舟伏山(1040m)イワザクラ満開です!

author photo

Byよっし~

2015年4月18日(土) 快晴

春は三寒四温というが、このところ晴れた日は1~2日しかなく、
その日がなかなか休日にならない。
土曜日は久しぶりに快晴の予報なので、遠征してみることに。
遠征先は岐阜県山県(やまがた)市にある舟伏山(1040.3m)
DSCN6530.jpg
昨年11月山県三名山めぐりの第1弾として登った山で、今回が2度目。
山名はその名の通り”舟を伏せたような山容”に由来する。
前回は記念品のさくらちゃんグッズ目当てと少し不純な動機で登りましたが、
今回はさくらちゃんが一押しのイワザクラがお目当てです。
本当は4月14日(さくらちゃんの誕生日)に登ろうと思っていたんですが、
天候不順でこの日に順延となりました(笑)
 
前日帰宅後に出発し、道の駅ラステンほらどで車中泊。
4月も半ばというのに、気温は2℃と肌寒かった。

6:32 登山口駐車場(標高約343m)
DSCN6533.jpg
今回も1番乗りかと思いきや、既に先客が4台。みなさんイワザクラ目当てのようだ。

ザックには山県三名山制覇のバッジを付けてきました(笑)
DSCN6534.jpg

標高1000m超で途中残雪があるかもしれないので、スパイク長靴をチョイス。
DSCN6535.jpg

舟伏山への登山ルートは東回ルート西回ルートの2つがあるが
DSCN6536.jpg
東回ルート(登山口から桜峠まで)は立木伐採作業のため、昨年4月から通行止になっている。
イワザクラの群生地は東回りルート側にあり、このため西回りで登って少し戻らないとならない。
だがヤマレコの山行記録をみると、2日前に東回りで登った方がおられた。

そこで私も東回りルートで登ってみることにする(6:37)
DSCN6537.jpg

今日は伐採作業はお休みのようだ。
DSCN6539.jpg

斜面一面の木々が伐採されている。
DSCN6540.jpg

登山口を探すが、看板や標識も見当たらずどこが登山口なのか全く分からない。
DSCN6548.jpg

先行していた2人組の方は今回初めてらしく、やはり戸惑っておられた。
DSCN6549.jpg

渡渉した先になんか看板があったがどうも違うような感じ。
DSCN6546.jpg

また道迷いするといけないので、素直に西回りルートから登ることにしよう。
DSCN6550.jpg

6:51 舟伏山西回ルート登山口(標高約348m)
DSCN6551.jpg
やはり急がば回れですね(笑)

6:56 枝林道終点(木橋)(標高約375m)
DSCN6552.jpg
ここから登山道となる。

先ほど登山口にいらした親子連れが追い付いてきたので、すかさず道を譲る。
DSCN6553.jpg

やはりあっという間に引き離される(笑)
DSCN6554.jpg

スミレサイシン(菫細辛)
DSCN6556.jpg

セントウソウ(仙洞草)
DSCN6558.jpg
セリ科セントウソウ属の多年草。葉がセリバオウレンに似ているので、別名オウレンダマシとも呼ばれる。

7:05 二股(炭焼き場跡)(標高約450m)
DSCN6559.jpg
目印は赤テープだけなので道迷いに注意。

ボタンネコノメソウ(牡丹猫の目草)
DSCN6560.jpg

クロモジ(黒文字)
DSCN6561.jpg
クスノキ科クロモジ属の落葉低木。枝は高級楊枝の材料となる。

7:12 山頂まで2.8km地点
DSCN6562.jpg

渡渉して急斜面に取り付く。
DSCN6563.jpg

つづら折れではあるがいやらしい傾斜が続き、後続にどんどん道を譲る。
DSCN6564.jpg
先ほど東回りルートを探していた2人組も諦めて西回りにしたようだ。
気温がぐんぐん上がっているようで、着ていたアウターを脱ぐ。

急斜面が終わると今度は斜面をトラバース。
DSCN6565.jpg
道幅が狭く、崩れかけた部分もあるので慎重に。

7:59 阿弥陀仏(標高約655m・山頂まで1.8km)
DSCN6566.jpg
ここまで1時間8分と前回(1h9m)とほぼ同じペース。でも既に10人ほどに抜かれています(笑)

