保田経ヶ岳(765m)

author photo

Byよっし~

2015年5月2日(土) 晴れ

残雪期の燕岳ハイクから戻り、翌日こそ筋肉痛に見舞われたが、1日で回復。
春の雪山ハイクの第2弾は白山!といきたいところだが、
さすがにまだ別当出合まで林道が開通していないので、ヘタれな私には日帰りでは無理。
それでは白山が望める奥越の山ということで、取立山(1307m)に登ろうかとも思ったが、
今しか出逢えない花を求めてこの山へ。

保田経ヶ岳(ほたきょうがだけ)
DSCN6937.jpg
勝山市鹿谷町にある低山で、地図では単に経ヶ岳(764.9m)と記載されている。
同じ勝山市にある日本三百名山の経ヶ岳(1625m)と混同しやすいので、
登山口のある保田地区を冠して”保田経ヶ岳”と呼ばれることが多い。
なお県内にはもう1つ、泰澄大師が生誕された麻生津(浅水:あそうづ)にも経ヶ岳(182m)があり、
こちらも便宜上、”鯖江経ヶ岳”と呼ばれる。
 
R416(勝山街道)で勝山に向かい、市荒川から県道168で鹿谷町保田地区へ。
DSCN6939.jpg
集落内には登山口への案内看板があるので迷うことはない。

中部縦貫道(大野勝山道路)のガードが見えてきた。
DSCN6940.jpg

ガード内に進入するとイノシシ除けのバリケードがあり、移動して進む。
DSCN6941.jpg
通過後はキチンと元に戻しましょう。

ガードを抜けた先が少し広くなっており、先客と思しき車が3台駐車してあった(標高約168m)
DSCN6942.jpg
情報ではもうしばらく林道を進め、2台ほど停められる場所があるようだが、
ここに車があるということは既に埋まっているかもしれないので私もここに駐車。
もしかしてあの方たちが登っているのかな?

準備を済ませハイク開始(10:16)
DSCN6943.jpg

簡易水道施設を右手に臨みながら、しばらく舗装された林道を登っていく。
DSCN6944.jpg

シャガ(射干)
DSCN6945.jpg
アヤメ科アヤメ属の多年草。

キケマン(黄華鬘)
DSCN6946.jpg
ケシ科キケマン属の多年草。

タチツボスミレ(立坪菫)
DSCN6947.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

ヤマブキ(山吹)
DSCN6952.jpg
バラ科ヤマブキ属の落葉低木。

石積みされた箇所が目立ち、かつては集落があったのかも。
DSCN6948.jpg

林道が二手に分かれるが、左の方へ。
DSCN6949.jpg
なお看板もあります。

なんだ、上の駐車スペースは空いていたんだ・・・
DSCN6951.jpg

10:28 保田経ヶ岳登山口(標高約227m)
DSCN6953.jpg

林道はここで終点となり、巡視路を登っていく。
DSCN6954.jpg

ハクサンハタザオ(白山旗竿)
DSCN6956.jpg
アブラナ科ヤマハタザオ属の多年草。

イカリソウ(碇草)
DSCN6958.jpg
メギ科イカリソウ属の多年草。

気温は既に25℃を超え、今日も夏日。
DSCN6960.jpg
まだ5月になったばかりというのに、いったいこの暑さはなんだろう。
この付近でソロの女性とすれ違い、女性からお目当ての花の情報を伺う。

