早春賦 文殊山2015

author photo

Byよっし~

2015年2月28日(土) 晴れ時々曇り

昨日は名残り雪が降った福井だが、一夜明けると青空が広がる。
春の使者たちの出番はまだ少し早いかもしれないが、今日も文殊山へ。
DSCN5213.jpg
今日はより春を感じられそうな南麓の四方谷コースで登ってみよう。
 
9:50 四方谷コース駐車場(標高約40m)
DSCN5214.jpg
先客の車はなし。

9:56 四方谷コース登山口(標高約43m)
DSCN5215.jpg
今日もスパイク長靴でハイク開始。

花粉をいっぱい詰めた杉の雄花があちこちに。
DSCN5217.jpg
以前は花粉症に悩まされた頃もあったが、山歩きをし始めてから全く気にならなくなった。

今シーズンは雪が多かったせいか、倒木が登山道を塞いでいる箇所も。
DSCN5218.jpg

10:03 林道出合(標高約106m)
DSCN5219.jpg

登山道脇には地元の子供が作ったと思われる看板。
DSCN5220.jpg
ありがとう。気をつけます。

稜線までは急登が続き、文殊山の数あるコースの中で1・2を争うキツさ。
DSCN5221.jpg

この辺りは急登に加え、路面が柔らかいのでふんばりが利き難くい。
DSCN5223.jpg

10:26 橋立コース合流点(標高約233m)
DSCN5224.jpg
まだ30分しか経っていないが、ベンチで小休止。

忘れていたドーピング剤を摂取する。
DSCN5225.jpg

ここから奥の院までは6つほどの小ピークを越える稜線歩きとなる(10:30)
DSCN5226.jpg

10:35 P253(標高約253m)
DSCN5228.jpg

登山道の雪はすっかり消えていたが、稜線の風はまだ少し肌寒い。
DSCN5229.jpg

10:39 P270(標高約270m)
DSCN5230.jpg
オウレンが咲いていないか目を凝らしながら進んでいくが、発見できず。

10:44 P255(徳尾コース合流点)(標高約255m)
DSCN5232.jpg

10:46 P253(標高約253m)
DSCN5233.jpg

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず


春の使者を探しながら進んでいくが、時折ユキバタツバキが咲いているぐらい。
DSCN5234.jpg
もっとも下ばかり向いて歩いているので、見落としているのかもしれないが(笑)

この辺りで2人組のハイカーとすれ違う。
DSCN5236.jpg

10:57 P283(標高約283m)
DSCN5237.jpg

”奥文殊のヌシ”の巨木。
DSCN5238.jpg
ここに立つと大地のエネルギーを貰えるパワースポット的な存在。

11:03 P296(標高約296m)
DSCN5239.jpg

氷解け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空


ユキバタツバキ(雪端椿)
DSCN5240.jpg
ツバキ科ツバキ属の常緑低木。文殊山にはヤブツバキとユキツバキの自然交配であるユキバタツバキが多い。

11:13 奥の院(標高350m)
DSCN5241.jpg
登山口から1時間17分。女性2人組が居られた。

奥の院に来るのは約1年ぶり
DSCN5244.jpg
私の中では春以外は足が向きません(笑)

ひと息入れて大文殊に向かいます(11:19)
DSCN5245.jpg

奥の院直下の階段はドロドロなので要注意。
DSCN5246.jpg

11:22 胎内くぐり(標高約320m)
DSCN5247.jpg
邪心があると岩が閉じてしまうので、左側の迂回路を進みます(笑)

大文殊までは小ピークを2つ越えていく。
DSCN5248.jpg

11:30 南井(なおい)コース合流点(標高約314m)
DSCN5249.jpg

11:39 大文殊(頂上)(標高365m)
DSCN5250.jpg
タイムは1時間43分。山頂は10人以上のハイカーで賑わっていた。
好天の土曜日だが、ご住職は不在。
謎の秘密結社文殊会や常連の面々と今日明日の2日間、高野山へ行かれているからだ(笑)

遠方は薄っすら霞んでいたが、見晴しはまずまず。
DSCN5252.jpg

加越国境の山々は真っ白く、春はまだまだ先。
DSCN5251.jpg

本堂に貼ってあった張り紙。
DSCN5261.jpg

オウレン(黄連)
DSCN5260.jpg
1株だけ咲いていた。

風の当たる北側は肌寒いので、ご一緒になった常連さんと南側のベンチへ。
DSCN5262.jpg

今日の山めしはチョッとリッチにふかひれ雑炊
DSCN5258.jpg
インスタントのふかひれスープにレトルトご飯を入れて煮込んだだけなんですが(笑)