今回の方が疲労度があり、ザックを下して小休止。
DSCN6567.jpg

今回持参した今話題のこのボトル。
DSCN6568.jpg
ネットでは注文殺到で出荷停止とあったが、購入したスーパーでは普通に山積みされていた(笑)

例えるなら透明なカルピスといった感じの味。
DSCN6569.jpg
糖分やはちみつ、食塩などが含まれているので、ハイク中のエネルギー補給にはいいかも。

ドーピング剤を摂取してハイク再開(8:04)
DSCN6570.jpg

ヒトリシズカ(一人静)
DSCN6571.jpg
センリョウ科チャラン属の多年草。

ここからは再びつづら折れに登っていく。
DSCN6573.jpg

今年は雪が多かったせいか、倒木や折れた木も目立つ。
DSCN6574.jpg

オオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)
DSCN6575.jpg
ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。お盆の頃にヒガンバナに似たオレンジ色の花を咲かせる。
ヒガンバナ同様有毒植物で、口にすると最悪死に至る。
鹿の食害に悩まされているそうだが、鹿たちも毒だと分かってるいるのか一帯に生えていた。

8:33 展望台分岐(標高約750m・山頂まで1.2km)
DSCN6576.jpg

展望台という割には眺めはそれほど良くない。
DSCN6577.jpg

ブナ?の新芽たちもスタンバイ中。
DSCN6580.jpg

カタクリが一輪だけ咲いていた。
DSCN6581.jpg
食害のせいか、それとももう終盤なのか、開花したカタクリはほとんどなかった。

稜線までもう少し。
DSCN6582.jpg

9:02 稜線出合(標高約962m)
DSCN6583.jpg

バイケイソウ(梅蕙草)とヤブレガサ(破れ傘)が群生していた。
DSCN6584.jpg
いずれも新葉が出たところで、花の時期は夏。

ここからはしばらくなだらかな稜線歩きとなる。
DSCN6585.jpg

9:05 小舟伏山山頂(標高約973m・山頂まで0.6km)
DSCN6586.jpg

窪地には残雪があったが、登山道にはここまで全くなし。
DSCN6587.jpg
登山靴でも問題ありません。

鞍部から舟伏山山頂までは100mほど登り返し。
DSCN6588.jpg

引き返してくるハイカーにも遭遇。
DSCN6589.jpg
イワザクラは満開だそうだ。

山頂部には少し残雪があったが、これもあと数日中には跡形もなく消えるだろう。
DSCN6590.jpg

9:29 舟伏山山頂(標高1040.3m)
DSCN6594.jpg
タイムは2時間38分。山頂には先ほどの親子連れの方を含め2組おられた。
もっとも彼らは既にイワザクラを鑑賞して戻ってきたようだが(汗)

約5ヶ月ぶりのさくらちゃんとのご対面。
DSCN6595.jpg
雪のせいだろうか、さくらちゃんのお顔がだいぶ傷んでいた。
山県市役所の方、是非新しい看板に交換をお願いします。

一応、さくらちゃんの看板と記念撮影。
DSCN6593.jpg
poptripさん、今年も山県三名山めぐりはあるようですよ(笑)

南側には昨年登った釜ヶ谷山(696m)
DSCN6597.jpg

北側には越美国境の盟主、能郷白山(1617m)
DSCN6598.jpg

今日のお昼はどら焼き1個。
DSCN6596.jpg

さっさと済ませ、イワザクラのある東回りルートへ(9:44)
DSCN6600.jpg

10分ほどなだらかな稜線部を進み、
DSCN6602.jpg

ここからつづら折れの急坂を下っていく。
DSCN6604.jpg

ハイカーの姿が見えてきた。ここがイワザクラ群生地なのだろう(10:01)
DSCN6606.jpg

イワザクラ(岩桜)
DSCN6611.jpg
サクラソウ科サクラソウ属の多年草。

ハイカーの情報通り満開で、まさに見頃!
DSCN6622.jpg

旧美山町(山県市)の町花で、石灰岩の隙間を好んで咲いている。
DSCN6612.jpg

環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されており、
DSCN6620.jpg
山県市ではイワザクラ保護条例が制定されている。

