残雪の白山2015 1日目

author photo

Byよっし~

2015年5月8日(金) 晴れ

そろそろ今年も登りたい!

白山
DSCN7282.jpg
ただし登山口に通ずる県道33(白山公園線)はまだ市ノ瀬までしか開通しておらず、
登山口の別当出合までプラス8kmも歩かなければならない。
ヘタれな私の足では日帰りはとても無理で、例年通り5月下旬の通行止解除まで待つ予定だったが、
ちょうどGWの代休で連休を貰ったので、春の雪山ハイク第2弾へ。
 
5:06 市ノ瀬ビジターセンター(標高約830m)
DSCN7178.jpg
ピーク時はここから先はマイカー規制となる。

平日ということもあって、先客の車は僅かに6台。
DSCN7179.jpg
室堂まで別当出合と甚之助小屋の冬期トイレのみなので、ここで用を済ませておきましょう。
”う●ちを制する者は白山を制す!”
敬愛するpoptripさんの名言をお借りしました(笑)

準備を済ませハイク開始(5:21)
DSCN7180.jpg
夏場は要所に水場があるが、この時期は室堂までないので今回4Lを持参。

室堂まで距離約14km、標高差約1620mのロングハイクです。
DSCN7181.jpg
先月登った燕岳(中房温泉~燕山荘)が距離5.5km、標高差1250mだったので、
今回はあれ以上にハードなハイクになりそう。。。

六萬橋から先は冬期車両通行止。
DSCN7182.jpg
なおハイカーや自転車は右側から進めます。

手取川には雪解け水が勢いよく流れている。
DSCN7183.jpg
水しぶきが飛んでくるので、まさに天然のクーラー。

途中にある金沢工業大の白山麓自然学校が無残な姿に。
DSCN7184.jpg

おそらく雪の重みに耐えきれず崩壊したのだろう。
DSCN7185.jpg

5:36 釈迦新道・白山禅定道(旧越前禅定道)登山口(標高約886m)
DSCN7186.jpg
今年は是非白山釈迦岳(2053m)にも登ってみたい。

5:57 ヘアピンカーブ(標高約960m)
DSCN7187.jpg

GW中には除雪はここまでだったが、除雪作業が進んだようだ。
DSCN7188.jpg

別当出合まではまだ半分以上ある(汗)
DSCN7189.jpg
市ノ瀬~別当出合間は距離約8km、標高差約430mもあるので、低山を1座登るのと同じで、
例えるなら医王山の見上峠から夕霧峠まで歩く感じ。

道路際にあった故永井隆男翁(永井建設初代社長)の慰霊碑。
DSCN7190.jpg
父親の故永井喜市郎翁とともに現在の白山登山の礎を築かれた。

6:57 別当出合特設駐車スペース(標高約1230m)
DSCN7191.jpg
除雪はここまで進んでいた。

7:02 別当出合駐車場分岐(標高約1235m)
DSCN7192.jpg
右へ下っていくと200台駐車可能の別当出合駐車場へ。

7:12 別当出合登山口(標高約1260m)
DSCN7193.jpg
ここまで1時間51分。やはり市ノ瀬からは遠いよ~

小休止しながらドーピング剤を投与。
DSCN7195.jpg
今回も3本持ってきました(笑)

頭上ではツバメくんたちがせっせと子育て中だった。
DSCN7196.jpg

砂防新道の石階段(登り専用路)の路肩が崩落しているのは予習済。
DSCN7197.jpg

中飯場のトイレは閉鎖中なのでご注意を。
DSCN7198.jpg

ポールをザックに収納し、覚悟を決めてハイク再開(7:24)
DSCN7199.jpg
”覚悟?”  というのもこの先の吊り橋はこの時期大変怖いんです。

あれ? 踏板が敷いてある。
DSCN7200.jpg
GW中はまだ敷かれていなかったのに・・・

ちなみに3日前(5/5)の吊り橋の様子はこんな感じ(※)
tsuribashi2015.jpg
積雪対策のため冬期は踏板が外されており、ハイカーは幅7cmほどの平均台のようなH鋼の上を歩いて渡る。
しかも両脇の最上段のワイヤーはテンションがかかっておらず、ほとんどサーカス状態。
吊り橋は激流の手取川源流から30mほどの落差があり、足を滑らせたらまず命の保証はない。
このため滑り易いスパイク長靴でなく、登山靴にしたのに。。。
どうやら昨日(5/7)設置されたようで、この吊り橋を渡るのが楽しみの一つだったのでちょっぴり残念。
※画像はヤマレコのNgiさんからお借りしました。

