越知山(613m)

author photo

Byよっし~

2011年11月26日(土)

泰澄大師が開いたとされる越前五山
文殊山(365m)を中心として、北は吉野ヶ岳(547m)、東は霊峰白山(2702m)、
南は越前富士の日野山(795m)、そして西は越知山(613m)。
この中でまだ登っていないのが、越知山(おちさん)。
という訳で今日のハイクは、越知山へ。
 
今朝は放射冷却で冷え込み、朝モヤが立ちこめていたので、自宅を出たのは10時過ぎとかなり遅め。
でも越知山は林道が整備されており、30分ほどで登れるようなので、ちょうどいいかも。

向かう途中に見えた、城山(202m)と文殊山(365m)。
DSC04205_20111210205244.jpg

当初の予定では、武周ヶ池側の登山口から登るつもりで、本来旧清水町側から回るべきところを、
旧朝日町側から進んでいくと、越知山登山口の表示。

11:03 小川登山口(修験道コース)(標高約90m)
DSC04208.jpg
どうやら武周ヶ池の反対側に来てしまったようだ。

登山口脇にある旧小川分校跡の奥糸生地地区多目的集会施設。
DSC04213.jpg

この道は行者(修験者)道と呼ばれ、泰澄大師が毎夜登られたとされる。
DSC04210.jpg

元々この道が正規の参道らしく、江戸時代までは多くの修験者や参拝者で賑わったらしい。
DSC04212.jpg
案内板に書かれた登りタイムは、約2時間半と予定外の長距離。
でも30分のハイクじゃ物足りないとも思っていたので、結果オーライでこちらから登ることにする。

11:10 登山開始
DSC04217.jpg

最初は整備された杉林の中をなだらかに登っていく。
DSC04219.jpg

11:24 一合目
DSC04222.jpg
頂上の十合目までこのような標識があり、行程の目安になっている。

階段のところで、前から標識を抱えた方に遭遇。
DSC04223.jpg
どうやら地元のボランティアの方で、標識を設置しているようだ。

11:34 二合目
DSC04225.jpg
林道と出合う。さっきすれ違った方のと思しき軽トラがあった。

ここからは部子山などが見えた。
DSC04227.jpg

鉄製の真新しい梯子があり、この梯子を進むコース(古道)と林道を進むコースに分かれる。
DSC04230.jpg
林道を進む方が5分短いようだが、せっかくなので古道をチョイス。

この梯子、かなり急勾配で怖く、梯子の先もロープのある急登が続く。
DSC04231.jpg

急登を過ぎ、ようやくフラットになったかと思いきや、
DSC04232.jpg

今度は下り始める。おいおい
DSC04233.jpg

先ほどの林道が見え始めた。
DSC04236.jpg

林道に出合った後、すぐに登山道を登り始める。
DSC04237.jpg
どうやら古道は、小ピークを登り降りしただけのようだ。帰りは絶対林道にしよう(笑)

11:54 三合目
DSC04241.jpg
ここで休憩しようかとも思ったが、ベンチもないのでそのままスルー。

植生もブナやカエデなどの広葉樹に変わり、
DSC04242.jpg

美しい紅葉が目を楽しませてくれる。
DSC04244.jpg

12:07 四合目
DSC04245.jpg
ここも休憩せず、スルー。

登山道は道幅も広く、かなり整備されているのだが、文殊山同様の赤土の山で滑り易い。
DSC04247.jpg
急登で階段やロープがない部分では、落ち葉の下の腐葉土が滑ってふんばりがきかず、
なかなか前に進めない。

写真のこの場所では、ドリフのコントの如く、途中まで登ってはお尻から滑り落ちるのを繰り返し、ご覧の有様。
DSC04251_20111210233931.jpg
おそらく誰かに見られていたら、絶対笑われていたはず(笑)
私の靴がそろそろ寿命だというのもあるが、ここが一番の難所だった。

難所を抜けて歩いていると、前から有り得ないモノが・・・
じ、自転車!?