非常に珍しいシロバナのイワザクラも咲いています。
DSCN6618.jpg
とっていいのは写真だけ。

群生地は道幅が狭く急な岩場なので、撮影に夢中になって滑落しないように。
DSCN6613.jpg
またハイカー同士のすれ違いにもご注意を。

さてどうしよう? これを登り返すのか。。。
DSCN6623.jpg
東回りルートから結構登ってきているので、朝方の2人組は東回りで降りるとのこと。

という訳でも私も東回りルートで降りることにする(10:14)
DSCN6624.jpg
なお山頂~桜峠間は通行可能です。

10:18 水たまり分岐(標高約855m・登山口まで3.1km)
DSCN6625.jpg
寄ってみようかとも思ったが、見てきた男性が大したことないと言っていたのでパス。

通行止めの東回りルートなのに、どんどんハイカーが登ってくる。
DSCN6627.jpg
既に10人以上とすれ違う。

つづら折れが終わると、斜面をトラバース。
DSCN6628.jpg

道幅が狭く滑り易い箇所もあるので、景色に見とれずにご注意を。
DSCN6629.jpg

ニリンソウ(二輪草)
DSCN6631.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
付近にはエイザンスミレやマルバスミレも咲いていた。
(写真を撮りましたがひどいピンボケばかりでした)

この辺は特に道幅が狭く、落石にも注意。
DSCN6636.jpg

カタクリも1枚葉がほとんど。
DSCN6637.jpg

10:36 みのわ平(標高約780m・登山口まで2.4km)
DSCN6639.jpg

ここで小休止。
DSCN6641.jpg

朝迷った東回りルートの伐採箇所が見えてきた。
DSCN6643.jpg

再び隘路のトラバース路になる(10:52)
DSCN6644.jpg

前方から20名近い団体さんが登ってきた。
DSCN6645.jpg
木にしがみついて道を譲る。

トラバース路が終わると、造成林の中をつづら折れに下っていく。
DSCN6646.jpg

11:00 桜峠(標高約603m・登山口まで1.7km)
DSCN6648.jpg

旧根尾村(本巣市)の薄墨桜の子孫が植樹されている。
DSCN6652.jpg

山頂から桜峠までは現在でも通行可能だが、
DSCN6649.jpg

この先の東回りルートは通行止になっている。
DSCN6654.jpg
桜峠から尾根を外れて夏坂林道入口の神崎登山口まで行くルートがあるが、
こちらだと降りてから3kmほど林道を引き返さないとならない。
規制通り神崎登山口へ行こうかと思ったが、ちょうど東回りルートから登ってきたハイカーに状況を確認。
倒木など歩きづらい箇所もあるが、総じて普通に歩けるとのこと。

という訳で通行止の東回りルートを直進。
DSCN6655.jpg
あくまでも自己責任です。

11:12 山頂まで2.8km地点(標高約580m・登山口まで1.1km)
DSCN6656.jpg
ここから尾根を外れてつづら折れに下っていく。

ミヤマカタバミ(深山片喰)
DSCN6657.jpg
西回りルートもそうだったが、ほとんど閉じていた。

次第に伐採された丸太が増えてくる。
DSCN6658.jpg

前方が開けてきた。
DSCN6659.jpg

11:23 山頂まで3.1km地点(標高約450m・登山口まで0.8km)
DSCN6660.jpg

ここからは伐採されてハゲ山と化した急斜面を下っていく。
DSCN6661.jpg

従来の登山道は一応残っているが、一部倒木や崩落しかかった箇所も。
DSCN6662.jpg

登山道から先ほどまで居た山頂を望む。
DSCN6663.jpg

11:33 山頂まで3.7km地点(標高約400m・登山口まで0.2km)
DSCN6665.jpg

ここは沢でかつては橋がかかっていたようだが、伐採による枝や端材でほとんど埋まっていた。
DSCN6666.jpg

対岸に移ると林道はもうすぐ。
DSCN6667.jpg

11:38 舟伏山東回ルート登山口(標高約360m)
DSCN6668.jpg
下りは1時間54分。

こんなところに登山道があるなんて、初めてならまず分からないだろう。
DSCN6669.jpg
かつて東回りルートを登った方ならいざ知らず、初めての方は止めた方がいいと思う。
もちろん現在通行止なので、通行はあくまでも自己責任で。

