ニッコウキスゲ咲いてます! 赤兎山(1628m)

author photo

Byよっし~

2015年6月13日(土) 晴れ

週半ばの予報では雨マークもあった土曜日だが、日頃の行いが良いせいか好転(ウソ)
白山に行こうと3時にアラームを設定しておいたのだが、起きると6時過ぎ。
今からだと別当出合に到着するのは9時近くになるので、断念しこの山へ。

赤兎山(あかうさぎやま)
DSCN8078.jpg
登山口に続く小原林道は、今朝の7時から冬期通行止が解除された。
同時期の昨年はまだニッコウキスゲが咲いていなかったが、今年はどうだろう・・・
 
8:38 小原集落入口(R157)
DSCN7957.jpg
毎年設置されている赤兎山登山口の看板はなかった。

8:42 林道ゲート(料金徴収所)(標高約500m)
DSCN7959.jpg
小原林道は私有地であるため、地域環境保護協力金として1人300円徴収される。
ゲート開放は夏期(6~8月)は7時~18時。
係員のお父さんに伺ったところ、もう25台ほど通過したそうだ(汗)

昨年登った際は貰えなかった温泉割引券(水芭蕉)も貰えた。
DSCN7963.jpg
あれ? 以前は100円割引だったが、シールが貼られ50円引に変更されていた。
入浴料も6月から510円から650円(勝山市民以外)と大幅値上げされたので、経営的に厳しいのかも。
ただ勝山市民は料金据置きなので、一見さんからふんだくろうとしている姿勢が見えるのが残念。

ゲートから登山口までは約10km。
DSCN7960.jpg
ほぼ全線舗装路だが、1.5車線の隘路なので慎重に。

今年開通が遅れたのは、土砂崩れ現場の復旧工事があったから。
DSCN7961.jpg
何ヶ所か斜面が崩れた跡があった。

9:03 赤兎山登山口駐車場(標高約1130m)
DSCN7962.jpg
上の駐車場はおそらく一杯だと思われるので下の駐車場へ。
お父さんの言葉通り、下でも20台ほど駐車してあった。
みんな開通を待ちわびていたんですね(笑)

この時期は残雪や路面がぬかるんでいる恐れがあるのでスパイク長靴をチョイス。
DSCN7965.jpg

急登もあるのでドーピング剤も投与。
DSCN7966.jpg

また用もしっかり済ませて準備完了。
DSCN7964.jpg

予想通り、上の駐車場は満車だった。
DSCN7967.jpg

9:13 赤兎山小原登山口(標高約1150m)
DSCN7968.jpg

登山口には新しい案内看板が設置されていた。
DSCN7969.jpg
山頂までの標準コースタイムは1時間35分(休憩無)。目標は2時間だが果たして・・・

チゴユリ(稚児百合)
DSCN7974.jpg
ユリ科チゴユリ属の多年草。まだ少し眠そうだった(笑)

気温はどんどん上がっているようだが、樹林帯の中はひんやりして気持ちいい。
DSCN7975.jpg

1つ目の渡渉地点(9:34)
DSCN7976.jpg
小原峠まで3回渡渉する。

サンカヨウ(山荷葉)
DSCN7979.jpg
メギ科サンカヨウ属の多年草。

ショウジョウバカマ(猩々袴)
DSCN7981.jpg
ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。

ミヤマカタバミ(深山酢漿草)
DSCN7982.jpg
カタバミ科カタバミ属の多年草。

2つ目の渡渉。長靴なので全く気にならない。
DSCN7984.jpg

リュウキンカ(立金花)
DSCN7991.jpg
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。

オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)
DSCN7996.jpg
ハエドクソウ科ミゾホオズキ属の多年草。

徐々に早朝組の下山者が降りてきた。 あっ、toshi0113さんだ!
DSCN7999.jpg
明日hiroさんと白山に登られるので、足慣らしに来られたそうだ。
足慣らしだったら大長山にも登らないと・・・(笑)
toshiさんからこの先のキスゲやコバイケイソウなどの花情報を教えていただく。ありがとうございます。

エンレイソウ(延齢草)
DSCN8001.jpg
ユリ科エンレイソウ属の多年草。

10:06 小原峠(標高約1410m)
DSCN8002.jpg
ここまで53分と前回(47分)より少し遅れた。

今回も大長山(1671m)はパス。
DSCN8003.jpg

団体さんが登ってきたので、先に出発(10:15)
DSCN8004.jpg

登山道に残雪が出てきたが、ごく一部だけ。
DSCN8005.jpg

池塘にはカエルと思しき卵がいっぱい浮いていた。
DSCN8006.jpg

路面に雪解け水が増えてくると雪渓が現れる。
DSCN8007.jpg

この雪渓、歩くのは矢印の僅かだけ。
DSCN8008.jpg
調子に乗ってガンガン登っていくと、藪に阻まれます(笑)