ニリンソウ(二輪草)
DSCN6966.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

ちょうど見頃で、登山道の両脇に群生していた。
DSCN6967.jpg

沢を渡渉して対岸へ(10:38)
DSCN6971.jpg
この先も何度か渡渉する。

サワハコベ(沢繁縷)
DSCN6974.jpg
ナデシコ科ハコベ属の多年草。

小瀑が僅かながらも涼を運んでくれます。
DSCN6975.jpg

一旦沢沿いを離れ、斜面に取り付く。
DSCN6976.jpg

ムラサキケマン(紫華鬘)
DSCN6977.jpg
ケシ科キケマン属の多年草。

この辺りのヌシのような巨木。カツラ?
DSCN6978.jpg

キクザキイチゲ(菊咲一華)
DSCN6980.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

エンレイソウ(延齢草)
DSCN6981.jpg
ユリ科エンレイソウ属の多年草。

ウマノアシガタ(馬の足形)
DSCN6982.jpg
キンポウゲ科キンポウゲ属。

イカリソウ(碇草)
DSCN6985.jpg
こちらはピンク色のイカリソウ。奥越付近ではシロバナの方が多い。

燦々と日が照り付ける中、U字型に掘れた道を登っていく。
DSCN6986.jpg
あぢぃよ~

10:59 巡視路分岐
DSCN6988.jpg

№154方面へ直進。
DSCN6989.jpg
ここにも経ヶ岳方向を示す看板があります。

この付近にもイカリソウが群生しており、「私を撮って!」というオーラを発していた(笑)
DSCN6990.jpg

巡視路お約束のプラ階段が出てくると、急登に変わる。
DSCN6992.jpg

第一鉄塔はまだあんな上なのか。。。
DSCN6993.jpg

この付近は沢の水が流入している。
DSCN6994.jpg

鎖場の箇所もあるが、それほど危険ではない。
DSCN6995.jpg

沢の最上部を渡渉して右岸へ。
DSCN6996.jpg

急斜面に取り付きながら登っていく。
DSCN6998.jpg

鉄塔はまだか~
DSCN7001.jpg

ようやく視界が開け、左手には越前甲(越前大日山)(1319m)が望める。
DSCN7002.jpg

タチツボスミレ(立坪菫)
DSCN7012.jpg

11:40 第1鉄塔(№153)(標高約520m)
DSCN7014.jpg
ハイク開始から1時間24分経過。ここで小休止。

加賀幹線は金沢市の加賀変電所から福井市(旧美山町)の越前変電所まで174基で結んでいる。
DSCN7015.jpg

北東方向の眺望が開けており、勝山の山々が一望。
DSCN7016.jpg

もちろん、白山(2702m)も望める。
DSCN7017.jpg
このところの陽気で、山頂部の雪解けも進んでいるようだ。

第2鉄塔に向け出発(11:51)
DSCN7021.jpg
お目当ての花を見落とさないようにキョロキョロしながら登っていく。

ガマズミ(鎌酸実)
DSCN7023.jpg
スイカズラ科ガマズミ属の落葉樹。

情報ではこの辺りなんだが・・・ あっ、あった!

ヤマシャクヤク(山芍薬)
DSCN7027.jpg
ボタン科ボタン属の多年草で、丸いボール状の白い花が特徴。

花が開いているのは3~4日と短く、女性の話では先週はまだほとんど蕾だったそうだ。
DSCN7028.jpg

おそらくあと数日でほとんど散ってしまい、見頃のピークが極めて短い。
DSCN7030.jpg

女性と少し立ち話。
DSCN7036.jpg

まだ上には何人か女性のお仲間がいるらしく、しかも三国から来られた男性も居るそうだ。
DSCN7035.jpg
やっぱりあの方たちも来られているのかも。

引き続き第2鉄塔までの急登を登っていく(12:12)
DSCN7037.jpg

登山道脇にはワラビがいっぱい生えていた。
DSCN7038.jpg

ヤマルリソウ(山瑠璃草)
DSCN7040.jpg
ムラサキ科ルリソウ属の多年草。

前方からクマ鈴の音が聞こえ、女性のお仲間たちが降りてこられた。
DSCN7043.jpg
あれ? てっきりはなきち二人さんたちだとばかり思っていたが違った(笑)

急登を登り終え小休止に手頃な切り株があったが、ガマンして先に進む(12:26)
DSCN7044.jpg

鉄塔までもう少し。
DSCN7045.jpg

ミヤマカタバミ(深山片喰)
DSCN7046.jpg
カタバミ科カタバミ属の多年草。

登山道脇に僅かにある残雪。
DSCN7049.jpg
これもあと数日で消えてしまうだろう。

キクザキイチゲ(紫)(菊咲一華)
DSCN7056.jpg

この付近は紫色ばかりで、ちょうど見頃だった。
DSCN7050.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)
DSCN7057.jpg
ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。

