菜  1パック
水   400ml(炊飯用)
サラダ油  適量
ミネストローネの素 1袋(お好みで)

(材料費:350円ぐらい)

DSCN8248.jpg

☆☆☆  作り方  ☆☆☆

まずはメスティンで炊飯。
DSCN8251.jpg
事前に自宅で洗米、吸水させておくので、追加する水は200ml程度。
炊き上がったら、保温袋に入れて15分間ほど蒸らす。

蒸らしている間に、メインのハヤシソース作り。
DSCN8249.jpg

熱したフライパンに油をひいて、カット野菜を投入。
DSCN8253.jpg
今回は以前作った山の小皿カレーのハヤシ版です。

昨年末に鬼ヶ岳で作った際はルーから作ったが、今回は手抜きでレトルトを使用(笑)
DSCN8250.jpg

炒めた野菜にレトルトのハヤシソースを2袋を投入。
DSCN8255.jpg

焦げ付かないように弱火で煮込み、ひと煮立ちしたら火を止める。
DSCN8258.jpg

合わせて汁物としてカット野菜の残りを使った簡単ミネストローネも。
DSCN8252.jpg

ハヤシソースができ上がった頃、ちょうど蒸らしタイムが終了。
DSCN8259.jpg
今日も上手く炊けた。ただキャパ(1.5合)以上の2合を炊いたので、ご飯がパンパン(笑)

しっかりおこげもできていた。
DSCN8260.jpg

百均で調達したプラ製大皿にご飯を盛って、ハヤシソースをたっぷりかけてでき上がり!
DSCN8264.jpg

ハヤシソースの甘さとコク、野菜のシャキシャキ感がたまらず、スプーンが止まらない。
DSCN8262.jpg
周囲にイイ匂いをまき散らし、クマさんが寄ってこないか心配だったので、
時折火薬銃を鳴らしながら食べていました(笑)


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/584-fbba83ad