段差の大きい岩場の急登が続く。
DSCN8009.jpg
雪解け水でぬかるんだ所もあるので、登山靴のハイカーは難儀されていた。

10:51 大舟(おぶな)分岐(標高約1550m)
DSCN8010.jpg
ようやく急登が終了。立ったまま息を整え、先へ進む。

ミツバオウレン(三葉黄蓮)
DSCN8018.jpg
キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。別名カタバミオウレン。

ゴゼンタチバナ(御前橘)
DSCN8021.jpg
ミズキ科ゴゼンタチバナ属の常緑多年草。名前のゴゼンは白山御前峰(2702m)に由来する。
この日一番目立っていた。

イワナシ(岩梨)
DSCN8026.jpg
ツツジ科イワナシ属の常緑小低木。咲いていたのはこの2株だけ。

ムラサキヤシオ(紫八汐)
DSCN8027.jpg
ツツジ科ツツジ属の落葉低木。

マイヅルソウ(舞鶴草)
DSCN8028.jpg
ユリ科マイヅルソウ属の多年草。ユキザサに似ているが、葉がハート型なのが特徴。

ムシカリ(オオカメノキ)(虫狩)
DSCN8029.jpg
スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。

アカモノ(赤物)
DSCN8041.jpg
ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木。別名はイワハゼ(岩黄櫨)。

11:16 赤兎山山頂(標高1628.6m)
DSCN8043.jpg
タイムは2時間3分。今日は呼吸が乱れ、残念ながら2時間を切れなかった。

登頂記念の三角点(三等・赤鬼山)タッチ。
DSCN8044.jpg

雪解けの水蒸気でガスってきたのか、白山(2702m)は霞んでいた。
DSCN8048.jpg

今日もいっぱい登っているんだろうな・・・
DSCN8049.jpg

今年も三ノ峰(2128m)や別山(2399m)に登りたい。
DSCN8050.jpg

大長山(1671m)の残雪もだいぶ少なくなった。
DSCN8046.jpg

南側には日本三百名山の経ヶ岳(1625m)
DSCN8045.jpg

日本百名山の荒島岳(1523m)もおぼろげではあるが望めた。
DSCN8052.jpg
なお画像中央に映り込んでいるのは虫です。

今日も避難小屋でお昼にしよう(11:21)
DSCN8053.jpg

ツマトリソウ(褄取草)
DSCN8056.jpg
サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草。和名は花弁の先端にしばしば淡い紅色の縁があり、
その色の入り方が鎧の威色目(おどしいろめ)の一つである褄取りに似ていることから。

ニッコウキスゲの蕾が見られるようになってきた。
DSCN8058.jpg
toshiさんの情報では数株開花しているとのことだったが・・・

ここから見るこの風景、いつ見ても素晴らしい!
DSCN8060.jpg

ニッコウキスゲ(日光黄菅)
DSCN8064.jpg
キスゲ亜科ワスレグサ属の多年草。正式名称はゼンテイカ(禅庭花)
この日は5株ほどの開花だった。

コバイケイソウ(小梅蕙草)
DSCN8066.jpg
ユリ(メランチウム)科シュロソウ属の多年草。結構咲いており、裏年だった昨年よりは期待できそう。

ぬかるむことの多い稜線だが、今日は歩きやすかった。
DSCN8067.jpg

コイワカガミ(小岩鏡)
DSCN8069.jpg
イワウメ科イワカガミ属の常緑多年草。

ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)
DSCN8074.jpg
ツツジ科ヨウラクツツジ属の落葉小低木。

11:39 赤兎平(赤池湿原)(標高約1572m)
DSCN8077.jpg

11:41 赤兎山避難小屋(標高約1575m)
DSCN8078.jpg
山頂から20分。大勢のハイカーが食事をとられていて、中にはホルモン焼肉をされていたグループも。

今日のお昼はカップ麺とお寿司。
DSCN8079.jpg
食後は近くに居られたおねーさま2人と談笑。
お二人は仲間かと思いきや、小原峠でたまたま出会って一緒に登ってきたそうだ。
また若狭町から来られたお1人に私だとバレてしまった(笑)