12:47 第2鉄塔(№154)(標高約730m)
DSCN7059.jpg
タイムは2時間31分。なお山頂はもう少し先にある。

この鉄塔は他の鉄塔と異なり、赤と白のペンキで塗られている。
DSCN7085.jpg

ここは第1鉄塔以上に眺望が開けており、奥越の山々が一望。
DSCN7060.jpg

ここからも白山(2702m)がはっきりと遥拝できる。
DSCN7065.jpg

北東方向には日本三百名山の経ヶ岳(1625m)。
DSCN7064.jpg

南東方向には日本百名山の荒島岳(1523m)。
DSCN7062.jpg
今年は5月10日(日)が山開き祭。

南側には銀杏峰(1441m)と部子山(1464m)。
DSCN7061.jpg

北側には越前甲(越前大日山)(1319m)。
DSCN7066.jpg

息を整えた後、山頂に向かう(12:51)
DSCN7086.jpg

山頂まではなだらかに登っていく。
DSCN7067.jpg

タムシバ(田虫葉)
DSCN7068.jpg
モクレン科モクレン属の落葉小高木。

ヤマザクラ(山桜)
DSCN7069.jpg
バラ科サクラ属の落葉高木。

12:56 保田経ヶ岳山頂(標高764.9m)
DSCN7070.jpg
鉄塔から5分ほどでとうちゃこ。

登頂記念の三角点(二等・京ヶ岳)タッチ。
DSCN7071.jpg
経ヶ岳と同じ二等三角点がある測量上重要な山のようだ。

昔は木々が切り払われていたのだろうが、現在はわずかに越前甲方面が望めるだけ。
DSCN7072.jpg
眺望のいい鉄塔に戻って食事にしよう(12:57)

白山を遥拝しながらビアで乾杯!
DSCN7073.jpg
ビアが美味しい季節になってきたが、うざい虫たちに悩まされる季節にもなった。

今日の山めしはカップ麺とおにぎり。
DSCN7074.jpg
食事中ずっと熊蜂(クマンバチ)がブンブンと煩く飛び回っていた。

山頂には爽やかな風が吹いていて気持ちよく、思わず昼寝したいほど。
DSCN7076.jpg

今日は取立山(1307m)にもいっぱい登っているんだろうな。
DSCN7077.jpg

第2鉄塔からのパノラマ写真
DSCN7078-001.jpg
※クリックすると拡大します。

この保田経ヶ岳と平泉寺と経ヶ岳は一直線上に並ぶ。
DSCN7079.jpg
ここも何か白山信仰と関係があるのかも。

名残り惜しいが下山開始(13:45)
DSCN7084.jpg

下りも花を鑑賞しながらゆっくり降りて行こう。
DSCN7088.jpg

浸食のせいか、登山道に結構亀裂が入っている。
DSCN7089.jpg
大きな崩落がなければいいのだが・・・
なお私が歩いたので1㎝ほど亀裂が拡大したのは内緒(ウソ)

キクザキイチゲ(紫)(菊咲一華)
DSCN7090.jpg

ミヤマカタバミ(深山片喰)
DSCN7091.jpg

ミツバツツジ(三葉躑躅)
DSCN7092.jpg
ツツジ科ツツジ属の落葉低木。

ヤマルリソウ(山瑠璃草)
DSCN7094.jpg

下りも照り付ける日差しで、汗が噴き出してくる。
DSCN7096.jpg
ほとんど夏の低山を登っている感じ。

14:11 第1鉄塔(№153)(標高約520m)
DSCN7097.jpg

沢と化しているこの場所はガレた石が多いので慎重に。
DSCN7099.jpg
危うく転びそうになりました。

14:32 巡視路分岐
DSCN7101.jpg

14:45 保田経ヶ岳登山口(標高約227m)
DSCN7102.jpg
下りは1時間で、誰とも会わなかった。

2L持参した水も残り僅か。
DSCN7103.jpg
これからの時期はもう少し増やさないと。

予想通り、駐車スペースには私の車だけだった(14:53)
DSCN7104.jpg

下山後は禅の湯で汗を流す。
DSCN7105.jpg
入浴後のおやつはもちろん、かき揚げそば(220円)です(笑)

GW期間中は通常220円のかき氷が200円で、7種類のシロップかけ放題。
DSCN7106.jpg

これも食べましたがなにか。
DSCN7108.jpg

今回初めて登ったが、急登の連続で結構ハードな山行だった。
でも念願のヤマシャクを見ることができて大満足。
花と眺望の両方が楽しめ、天子山をもう少しキツくした感じだが、
知名度が低いのが不思議なぐらいイイ山でした。

やっぱり、山っていいね!

