2015年5月30日(土) 晴れ

待ちに待った県道白山公園線の市ノ瀬~別当出合間が、前日(5/27)16:00に開通
これで県道を8kmも歩かずに白山に登ることができる。
でもこの情報を知ったのが、深夜1時。
今からだと5時頃から登り始めようとするとほとんど寝られない。
寝不足で白山に登って何度も痛い目に遭っているので、今回は残念ながらパス。
来たるべき白山ハイクの前に、今日も猛暑の中急登な低山に登って鍛錬しよう。

鞍掛山(478m)
DSCN7696.jpg
お隣石川県の加賀市と小松市に跨る山で、昨日登った鬼ヶ岳(533m)同様、
ひたすら急登な尾根を登る山。
これまで3回登ったことがあるが、いずれも積雪期で無雪期は今回が初めて。
 
滝ヶ原集落から登山口に続く林道へ。
DSCN7697.jpg
路面に轍のない時期は初めてだが、隘路なので対向車に注意。

9:03 第1駐車場(標高約97m)
DSCN7698.jpg
人気のお山だけあって、既に20台近い車。

無雪期は仮設トイレも設置されている。
DSCN7699.jpg

鞍掛山には10本以上のコースがあり、多彩なハイクが楽しめる。
DSCN7700.jpg

きっちり用を済ませハイク開始(9:10)
DSCN7701.jpg

9:11 西ノ谷・中ノ谷登山口(標高約105m・頂上まで1.6km)
DSCN7702.jpg
毎回西ノ谷コースなので今回は中ノ谷コースか行者岩コースにしようかとも思ったが、
無雪期は初めてなのでやはり西ノ谷コースへ。

林道と分かれ木橋を渡って登山道へ(9:12)
DSCN7703.jpg

まずは造成林の中を登っていく。
DSCN7704.jpg

9:15 頂上まで1.4km地点
DSCN7705.jpg

ここを過ぎると斜面に取り付き、尾根に出る。
DSCN7706.jpg
今日も息が上がらぬように、”小股でチョロチョロ作戦”で行くつもりだ。

9:31 頂上まで1.0km地点
DSCN7707.jpg

急登な登りが続くが、こまめに階段が設置されているので歩きやすい。
DSCN7708.jpg

9:40 舟見平(標高約296m・頂上まで800m)
DSCN7709.jpg
ここまで31分といつもとほぼ同じのペース。

小休止せずに汗をぬぐい先へと進む。
DSCN7711.jpg

舟見平からしばらくはなだらかな道となる。
DSCN7712.jpg

9:51 頂上まで400m地点
DSCN7713.jpg

このコース一番の急登にさしかかる(9:54)
DSCN7716.jpg
積雪期の方が登り易いという人もいるが、個人的には無雪期の方が足場が見つけやすくて登り易い。

10:01 頂上まで300m地点
DSCN7717.jpg

最後の急登にさしかかる(10:04)
DSCN7718.jpg
さすがに少しキツくなってきたが、呼吸を乱さぬように登っていく。

10:07 頂上まで200m地点
DSCN7719.jpg
鬼ヶ岳に負けず劣らぬ急登が続く。

ようやく急登が終了(10:12)
DSCN7720.jpg
ここからはつづら折れに登っていく。

10:18 頂上まで100m地点
DSCN7721.jpg
いつもは急登でバテてこの付近でもペースが上がらないのだが、今日は順調に登っていく。

10:22 鞍掛山山頂(標高478m)
DSCN7722.jpg
タイムは1時間11分。初めて登った2年前(1h5m)よりは遅れたが、
25℃以上の暑さの中立ち止まりなしで登ることができてまずまず。

お決まりの三角点(二等・鞍掛山)タッチ。
DSCN7723.jpg

山頂からは北から東側の眺望が良い。
DSCN7724.jpg

東側には薄っすらと加賀大日山(1368m)
DSCN7725.jpg
残念ながら白山は望めなかった。

富士写ヶ岳(942m)も霞んでいた。
DSCN7726.jpg

山頂は日差しを遮るモノがないので、暑くてたまらない。
DSCN7728.jpg

避難小屋に行ってお昼にしよう(10:28)
DSCN7729.jpg

10:32 鞍掛山避難小屋(標高約446m)
DSCN7730.jpg
小屋内は風が通らないせいか誰もおらず、小屋前の広場に6人ほど休憩されていた。
その内のお1人の男性は前回小屋でお会いした小松の常連さんでした。

いつも積雪で埋もれて気付かなかったが、こんなところに十一面観世音菩薩像があったんだ。
DSCN7734.jpg

今日のお昼はとろろそばとおにぎり2個。
DSCN7731.jpg
昨日よりは食欲がありました(笑)