おねーさまたちよりひと足先に降りる(12:38)
DSCN8080.jpg

でも登り返しの途中で追いつかれてしまう(笑)
DSCN8081.jpg

12:56 赤兎山山頂(標高1628.6m)
DSCN8082.jpg
ここからは下りだけなので、おねーさまたちと一緒に降りていく。

白山も先ほどよりガスが取れてきた。、
DSCN8083.jpg

マイヅルソウ(舞鶴草)
DSCN8087.jpg

ツクバネソウ(衝羽根草)
DSCN8090.jpg
ユリ科ツクバネソウ属の多年草。実が羽根突きの羽子(はご)に似ていることから名付けられた。

虫がずっと纏わりついてくる。
DSCN8089.jpg
耳や鼻、口の中に入ろうとするので、虫除けグッズは忘れずに。

13:27 小原峠(標高約1410m)
DSCN8091.jpg
ここで小休止。大長山から降りてこられたハイカーも居られた。
おねーさまたちとはここでお別れ。ありがとうございました。

大長山はパスし、登山口へ(13:42)
DSCN8093.jpg

14:07 赤兎山小原登山口(標高約1150m)
DSCN8094.jpg
下りは1時間29分。

下山後は永平寺町の禅の里で汗を流す。
DSCN8095.jpg
今日はライスもつけましたがなにか。

白山には登り損ねたが、toshiさんや多くの野草に出会え、キスゲにも会うことができて大満足。
ぬかるみと虫が多いので、スパッツと虫除けグッズはお忘れなく。

やっぱり、山っていいね!

赤兎山(1628m)(小原コース)
標高差478m
登り 2時間28分、下り 1時間29分、TOTAL 4時間54分
今年1回目・通算3回目
出会った人 40人ぐらい(toshi0113さん他) 出会った動物 なし

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 12

toshi0113  

蟲...本当に多かったぁ
僕も汗っかきなので寄ってこられ悪戦苦闘でしたよ(笑)
ただ花イッパイ 僅かな時間でメッチャ楽しめましたよ
でもね...ドМでないですから大長は無い
もう少ししたら白山へ向かいスタートします

2015/06/14 (Sun) 02:25 | EDIT | REPLY |   

はなきち二人  

よっし~さん、おはようございます。

小原林道、やっと開通ですか🙌

昨日から、金曜日迄、西宮の孫の所に来ているので帰ったら、早速行って登ってきます。
ニッコウキスゲが沢山咲いているといいな~。鳴谷山では少し開き始めたのが3個だけでした。

2015/06/14 (Sun) 07:15 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

toshiさん こんにちは

昨日は花情報ありがとうございました。
toshiさんの山行計画を確認していなかったので、前方からお姿が見えた時は驚きました。

昨日の赤兎の蟲はひどかったですね。
防虫スプレーはしていたんですが、他人が見たら「雨降っていたの?」と言われるほどの滝汗をかく私なので、全く効いておらず、口や耳にどんどん入ってきて難儀しました。
少なくとも10匹以上は胃の中に入ったでしょうか(笑)

帰りはコウちゃんのお店に寄られたんですね。
私が下山して勝山に戻ったのは14時半を過ぎていたので、寄りませんでした。
絶対昼休みを早めてどこかへ行っていると思ったので(笑)

2日続けての山行、しかもhiroさんとの久しぶりの白山。
楽しんできてくださいね。

2015/06/14 (Sun) 09:56 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

ひと足先に赤兎山に登ってきました。
今年は雪が多かった割には花の開花状況が早く、ニッコウキスゲ、コバイケイソウも開花。
山頂の手前ではゴゼンタチバナやミツバオウレン、山頂の先ではツマトリソウやコイワカガミなどが見頃でした。
大長山に行かれたハイカーの話によると、大長山のキスゲはまだ蕾だったそうです。
今年はキスゲもコバイケイソウも昨年よりは多いと思われ、来週頃はさらに見応えがあると思います。

2015/06/14 (Sun) 10:02 | EDIT | REPLY |   

コウちゃん  

はっくしょ~ん。。。誰かが・・・
そんなに仕事サボってませんよ(汗

今年はキスゲもコバイケイソウも昨年
よりは多そうなんですか?しばらく山は
休もうと思ってたんですがね。来週末
位からまたキスゲを見に登らねば。

2015/06/14 (Sun) 15:36 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

コウちゃんさん こんにちは

コウちゃんさんのことだから、早朝から三ツ谷経由でも登っていたのかと思いました(笑)
昨日の林道の開通はみなさん待ちわびておられたのか、駐車場も大盛況でした。
雪解け水で道がぬかるんでいるところも多いので、長靴党の出番ですよ(笑)
ただ道は年々ひどくなっており、小原峠~大舟分岐間は段差が崩壊していたり、木の倒壊で地割れしている箇所もありました。