一瞬目を疑ったが、マウンテンバイクに乗った男性がこちらへ下ってくる。
DSC04252.jpg
「この先滑り易いのでお気をつけて」と声を掛けてすれ違う。
帰宅後ネットで検索したら、この方のHPでもうレポがUPされていた。

紅葉を愛でながら、なだらかな尾根沿いを進んでいく。
DSC04254.jpg
DSC04255.jpg

12:22 五合目
DSC04257.jpg
そろそろ休みたいが、ここもスルー。

五合目を過ぎると、一旦下り始め、鞍部にでる。
DSC04258.jpg

ここは木の実谷コースとの合流点。
DSC04262.jpg
木の実谷コースは急登が多く、上級者向けらしい。

再び登りとなる。
DSC04263.jpg

12:35 独鈷水分岐休憩所
DSC04265.jpg
ベンチがあったので、ここで初めて小休止。水分補給する。

屋根付きのベンチの一画には、沢山のお地蔵様。
DSC04267.jpg

左へ下ると、泰澄大師ゆかりの独鈷水(とっこすい)へ。
DSC04266.jpg
どれぐらいかかるか分からなかったので、行きはパス。帰りに時間があれば寄ってみよう。

12:44 六合目
DSC04270_20111211013102.jpg

文殊山や吉野ヶ岳、やや霞んでいるが白山も望める。
DSC04273.jpg

さっきのMTBの方以外、誰ともすれ違わない。
DSC04274.jpg

またしても二択の道が。迷った末、右の本道へ。
DSC04275.jpg
ここは数分で合流した。

12:58 七合目
DSC04276.jpg

緩やかな下りとなり、前方に峰が見えてきた。
DSC04278.jpg
あれが頂上だろうか?

ブナの美林という看板。
DSC04280_20111211200857.jpg

すっかり落葉してしまっているが、なるほど初夏にはキレイな場所だろう。
DSC04281.jpg

13:05 八合目
DSC04284.jpg
この七合目から八合目の間が、7分と一番短かかった。

お~、あれがピークか?でもまだ八合目を過ぎたばかりだし・・・
DSC04286.jpg

終盤にきての急登は堪える。
DSC04287.jpg

やっぱり、騙しピークでした(笑)
DSC04288.jpg

13:23 九合目
DSC04289.jpg
ここまでくれば、あとわずか。

13:25 越知神社
DSC04292.jpg

こちらは別山(616m)というらしい。
DSC04293.jpg

頂上はここから10分ほど先らしいが、まずは本殿に参拝。
DSC04294.jpg
養老2(718)年に泰澄大師によって開山され、山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神、
越知大権現を祀っていたが、明治維新による神仏分離・廃仏毀釈によって、
修験道に基づく越知大権現は廃されて、この越知神社と麓の越知山大谷寺に分離させられてしまった。

神社内を散策しながら、頂上に向かう。

室堂
DSC04298.jpg
元は山伏の宿泊所だったが、現在は社務所になっている。

御神木の栃の木
DSC04300.jpg
一説には、泰澄大師お手植えの栃の木とされる。

殿池
DSC04303.jpg
織田信長公の愛馬がこの池に落ちたことから名付けられたとされる。ほんまかいな?

大師堂
DSC04308.jpg

千体地蔵尊
DSC04310.jpg

内部には、たくさんのお地蔵様が安置されている。
DSC04311.jpg
これらは参拝者が願掛けや祈願成就の御礼として奉納したもので、年代や石質の異なる
様々なお地蔵様が祀られており、柴田勝家や歴代の福井藩主も寄進しているそうだ。

笏谷石(しゃくだにいし)の階段を登っていくと、
DSC04316.jpg

神宝庫
DSC04317.jpg

この脇にある松が縁結びの松と呼ばれ、良縁を願って枝に御札を結ぶそうだが、
DSC04320.jpg
枝がありません(笑)

ふたたび進んでいくと、
DSC04323.jpg

13:39 奥の院
DSC04325.jpg

ここが十合目であり、
DSC04330.jpg

山頂(612.8m)でもある。
DSC04334.jpg
登りタイムはコースタイムどうりの2時間29分。

お決まりの三角点(三等)タッチ。
DSC04331.jpg

臥行者旧跡
DSC04341.jpg
泰澄大師の弟子が心の修行と称して、ここで寝てばかりいたことから名付けられた。
そういう修行なら、私も得意です!(笑)