無事吊り橋を通過し対岸へ。
DSCN7202.jpg
来年こそは踏板のない吊り橋を渡りたい(ウソ)

だいぶ雪解けが進んでいるが、夏道はほとんど雪の下。
DSCN7203.jpg

雪が溶けるとこの辺りはニリンソウが群生する。
DSCN7204.jpg

序盤の難所、石階段に差し掛かる。
DSCN7206.jpg
階段には雪は全くありませんでした。

情報の路肩が崩落した現場。
DSCN7208.jpg
虎ロープ際に近づかないように。

8:00 登山道分岐上部(標高約1350m)
DSCN7209.jpg

なお下り専用路は落石の危険性があるので通行止
DSCN7211.jpg
当分下りも登り専用の石階段を共用となる。

夏道は雪解けが進んでいるが、押し倒された灌木で歩きづらいので冬道へ。
DSCN7212.jpg

この区間の冬道を歩くのは初めて。
DSCN7215.jpg

根開きが進んでおり、ここを歩けるのもあと1週間ほどかも。
DSCN7216.jpg

先行者のトレースを頼りに進んでいく。
DSCN7217.jpg

8:51 中飯場(標高約1550m)
DSCN7219.jpg
慣れない冬道のせいか、別当出合から1時間27分もかかってしまった。
なおトイレ・水場とも冬期使用不可。

小休止を兼ねてアイゼンを装着後、先に進む(9:07)
DSCN7220.jpg

中飯場上の広場になると、見覚えのある冬道が現れる。
DSCN7221.jpg

背後には加越国境の赤兎山(1629m)や大長山(1671m)が見えてきた。
DSCN7222.jpg

熊笹はまだ起き上がっていないが、白山も今年の雪解けは例年より早い感じ。
DSCN7224.jpg
この調子だと県道が全線開通する頃には、灌木や藪が起き上がってかなり歩きづらいかも。

また今年は雪面に縦溝が多く、山スキーヤーも滑り難そうだ。
DSCN7225.jpg

急登をよたよたと登っていく。
DSCN7227.jpg

後続から二人組が登ってきたので道を譲る。
DSCN7229.jpg
山スキーヤーかと思いきや、登山道整備の方だった。ご苦労様です。

10:18 別当覗(標高約1750m)
DSCN7230.jpg

たまらずここでも小休止。
DSCN7231.jpg

別山(2399m)がようやくお顔を出してくれた。
DSCN7232.jpg

シャリバテ気味なので、ドーピング剤を追加投与。
DSCN7234.jpg

さぁエネルギーも入ったことだし、頑張ろう(10:29)
DSCN7235.jpg

別当崩れの雪解けも例年より進んでいる。
DSCN7236.jpg
時折轟音と共に大きな岩の崩落や雪崩が起こっていた。

ドーピングしたにもかかわらず、依然として足が重い。
DSCN7237.jpg
行動開始から既に5時間半が経過し、明らかにスタミナ切れ。

ダケカンバやシラカバの根開きが落とし穴のようだ。
DSCN7238.jpg

あの丘の上が甚之助小屋だ。
DSCN7239.jpg

と言いつつ30分近く歩いていますが、まだ見えません(笑)
DSCN7240.jpg

ようやく見えてきました。
DSCN7241.jpg

12:07 甚之助避難小屋(標高約1975m)
DSCN7242.jpg
この区間も1時間38分と大ブレーキで、別当出合から4時間43分が経過。
途中敗退した昨年のタイム(2h56m)より2時間近くも遅く、情けない限り。
やはり寝不足と市ノ瀬~別当出合間のプラス分が影響しているのだろう。

小屋前には誰も居なかったが、なぜか食卓だけがあった。
DSCN7243.jpg
ケリーケトルがあったので、もしかしてpoptripさん!?
実は先ほどの登山道整備の方たちのものでした(笑)

お昼はいなり寿司。
DSCN7244.jpg
でもあまり食欲がなく、半分食べるのがやっと。

日本百名山の荒島岳(1523m)
DSCN7245.jpg
明後日(5/10)は開山祭。

別山(2399m)はしばらくご無沙汰しているので、今年は是非登りたい。
DSCN7246.jpg

経ヶ岳(1625m)にもまだまだ残雪が目立つ。
DSCN7247.jpg
先日登った保田経ヶ岳(765m)は霞んで見えなかった。

最悪の場合、甚之助小屋で1泊しようと思っていたが、ここで問題発生
DSCN7249.jpg
今回水4Lを担いできたが、暑さのせいで既に3L近くを消費。
今晩分はなんとかなるが、明日の分は間違いなくゼロ。
明日室堂を目指すにしても、水なしではかなりキツい。
まだ13時前だし、どんなに遅くても17時前には室堂に着けるだろう。