今年は裏年だった昨年より、キスゲの蕾も多く、コバイケイソウも結構咲いていました。
来週辺りは見頃だと思います。

2015/06/14 (Sun) 16:24 | EDIT | REPLY |   

ゲンジ~  

こんばんは。
以前、秋に一度だけ赤兎山登ったことがありまして、また登りたいなと思っていました。

この時期は虫がひどいのですね。
防虫スプレーぐらいでは効かないのですか、、、
私も尋常じゃない汗かきなのできっと、たくさん寄ってきそうです。
いろいろ参考になります^^

2015/06/14 (Sun) 23:03 | EDIT | REPLY |   

山はいいな~  

ようやく赤兎や大長にも登れるようになりましたね
それにしても多くの花々に出会えていいですね
私も行きたくてうずうずです。

一言・・ 雪の無いこの時期には普通の長靴にしてくださいな。鬼ケ岳も同様ですが登山道がどんどん荒れてきてしまいます。ストックは使うかどうか知りませんが先端にゴムのキャップを付けてない人お多く見受けます。
どうも早朝から失礼しました。

2015/06/15 (Mon) 07:14 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ゲンジ~さん こんにちは

この時期の白山周辺の山はどこもそうですが、特に赤兎山は蟲が多くて大変です。
大多数は小さな羽虫で刺したりはしないんですが、これが鼻、口、耳などの穴に入り込んできます。
私はこの日たくさん食べてしまいました(笑)
また中には刺してくるブヨのような奴も混じっており、これに刺されると凄くかゆいです。
虫除けで一番いいのはハッカ水のようですね。
また山でお会いしたおねーさんに教えて貰ったんですが、タンスの虫除けなどに使う樟脳の小袋をザックの奥に忍ばせておくのも効果があるようです。

2015/06/15 (Mon) 09:45 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

山はいいな~さん はじめまして

スパイク長靴の件、確かにおっしゃる通りです。
そこまで思慮が回らず、失礼しました。
以後注意したいと思います。

2015/06/15 (Mon) 09:48 | EDIT | REPLY |   

みやこ草  

初めまして。お初の訪問です~
こんなに、沢山の可愛いお花が観れて
山登り・・最高ですね♪

しかし、虫が居るのですか~
この時期だけのものでしょうか?
私も、何度か山登り経験しましたが
虫は、一度も見たこと有りません。
山登りは、とっても したいのですが
虫は、嫌です~ ^^;

2015/06/16 (Tue) 09:10 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

みやこ草さん はじめまして
コメントありがとうございます。

5月後半から7月ぐらいにかけて、白山やその周辺の山々の雪解けに合わせて大量の羽虫が飛び交います。
調べたところクロメマトイ(ハエ目ヒゲブトコバエ科)という小バエの仲間のようで、特に湿地の多い赤兎山や三ノ峰には大量発生します。
その名の通り、人間の目にまとわりつき、鼻や口、耳といった穴に入り込みたがる習性があります。
特に刺す訳ではありませんが、鬱陶しいぐらいまとわりつきます。

羽虫は最悪ガマンできるかもしれませんが、中にはブヨ(ブユ)(ハエ目カ亜目ブユ科)が混じっていて、こちらは吸血します。
血を吸うだけならまだしも、その際ご丁寧にも毒素を注入してくれます(笑)
これに刺されると激しい痒みや腫れ、発熱などを伴い、多数に噛まれると最悪の場合呼吸困難になるケースもあるようです。
市販の虫除けスプレーではあまり効果がなく、ハッカ水などが効果的です。(ハッカ水は山道具店で売っています)
また暑くても長袖のシャツやズボンを履くようにし、極力肌を露出しないことも重要です。

低山ではスズメバチにもご注意を。
例年夏の終わりから秋にかけてが活動が活発になる時期ですが、今年は活動が早く既に飛び回っています。
スズメバチの有毒性はご存じだと思いますが、一度刺されたことのある方はアナフィラキシーショックを起こす可能性が高く、最悪の場合死に至ります。
スズメバチは天敵のクマと同じ黒い服を好んで攻撃するという習性があるとも言われるので、黒いタイツなども要注意です。

北陸の山にはほとんどいませんが、三重県や滋賀県の鈴鹿山系や岐阜県南部の山では山ヒルもお気をつけ下さい。
木々や岩に潜んでいて、人間の吐く二酸化炭素に反応。
衣服や靴に付着し、隙間から体内に潜り込んできて、人間の血液を吸います。
これも吸うだけならまだ可愛いのですが、その際にヒルジンという血液を凝固を阻害する物質を注入するため、出血が止まらなかったり、痒みや痛み、腫れを伴います。
これも衣服での防御やヒル嫌忌剤(ディート系薬剤)が有効。
”ヒル下がりのジョニー”というのがおススメです。

ちょっと脅かしたかもしれませんが、山では虫は当たり前なので、十分対策をされることをおススメします。

2015/06/17 (Wed) 11:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)