保田経ヶ岳(765m)
標高差497m
登り 2時間40分、下り 1時間8分、TOTAL 4時間37分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 14

toshi0113  

ひぃひぃひぃ(笑)
有難うござんす toshi家は今日の午前中に向かいます
事前視察、お疲れ様で~す

しかし、この山の山頂...少し残念かも
山芍薬だけ鑑賞して降りちゃうかもね(笑)

2015/05/03 (Sun) 04:41 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

toshi0113さん こんにちは

早速喰い付かれましたか(笑)
ヤマシャクは本当に短い間しか咲いていないので、今日行かれるのは正解でしょう。

山頂自体は眺望がほとんどありませんが、第2鉄塔からの眺めは天子山以上に素晴らしかったです。
下山後のレポを楽しみにしています。

2015/05/03 (Sun) 10:29 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~さん、こんばんは。
経ヶ岳ってあちこちにあるんですね・
登る人もあまりいなくて静かで連休中山とは思えない、でもいろんな花が咲いてなかなか良い山の様ですね。  特にヤマシャクヤク、始めてです。いいですねーーーー。
青葉山行って来ました。怖かったです(ちょっとだけ)。梯子、岩場、ロープ場と、でも頂上からの眺めは絶景でしたよ。(実は私高所恐怖症なんです)

2015/05/03 (Sun) 18:03 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大kのりちゃんさん こんにちは

ヤマシャクは県内ではこの保田経ヶ岳以外ではほとんど見られない貴重な花のようです。
花の時期は数日と大変旬が短い花なので、ベストタイミングで登るのが難しいです。
今年は厳しいかもしれませんが、来年是非ご覧になってください。

青葉山、無事ご帰還されて何よりです。
あのロープ場や梯子、怖かったでしょう。
私も特にあの長い梯子の下りは怖くて立っていられず、腰を下ろして1歩ずつ下った記憶があります(笑)
短いですがあそこは北アルプスばりの岩稜歩きが楽しめますね。

2015/05/04 (Mon) 09:38 | EDIT | REPLY |   

はなきち二人  

こんにちわ

よっし~さん、期待を裏切ってごめんなさい。その日は休養日でした。
私達は、昨日取立山に登った後、時間があったので2座目にヤマシャクのところまで見に行ってきました。
ヤマシャクは日持ちしない花なので、よっし~さんのレポを見て今日を逃したら今年はもうダメと思い、下山後の重い足を引きずって見に行ってきましたよ。

取立山も良かったですよ。行ってきて下さい。ヒメイチゲ探してみてください。

2015/05/04 (Mon) 15:18 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

取立山に行こうか迷ったんですが、ヤマシャクはこの日を逃すと1年後だと思い保田経ヶ岳にしました。

もしかしてはなきちさんたちが登っておられるかなと思っていて、途中出会った女性から三国から来られたメガネの男性もいると聞いて、「これははなきちさんだ!」と確信しかけたんですが別人でした(笑)

しかし途中までとはいえ、取立山の後にヤマシャク詣でですか!
お花には目がないとはいえ、すごい気力ですね。
十分どえむだと思います(笑)

2015/05/04 (Mon) 16:30 | EDIT | REPLY |   

poptrip  

こんばんは。
以前から疑問に思ってたんですがよたよたさんはどうやって山座同定してるんですか?
企業秘密(笑)じゃなかったらご教示ください。あつかましくてスミマセン。

あ,コメント遅れましたが燕岳・・・うらやましいです。

2015/05/05 (Tue) 20:31 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

poptripさん こんにちは

山座同定ですか、う~ん、企業秘密ですが特別にお教えしましょう(笑)

私の場合、山座同定は一部のメジャーな山やあからさまに山容から分かる山以外は、帰宅後自宅で行います。
ブログにアップした以外にもいっぱい写真を撮ります。
全体の位置関係が分かる構図から、部分的に山頂付近をアップしたものまで、結構撮っています。
そしてその画像を見ながら、カシミールや地理院地図などで1次判定。

写真を撮った位置から方向とおおよその距離を確認し、地図の等高線から頭の中で山容を3D化して写真と見比べます。
カシミールには3Dのパノラマが表示できる機能もありますが、無料の地図しか使っていない私はいつも脳内3D化しています(笑)
頂きがチョコンと稜線から出ているだけの山は、その山の標高と手前の稜線の標高を確認して、物理的に見えるかどうかも判定します。

