2014年12月6日(日) 雪

♪雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう
 さいでんな~ ほうでんな~


昨晩から寒波が襲来し、一夜明けて外を見ると真っ白。
自宅付近も15cmほどの積雪となった。ワクワク♡
氷雨だと山に行く気力が失せるが、雪だと一気にテンションアゲアゲ↗

文殊山
DSCN3962.jpg
11月はあちこち浮気していたので、訪問したのは僅かに1回だけ。
またご住職や常連さんからお小言をいただくかも(汗)
 
9:03 二上登山口駐車場
DSCN3963.jpg
こんな日でも山バカさんたちの車が5台停まっていた(笑)

今日は長靴をチョイス。
DSCN3969.jpg
トランクには登山靴のほか、長靴、ワカン、アイゼンなどが常備しています。

もちろん、マスクも装着。
DSCN3966.jpg
1年ぶりのご無沙汰です(笑)

登山口に続く林道も雪化粧。
DSCN3967.jpg
雪の重みで竹が大きく林道にしなっていた。

9:13 二上登山口(標高約26m)
DSCN3968.jpg

今日もザックが重いので足取りが重い。
DSCN3970.jpg

第2ベンチを過ぎた辺りから積雪が増えてくる。
DSCN3972.jpg
時折ズルっと滑ったり、デコボコで身体がよろけるので歩きづらい。

NeNeさん命名の”お尻の木”も白いパンツを履いていた。
DSCN3973.jpg

紅葉途中だった木もこの雪で強制終了。
DSCN3975.jpg

9:48 追分(Hポスト)(標高約175m)
DSCN3976.jpg
旧道側にはトレースがなかったので、本コースへ。

9:53 岩清水(標高約169m)
DSCN3977.jpg
雪のせいか水量が多かった。

10:10 七曲合流点(標高約248m)
DSCN3980.jpg
大村コースからのトレースはなかったので、ご住職はお休みのようだ。

ここまで既に1時間近くかかってしまった。
DSCN3982.jpg
まだ10人も歩いていないせいか、トレースもデコボコでなだらかな七曲りでも歩きづらい。
T井翁ご夫妻とすれ違い、奥様から「デストロイヤーかと思ったわ」と言われた(笑)

結局、近年で一番良いと言われた今年の紅葉のピークは見れずじまいだった。残念。
DSCN3984.jpg
でも雪をまとったこの樹氷も大好きです。

前方からソロの男性が降りてきて、「よっし~さ~ん!」と声がかかる。
DSCN3985.jpg
おかしいな~ マスクしているのになんですぐ分かるんだろう・・・
男性はJH9IRLさんだった。お互い山バカですね(笑)

吹き溜まりとなる文殊霊泉分岐付近の積雪は40~50cm。
DSCN3987.jpg
普段の1/5ほどしか道幅がないので、下山者とすれ違うのにもひと苦労する。

10:35 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN3988.jpg
屋根のあるベンチで小休止。久しぶりの雪道でだいぶ遅れてしまった。

ベンチ上にあった小さな雪だるま。
DSCN3989.jpg
クール! グッジョブです! 後から判ったが、これはJH9IRLさんが作られたそうです。

鞍部への下りに入ると一段と積雪が増えてくる。
DSCN3990.jpg

11:01 展望台
DSCN3992.jpg
容赦なく横殴りの雪が吹きすさぶ。

登りで道を譲った方が続々と降りてこられた。ということはこの先は私だけ?
DSCN3993.jpg
奥の院からのトラバース路にもトレースはなかった。

11:12 大文殊(山頂)(標高365m)
DSCN3994.jpg
タイムは1時間59分といつもの倍近くかかってしまった。情けない。。。

山頂の気温は1℃。
DSCN3996.jpg
予想通り山頂には誰も居なかった。

見逃した今年の紅葉。
DSCN3997.jpg
この風景がつい10日ほど前だったとは思えないほどの変貌ぶり。

ご覧のとおり、福井市街はおろか麓も全く見えません。
DSCN3999.jpg

山頂の木々も急な寒波に凍えていそうだ。
DSCN4000.jpg

会議室(避難小屋)でお昼にしよう。
DSCN4001.jpg
小屋までのトレースがなく、膝下までゴボりながら小屋へ。

今日の山めしはどっさりキャベツのカレー鍋。
DSCN4005.jpg
はふはふ、あつっ。 う~ん暖まる~

ひと通りキャベツを食べた後は、天ぷらカレーうどんにリメイク。
DSCN4004.jpg

〆は残った汁で雑炊。
DSCN4007.jpg
食事中3組ほど登ってこられたが、いずれも小屋には入って来られず足早に下山されたようだ。

小屋にあった文殊会のヘルメット。
DSCN4008.jpg
これ、いいなぁ~

コーヒータイムを楽しんだ後、下山開始(12:24)
DSCN4009.jpg

登りの時よりはトレースがはっきりしていた。
DSCN4010.jpg
この辺りは時折頭上から雪爆弾が落下してくるのでご注意を。

12:40 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN4011.jpg

文殊霊泉分岐付近で、大きな木が倒れて登山道を塞いでいた。
DSCN4012.jpg
登りではこんなのなかったはずだが?

小さな木が折れていたのは見かけたが、私の胴回りほどもある大木が倒れるとは。。。
DSCN4013.jpg
こんなのが直撃したら、無事では済まないだろう。

12:51 七曲合流点(標高約248m)
DSCN4014.jpg

倒木や頭上からの落雪に気を付けながら軽快に下っていくと、
DSCN4015.jpg

岩清水付近でも、崖上の大木が根こそぎ倒れていた。
DSCN4016.jpg
僅かひと晩で50cm以上降雪し、しかも北陸特有の湿った重い雪質のせいで、重みに耐えられなかったのだろう。

13:12 二上登山口(標高約26m)
DSCN4017.jpg
下りは48分。下りは1人しか会わなかった。

予想以上の大雪ですっかり様変わりした文殊山。
待望の雪山シーズン到来で、これからが楽しみだ。
ただしご覧のような大木が倒れている複数箇所があり、これからも増えると思われるので十分ご注意下さい。

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(二上コース)  コースMAP
標高差339m
登り 1時間59分、下り 48分、TOTAL 3時間59分
今年38回目・通算116回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/495-e29e2d00