ラーメンも食べましたがなにか。
DSCN5259.jpg
次からとハイカーが登ってくるので、急いで平らげ場所を譲る。

下りは大正寺コースへ(12:43)
DSCN5263.jpg

本コースは人通りが多いせいか、ドロドロで沼田場状態
DSCN5264.jpg
転んだらシャレにならないので、慎重に下っていく。

12:53 角原(つのはら)コース合流点(標高約295m)
DSCN5265.jpg

角原コースの雪もすっかり溶けていた。
DSCN5266.jpg

12:57 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN5267.jpg

天狗杉脇から大正寺(だいしょうじ)コースへ。
DSCN5268.jpg

この辺りはふきだまりになるせいか、登山道に残雪のある個所も多く、
DSCN5269.jpg

本格的な春の訪れはもう少し先。
DSCN5270.jpg

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か


DSCN5271.jpg

13:10 西袋(巡視路)コース分岐点(標高約230m)
DSCN5272.jpg
左へ進むと巡視路を経て榎坂トンネル脇に降りる。

13:13 鉄塔(標高約196m)
DSCN5273.jpg

以前はあまり眺望が良くなかったが、杉の木が切り払われてすごく見晴らしが良くなった。
DSCN5275.jpg

榎坂峠に続く百階段もぬかるんで滑り易いのでご注意を。
DSCN5276.jpg

13:18 榎坂峠(標高約175m)
DSCN5277.jpg

13:19 林道出合(標高約170m)
DSCN5278.jpg
大正寺には降りずに、久しぶりに林道を歩いて四方谷へ戻ろう。

麓の大正寺登山口から四方谷登山口は約1.5km、歩いて20分ほどなのだが、
DSCN5279.jpg
林道は山肌を縫うように通っているので、約3km、約50分と倍以上もかかる。

途中崖崩れで塞がった箇所もあった。
DSCN5280.jpg
歩いて通行できますが、路肩崩落や落石に注意。

日陰になる部分にはまだ結構残雪があった。
DSCN5281.jpg

この辺りでソロの男性とすれ違う。
DSCN5282.jpg
この林道を歩く酔狂な輩は私や大N翁ぐらいかと思っていたが、ほかにもいるんだ(笑)

残雪の部分は40㎝ぐらい。
DSCN5284.jpg
雪のない箇所を歩く場合、路肩側は地盤が緩んで崩落しそうな場所もあるのでご注意を。

左手には昨年登った丹波岳(290m)
DSCN5285.jpg

こんな大きな岩が落ちている場所も。
DSCN5286.jpg
また林道は概ねなだらかだが、2箇所ほどアップダウンを繰り返します。

13:54 南井コース(林道)合流点(標高約140m)
DSCN5287.jpg

14:11 四方谷コース合流点(標高約106m)
DSCN5288.jpg
やはり林道だけで52分もかかってしまった。

ここは南井コースのような大きな看板がないので、通り過ぎないように。
DSCN5289.jpg

14:17 四方谷コース登山口(標高約43m)
DSCN5290.jpg
下りは1時間34分。駐車場にやはり私の車だけでした。

オウレンとツバキぐらいにしか出会えなかったが、雪解けが進み春本番はもうあと僅か。
今年も妖精たちに早く会いたいな~

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(登り:四方谷コース 下り:大正寺コース・林道・四方谷コース) コースMAP
標高差322m
登り 1時間43分、下り 1時間34分、TOTAL 4時間21分
今年7回目・通算128回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 18

大kのりちゃん  

よっし~さん、今晩は。
いよいよ3月、いろんな花々が咲きはじめ、雪解けの頃になって、あちこちの山々もにぎわい始める様で、雪山もそろそろ終わりにちかずきましたね。
文殊山さんもすっかり春めいてきたようです。
私達は2月28日は日野山の荒谷コースを登って来ました。頂上にはまだまだ2メートル近くの雪が有り春は遠い様でした。

2015/03/01 (Sun) 17:18 | EDIT | REPLY |   

ヘイホー  

もう直ぐ{春}ですね~~(*´∀`*)
オーレンっていうんですか。。。可愛い♥

二上コースに比べると、落石もあってちょっと怖いですね★
以前の熊ちゃんが居てもおかしくなさそうですよーヽ(´Д`;)ノ
雪山も楽しかったですが、そろそろカタクリが見たいですね♪

