2014年12月9日(火) 曇り時々雨

今朝も生憎の氷雨の降る朝だった。
自宅の部屋の片付けをしていると、あちこちから山めし用の食材が出てきた。
スーパー等で気になった食材や安売りしていた商品を購入。
そのまま放置されていたものも多く、賞味期限が近いものも。
大人しく家に居ようと思っていたが、これらの棚卸しのため、私は山にいきますよ(笑)

近場の手頃な山で、調理ができる小屋がある山と言えば、文殊山と鬼ヶ岳ぐらい。
という訳で向かったのは越前市にある鬼ヶ岳(533m)。
DSCN4058.jpg
例年2~3回はハイクしているが、今年はまだ5月の1回だけ。
山腹から上は雲で隠れて全く見えないが、雪が降っているのだろうか。。。
 
カントリーエレベーター裏の駐車場は雪で埋もれているので、農道に路駐。
DSCN4059.jpg
やはり人気のお山。こんな日でも先客の車が7台あった。

12:03 鬼ヶ岳登山口(標高約100m・頂上まで1500m)
DSCN4060.jpg
今日も長靴をチョイス。割と暖かいので、アイゼンと目出し帽はお留守番。
実は山めしの食材や道具でザックがパンパン。これ以上重くしたくなかったのが本音です(笑)

例年ならこの辺には雪はほとんどないことが多いが、先日の大雪で序盤から雪道。
DSCN4061.jpg

最初の急登に差し掛かる(12:15)
DSCN4062.jpg
ここも雪がないことが多いのだが、今日は結構雪が残っている。

岩場に雪が積もっているので、滑らないように慎重な足運びで登っていく。
DSCN4063.jpg

12:28 小鬼展望台(標高約210m・頂上まで1050m)
DSCN4064.jpg
ここはスルー。

木道部分は雪で埋まっていた。
DSCN4065.jpg

2番目の急登です(12:33)
DSCN4066.jpg
この付近で団体さんとソロの女性とすれ違う。

12:40 第2ベンチ
DSCN4067.jpg
ここもスルー。

3番目の急登です(12:41)
DSCN4068.jpg
雪はおざら(※)とシャーベット状の中間ぐらいの柔らかさで、一見堅そうに思えても0.1t超の負荷がかかると崩れてズルっと滑るので歩きづらい。

※”おざら”は福井弁で”表面が堅くなった雪”のことで、エリアによって”おざれ”とか”おしゃれ”等とも呼ばれるようだ。恐らくザラメ雪の”ザラ”から派生した言葉であると思われる。
子供の頃は田んぼがおざらになっている日は、よく道路を歩かずに田んぼの雪の上を歩いて登校していました。でも所々緩んだ所があって、ズボッとゴボり長靴の中を濡らしたことも多々ありました(笑)

次第に路面の雪が増えてきた。
DSCN4069.jpg

12:53 頂上まで600m地点
DSCN4070.jpg

12:57 大鬼展望台(標高約370m・頂上まで550m)
DSCN4071.jpg
ここで5分ほど小休止。

日野山(795m)はおろか、村国山(239m)も見えません。
DSCN4072.jpg

4番目の急登です(13:08)
DSCN4073.jpg

13:14 白鬼展望台(標高約430m・頂上まで400m)
DSCN4074.jpg

少し雲が減ってきたのか、村国山が薄っすらと望めるようになってきた。
DSCN4075.jpg

13:21 頂上まで300m地点
DSCN4076.jpg
この少し前辺りで前方からソロの男性が降りてこられた。俯きながら登っている私に、
「よっし~さんですよね?!」と声がかかる。
目出し帽も駒の小屋Tシャツも付けていないのに何故・・・
声を掛けられたのは、なんと、よっさんだった!
相変わらず、お互い山バカですね(笑)

13:27 頂上まで200m地点
DSCN4077.jpg

ここからが最後の急登で、一層キツくなる。。。
DSCN4078.jpg

13:36 頂上まで100m地点
DSCN4079.jpg
山頂に近づくにつれ、冷たい風が強くなってくる。

この辺りは滑り易く、スパイク付の長靴の方がいいかも。
DSCN4080.jpg

13:47 鬼ヶ岳山頂(標高533m)
DSCN4081.jpg
タイムは1時間44分。歩きづらかったのとザックの重さでだいぶ遅れてしまった。

山頂は雲の中で、眺望は全く見えず。
DSCN4082.jpg

大雪のせいか、桜の枝が無残にも折れていた。
DSCN4087.jpg

よっさんが最後だったようで、小屋の中には誰もいなかった。
DSCN4083.jpg

5000回登拝を達成された細丸翁が先月ご逝去されたそうだ。
DSCN4086.jpg
改めてその偉業に敬意を表するとともにご冥福を祈る。

早速店開き。
DSCN4084.jpg
あ~重かった。こんなに担いでくるから余計にバテるんだ。。。(笑)

今日の山めしは山の簡単ハヤシライス
DSCN4099.jpg
詳しくは山めしにて。 山頂に居る間に2人登ってこられた。

そろそろ降りることにしよう(14:57)
DSCN4100.jpg

気温が下がってきて幾分雪が締まってきたが、キックステップで慎重に降りていく。
DSCN4101.jpg

巨体のせいで所々大きな穴を開けてしまう。
DSCN4102.jpg
明日以降登られる方ゴメンなさい(笑)

15:12 白鬼展望台(標高約430m・登山口まで1100m)
DSCN4103.jpg
天気は回復に向かっているようで、三里山や文殊山も薄っすら見えるようになってきた。

15:18 大鬼展望台(標高約370m・登山口まで950m)
DSCN4104.jpg

この辺りは雪が緩く薄くなっているので、要注意。
DSCN4105.jpg
急坂だとどうしても後傾気味になり余計に滑り易くなるので、身体を開いて登山道に対して横向きにして降りた方が安全です。

15:31 小鬼展望台(標高約210m・登山口まで450m)
DSCN4106.jpg

15:45 鬼ヶ岳登山口(標高約100m)
DSCN4107.jpg
下りは48分。

ひとまずは棚卸しの第一弾はクリアしたが、期限切れの近い在庫はまだまだある。
捨てる? とんでもない、私は山で食べますよ(笑)

今回のルート図 (クリックすると拡大します)
mt_onigadake001.jpg

やっぱり、山っていいね!

鬼ヶ岳(533m)
標高差433m
登り 1時間44分、下り 48分、TOTAL 3時間42分
今年2回目・通算12回目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/497-8d1c1728