2011年11月13日(日)

今日も山登りにいきたいが、県内は生憎の空模様。
せっかくの日曜だけど、今日は無理かも・・・

待てよ! お隣の滋賀県は曇りがちだが、なんとかもちそうな様子。
そうだ、以前から登りたかった賤ヶ岳(しずがたけ)に行こう!
野坂岳など敦賀の山々には、厚い雲がかかっている。
DSC03703.jpg
滋賀は大丈夫だろうか?

R8から県道140へに入り、県境の柳ヶ瀬トンネルへ。
DSC03706.jpg
旧北陸本線のトンネル(1352m)が自動車用に転用されている。

単線トンネルで相互通行ができないため、信号で交互通行となっている。
DSC03707.jpg

トンネルを抜けると、滋賀県長浜市余呉町に入る。
DSC03711.jpg
路面は濡れていたが、雨は降っていなかった。

登山口のある余呉湖を一旦通り越して、木之本町のつるやパンにチョッと寄り道。
DSC03712.jpg
パンを購入後、余呉湖方面に引き返す。

11:30 余呉駅観光用駐車場
DSC03718.jpg

無料なので、ここに停めさせてもらう。
DSC03720.jpg

早速準備して、すぐ近くの江土登山口へ。
DSC03722.jpg
雨は止んでいたが、カッパを着ていく。

11:35 江土(観音堂)登山口(標高約140m)
DSC03723.jpg
頂上までは約4kmの道のり。

うん?何かが道を塞いでいるぞ?
DSC03725.jpg
猪除けの電線だった。

登山道は意外と広く、整備もされている。
DSC03727.jpg

どんぐりがいっぱい落ちていた。今年はどこも豊作のようだ。
DSC03731.jpg

11:42 岩崎山砦跡
DSC03729.jpg
賤ヶ岳の戦いの際、秀吉方の高山右近がここに陣取ったとされる。

信長亡き後の後継者をめぐって、羽柴(豊臣)秀吉柴田勝家の争いが勃発。
天正11(1583)年、ここ賤ヶ岳で両雄が相まみえることになる。

11:49 余呉湖分岐(標高約217m)
DSC03732.jpg

しばらく行くと林道と出合う。
DSC03733.jpg

山頂までは2.8km、うん?2.6km? いったいどっち??
DSC03734.jpg

1~2分ほど林道を進んでいくと、
DSC03735.jpg

再び登山道へ。
DSC03736.jpg

賤ヶ岳まで1.9km?
DSC03738.jpg
いきなり距離が大幅に減ったぞ?

3分ほどでまた、さっきの林道と出合う。
DSC03739.jpg

標識があったので、寄ってみる。
DSC03740.jpg

12:00 大岩山砦跡(標高約270m)
DSC03746.jpg

この地に布陣した秀吉方の武将中川清秀は、柴田方の佐久間盛政の奇襲により討ち死。
DSC03745.jpg

その後天和2(1682)年、子孫の久恒が百回忌の供養としてこの墓碑を建立。
DSC03750.jpg
なお清秀の子孫は、荒城の月で有名な豊後(大分県)の岡城主として幕末まで存続した。

登山道に戻る。うん?賤ヶ岳2.5km?今度は増えたぞ!?
DSC03754.jpg
表示板の数値がコロコロ変わる。

再び林道を歩いていくが、
DSC03755.jpg

1分ほどで終了。
DSC03756.jpg

ここからまた登山道になる。
DSC03757.jpg

2分ほど進んでいくと、「首洗いの池」という看板。
DSC03760.jpg
少し外れているが、50mほどらしいので寄ってみる。

12:10 首洗いの池
DSC03761.jpg

池というより、水溜りのようだが・・・
DSC03762.jpg

再び登山道へ。この辺りは杉林が鬱蒼としており、日中でも薄暗い。
DSC03763.jpg

12:14 猿が馬場
DSC03765.jpg
最初、猿(=秀吉)がここで佐久間盛政の追撃戦を指揮したことから、こう呼ばれるらしい。

全般的に整備された登山道だが、
DSC03769.jpg

倒木がそのままの箇所もチラホラ。
DSC03770.jpg

この辺りまではなだらかな登りだったが、
DSC03774.jpg

植生が再び広葉樹の雑木林に変わる頃から、次第にキツくなってくる。
DSC03776.jpg

途中30人以上の集団とすれ違う。
「歩いて登ってくる人もいるんだ!?」という会話が聞こえたので、
どうやらリフトで登って、下りを歩いているのだろう。

賤ヶ岳は木之本側からリフトを使うと、ほぼ頂上近くまでワープすることができる。

そんなのは、本当の山登りじゃない!