2015/03/01 (Sun) 17:45 | EDIT | REPLY |   

はなきち二人  

よっし~さん、こんばんわ。

昨日、大村コースの登山口の車が多く、下山した時も登る時にあった同じ車が止まっていました。きっと高野山へ行った方たちの車だったんですね。

昨日は残念だったな~。私達が大文殊に着いたのが12:37分・・・よっし~さんの下山開始がブログでは12:43分・・・会っている筈なのに。私達が、よっし~さんを見逃すはずがない。(笑)

検証すると(よっし~さんのカメラの時計は、おそらく5~6分進んでいると思います。なぜなら12/23に ご一緒に下りた時のブログを見ると時間が、私達のカメラの時間と5分のズレがあったからです。)
そのことから考えると、私達が大文殊に着いたのと、よっし~さんが下山を始めたのとが、ほぼ同時だったと思われます。
会いたかったな~。特によっし~さんの大ファンの中ちゃんが残念がっていました。

2015/03/01 (Sun) 18:02 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

大kのりちゃんさん こんにちは

文殊山の稜線はほとんど雪が消えていましたが、大正寺コースや林道の一部にはまだどっちゃりと雪が残っていました。もっともあと数日で溶けてしまうとは思いますが。

この日は日野山に登られていたんですね。
やはり標高のある日野山にはまだまだ雪が残っているんですね。
そう言えば今年はまだ日野山に登っていないので、近いうちに登ろうかな?

2015/03/02 (Mon) 10:24 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ヘイホーさん こんにちは

オーレン、ノンノン、オ・ウ・レ・ン
リピート アフター ミー  オ・ウ・レ・ン
グーッド!(笑)

漢字で書くと黄連なのでオウレンが正解です。
そんな細かいことはどうでもいいですかね(笑)

文殊山の鯖江側の林道は大正寺コース付近から、南井コース出合、四方谷コース出合を通って吉谷町との境にある四方谷峠(仮称)まで続いていて結構長い林道です。
途中枝林道もあり、大正寺コースの途中(百階段上)からショートカットすることもできます。
毎年どこかが崩れたりしているんですが、各コースを周回する場合は便利ですよ。

2015/03/02 (Mon) 10:32 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

はなきちさんのブログを見た時、えっ、はなきちさんたちも同じ日に登っておられたんだと思い、なんでお会いしなかったのかと思いましたが、ほんとタッチの差で山頂を後にしたようですね。

実はリストランテ・ヨシロウの場所で他の常連さんと山めしを食べていたんですが、新たに登ってきた3人組の方に席を譲るべく、食後のコーヒーでまったりすることもしないぐらい慌ただしく席を離れました。
ほんとあと1分、いや30秒ぐらいはなきちさんたちが早く山頂に着かれていたら、間違いなくお会いしていたと思うと残念です。

私のカメラ、時刻ズレていたんですね(笑)

2015/03/02 (Mon) 10:38 | EDIT | REPLY |   

ごもっ友  

よっし~さん
四方谷から大正寺へ周回されたのですね
周回は1粒で二度美味しい~(^^♪
二年半前に南井から四方谷へ周回したのを
思い出しました
早春賦を口遊みながらルンルンのよっし~さん♪
又違った一面を垣間見るようで
こちらまでルンルンルン・・・
この季節にピッタリの歌ですね

2015/03/02 (Mon) 12:34 | EDIT | REPLY |   

FKI-徳  

コメントのご返答

四方谷コース厳しいところもありますが、登り口脇の林にはフキノトウが見られます。奥の院までの尾根にはカタクリも咲きます。昨年はヒロハノアマナの花も見られました。
ケンケン山ご覧頂き有り難うございます。
プログ未熟者でコメントの返事もやり方がわかりませんので、ここで御礼いたします。
私もしょっちゅうよっしゃ~さんのプログのぞかせて貰い、参考にさせて貰っています。
読むと拍手をしたくなる内容です。有り難う。

2015/03/02 (Mon) 18:46 | EDIT | REPLY |   

seasun  

よっし~さん、こんつわ。

小文殊と展望台の間で、
よっし~さんが下りてきてすれ違いました。
もしかしたらと思ったのですが、
カッパの色が違うかな?
なんて考えていたらやっぱりそうでした。
残念。
今度は声かけます‼

オウレン、大村コースにちょぼちょぼ咲いていましたよ。

2015/03/02 (Mon) 20:18 | EDIT | REPLY |   

ツギロウ  

よっし~さん こんばんは

文殊山すっかり雪も溶けて、早春そのものでしたね~
よっし~さんが登られた翌日、ワタクシも酒清水まで行ってきました。春を迎えようとしている山を歩くのは初めての経験なので、すべてが新鮮で、あいにくの雨でしたがとても楽しめました。

同時に文殊山の懐の深さにもびっくりしております。
今回のレポでも紹介されている四方谷コースや大正寺コース・西袋コースはまだ行ったことが無いのではやく行ってみたいです。いつも解りやすく、かつ、楽しいレポありがとうございます!