頂上からの眺めは素晴らしく、日野山(795m)を始め、
DSC04327.jpg

文殊山(365m)や経ヶ岳(1625m)や銀杏峰(1441m)など奥越の山々、
DSC04337.jpg

吉野ヶ岳(547m)の遙か先には、白山(2702m)も望むことができた。
DSC04338.jpg

また西に目をやると、日本海も見える。
DSC04332.jpg
頂上を後にし、室堂に戻る。

実はこの室堂まで車で来ることも可能。
DSC04342.jpg
車で来られたご夫婦に頂上の場所を尋ねられ、「10分ほど登ったところですよ」と答えたら、
『10分も登るんですか!?』とびっくりされていた。
ここまで車で来たんだから、10分ぐらい歩きましょうよ(笑)

展望台の方に向かう。
DSC04347.jpg

10分ほど歩いていくと、
DSC04348.jpg

14:00 越知山展望台(標高626m)
DSC04350.jpg
なぜか頂上(奥の院)より、こちらの方が標高が高い。

コンクリート製の立派な展望台で、上に登ってみると、
DSC04351.jpg
頂上以上の大パノラマが広がる。

ここからは敦賀湾や西方ヶ岳(764m)なども望めた。
DSC04364.jpg

ここで遅い昼食にする。
DSC04365.jpg
またまた性懲りもなく、こんなに背負ってきました(笑)

今日のメニューは、ハイカラ鍋焼きうどん
DSC04372.jpg
と言えば聞こえがいいが、要は天かすを入れただけのうどん。

途中から大根おろしを入れて
DSC04373.jpg

おろしハイカラうどんで味変。
DSC04374_20111211222148.jpg

副菜は実録男前豆腐店の男前豆腐。
DSC04366.jpg
まさに私にピッタリでしょう!(←大ウソ)

先ほどより雲がとれ、白山の姿がハッキリと浮かんできた。
DSC04375.jpg
かつて若き日の泰澄大師も、ここからあの白山を眺めて修行に励まれたのであろう。

もう15時近いので、下山することに(14:53)。別山神社。
DSC04379.jpg

15:00 越知神社本堂
DSC04381.jpg

15:02 九合目
DSC04383.jpg

滑り易いので、注意して歩いていく。
DSC04384.jpg

15:14 八合目
DSC04386.jpg

15:22 七合目
DSC04387.jpg

雪化粧した白山を眺めながら、先を急ぐ。
DSC04388.jpg

15:31 六合目
DSC04389.jpg

15:34 独鈷水分岐休憩所
DSC04390.jpg

時間が遅いので、独鈷水はまた次の機会に。
DSC04391.jpg

15:41 木の実谷コース分岐
DSC04393.jpg

15:47 五合目
DSC04396.jpg
この先行きに転んだ坂があるので、注意しよう。

半ばスキーをするかのように、斜面を滑り落ちる。
DSC04397.jpg

15:56 四合目
DSC04398.jpg
急がないと日が沈んでしまう。

16:06 三合目
DSC04399.jpg

林道に出合う。
DSC04400.jpg

帰路はもちろん古道は使わず、林道を歩いていく。
DSC04401.jpg

16:15 二合目
DSC04405.jpg


16:22 一合目
DSC04406.jpg
だいぶ暗くなってきた。

16:32 小川登山口
DSC04407.jpg
なんとか日没前に下山することができてひと安心。下りは1時間39分だった。

旧朝日町(越前町)にある糸生温泉泰澄の杜(500円)に立寄った後、帰宅。
DSC04409.jpg

当初は武周ヶ池側から軽めのハイクと思っていたのに、なぜか今日もがっつりハイクとなってしまった(笑)
今度は新緑の時期に登ってみたい。

越知山(613m)(小川口・修験者道コース)
標高差523m
登り 2時間29分、下り 1時間39分、TOTAL 5時間29分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)