意を決して甚之助小屋を出発(12:39)
DSCN7248.jpg

今年も南竜分岐までは直登でなく、赤い旗でトラバース気味にガイドされている。
DSCN7250.jpg

直登より幾分緩やかだが、こんな傾斜を登っています(笑)
DSCN7251.jpg

立ち止まりが激増。キツい。。。
DSCN7252.jpg

南竜道からは山スキーヤーが降りてきた。
DSCN7254.jpg
もう下山されるのか・・・

13:33 南竜分岐(冬道)(標高約2100m)
DSCN7256.jpg
甚之助から1時間もかかってしまい、ここでもヘタれ込む。

室堂までは黒ボコ岩(砂防新道)経由とエコーライン直登経由の2通りがあるが、
DSCN7255.jpg

もちろん最短経路の黒ボコ岩経由をチョイス。
DSCN7257.jpg
あのエコーライン直登は今の余力では間違いなく無理です(笑)

今ならまだ甚之助に戻れるが。。。
DSCN7258.jpg

でも明日またこの急登を登りたくないので、残りのお寿司を胃袋に押し込み腰を上げる(13:43)
DSCN7259.jpg

十二曲がりまでの区間は、急斜面の雪渓をトラバース(赤線)していく。
DSCN7260.jpg
トレースの幅は1人通るのがやっとで、雪が緩んでシャーベット状になっている。
しかもスキー板で先行者のトレースが均されているので、しっかりアイゼンを効かせないと滑り易い。

この付近は夏道が露出していた。
DSCN7261.jpg
ただし路肩側には亀裂が多く、崩落する恐れがあるので要注意。

最後のトラバースを抜けると十二曲りに突入(14:54)
DSCN7262.jpg

黒ボコ岩まで標高差90mほど直登する。
DSCN7264.jpg

黒ボコ岩が見えてきた。
DSCN7265.jpg
延命水もまだ埋まっていました。

15:29 黒ボコ岩(標高約2320m)
DSCN7266.jpg
17時までに室堂に着けそうなので最後の小休止。行動開始から既に10時間が経過。

黒ボコ岩周辺は例年通り、雪は全くありません。
DSCN7267.jpg

さぁもうひとふんばり(15:37)
DSCN7268.jpg

15:39 弥陀ヶ原
DSCN7269.jpg
なだらかな雪原だがすっかりヘロヘロ。細かな不陸に足を取られ、ペースが上がらない。

白山の主峰御前峰(2702m)に元気を貰いながら足を進める。
DSCN7272.jpg

15:53 エコーライン合流点(五葉坂下)(標高約2354m)
DSCN7273.jpg

この看板、五葉坂側(表面)から見ればただの注意看板だが、
DSCN7275.jpg

弥陀ヶ原側(裏面)にはこのようなうれしいひと言が。
DSCN7274.jpg
ありがとうございます。

最後の難関、五葉坂を登ればようやく室堂だ。
DSCN7277.jpg

1/4ほど登ったところで完全に夏道が露出。
DSCN7278.jpg
大きな岩が多いのでアイゼンを外す。

最後のこの登りはキツいが、先ほどの直登から比べれば滑落の心配がないので全然マシ。
DSCN7279.jpg

弥陀ヶ原より下は雲が上がってきた。
DSCN7280.jpg

16:31 白山室堂(標高約2450m)
DSCN7281.jpg
つ、ついたー
なんと、市ノ瀬から11時間10分、別当出合からでも9時間7分もかかってしまった。
いつもより重装備だったとはいえ、本当に情けない。。。

白山神社奥社の鳥居は、一昨年と変わらないぐらいの埋まり具合。
DSCN7282.jpg
なお山頂まではほとんど夏道が露出しています。

受付を済ませ、小屋(白山荘)に案内される。
DSCN7283.jpg
春山シーズン(5/1~6/30)は食事の提供はなく、素泊まり(5300円)のみ。

今日の小屋泊まりは私一人だけだそうだ(笑)
DSCN7284.jpg

自由に場所を使っていいそうで、御前峰が見える北側の窓際をキープ。
DSCN7285.jpg
毛布も4枚貸していただく。ありがとうございます。

ファンヒーターも消灯時間(20:00)まで使用可能。
DSCN7290.jpg

ガスが取れ日没まではまだ2時間以上あるが、もう体力・気力も残っていません(笑)
DSCN7287.jpg
山頂は明日にしよう。

食事の前に水場で水の補給。
DSCN7288.jpg
山で水が得られるのは本当にありがたい。

まずはこの1本!
DSCN7292.jpg
くぅ~ はらわたに染み渡る。

いっぱい食材を背負ってきたが、めんどくさいので売店で購入したカップ麺で済ます(笑)
DSCN7291.jpg
食事の提供はないが、カップ麺(お湯なし300円・あり400円)・ビール(500円)等は入手可能。

