2015年4月7日(火) 曇り

桜が開花したが、このところぐずついた天気が続く。
雨は降らないようだが、どんよりとした空で風が冷たく気温は8℃と冬に戻った感じ。
午前中所用があったので、午後から手軽に登れる山として選んだのが、
バンビライン
DSCN6306.jpg
マスター・コウダのカタクリ情報によるともう咲き始めているようだが、
この天気なので、今日は多分開いていないだろうな・・・
 
ハイク前にマスターのお店でランチ。
DSCN6303.jpg
日替わりランチを頼んだんですが、御好意でどえむ日替わりランチになってしまいました(笑)
ご飯大盛りでしかもラーメンまで付いていて、一瞬ダークサイドに引き込まれそうでした(ウソ)
マスター・コウダ、御馳走様でした。

勝山駅裏の登山口駐車場(無料)に到着(12:31)
DSCN6307.jpg
ちょうどソロのおねーさんが降りてこられたのでカタクリの開花状況について伺ったところ、
花弁は開いておらず蕾の付いていないのも多いそうだ。
昨年(4/4)から比べると雪が多かったせいなのだろう。

12:35 バンビライン登山口(標高約120m・第2展望台まで1500m)
DSCN6308.jpg
スパイク長靴にしようか迷ったが、登山靴でハイク開始。
ザックに山めし道具と材料一式が入っていますがなにか。

入口のバンビハウスで入山記録に記帳。
DSCN6309.jpg
マスター・コウダの名前がダントツに多いですね(笑)

ヤマエンゴサク(山延胡索)
DSCN6310.jpg
ケマンソウ科キケマン属の多年草。今年も序盤の主役でした。

???(同定中)
DSCN6312.jpg
アブラナ科っぽい感じなのだが・・・ ご存じの方ご教授下さい。

カンスゲ(寒菅)
DSCN6313.jpg
カヤツリグサ科スゲ属の多年草。

ホクリクネコノメソウ(北陸猫の目草)
DSCN6315.jpg
ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草。

バンビラインの桜はまだ蕾だった。
DSCN6316.jpg

この辺りから急登が始まる。
DSCN6317.jpg

ただし花を探しながらゆっくり登っているので、そんなにキツく感じない。
DSCN6319.jpg

タチツボスミレ(立壷菫)
DSCN6320.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

アズマイチゲ(東一華)
DSCN6321.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。どれも雨に濡れてしょんぼりしていた。

今年のカタクリ三姉妹と命名しました(笑)
DSCN6322.jpg

大雪だったせいか倒木も多い。
DSCN6324.jpg

路面もドロドロで滑り易く、スパイク長靴にすれば良かった。
DSCN6325.jpg

例年シロバナカタクリが咲くスポットはまだ蕾ばかり。
DSCN6327.jpg

もしかするとこの娘が今年のシロバナかな?!
DSCN6328.jpg

斜面にはまだ残雪があった。
DSCN6329.jpg

第1展望台手前の桜の木は無残にも折れていた。
DSCN6364.jpg

12:57 第1展望台(標高約202m・第2展望台まで1000m)
DSCN6330.jpg
誰もおらず、マスター・コウダが鼻の下を伸ばした姫君も居ません(笑)

花弁が開きかかったものも多かったので、この辺りの見頃は週末かな。
DSCN6331.jpg

濁った雪解け水で九頭竜川の水量は多かった。
DSCN6332.jpg

ここから先は再び急登になる。
DSCN6334.jpg
路面が崩壊しかかっている箇所もあるのでご注意を。

曇っているのでやっぱり開いていないな~
DSCN6335.jpg

ミノコバイモ(美濃小貝母)
DSCN6339.jpg
ユリ科バイモ属の多年草。

13:13 尾根出合(標高約256m・第2展望台まで500m)
DSCN6342.jpg

タムシバとヤマザクラの競演。
DSCN6343.jpg

この辺りのカタクリはまだ新芽のモノも多かった。
DSCN6344.jpg

最後の急登です。
DSCN6345.jpg
ザックが重いよ~

トキワイカリソウ(常盤碇草)
DSCN6347.jpg
メギ科イカリソウ属の多年草。

ここでも木が倒れて登山道が大きくエグられていた。
DSCN6348.jpg

急登を登り終え、展望台まではあと僅か。
DSCN6349.jpg

13:32 第2展望台(標高約356m)
DSCN6350.jpg
タイムは57分。やはり展望台には誰も居なかった。

ベンチに腰掛け小休止。
DSCN6352.jpg

持参した山めしを作ろうかと思ったが、まだあんまりお腹が空いていないのでパス。
DSCN6353.jpg
ザックは歩荷訓練です(笑)

県境の山々は雲がかかっていた。
DSCN6354.jpg

風が冷たいので縦走せず、ピストンしよう(13:42)
DSCN6355.jpg

キブシ(木五倍子)
DSCN6360.jpg
キブシ科キブシ属の落葉低木。

尾根出合から第1展望台までの急斜面は特に滑り易いので慎重に。
DSCN6362.jpg
また道が分かり難くなっていてロストしやすい。

14:02 第1展望台(標高約202m)
DSCN6363.jpg

14:15 バンビライン登山口(標高約120m)
DSCN6365.jpg
下りは33分。結局山中では誰とも出会わなかった。
登山靴がすっかりドロドロになってしまった(涙)

永平寺町の禅の湯で汗を流した後帰宅する。
DSCN6367.jpg
相変わらずここのお蕎麦(220円)は安くて美味しい!

生憎のお天気でカタクリを始めほとんどの花が閉じていて残念。
今年は例年より開花が遅れているようで、見頃は今週末から来週にかけてだと思います。
なお登山道の崩壊がひどく、ドロドロの箇所も多いのでスパイク長靴で登るのをおススメします。

やっぱり、山っていいね!

バンビライン(第2展望台)
標高差236m
登り 57分、下り 33分、TOTAL 1時間40分
今年1回目・通算4回目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/552-c8298a6c