2015/03/03 (Tue) 23:18 | EDIT | REPLY |   

銀爺  

三ノ峰

☆仮称よたよた様
※余計なお世話で悪しからず。
 三ノ峰は別山まで踏破し日帰り可能です
 7月でも小屋横に雪渓が残りお花も百花繚乱
 水補給も可能、別山平の池も私的に何度も
 呑んでいます、オタマジャクシも居ますが。

2015/03/04 (Wed) 10:18 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ごもっ友さん こんにちは
返事が遅くなってすみません。

普通に南井コースか四方谷コースへ回った方が遥かに距離が短いんですが、登り返しが嫌いなので林道周回コースにしました(笑)
まだ春の訪れにはチョッと早かったですが、まさに早春賦の世界のハイクでした。

2015/03/05 (Thu) 13:53 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: コメントのご返答

FKI-徳さん こんにちは
コメントが遅くなってすみません。

FKI-徳さんのレポを参考に、ケンケン山に登ってきました。
生憎の曇り空でしたが、古き良き漁村の街並みや素朴な佇まいに感動し、すっかり気に入ってしまいました。
とても参考になりました。ありがとうございます。

2015/03/05 (Thu) 13:56 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

seasunさん こんにちは ご無沙汰しています。
コメントが遅くなってすみません。

この日お会いしてたんですか!?
展望台から小文殊の間というと、角原コース合流点近くで2人ほどお会いしたような記憶がありますが、もしかしてその方がseasunさんだったでしょうか。
こちらこそ気付かずに大変失礼しました。

オウレン、いつもなら稜線に結構咲いているんですが、今回は1株も見つけられませんでした。
もしかすると見過ごしているだけかもしれませんが。

またどこかの山でお会いしましょう。
失礼ながらお顔を失念しているので、是非お声をおかけください。

2015/03/05 (Thu) 14:00 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ツギロウさん こんにちは
返事がおそくなってすみません。

酒清水からのピストン、お疲れ様でした。
このコースの往復は距離も長くて、アップダウンが多いため累積標高も標高差の2倍ぐらいになりますよね。
私は大土呂から電車で戻るか、別のコースに降りて道路を歩いてしかありません(笑)

西袋コースは正直どえむな方しか通らないと思いますが、大正寺コースはカタクリの群生もあっておススメです。
四方谷コースはこれからの時期によく歩いています。

2015/03/05 (Thu) 14:06 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 三ノ峰

銀爺さん こんにちは
コメントありがとうございます。

>三ノ峰は別山まで踏破し日帰り可能です

健脚の方はそうだと存じておりますが、私のようなヘタれハイカーは三の峰往復だけでもアップアップです(笑)
別山は3年前に1度南竜から登っただけなので、今年は是非登ってみたいと思います。
もちろん小屋泊まりかテン泊で(笑)

ちなみにブログTOPの白山の写真は、別山山頂から撮影しました。

2015/03/05 (Thu) 14:10 | EDIT | REPLY |   

山ガールの青レンジャー  

よっし~さん、再びこんにちわ。

四方谷コースですね。青レンジャーも懐かしく拝見しました。
オウレンは石川県の里山にもチラホラ咲き始めたようですが、文殊山のカタクリやアマナはまだなようですね。あと1ヶ月は待たないといけないですよね?

・・・しかし、ここ最近の寒波到来で、文殊山も再び冬山に逆戻りっぽいですね。春はまだまだ先です。。。

2015/03/11 (Wed) 09:24 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

山ガールの青レンジャーさん こんにちは

昨年青レンジャーさんも四方谷コース歩かれたんでしたよね。
今年は四方谷側の方が雪溶けが早いので、順調にいけば3月20日辺りにはカタクリも開花が始まるかもしれません。
二上コース側は例年福井の桜の開花とほぼ同時期なので、3月末から4月アタマぐらいでしょう。

2015/03/11 (Wed) 13:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (211)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (27)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (88)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (7)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)