2014年12月23日(火・天皇誕生日) 曇りのち晴れ

今日も休みなので、昨日に引き続き文殊山へ。
DSCN4370.jpg
祝日で二上コースは混んでいそうなので、趣向を変えて大村コースで登ってみよう。
なぜかもう来年のヒツジさんが掲げられているんですが。。。(笑)
 
9:42 楞厳寺(りょうごんじ)
DSCN4311.jpg
1番乗りと思いきや、先客は下の駐車場に2台、上に1台。

最近ハイク中やたら足が濡れると思っていたら、長靴が裂けてしまった。
DSCN4314.jpg
1年半ほどだったが、ご苦労様でした。合掌。

昨日購入したおニューの長靴。
DSCN4312.jpg

もちろんスパイク付です。
DSCN4313.jpg
今シーズン、よろしく頼むぞ!

9:49 大村登山口(標高約22m)
DSCN4315.jpg
念のため今日もワカンを携帯してハイク開始。

古道にトレースがあったが、5mほどで消えていたので本コースへ。
DSCN4316.jpg

おニューのスパイク長靴、雪面をしっかりグリッ・・・  あれ?
DSCN4317.jpg
ズルっズルっと滑る。 シャーベット状の雪面は苦手らしく、あまりグリップしないようだ(笑)

10:07 古道合流点
DSCN4319.jpg
古道側にはやはりカモシカくんの足跡しかなかった。

昨日のダメージが完全に抜けていないのか、ふくらはぎが張ってペースが上がらない。
DSCN4321.jpg
まぁ今日もゆっくり行きましょう(笑)

10:17 古墳坂分岐
DSCN4323.jpg
ここで一旦脇道、本コース、運搬車用の3つに分かれるが、すぐに合流する。

どちらにもトレースがあったが、一番左の脇道へ。
DSCN4324.jpg
この辺りは割と締まっていて歩きやすかった。

10:29 ツチノコ坂入口(古道分岐)(標高約125m)
DSCN4325.jpg
尾根を直登する激登りの古道にもトレースがあったが、もちろん本コースへ。
すげぇ~ どこのどえむ、猛者なんだろう。。。
ご住職に伺ったところ、このトレースの主はソロの女性だそうだ(驚)

ツチノコ坂に入ると積雪がぐんと増え、およそ60cm。
DSCN4326.jpg

ワカンを履こうかとも思ったが、ツボ足で先行者のトレースに合わせて登っていく。
DSCN4327.jpg

10:45 Gポスト(ツチノコ坂)(標高約154m)
DSCN4329.jpg

コウちゃんさんからの宿題の調査、残念ながら越年です(笑)
DSCN4330.jpg

10:58 小平(こべら)(標高約190m)
DSCN4331.jpg
ツチノコ坂を登り終え小休止。既に1時間が経過、今日もやはり2時間コースだ(笑)

稜線の積雪は40~50cm。
DSCN4334.jpg
大村コースですれ違ったのは1組のみ。

11:21 七曲合流点(標高約249m)
DSCN4335.jpg
二上コースと合流。

七曲りは昨日と打って変わり、マッパーな木々。
DSCN4336.jpg

二上コースのトレースは踏み固められていて、0.1トン超でもゴボらない(笑)
DSCN4337.jpg

11:37 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN4339.jpg
ここでも立ったまま小休止。今日は2時間超は確実だな。。。

11:54 展望台(標高約340m)
DSCN4340.jpg
さすがにメジャーな二上コース、20人近いハイカーとすれ違う。

12:02 大文殊(山頂)(標高365m)
DSCN4341.jpg
タイムは2時間13分。軟弱な雪道だったとはいえワースト記録更新(笑)
誰も居なかった昨日と異なり、今日の山頂は大賑わいで、ご住職も詰めておられた。

山頂の気温は4℃。
DSCN4343.jpg

本堂前に掲示してあったタンカ(仏教画)。
DSCN4342.jpg
先週ネパールから帰国したM田翁のお土産だそうだ。

予報では曇りだったが、時折晴れ間がのぞくようになってきた。
DSCN4345.jpg

天気がイイので、今日はオープンテラスへ。
DSCN4346a.jpg
トラットリア・ツギロウ跡地にオープンしたリストランテ・ヨシロウです(笑)

今日の山めしは、スパゲッティ・アッラ・ボロネーゼ(ミートソース)。
DSCN4354.jpg
詳しくは山めしにて。

食後はご住職と談笑。
DSCN4357.jpg
ご住職の長靴も私と同じで、購入したお店も一緒でした(笑)

これは先々週に落ちたカミナリの跡だそうだ。
DSCN4358.jpg
山頂に居る時にこんなのが落ちてきたら。。。((゜Д゜;)))

まったりしていると、「よっし~さん!」と声がかかる。
DSCN4355.jpg
うん? お声をかけていただいたのははなきち二人さんだった!
トレードマークのバンダナをされていなかったので、すぐに気付かずすみません(笑)

ドンドン雲が取れて、富士写ヶ岳や火燈山も望めるようになってきた。
DSCN4359.jpg

そろそろ降りようかと思っていたら、スキーを履いた2人組が登ってこられた。
DSCN4360.jpg
うん? あの方たちは。。。
登ってこられたのは、YAMAさんとみっちゃんさんだった。
YAMAさん、はなきち二人さんとみっちゃんポーズで記念撮影(笑)

YAMAさんたちにリストランテ・ヨシロウを譲って、はなきちさんたちと下山(14:07)
DSCN4362.jpg
途中霊泉分岐付近で、昨日に引き続き大N翁とM川翁とお会いする。

14:29 七曲合流点(標高約249m)
DSCN4363.jpg
二上コースのはなきちさんとはここでお別れ。元旦にまたお会いしましょう!

午前中より雪面が緩んでいたが、下りはスパイクがしっかりグリップしてくれた。
DSCN4365.jpg

YAMAさんたちのシュプール跡。
DSCN4366.jpg
スキーで固められているので、意外と歩きやすい。

14:53 古道分岐点
DSCN4367.jpg

古道側にも朝にはなかったトレースがあったので、こちらへ。
DSCN4368.jpg

14:59 大村登山口(標高約22m)
DSCN4369.jpg
下りは52分。

2日連続で文殊山に登ったが、全く異なった風景を楽しませてもらえた。
またはなきちさんやYAMAさん、みっちゃんさんにもお会いできて、楽しい1日でした。

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(大村コース)  コースMAP
標高差343m
登り 2時間13分、下り 52分、TOTAL 5時間10分
今年41回目・通算119回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/506-512fa72b