2015年2月3日(火) 曇り

今日は節分なので鬼ヶ岳(533m)に鬼退治に行こうと思っていたが、午前中に所用があったので近場のこの山へ。

下市山
DSCN4803.jpg
前回登ったのが2012年10月なので随分御無沙汰している。
お昼にがっつり食べてしまったので、チョッと苦しいです(笑)
 
13:06 ミルキングコース(みくりや清水登り口)(標高約10m)
DSCN4804.jpg

先客の車は1台のみ。下市山には3か所の登山口があるが、ここが一番ポピュラー。
DSCN4801.jpg

前回(医王山)のハイクでポールが壊れてしまったので新調。
DSCN4802.jpg
奮発して今までのモノより3倍の値段のものを購入しました。

序盤は登山道に積雪はなく、路面はドロドロ。
DSCN4805.jpg

こういう時はやっぱりスパイク長靴に限る!
DSCN4808.jpg
滑り易いのでいつも以上にゆっくり登っていく。

ナニワズ(難波津)
DSCN4807.jpg
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の落葉小低木。
4月頃に黄色い花を咲かせ、日本では福井県が生息の南限。
明日は立春だが、黄緑色の花芽が着々と春を待っていた。

13:21 第一展望所
DSCN4809.jpg
ソロの男性とすれ違い、この先は私ひとりのようだ。

展望所からは薄っすらと加越国境の山々が望めた。
DSCN4810.jpg

今日は風もなく比較的暖かい。
DSCN4811.jpg

次第にシャーベット状の雪が路面に現れてきた。
DSCN4812.jpg

寄品大明神に至る分岐コースにはトレースがなかった。
DSCN4813.jpg

13:36 第二展望所(標高約147m)
DSCN4815.jpg
ここで立ったまま息を整える。

ホームの文殊山。今日も結構登っているのかな?
DSCN4816.jpg

山頂までは残り1km(13:40)
DSCN4818.jpg

13:42 雌池(めいけ)・雄池(おいけ)巡回コース分岐
DSCN4819.jpg
トレースがなかったのでパスし、直進。

この辺りから雪道となる。
DSCN4820.jpg

この雄池の水が麓の清水の源と謂われている。
DSCN4821.jpg

1つ目の急登にさしかかる(13:46)
DSCN4822.jpg

13:52 下市コース合流点(残り650m)
DSCN4823.jpg
こちらもトレースはなく、冬季はあまり使われないようだ。

2つ目の急登。
DSCN4824.jpg

13:58 残り550m地点
DSCN4825.jpg

落葉した木々の中を進んでいく。
DSCN4827.jpg
路面はかなり締まっていて、私が歩いても全くゴボらなかった。

14:07 松林休憩広場(深谷コース合流点・残り300m)
DSCN4828.jpg

14:10 カタクリの谷
DSCN4832.jpg
4月になるとカタクリが群生するようだが、まだ一度も見たことがない。

14:19 頂上広場(標高約260m)
DSCN4834.jpg
タイムは1時間13分。やはり誰も居なかった。

広場からは文殊山を始め、奥越の山々が望めた。
DSCN4835.jpg

残念ながら白山(2702m)は遥拝できなかったが、
DSCN4836.jpg

薄っすらながらも荒島岳(1523m)も。
DSCN4837.jpg

金屋弘祥寺跡側にはラッセルした跡があったが、ワカンを持ってこなかったのでパス。
DSCN4838.jpg

ピストンすることにする(14:30)
DSCN4839.jpg

急登箇所は滑り易いので慎重に降りていく。
DSCN4840.jpg

14:56 第二展望所(標高約147m)
DSCN4841.jpg

15:15 ミルキングコース(みくりや清水登り口)(標高約10m)
DSCN4844.jpg
下りは45分。

文殊山や鬼ヶ岳から比べるとハイカーが少なくいまいちマイナーな感がするが、しっかりとコース整備されており、手軽に登れる山です。
ナニワズが咲く頃にまた登ってみよう!

やっぱり、山っていいね!

下市山(260m)
標高差250m
登り 1時間13分、下り 45分、TOTAL 2時間9分
今年1回目・通算4回目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/520-95fc1e5a