2015年5月16日(土) 小雨時々曇り

今年も参加してきました。

第24回若狭・三方五湖ツーデーマーチ
24thwakasamikatagokotwodaymarch.jpg
第20回大会(2011年)から毎年参加しており、今回が5回目
今回も仕事の都合上2日間通しての参加は叶わず、参加できるのは土曜日のみ(涙)
予報では土曜日は傘マークが出ていたので今回はパスしようかとも思ったが、
雨も自然!(雨天決行)ということで前夜参加を決定。
予報通り夜半から雨風が強くなってきた。やっぱり止めようかな?(笑)
 

目覚ましのアラームで目が覚める。時刻はうん?7時!
しまったー!寝過ごした
5時にもアラームをセットしていたが、無意識に切ってまた寝てしまったようだ(汗)

20kmの部のスタートは9時。高速をかっ飛ばして会場のある若狭町へ(8:26)
DSCN7367.jpg
昨年開通した舞鶴若狭道(若狭さとうみハイウェイ)のおかげでなんとか間に合った(笑)

昨年までは若狭町役場前の三方グランドが会場だったが、
DSCN7368.jpg

今年から200mほど先の若狭さとうみパーク(標高約11m)が新会場。
DSCN7369.jpg
昨年10月にオープンした多目的交流広場で、平成30(2018)年に福井県で開催予定の
第73回国民体育大会の公開競技会場(ゲートボール、グラウンド・ゴルフ)になるそうだ。

8時から受付は始まっており、既に芝生広場に並んでいるウォーカーたちも。
DSCN7370.jpg

急いで20kmの部の受付(当日参加2200円)を済ます。
DSCN7371.jpg
なお土日両日参加でも参加料は変わらず、事前申込すると200円安くなります。

記念品はゼッケン、大会誌、ピンバッジ、入浴割引券、記念品引換券、ヘルシアウォーターなど。
DSCN7374.jpg
例年2枚入っている入浴割引券が1枚だけだった。今年から経費削減?

ゼッケンに名前等を記入。
DSCN7373.jpg
今年もハイカーの底力を見せつけてやろう!(笑)

今回ザックには水1Lに行動食のみと、大幅に軽量化。
ただし鍛錬のため、ウォーキングシューズでなく、重い登山靴をチョイス。
単にウォーキングシューズを忘れてきただけですが(笑)

水分の補給も忘れずに。
DSCN7375.jpg
日本名水100選の瓜割の水で入れた麦茶です。

会場では出発式(20kmの部)が始まっているので、急いで芝生広場へ。
DSCN7377.jpg

うん? あれは・・・
DSCN7378.jpg

テッパチ(鉄帽)に戦闘雨具、背のうなど上から下まで迷彩色に包まれた防人たち。
DSCN7379.jpg

彼らは陸上自衛隊金沢駐屯地の第14普通科連隊で、訓練と地域触れ合いの一環で参加。
DSCN7383.jpg
あの戦闘雨具、欲しいな~(笑)

雨は止んでいたが、どんよりした雲が立ち込めて、雲谷山(787m)も全く見えない。
DSCN7382.jpg
私も戦闘雨具(ただの使い古しのカッパ)を装着(笑)

花火の号砲を合図に20kmの部スタート!(9:07)
DSCN7384.jpg
今日の20kmコースは熊川宿を巡る若狭鯖街道コース

防人たちも出発していきます。
DSCN7386.jpg

ようやく私の列もスタート(9:13)
DSCN7388.jpg
大本営(大会本部)によると、今回のコースも22.1kmと2.1kmのおまけ付(笑)

最初は集団なのでなかなかペースが上がらない。
DSCN7389.jpg

防人の最後尾(D班)に追いつく(9:20)
DSCN7390.jpg
今回参加しているのは40名ほどからなる1個小隊で、4つの班(分隊)に分かれているようだ。

次の分隊(C班)もロックオン。あっさりと抜き去る。
DSCN7391.jpg
ハイカーをナメんなよ!(笑)

でも彼らは約20kgの装備を身に纏い、靴もアスファルトに不向きな半長靴というハンデ付。
DSCN7392.jpg
本気で勝負したら敵いません。

ついに小隊の最前列の班(A班)も視界に捉える。
DSCN7393.jpg
ほぼ防人全員を追い越したのだが、私の猛追を察知し抜かれまいと思ったのか、
1人だけ最前列に居た隊員が急にスピードを加速。他の隊員まで振り切る形で先行していった。