駐車場に戻るとあまりの車の多さにびっくり!
DSCN6670.jpg
駐車場はおろか路肩にも延々ビッシリと駐車してあり、全部で40台近くあった。

念願のイワザクラに出会うことができ、しかも満開でシロバナにまで会えて大満足のハイクだった。
下山後は2座目へ・・・

今回歩いたコース (クリックすると大きくなります)
Mt_funabuseyama03.jpg

やっぱり、山っていいね!

舟伏山(1040.3m)(登り:西回ルート、下り:東回りルート)
標高差692m
登り 2時間38分、下り 1時間54分、TOTAL 4時間50分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 16

poptrip  

どうも。ピンポイントな情報ありがとうございます。
しかし山県市って鯖江からだとアクセスが非常にアレですね(今回調べてみて愕然とした)。
さくらちゃんもなかなか捨てがたいのですがちょっと躊躇しています。よたよたさんと同じで動機が不純だから(笑)

2015/04/19 (Sun) 22:21 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

よっし~さん、おはようございます。
山県市ってどこだ?、東北地方の山形県山県市か?
ずいぶん遠くまで行くんだな~~と思ったらお隣りの岐阜県でしたか。全然知らなかったです。勉強になりました・
イワザクラって本当に岩の割れ目に咲くんですね
とってもきれいです。
私達は18日は孫2人を連れて、福井のサクラ祭りに
行ってきました。

2015/04/20 (Mon) 09:58 | EDIT | REPLY |   

大kのりちゃん  

追伸です。
19日の文殊山は、頂上で5~6人の役員の方々が作業を終えられていました。何の作業だったのかなーー

2015/04/20 (Mon) 10:13 | EDIT | REPLY |   

はなきち二人  

おはようございます。

今年も「さくらちゃん」に会いに行ってきたんですね。
イワザクラきれいですね。白花も咲いてるんだ。
私たちも昨年の今頃イワザクラを観に上りました。
オキナグサの写真が無いようですが山頂に咲いてなかったですか?

2015/04/20 (Mon) 10:14 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

poptripさん こんにちは

早速コメントいただきありがとうございます。

確かに舟伏山のある山県市は近いようで遠いですね。

福井市からだと、

①東回り(一般道)
R158~岐阜県白鳥~R156~郡上八幡~R256~タラガトンネル~関市洞戸~山県市美山~R418~県道200

約160kmで4時間ほどかかります。

②西回り(高速利用)
北陸道~米原JCT~名神道~一宮西JCT~東海北陸道~美濃関JCT~東海環状道~関広見IC~R418~

約210kmと距離は長くなりますが、3時間ほどと1時間早くなります。

③R157利用
R157~温見峠~根尾~R418

これが130kmと最短ルートですが、”落ちたら死ぬ!”で有名な”酷道”なのでおススメはしません(笑)
もっとも現在はまだ冬期通行止です。

伊吹山を2時間チョッとでサクッと登られた健脚のPOPさんでしたら、早朝から登れば1日に3座も十分可能だと思います。
是非頑張って下さい(笑)

2015/04/20 (Mon) 11:53 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大kのりちゃんさん こんにちは
いつもコメントありがとうございます。

山県市は平成の大合併でできた市なので、あまり有名じゃないですよね。
福井からだと直線距離では近いのですが、越美国境(両白山地)を迂回するので結構遠いです。

今回初めてイワザクラを見たんですが、満開で本当にキレイでした。
お天気もよくハイカーも大勢でした。
是非一度ご覧になられるのをおススメします。

2015/04/20 (Mon) 11:59 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

> 追伸です。
> 19日の文殊山は、頂上で5~6人の役員の方々が作業を終えられていました。何の作業だったのかなーー

多分、24日の児の火(ちごのひ)の準備だと思います。
前回登った時、ご住職がそんなことを言っておられました。

2015/04/20 (Mon) 12:01 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

遅ればせながらイワザクラを見てきました。
ちょうど満開で本当にキレイでした。
シロバナは例年1~2株咲くそうですが、運良く見られました。

オキナグサですか。
もしかすると咲いていたかもしれませんが、気付きませんでした。
山頂は2週間ほど前はまだだいぶ雪があったようなので、これからなのかもしれませんね。