アルコールと寝不足と疲れのせいか、20時前には眠ってしまった。
明日もこの天気だといいのだが・・・

2日目に続く・・・

(この区間の行程)
5:06市ノ瀬ビジターセンター5:21~7:12別当出合登山口(小休止)7:24~8:00登山道分岐上部~8:51中飯場(小休止)9:07~10:18別当覗(小休止)10:29~12:07甚之助避難小屋(昼食)12:39~13:33南竜分岐(小休止)13:43~14:54十二曲り下~15:29黒ボコ岩(小休止)15:37~15:39弥陀ヶ原~15:53エコーライン合流点~16:31白山室堂

やっぱり、山っていいね!

白山(市ノ瀬~室堂)(砂防新道冬道)
標高差1620m
登り 11時間10分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 14

よっしー  

こんにちは!
わぁー お疲れ様です。
11時間10分 すごいです!!!!

私には絶対無理 無理
そして感動しました。

小屋泊まり寒くないのかな~とっても心配です。

2015/05/10 (Sun) 12:04 | EDIT | REPLY |   

山きちやっほ~V  

よっし~さんこんにちは(^o^)
早白山ですか凄いですね体力有りますね。ちなみにアイゼン無しスパイク長靴では無理でしょうか?
僕はもう少し近くの低山で遊んでから行こうかと思っています。

2015/05/10 (Sun) 12:15 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よっしーさん こんにちは

全然すごくなんかないですよ。
私が超~亀足で、いつもの如く”妖怪なめくじ歩き”が憑依しただけです(笑)
通常の方なら、市ノ瀬~室堂は7時間もあれば着くはずですから。

よっしーさんたちも県道が全線開通したら残雪の白山に登ってみてはいかがですか。
絶対感動しますよ。

広い小屋にたった一人でしたが、ファンヒーターと毛布のおかげで結構暖かったです。
今回シュラフも持っていきましたが、甚之助小屋でシュラフだけだとかなり寒かったかも。

2015/05/10 (Sun) 12:43 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

山きちやっほ~Vさん こんにちは
コメントありがとうございます。

スパイク長靴でも大丈夫だと思います。
途中で追い抜かれた登山道整備の方はスパイク長靴でした。
私はまだ吊り橋の踏板がないものだと思っていたので、スパイクのピンが橋中央のH鋼で滑るのが怖かったので滑り難いゴム底の登山靴にしました。
アイゼンは約1kgありますから、スパイク長靴の方が軽量ですよね。

ただ今年は雪解けが早めなのと、雪質が既にシャーベット状なので、直登部分やトラバース箇所はしっかりキックステップを効かせないとスパイク長靴でもずり易いと思います。

私も別当出合まで開通したらまた登りたい思います。

2015/05/10 (Sun) 12:49 | EDIT | REPLY |   

はなきち二人  

こんにちわ。

約11時間の山行とは凄い。尊敬しますよ。
私達の今年の白山デビューは、早くて6月の終わり頃かな?
2日目も頑張ってください。レポ楽しみにしています。

2015/05/10 (Sun) 12:56 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

尊敬だなんてオーバーですよ。
みなさんより登りが遅く、立ち止まりや休憩が多いだけで、
普通の方ならなんとか日帰りできますから。
ただ11時間の山行は本当に疲れ果てました。

はなきちさんたちはお花が咲く時期じゃないと、モチベーションが沸かないのでしたね(笑)
今年は甚之助から上は雪解けが早そうなので、7/1の夏山開き頃は楽しみですね。

2015/05/10 (Sun) 15:16 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~さん、こんにちは。
わーー白山、11時間ですか、すごいです、すごいです。おめでとうございます。どーえむ、どえむ、どえむのよっし~(失礼ごめんなさい)。
どうして貴方はそんなに歩くのか~~~頭が下がる思いでいっぱいです。  2日目も期待しています。
私達は取立山、こつぶり山に行ってきました。
大勢の人達でにぎわっていて、雪も沢山有り、水芭蕉も咲いていましたよ。

2015/05/10 (Sun) 15:29 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大kのりちゃんさん こんにちは

お褒め?いただきありがとうございます。
他人より足並みは遅いですが、粘りだけはある方です。
普通なら途中で引き返しますよね(笑)

取立山ですか。
一昨日は甚之助からも見えていましたよ。

2015/05/10 (Sun) 15:59 | EDIT | REPLY |   

JH9IRL  

よっし~さん、ナイス、ファイト!