”A1(アルファワン)、こちらB1(ブラボーワン)。よっし~急速接近中。頭(かしら)死守せよ!送れ”
”B1、こちらA1。了解。終り”

各分隊には通信士が配備されており、きっと後続からこんな連絡があったのだろう(ウソ)

さしずめ自衛隊をナメるなよ!”かな?(笑)

そんな防人とのデッドヒートを見ていた牛さんたちも呆れ顔(笑)
DSCN7394.jpg

10:07 B&G海洋センター(エイドポイント)(標高約38m・残り約17.7km)
DSCN7395.jpg
”B1、こちらA1。ヒトマルマルナナ よっし~通過中、死守できません。送れ”

何度も見ている円成寺のみかえりの松はスルー(10:12)
DSCN7396.jpg

この辺りになるとだいぶ列もバラけてきた。
DSCN7397.jpg
また倉見峠に向かって緩やかな登りになるので、ペースの落ちたウォーカーたちを抜いていく。
ハイカーをナメんなよ!

R27に合流(10:48)
DSCN7398.jpg

序盤に防人たちとのレース?でペースを上げ過ぎたせいか、ここにきてペースダウン。
DSCN7399.jpg
どんどん後続のウォーカーに抜かれてしまう。ああ、ハイカーの威厳が・・・

10:54 倉見峠(標高約128m)
DSCN7400.jpg
旧三方町と旧上中町の町境で、少し下ればかみなか農楽舎だ。

11:05 かみなか農楽舎(第1チェックポイント)(標高約94m・残り約12.1km)
DSCN7401.jpg
20kmの第1チェックポイントで、残り12.1kmとほぼ中間地点。
またお弁当配布所(要事前申込)にもなっていて、ここで昼食にする方が多い。

今回軽量化のためにコンロ等は持参せず、お蕎麦といなり寿司のみ。
DSCN7402.jpg

食べ終えた頃に防人たちも到着した。
DSCN7403.jpg
訓練の一環であるため、休憩中も背のうを降ろす以外、基本立ったままが原則。
おそらく糧食(レーション)もカンメシでなく、立ったまま食べられるモノだと思われる。

別に競っている訳ではないのだが、追い抜かれる前に出発しよう(11:27)
DSCN7404.jpg

毎年参加されている折り鶴おじさん
DSCN7405.jpg
ザックの中には大量の折り鶴が入っており、希望者に配っているそうだ。

次のチェックポイントの熊川宿までは標高差90mほどの山越えルート(11:39)。
DSCN7406.jpg
この辺りから40kmの部(7:15スタート)のウォーカーたちとすれ違い始める。
どえむマスターのあつぷりさんは昨年同様、今日40km、明日20kmを歩かれるそうだ(笑)
もう通過してしまったのかな?

エネルギーを補給したにもかかわらず足取りが重く、
DSCN7407.jpg
ハイカーの力を見せつけるどころかどんどん抜かれてしまう。

よたよた登っていると、前方から1人の男性が近づいてきた(11:53)
DSCN7408.jpg
あつぷりさんだ!

あれ? 今回は40Lザックじゃないんですね(笑)
今回もリーダー(先導役)をぶち抜いておられ、相変わらずの健脚ぶりを発揮されていた。
貴方こそハイカーの鑑です。
なおあつぷりさんのひと言コメントは”安全第一”でした。

あつぷりさんを見習ってハイカーの威厳を回復しようとするが、気合だけが空回り。
DSCN7409.jpg
この峠越えの登りだけで、50人近くに抜かれるという無様な有様。
ゼッケンのコメントが恥ずかしい。。。

峠(標高約198m)に差しかかりようやく登りが終了(12:09)
DSCN7410.jpg

こんな雨の中のプレー、ご苦労様です。
DSCN7411.jpg
もっともこんな雨の中歩いている私たちも他人の事は言えませんが(笑)

あとは下るだけで、ここから”下りのよっし~”面目躍如
DSCN7412.jpg
登り坂で抜かれた方のほとんどを抜き返し、下りで追い抜かれたのは僅かに1人だけ。
これで堂々と言える。 ハイカーをナメんなよ!(笑)

R303を渡って第2チェックポイントのある熊川宿へ(12:37)
DSCN7413.jpg

前方の2人並んでいる右側のやや背中の曲がった小柄なお婆さん。
DSCN7414.jpg
なんと、この方が下りで唯一私をぶち抜いていった方で、お年は間違いなく70歳超。
軽快に下る様はまさにましゅら(猿)の如くで全く付いていけず、私以外にも30人以上追い抜かれていた。
いや~ 本当におみそれしました(笑)