2015/04/20 (Mon) 12:15 | EDIT | REPLY |   

山ガールの青レンジャー  

よっし~さん、こんばんわ。

イワザクラ~!!!
キレイですね~。他に咲いているところを聞いたことがないくらいに珍しいお花ですね。白いお花もあるんですね~。カタクリみたいです。

4月に入って、本当にお天気が芳しくなくってなかなかお山に行き辛いですね。。。

2015/04/20 (Mon) 22:08 | EDIT | REPLY |   

ツギロウ  

よっし~さん こんばんは。

このお花がイワザクラなんですね。
う~むっ、確かにとっても可憐で、さくらちゃんがイチオシなのもうなずけます。
ただ、咲いているところがなかなか危なそう!

でも、今回のレポでいちばん可憐だったのは・・・
よっし~さんの小さな小さな背中でした(笑)

2015/04/21 (Tue) 00:25 | EDIT | REPLY |   

toshi0113  

たぶんブログに登場の方は ↓
 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-615115.html

2015/04/21 (Tue) 06:23 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

山ガールの青レンジャーさん こんにちは

イワザクラ、ようやく見ることができました。
好天の土曜日だったため、序盤は少なかったですが、大勢のハイカーで賑わっていました。
イワザクラは石灰岩の地層を好むそうなので、伊吹山や霊仙山といった他の石灰岩地形の山でも見かけそうなんですが、この辺りだとなぜか舟伏山の限られたエリアしか咲かないようです。不思議ですね。

またシロバナは土壌のpH値に関係しているようです。
イワザクラやカタクリなどの紫色はアントシアン系色素で、酸性(pH<7)では色素が安定していますが、アルカリ性(pH>7)では不安定になり分解していきます。
イワザクラも咲き始めは濃い紫色ですが、次第に色が薄くなるそうです。
おそらくシロバナの咲いている場所は特にPH値が高く、そのため色素が最初から分解してしまったのではないかというのが私の推測です。
まぁ素人なので、違うかもしれませんが。

2015/04/22 (Wed) 13:49 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

toshi0113さん こんにちは

レポの13枚目の写真は小学生2人の男の子を連れたお母さんハイカーでした。
山頂で記念撮影を撮ってもらいました。

toshi0113さんの言われたヤマレコの方は、山頂で見かけた青いジャケットを着ていたご夫婦じゃないかと思います。

2015/04/22 (Wed) 13:55 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ツギロウさん こんにちは

イワザクラ、キレイでしたよ~
ちょうど満開で、一番いい時期に見ることができました。
咲いている場所は岩場で、すれ違うのに多少苦労しますが、思ったほど危険ではありません。
みなさん順番待ちしながら写真に収めていました。

今回は他のハイカーに撮っていただいたので、あまり大きく撮れていませんでした(笑)

2015/04/22 (Wed) 14:08 | EDIT | REPLY |   

まちゅびちゅ  

山県さくらに会いに!

はじめまして!ブログ拝見しています。この日この時間、私もここ舟伏山におりました。このTシャツ見た!サクラちゃんと写真撮っておられる風景も記憶にあって…びっくりでした!山っていいですね!

2015/05/19 (Tue) 10:40 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 山県さくらに会いに!

まちゅびちゅさん はじめまして?

もしかしてあの時山頂におられた方でしたか。
それはこちらこそお恥ずかしい姿をお見せしました(笑)

昨年1度登ってさくらちゃんバッジは入手済なんですが、あわよくば今年もと思い撮影していました。
イワザクラは初めて見ましたが、本当に素敵な花ですよね。
また是非見に行きたいと思います。

どこかのお山でお会いできるといいですね。
いつもという訳ではありませんが、あのTシャツを着た図体のデカい奴がいたらお声をおかけください(笑)

2015/05/20 (Wed) 09:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)