食後は男性と山談義で談笑。
男性は昨日三ツ谷から小原峠まで登られ、赤兎山への急登にはまだどっさりと残雪があったそうだ。
また男性によると、福井の方が石川より里山が整備されていて羨ましいとのこと。
福井県民にはあまり実感がないが、こういう話を聞くと少し誇らしく感じる。
これも先輩方たちのご苦労の賜物で、私も微力ながら協力していきたい。

まだ後山方面には行ったことがないので、下りは別ルートで(11:32)
DSCN7733.jpg

後山を経て加賀とのお新道を進み、途中から看板にも載っていない巡視路コースへ。
DSCN7735.jpg

小屋内に貼ってある地図に分岐点(北電作業道)だけ載っていたので撮影。
DSCN7732.jpg
男性の話では分岐があれば全てに進んでいけば良いそうだ。
ありがとうございます。またお会いしましょう。

2分ほどで最初の分岐点(標高約451m)。
DSCN7736.jpg
後山方面の右へ。

11:36 後山山頂(標高約468m)
DSCN7738.jpg
遠方から鞍掛山を見た場合のもう1つのピークで、左に行くと獅子岩があるようだが今回はパス。

ここからしばらく加賀とのお新道を下っていく。
DSCN7739.jpg

標識の下にあったこの看板。
DSCN7740.jpg
ケチつける訳じゃありませんが、ゴール(GOAL)じゃなくグール(GOOL)になってます(笑)

これまでの登山道より急に道幅が狭くなる。
DSCN7741.jpg
しかも山頂から激下りで、こちらも登りはキツそう。

左手が少し開け、踊場のような岩場。
DSCN7742.jpg

11:40 小しし岩(標高約446m)
DSCN7744.jpg

岩の上からは加越国境の山並みが望める。
DSCN7743.jpg

とのお新道は下りだけでなく、小ピークをいくつか越えていく。
DSCN7745.jpg

ササユリは終盤で数株だけだった。
DSCN7746.jpg

11:55 あせび台(標高約326m)
DSCN7747.jpg
おそらくアセビ(馬酔木)が咲くのだろうが、既に終わっていた。

眺めも北側がかろうじて望めるだけ。
DSCN7748.jpg

12:01 北電作業道分岐(標高約327m)
DSCN7749.jpg
ここでとのお新道とはお別れ。

地図に載っているのはここまでで、この先は未知。
DSCN7750.jpg
なお分岐地点(とのお新道10-6)には北電作業道(巡視路)の表示はありません。

作業道も軽いアップダウンがいくつかある。
DSCN7751.jpg
クマさん出てこないでね~(笑)

作業道本道に合流すると道幅が広くなる(12:11)
DSCN7752.jpg
この尾根は市境にもなっており、左側が加賀市、右側が小松市。

12:18 №111鉄塔(標高約230m)
DSCN7754.jpg

なだらかな尾根歩きが続き、なかなか高度が下がらない。
DSCN7755.jpg
あぢぃよ~

作業道はようやく尾根を外れ、トラバース気味に下っていく(12:25)
DSCN7756.jpg
なお尾根を真っ直ぐ進むと関電の巡視路に繋がります。

路面に剥離したプレート状の岩が多く滑り易いので慎重に降りていく。
DSCN7758.jpg

12:32 №110鉄塔(標高約140m)
DSCN7759.jpg

先ほどまでいた鞍掛山がもうあんな遠くに。
DSCN7760.jpg

造成林になると作業道も残りわずか。
DSCN7761.jpg

シライトソウ(白糸草)
DSCN7763.jpg
ユリ科シライトソウ属の多年草。

12:37 北電作業道入口(標高約120m)
DSCN7764.jpg
ここには巡視路を示す小さな標識がありました。

ここから登山口までは林道を400mほど歩いていく。
DSCN7766.jpg

西ノ谷コースと合流(12:41)
DSCN7767.jpg

12:42 西ノ谷・中ノ谷登山口(標高約105m)
DSCN7768.jpg
下りは1時間10分。下りは獣はおろかハイカーにも出会わなかった。

初めて無雪期に登ったが、登山道はしっかり整備されており登り易かった。
暑さの中でもまずまずのタイムで登ることができ、これで白山リベンジもなんとかなりそうかも。
ただ今回は獣に遭えなかったのはチョッと残念(笑)

今回歩いたコース (クリックすると大きくなります)
mt_kurakakeyama01.jpg

やっぱり、山っていいね!

鞍掛山(478m)(登り:西ノ谷コース、下り:加賀とのお新道・北電作業道)
標高差373m
登り 1時間11分、下り 1時間10分、TOTAL 3時間32分
今年1回目・通算4回目
出会った人 20人ぐらい 出会った動物 なし

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/571-32c38799