今年の干支羊(未)
seep02.png
以前県内や近県の干支の山を調べたが、羊・未の付く山は県内は皆無で、全国的にも極めて少ない。
元々日本にいなかった動物であり、飛鳥時代や平安初期に朝鮮半島からの朝貢物として持ち込まれた記録は残っているが、本格的に飼育されたのは明治になってからと比較的新しく、一部の権力者以外は干支でその名前は知っていても実物は全く見たことがなかったからなのかも。
もっとも同じく日本にいなかったや想像上の動物である龍(辰)が付く山は意外と多い。
虎は”勇ましさ”の象徴であり強さにあやかって、龍は各地に残る雨乞いの”龍神伝説”に依るところが大きいのかもしれない。

改めて少ない羊・未の付く山を調べてみました。
 
まずはということで一番に思いつくのがこの山

① 羊蹄山(後方羊蹄山)(ようていざん)(1898m:北海道)

日本百名山に選出されている成層火山で、富士山に似た秀麗なコニーデ型の山体から別名”蝦夷富士”とも呼ばれている。
現在ではもっぱら羊蹄山と呼ばれているが、本来は“後方羊蹄山”で、“しりべしやま”と読む。
日本書紀にも記述がある由緒ある名で、深田久弥翁も日本百名山の中で後方羊蹄山として紹介している。
アイヌはこの後方羊蹄山を“マッカリヌプリ”または“マチネシリ” (雌山)と呼んでいたと謂われる。

後方~があるということは、もう1座、前方~も北海道にあるんです。

② 尻別岳(前方羊蹄山)(しりべつやま)(1107m:北海道)

後方羊蹄山の南東にある山で、同様に単独峰の成層火山。
かつてアイヌ語で“ピンネシリ”(雄山)と呼ばれてマチネシリ(=後方羊蹄山)とになる山とされ、その後入植者たちがしりべしやまが後方~なので、尻別山は前方~と呼ぶようになったとも謂われる。
後方羊蹄山ほどメジャーではないが、南麓側の留寿都(るすつ)コースや北麓側の喜茂別(きもべつ)コースなどがある。

この両座とも北海道にあるため、飛行機代、レンタカー代、宿泊費を考えるとかなりの出費になり、これ単独だともったいなくて他の山も登ってみたいところだが、1座だけでも移動日1日、登山日1日の最低2日は必要で、2座登り予備日を入れると4日は欲しいところが大きなネック。


でもこの両座よりもっと遠いのがコチラ。

③ 野羊山(やぎやま)(149.7m:東京都)

東京都にあるのになんで?とお思いかもしれないが、東京は東京でも、遥か約1000km先の洋上にある小笠原諸島の父島にあります。
かつては二見湾口に浮かぶ野羊島という島だったが、旧日本軍によって埋め立てられ父島と繋がった。
登山道はなく藪漕ぎが必要らしい。
父島へのアクセスは竹芝桟橋から出航する船便しかなく、片道約26時間、ハイシーズンでも3日に1度しか連絡していないのである意味、日本で一番困難な干支の山かも(笑)


本州、しかもできれば福井からなるべく近いところにある山といえば、

④ (丹波)櫃ヶ嶽(羊ヶ嶽)(ひつじがだけ・ひつがだけ)(582m:兵庫県)

京都府京丹波町と兵庫県篠山市に跨る東多紀アルプス(雨石連山)の一画にある山で、正式名称は櫃ヶ嶽(ひつがだけ)だが、近年別称が干支の山として12年ごとに脚光を浴びている(笑)
登山口は大芋(おくも)地区の宮代からがポピュラーで、こちらも富士山に似た山容から”大芋富士”とも呼ばれている。
福井市からだと片道180kmほどと比較的近く、山頂までも約1時間と手軽に登れる。


⑤ (吉野)櫃ヶ岳(羊ヶ岳)(ひつじがだけ・ひつがだけ)(781m:奈良県)

奈良県吉野郡下市町にある櫃ヶ岳で、こちらも羊ヶ岳とも称され干支の山として人気がある。
また銅岳ともいい、栃原岳(金岳:517m)、銀峯山(銀岳:612m)と合わせて“吉野三山”とされる。


またの付く山は新潟県にありました。

⑥ 未丈ヶ岳(みじょうがだけ)(1553m:新潟県)

越後山脈の奥只見湖の背後にあり、映画ホワイトアウトにも登場する秘境の山。
かつては登山道がなかったが、1968(昭和43)年に前述の深田久弥翁が登るということで、急遽道が切り開かれたと謂われる。
登山口駐車場に至る方法がとってもユニークで、昨年の会津駒ヶ岳ハイクの際に通った奥只見シルバーライン(県道50号小出奥只見線)の第13号(湯ノ沢)トンネル内にある泣沢退避所の大きなシャッターを自分で開けて通るらしい。
付近は5m近い豪雪地帯で、シルバーラインが閉鎖される1~3月は通行不能。開通しても6月頃までは残雪が多く、雪山装備一式が必要。
無雪期でも山頂までは約4時間。避難小屋等もなく、福井から日帰りだと結構ハードルが高い。

ネットや文献等で調べたところ、日本国内にある羊・未の付く山は全部で6つ
他にもあるかもしれませんが、もしあったら情報をお願いします。

福井県からだと④、⑤以外は日帰りハイクは厳しく、③に至っては1週間近い休みと莫大なお金が必要。
できれば①の後方羊蹄山か、⑥の未丈ヶ岳に登ってみたいが、日数とお金がかかるのが問題。
やっぱり一番手軽な④の(丹波)櫃ヶ嶽(羊ヶ嶽)に登るしかないのかな。。。
もっとも”未”の付く山だったら、踏の山ならどれもOKじゃダメかな?(笑)

やっぱり、山っていいね!

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/528-9a717218