2014年12月27日(土) 晴れ時々曇り

昨夜の予報ではあまり芳しくなかったが、起きてみると日差しが出ていて青空も見える。
このところ文殊山が続いたので、別の山に行こうかとも思ったが、やっぱり・・・

文殊山
DSCN4371.jpg
二上コースの駐車場は混んでいそうだし、大村コースは前回で懲りたし、
今日は趣向を変えて角原コース(つのはら)で登ってみよう。
10月以来の今年3回目だが、積雪期はこれが初めて。
9:58 角原登山口駐車場(標高約20m)
DSCN4373.jpg
心配した駐車場の雪だが、すっかり溶けていた。先客の車はなく、私だけのようだ(汗)

10:08 角原コース登山口(標高約20m)
DSCN4374.jpg
先行者が居ないようなので、ザックにワカンを装着し、長靴でハイク開始。

しばらく林道を登っていくが、序盤はほとんど雪はない。
DSCN4375.jpg

途中積雪のある部分も、せいぜい数cm程度。
DSCN4376.jpg
これならワカンなしでも楽勝かな?

10:27 林道終点(標高約95m)
DSCN4377.jpg
雪が少ないとはいえ、ここまで19分と無雪期より遅れてしまう。

隣に沢が流れており、登山道にも水が流れるため溶けている箇所も多かった。
DSCN4378.jpg

10:41 水場(標高約155m)
DSCN4379.jpg

ここからは沢沿いを離れ斜面に取り付くので、積雪が増えることが予想される。
DSCN4382.jpg

念のためワカンを装着する。
DSCN4381.jpg

予想通り積雪は40~50cmほどとなり、雪面にはウサギの足跡があるのみ。
DSCN4383.jpg

月初の大雪で折れた木の枝が道を遮る箇所も。
DSCN4384.jpg

雪面は締まっておらず、ワカンでもご覧の通り。
DSCN4386.jpg
決して私が重いからではありません(笑)

ゴボりまくりながら、よたよた登っていく。
DSCN4387.jpg
一人ラッセルはキツいよ~ 普段ラッセル泥棒ばかりしている報いなのだろうか。

この方は関係ありません(笑)
20204322.jpg

11:26 ベンチ
DSCN4389.jpg
たまらず小休止。無雪期ならとっくに山頂に着いているのだが。。。

進むにつれ積雪はさらに増え、この辺りでは80cmほど。
DSCN4391.jpg

人間のトレースはなく、あるのはウサギ、タヌキ、カモシカなどの足跡のみ。
DSCN4393.jpg

夏場、草ぼうぼうの箇所は吹き溜まりになるのか、積雪が軽く1m超
DSCN4394.jpg
しかも斜面から雪が崩れ落ちているので、登山道が斜めになっている。

1歩ずつ踏み固めて進むが、ワカンごと沈んで、腰近くまで埋もれることもしばしば。
DSCN4395.jpg
1m進むのに10秒近くかかり、正直、ここで引き返そうかと何度も思ったことか。

ヒーヒー あの先を曲がれば。。。
DSCN4396.jpg

12:43 二上コース合流点(標高約295m)
DSCN4397.jpg
たまらずベンチにへたりこむ。ちょうど小文殊側から登ってきた男性に、
「えっ、角原から登ってきたの!?」と驚かれてしまった。

ワカンはそのままで本コースを登っていく。
DSCN4398.jpg
ワカンの爪が刺さらないほどトレース面がガチガチだった。

13:07 大文殊(山頂)(標高365m)
DSCN4399.jpg
タイムは2時間59分と今回もワースト記録を更新(笑)
山頂に居られたご住職やはなきち二人さん、大Kさんたちに、
「やっぱり”どえむ”やな(笑)」と笑われた。

山頂にはなんと、元祖どえむのあつぷりさんも居られた。
DSCN4400.jpg
あつぷりさんは橋立山まで縦走してきたそうだ。やっぱり筋金入りのどえむですね(笑)

今日の山頂からの眺めは久しぶりに晴れ渡っていた。
DSCN4403.jpg

もちろん、白山(2702m)も遥拝することができた。
DSCN4402.jpg

まさにその名に恥じない純白の山
DSCN4401.jpg
今日は取立山辺りにも大勢登っていることだろう。

本日もリストランテ・ヨシロウ開店!
DSCN4404.jpg
はなきちさんや大Kさんたちに、山めし製作状況を注視されているので、なんか調子が狂う(笑)

今日の山めしは、山の簡単ミネストローネ
DSCN4413.jpg
詳しくは山めしにて。

ご住職と歓談していると、ソロの男性が息を切らせながら登ってこられた。
以前追分(Hポスト)でお会いしたとしパパさんだった!
駐車場であつぷりさんから、山頂に私が居ると聞き、急いで登ってこられたそうだ(笑)

だいぶ冷えてきたので下山開始(14:30)
DSCN4415.jpg
帰りもまたラッセルか。。。

(呼んだ?)
Kurt20Russell2001.jpg

展望台付近で奥の院に行かれていたとしパパさんに再会。またお会いしましょう。
DSCN4416.jpg
しかし軽装ですね、って私やあつぷりさんが重装備過ぎるだけかも(笑)

14:42 角原コース分岐点(標高約295m)
DSCN4417.jpg
ベンチでワカンを再装着する。

下りは二上コースで降りたいところだが、
DSCN4418.jpg
二上に降りると角原まではぐるっと迂回して4kmほどあるのでやむなくピストン。

登りで結構圧雪したつもりだが、トレースを踏むとさらに沈む。
DSCN4419.jpg
やっぱり体重のせいなのかな?(笑)

15:13 ベンチ
DSCN4421.jpg
下りもここで小休止。

それでも下りは登りほどゴボることはなく、軽快に下っていく。
DSCN4422.jpg

15:25 水場(標高約155m)
DSCN4423.jpg
この先は露出面が多いので、ここでワカンを外す。

15:39 林道終点(標高約95m)
DSCN4425.jpg

15:48 角原コース登山口(標高約20m)
DSCN4426.jpg
下りは1時間18分。今日角原コースを歩いたのは私だけだったみたい(笑)

帰路の車中からも白山がくっきりと望めた。
DSCN4427.jpg
混雑を避けて角原コースを選んだが、強制ラッセル訓練と化してしまった。
冬季は特にマイナーなコースで、静かな山行がしたい方、バージンスノーを味わいたい方、
どえむな方にはおススメです。
明日角原コースを登る方は、私に感謝して下さいね(笑)

これで今年99座目。100座まであと1座!

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(角原コース)  コースMAP
標高差345m
登り 2時間59分、下り 1時間18分、TOTAL 5時間40分
今年42回目・通算120回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/509-3282601e