今年の春までは、「登るなら、当然リフト!」と思っていたヤツが
随分変わったものだ(笑)

熊出没注意の看板。
DSC03779.jpg
賤ヶ岳にも生息しているんだ。

頂上広場が見えてきた。
DSC03780.jpg

広場は2段になっており、下段にはトイレもある。
DSC03784.jpg

右手には余呉湖が広がる。
DSC03783_20111206210053.jpg

12:50 賤ヶ岳頂上(標高約421m)
DSC03787.jpg

日曜日ということもあり、家族連れなどで賑わっていた。
DSC03812_20111206211622.jpg

お決まりの三角点(三等:賤ヶ岳)タッチ。
DSC03806_20111206211225.jpg

頂上にある傷ついた兵士のブロンズ像
DSC03811.jpg
なんか随分お疲れのご様子ですが・・・(笑)

賤ヶ岳の合戦では、秀吉子飼いの武将7人(福島正則、加藤清正、加藤嘉明、脇坂安治、
平野長泰、糟屋武則、片桐且元)が活躍し、俗に賤ヶ岳の七本槍と呼ばれる。
DSC03788_20111206212821.jpg

南側正面には浅井氏の居城だった小谷山。
DSC03802_20111206212820.jpg
その奥の伊吹山は、ガスっていて見えなかった。

西側には琵琶湖と奥琵琶湖パークウェイ、そして麓を走るR8。
DSC03797.jpg

売店や自販機もあるが、売店は閉まっていた。
DSC03792_20111206213507.jpg

この先に進んでいくと、リフト乗り場へ。
DSC03793_20111206213506.jpg

リフト利用といえども、少しは登らないといけないようだ。
DSC03800_20111206213506.jpg

また山本山(324m)方面にも縦走できる。
DSC03789_20111206213507.jpg
上から読んでも山本山、下から読んでも山本山(笑)

散策はこれぐらいして、お昼にしよう。
今日のメニューは豚汁うどん。
DSC03804_20111206214652.jpg

でも野菜ばっかりで、豚肉はなしだが(笑)
DSC03823.jpg

煮込んでいる間に、今朝つるやパンで仕入れてきたサラダパンとサンドウィッチ。
DSC03817.jpg

サラダパンの中身は、刻みタクワンのマヨネーズ和え。
DSC03818.jpg
一見ミスマッチだが、シャキシャキ感があって美味い!

サンドウィッチには、魚肉ソーセージハムとマヨネーズ。
DSC03820_20111206215258.jpg
昔っぽい味がたまらない。

この日は少し肌寒かったので、暖かいうどんは何よりのご馳走だった。
DSC03826_20111206215900.jpg

だいぶ雲が出てきたので、そろそろ下山することに(13:54)
DSC03829_20111206220341.jpg
下りは同じ道ではなく、別ルートへ。

こちらのコースは、かなりの急登が続く。
DSC03835.jpg

14:08 飯浦分岐(はんのうら)(標高約289m)
DSC03838_20111206220340.jpg
切り通しになっており、余呉湖側と琵琶湖側を結ぶ峠道になっている。

こちらの登山道は江土側に比べ、近年放置されているようで、歩きにくかった。
DSC03842_20111206220339.jpg

14:22 国民宿舎登山口(標高約133m)
DSC03844_20111206222759.jpg
下りは28分。

余呉湖の南端で、隣には国民宿舎がある。
DSC03845.jpg
ここで立ち寄り入浴もできるようだが、その後再び歩かないといけないので、今回はパス。

ここから駐車場までは、約4km。
DSC03847.jpg
ぶらぶら湖畔沿いを歩いていく。

途中で見かけた蛇の目玉石。
DSC03853.jpg
雨乞いの悲しい伝説が伝わるそうだ。

余呉湖は周囲6.4kmの断層湖で、元は琵琶湖の一部だったとされる。
DSC03856_20111206222757.jpg

14:57 余呉湖北畔駐車場
DSC03858.jpg
私が停めた駐車場まではもう少し。

対岸には、先ほど縦走してきた賤ヶ岳の山並み。
DSC03859.jpg

15:10 余呉駅観光用駐車場
DSC03862_20111206224839.jpg
国民宿舎から約50分。他の車はもう既にいなかった。

なだらかな登りが多いので、やや物足りない感もあるが、9km近く歩くので結構疲れた。
今回は時間が遅かったので諦めたが、次回は山本山方面にも縦走してみたい。

本日の行程
25n_sizugatake2005_3d.jpg
※上記鳥瞰図は、山葵友(さんきゅう)様のHP、山聲(やまびこ)の山行記録(山悠遊)から引用させていただきました。

賤ヶ岳(421m)
標高差281m
登り 1時間15分、下り 28分、ウオーク48分、TOTAL 3時間40分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/50-22bed42a