2015年2月10日(火) 雪

霊仙山ハイクの後遺症で、翌日から久しぶりに激しい筋肉痛に見舞われる。
症状は幾分和らいできたが、階段の上り下り、特に下りはまだ手摺に掴まらないと厳しい状況。
筋肉痛を治すにはじっとしているのが良いのだろうが、それじゃせっかく太くなった筋肉繊維がまた縮んでしまいそうだし、なにより年齢ととも回復も遅くなっている。
”山の疲れは山で癒せ!”
という訳で、迎え酒ならぬ迎えハイクで文殊山へ。
DSCN4978.jpg
亀足の私がサクサクと霊仙山に登ったせいなのか、日曜夜半から寒波が襲来(笑)
月曜は10cmほどの積雪だったが、今朝は車もすっぽり雪に埋まっていた。
 
11:06 二上登山口駐車場
DSCN4979.jpg
朝一でひと仕事済ませてきたため遅めの到着。大粒の雪が舞う中、先客の車は8台だった。

融雪パイプのおかげで、駐車場の車路には雪がなくとても助かる。
DSCN4980.jpg

登山口に続く林道もご覧の通り、雪に埋もれていた。
DSCN4982.jpg
昨年12月の最初の寒波到来時のような感じ。

途中雪の重みで竹がしなって道を塞いでいる。
DSCN4983.jpg
気温が上がると雪が溶けて竹が起き上がるので通過の際はご注意を。

11:18 二上登山口(標高約26m)
DSCN4984.jpg

序盤からずっと雪道。
DSCN4986.jpg
まだトレースが完全にできあがっていないので、足跡と足跡の間を潰すような感じで登っていく。
少し歩きづらいが、こうすることでよりフラットなトレースができ易い。

”お尻の木”も白いパンツを履いていた(笑)
DSCN4987.jpg
この辺りでT井翁とすれ違う。健脚の翁でも今日は歩きづらかったそうだ。

11:53 追分(Hポスト)(標高約175m)
DSCN4988.jpg
旧道側にも1~2人通った跡があったが、本コースへ。

11:57 岩清水(標高約169m)
DSCN4989.jpg

ずっと雪が降っていたが、中間地点のソメイヨシノ付近で少し日差しが出てきた。
DSCN4990.jpg

でもすぐにまた雪雲に覆われてしまった。
DSCN4991.jpg

普段は沢水が流れるせいで路面が露出するこの部分もご覧の通り。
DSCN4992.jpg

12:12 七曲合流点(標高約248m)
DSCN4993.jpg
いつも以上にゆっくり歩いているせいか、既に1時間弱が経過。
大村コースからのトレースはなく、ご住職はお休みのようだ。

七曲りの雪を纏った木々。
DSCN4995.jpg

文殊霊泉分岐付近は1m近い積雪。
DSCN4996.jpg

12:32 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN4997.jpg
屋根の下で小休止。

この先で8人目の下山者とすれ違う。
DSCN4998.jpg
ということはこの先私ひとり?

12:43 角原コース合流点(標高約295m)
DSCN4999.jpg
角原コースにもトレースはなし。誰かラッセルして開拓して~(笑)

12:50 展望台(標高約340m)
DSCN5000.jpg
今日の稜線はそれほど風はなく、そんなに寒く感じない。

気温が低いので雨の様な雪解け水は降ってこないが、時折雪爆弾が落ちてくる。
DSCN5001.jpg
ほとんどは外れるのだが、数発モロに直撃し冷たかった(笑)

13:00 大文殊(山頂)(標高365m)
DSCN5002.jpg
タイムは1時間43分。予想通り山頂には誰も居なかった。

山頂の気温は1℃
DSCN5004.jpg

麓はおろか、福井市街も全く見えません。
DSCN5003.jpg

本堂に貼ってあったフクジュソウの写真。
DSCN5005.jpg
撮影日は2月5日になっていたが、どこに咲いているのだろう?
後で分かったが、なんと、楞厳寺(りょうごんじ)に咲いているそうだ。

吹雪いているので避難小屋へ。
DSCN5006.jpg

今日の山めしはラーメンのみ。
DSCN5007.jpg
多分「よっし~さんが1袋だけって体調でも悪いんですか?」とか「下山後何を食べたんですか?」などのコメントがあると思われるので、先に言っておきますが、体調が悪い訳でもその後がっつり飯も食べていません。
こうすることで、更なる寒波襲来が期待できますから(笑)

誰も登ってこないので、今日は早めに切り上げ下山開始(13:24)
DSCN5009.jpg

稜線部で前方から手ノコを携帯した大N翁が登ってきた。
DSCN5010.jpg

しかも珍しいことにワカンも持っておられたので、どこに行くのか尋ねたところ、
DSCN5011.jpg
マンサクが咲いている秘密の場所に行かれるとのことだった。
別にこんな日に行かなくても。。。 やっぱりこの御仁はスゴイです!(笑)
私も見てみたかったがワカンを置いてきたのととても大N翁のペースに付いていけないので断念。

13:41 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN5012.jpg

旧道分岐付近でM川翁とお会いする。
DSCN5013.jpg

下りは旧道へ。
DSCN5016.jpg
こちらは新雪たっぷりで、軽快に降りていく。

13:59 追分(Hポスト)(標高約175m)
DSCN5017.jpg
ここで本コースに再合流。半田コースにはトレースがなかったので、そのまま直進。

だいぶトレースが削られてきて、純白の路面から薄く土が見える路面に変わってきた。
DSCN5018.jpg
これで気温が上がるとまたドロドロになるんだよな~

14:11 二上登山口(標高約26m)
DSCN5019.jpg
下りは47分。

またも寒波襲来で静かな雪山ハイクを堪能。
でもマンサクが咲き始めたり、麓ではフクジュソウが咲くなど春は着実に近づいている様子。
春の妖精たちにも早く出会いたい反面、里山の雪化粧も残りあと僅かで寂しい気がする。
もう1回ぐらい寒波が来てくれるといいのだが。。。

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(二上コース)  コースMAP
標高差339m
登り 1時間43分、下り 47分、TOTAL 2時間53分
今年5回目・通算126回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/524-3f44e24c