若狭と京都を結ぶ鯖街道の宿場町として栄えた熊川宿は今年(2015年)の4月24日に、
DSCN7421.jpg
海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群 ~御食国若狭と鯖街道~として、
日本遺産に登録(全18エリア)された。

12:40 熊川宿(第2チェックポイント)(標高約88m・残り約6.8km)
DSCN7415.jpg
背後の建物は旧熊川村役場で、現在は資料館になっている。

地元の方によるおもてなしコーナーへ。
DSCN7417.jpg

ここでは毎年、長操鍋(ちょうそうなべ)が参加者に無料で振る舞われる。
DSCN7418.jpg
大豆入りの豚汁で、大豆の年貢引き下げを嘆願した義民松木長操にあやかって考案された。
♪特別なスープをあなたにあげる あったかいんだからぁ(笑)

上中駅まで残り6.8km、もうひとふんばりしよう(12:53)
DSCN7424.jpg

国道脇の駐車場には防人たちが集結していた。
DSCN7425.jpg
彼らは熊川宿内には入らず、ここでも立ったまま小休止。本当にご苦労様です。

しばらく北川沿いの堤防を歩いていく。
DSCN7426.jpg
振り返ると200mほど後方に防人たちが迫ってきたので、ペースアップ(笑)

パレア若狭を過ぎるとJR上中駅ももうすぐ。
DSCN7427.jpg

13:56 JR上中駅(標高約42m)
DSCN7428.jpg
20kmコースはここから電車(無料)で三方駅まで戻ってゴールとなる。

ちょうど臨時便(14:05)がやってきた。
DSCN7429.jpg
三方駅まで5駅分、20分ほどの電車旅。

14:28 JR三方駅(標高約12m)
DSCN7430.jpg
ゴールの会場まで残り約700m。

でも今回も長時間のウォーク直後に急に足を止めたせいか、筋肉が硬直。
DSCN7431.jpg
大勢のウォーカーに抜かれ、痛む足を引きずりながら会場へ。
クールダウンする間もなく電車に乗ったのがいけなかったのだろう。

14:43 GOAL 無事完歩!
DSCN7432.jpg

今年も無事完歩することができた。
DSCN7433.jpg
終始健脚のウォーカーたちに押されっ放しだったが、なんとか一矢報いることもできた(笑)
あくまでもマイペースで歩くのが基本で、タイムや順位を競うものではありません。

本部発表の1日目の20km参加者は648名。
DSCN7434.jpg
荒天のせいか、昨年の873名、一昨年の867名より200名も少なく、初日合計でも500名以上減。
小雨の方が涼しくて歩き易いんだけどな~

恒例のお楽しみ抽選会の番号確認。
DSCN7436.jpg
これまで1回だけタオルマフラーが当たっただけで、ほかはいずれも末等のみ。

今回もまた末等なんだろうな・・・ おっ、当たっている!
DSCN7435.jpg
見事、ひと口サイズの梅ゼリー袋詰めをGET!
ほかにも全員が貰える特産の若狭梅の梅干とコシヒカリをいただく。

しじみ汁の振る舞いコーナー(無料)には歩き終えたウォーカーで長蛇の列。
DSCN7438.jpg
12時からの提供なので、この時間帯までに戻らないと厳しいかも。

一昨年は具なしの汁だけだったが、今年はちゃんとしじみ入りにありつけました(笑)
DSCN7437.jpg
♪特別なスープをあなたにあげる あったかいんだからぁ(もういいって!)

もちろんしじみ汁だけでは全然足りないので、おろしそばやから揚げを購入(笑)
DSCN7439.jpg
他にフランクフルトや焼きそばも食べましたがなにか。
この時間帯になると半額近くに値下げされるので、ついつい買っちゃいます(笑)

名残り惜しいが、そろそろ引き上げることにしよう(15:19)
DSCN7441.jpg
ちょうど次の便の20kmの部のウォーカーたちが戻ってきた。
残念ながらしじみ汁は完売だそうです(笑)

景品の割引券(650円→350円)を使い、近くのきららの湯へ。
DSCN7442.jpg
温泉で疲れた足をゆったりほぐした後、帰路につく。

今年は初めて参加した第20回大会以来の雨の中のウォークになったが、
思ったほどの激しい雨にも遭わず、むしろ涼しくて歩き易かった。
途中あつぷりさんや防人の方々、地元の方々とも触れ合うことができて楽しい1日でした。
明日以降はまた筋肉痛なんだろうな・・・(笑)

この日の総歩数:32065歩

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/565-123b523e