あとは他の方のレポにある山座同定した写真でも確認。
これが一番調べやすいですが、たまに誤っているのもあるので、前述の作業と併せて検証します。

福井県内の山で一度登ったことがある山だと、山頂の形状や尾根の様子、回りの山との位置関係が分かっているので山座同定しやすいでね。
北アルプスのようなあまり行ったことがない山では、同定して山名が確定するまでネットでいろいろ調べたりするので、結構時間がかかります。なかには1時間近くかけてようやく同定する場合も。

こんな感じで、企業秘密と言えるものではなく、誰でもできるレベルでしょうか。
でも過去のレポには間違っているものもあると思いますのでご容赦を。

2015/05/06 (Wed) 10:00 | EDIT | REPLY |   

poptrip  

思い切った情報公開ありがとうございます。ようやく長年の疑問が解決しました。大量の1/25000地図とコンパスを使用しているのかとも思ってましたが

誰でもできるレベル?いやいやなかなかできませんよ。ちょっぴり尊敬します(←ちょっぴりかよ!)

よたよたさんのブログは大変ありがたく,自分の山座同定の参考にしていたんです。これからもパクらせて,いや参考にさせていただきますのでよろしくおねがいします。

2015/05/06 (Wed) 19:00 | EDIT | REPLY |   

ツギロウ  

よっし~さん こんばんは。

このレポを拝見して、なんちゅ~可憐なお花だと感動し、もう遅いかもと思いながら、ダメもとで今日行ってきました。よっし~さんやtoshi0113さんのヤマレコの反響か、多くのハイカーさんがお見えになってましたよ。お花にもなんとか出逢うことができ、幸せな気持ちになれました。

ただ、毎年来てるという年輩の方の「これからも残していって欲しいね~」という言葉が重かったです。
といのも昔はあの斜面の相当広い範囲にたくさん咲いていたそうですので・・・

あの可憐さを見れば、守りたい、来年もこの場所で見たい、自然のままにしておこうという気持ちになると思うんですけど。残念ながらそうじゃない人もいるんでしょうね。

2015/05/06 (Wed) 22:27 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

poptripさん おはようございます。

ご参考になったでしょうか。
読図はボーイスカウトで少しかじった程度で、もっぱら我流の山座同定でお恥ずかしい限りです。

そのうちスマホのアプリなどで、山の写真を撮ると内臓のGPSと地図で瞬時に山名が表示されるようになるかもしれませんね。もしかしたらもう既にあるのかも。

2015/05/07 (Thu) 08:54 | EDIT | REPLY |   

山ガールの青レンジャー  

よっし~さん、こんにちわ。

保田経ヶ岳にはヤマシャクヤクが咲くんですか~!!!知りませんでした~。

青レンジャーは近くて霊仙山まで行かないと見られないと思っていましたが、勝山市なら近いですね~。情報ありがとうございます~。機会があったら見に行こうかな。

ヤマシャクヤクは本当に気品漂うお花ですね~。

2015/05/07 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ツギロウさん おはようございます。

六甲山縦走後の疲れた身体にムチ打ち、保田経ヶ岳&鬼ヶ岳とはさすがどえむですね(笑)
ヤマシャク、まだ咲いていて良かったですね。

普通懸命に咲いているあの花をみたら、盗掘するなんて思うはずもないのですが、中には不届きな輩が多いようですね。
山菜にしてもしかり。春の旬の味を味わいたい気持ちは分かりますが、グループでやってきて根こそぎ取っていく方がいるようです。その山が自分の土地で、毎年大挙して他人が山菜を収奪していったらどう思うのでしょうかね。

やはりとるのは写真だけにしていきたいです。

2015/05/07 (Thu) 09:03 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

山ガールの青レンジャーさん おはようございます。

保田経ヶ岳は福井県のお山の教科書(登ってみねの福井の山)にこそ載っていますが、知名度、人気度はあまりない山で、私も今回が初めてでした。
ヤマシャクヤク、私は今回初めてナマで見たんですが、あの白くて丸い花はとってもキュートで気品がありますね。まさに先日誕生されたプリンセス・シャーロットのようです(笑)

登山口までは標識が整備されているので、比較的分かり易いと思います。
是非ご覧になってください。

霊仙山にもヤマシャク咲くんですか。知りませんでした。

2015/05/07 (Thu) 09:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)