今年こそは、積雪の白山へチャレンジしたいな~と、悩んでいました。
あの吊り橋が最大の難所と思っていたので、勇気と元気が出てきました。 
(最新情報、ありがとうございます)
天気と相談して、チャンスを待ちたいと思います。

2015/05/10 (Sun) 21:41 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: よっし~さん、ナイス、ファイト!

JH9IRLさん こんばんは

お~ 今年こそ残雪期の白山にチャレンジですか。
健脚のJH9IRLさんだったら、市ノ瀬からでも日帰り可能ですよ。
別当出合までの県道開通は早ければ今週末の15日、遅くても例年通り22日には開通すると思われます。

今年は市ノ瀬や別当出合付近は例年より雪が多い感じですが、甚之助小屋付近から室堂にかけては逆に少ないみたいです。
登りはひたすら高い方へ登ればいいので、冬道でも迷うことは少ないのですが、下りは低い方にばかり下っていくとその先でブッシュに阻まれ引返すことがあるのでご注意下さい。
また登りでは通れたルートが、熊笹が起き上がって隠れてしまうこともあります。
トレース跡や広く全体を見渡しながら下るのをおススメします。

今週は台風の影響で白山は登山に不向きな天気が続きそうですが、お休みと好天が合うとイイですね。

2015/05/10 (Sun) 22:03 | EDIT | REPLY |   

ツギロウ  

よっし~さん こんばんは。

残雪の白山(1日目)お疲れ様でした。
寝不足での山行はホントにつらいですよね~

踏み板の無い吊り橋の画像・・・衝撃的でした。
皆さん、アレを渡るんですか!?踏み板があっても怖いくらいなのに、信じられません。
よっし~さんもアレを渡るつもりで市ノ瀬から歩かれたんですよね~し、しかも、「楽しみにしていた」とは・・・
さらに、4Lの水・重装備・緩んだ雪渓の直登・崩落・雪崩・11時間超の行動時間。う~むっ!どれをとってもスゴイです!やっぱりマスターは違います。

2日目も楽しみにしています。そして無事のご帰還をお待ち致しております!

2015/05/10 (Sun) 22:16 | EDIT | REPLY |   

poptrip  

こんばんは。
よたよた氏も見事にう〇こを制しているようでホッとしています(笑)

僕にはまだ白山は無理ですね。福井の山から眺めておくことにします。
今日は取立山・こつぶり山から下りてイマイチ物足りなかったので文殊山に寄ってから帰りました。

どえむというより自分を苛めたがるところは逆にどえすなんじゃねえのかなどと哲学的なことを考えながら文殊山を歩いておりました(ウソ)

2015/05/10 (Sun) 22:20 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ツギロウさん こんにちは

吊り橋の踏板、レポではあんなこと書いてますが、内心はホッとしていました(笑)

私は高所恐怖症ではないのですが、平衡感覚が決してイイ方ではないので、あの100m以上の平均台を真っ直ぐ歩けるかどうか不安でしたね。
ちなみに踏板は数年単位で表裏を逆にしているようで、踏板にH鋼の跡が付いていたので試しにそのラインを守って歩いたところ、3度ほど谷底に落ちていました(笑)
一番上のワイヤーにテンションが全くかかっておらずユルユルで、2番目のワイヤーだと身体が前掲気味になり不安定なポジションになるようです。
あの吊り橋はいつか渡ってみたいですが、やはり踏板がある方がイイですね。

ツギロウさんの方が全然スゴイですよ。
遅れましたが、六甲全山縦走達成、おめでとうございます。
私には2日で70kmも踏破する力はなく、ツギロウさんの方がマスターに相応しいです。

2015/05/11 (Mon) 11:02 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

poptripさん こんにちは

貴殿の薦める”山う●こ道”を極めようと日夜励んでおります(笑)

甚之助小屋前でケリーケトルがあったので、思わずPOPさん?と思ってしまいました。

今月はpopさんも精力的にハイクされていますね。
これはこの夏、何か壮大な野望でもあるのでしょうか?

2015/05/11 (Mon) 11:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)