2014年10月25日(土) 快晴

♪ゲナゲナポー ゲナゲナポー ゲナゲナポッポ ゲナゲナポー
くいーん・みっくすじゅーすの歌う、♪銀杏峰の唄です(大ウソ)

今回の紅葉ハイクは、銀杏峰(げなんぽ)(1441m)
DSCN3225.jpg
昨年の同じ時期に中島コース(親水古道)で登ってみたが、
夜更しのせいでスタートが遅れたのと睡眠不足でバテバテで、
山頂まであと僅かという地点でタイムアップで引き返した。
今回は1年越しのリベンジハイクです!
 
前回敗退の最大の要因が夜更しだったので、きっちり22時に就寝し、5時半に起床。
R158で大野市に入り、R157で温見(ぬくみ)峠方面へ。

麻奈姫湖(人造湖)畔の麻奈姫像付近でも紅葉が始まっていた。
DSCN3227.jpg
”酷道”として有名なR157だが、中島までは2車線の舗装路なのでご安心を。
大野市街からだと約23kmあります。

中島コース登山口に続く林道入口にとうちゃこ(8:01) 
DSCN3229.jpg

前回は真名川河川敷の雲川公園駐車場に駐車したが、今回は林道を登っていく。
DSCN3230.jpg
途中までは舗装されているが、その先は砂利道になる。

登山口付近は駐車スペースがないため、100mほど先へ。
DSCN3232.jpg

橋を渡った先の右手に広い路肩があるので、ここに駐車させてもらう(8:03)
DSCN3231.jpg
先客の車はここにも河川敷にもなかったので、今日中島コースで登るのは私ひとりのようだ。

8:07 銀杏峰中島コース(親水古道)登山口(標高約442m)
DSCN3233.jpg
片道5.4km・標高差約1000mとメジャーな名松新道(3km)の倍近い距離で標高差も大きい。
登りの標準コースタイムは約3時間(休憩無)なので、今回も目標タイムは4時間に設定。

序盤は造成林の中を登っていく。
DSCN3234.jpg

8:13 案内表示①(標高約506m)
DSCN3235.jpg
あれ? もう①の標識。 こんなに近かったっけ?
なお中島コースには大野親岳会の篤志が設置された①~⑨の標識があるが、
⑤以降は降雪等のせいか消滅しています。

8:37 案内表示②(標高約560m)
DSCN3237.jpg
小さな沢を渡渉する。

8:44 オンノガ平(穏野ヶ平)(標高約663m)
DSCN3238.jpg
ここからはしばらくなだらかな道になる。

ムツシに入ると広葉樹が目立ち、再び登り坂となる(8:55)
DSCN3239.jpg

あれ? ③の標識を見かけなかったが。。。
DSCN3241.jpg

9:17 案内表示④(標高約800m)
DSCN3242.jpg
腰は下ろさず立ったままで水分補給。

この先の急登に備えるべく、ドーピング剤も投与。
DSCN3243.jpg

この辺りになると紅葉が目立ってきた。
DSCN3244.jpg

Vロードと呼ばれ、その名の通り尾根上にV字型の溝が掘れている(9:25)
DSCN3246.jpg
尾根を直登していて前回はここでかなりの体力を消耗したが、今回はそれほどでもない。
免疫ができたからだろうか?(笑)

Vロードが終わると、ブナ林の急斜面に取り付く(9:39)
DSCN3248.jpg

昨年はまだ青さの目立ったブナ林だったが、今年はかなりイイ感じ。
DSCN3250.jpg
今年の方が紅葉が早いようだ。

視界が開ける場所では、隣の斜面の紅葉もまさにピーク。
DSCN3253.jpg

急登が終わると斜面をトラバースしながら登っていく(10:10)
DSCN3254.jpg

荒蔵谷源頭部の涸沢を登る箇所もある。
DSCN3255.jpg

再び急登になり、ここが一番キツかった。
DSCN3257.jpg

10:40 正仏(しょうぶつ)(標高約1200m)
DSCN3258.jpg
ここで小休止。右手の奥には水場があります。

登山口から2時間33分と前回(2時間39分)とほぼ同じだが、疲労の度合が全然違う。
DSCN3266.jpg
やっぱり今日はばっちり睡眠をとったからだろうか。

正面には越美国境の山々が連なる。
DSCN3260.jpg
うん? あれは・・・

御嶽山(3067m)だ!
DSCN3264.jpg
火口から噴煙を上げており、未だ火山活動が続いている。

さぁもうひとふんばりしよう(10:53)
DSCN3267.jpg

正仏からひと登りすると、平坦な広尾根になる。
DSCN3269.jpg

広尾根付近の紅葉は終盤。
DSCN3270.jpg

1314峰を過ぎると視界が開け、ヤセ尾根のなだらかな道になる(11:20)
DSCN3271.jpg
前回はガスが出ていたが、今日は晴天で山頂もバッチリ見える。

今年の紅葉は赤より焼けた茶色が目立ちイマイチだが、それでもこの絶景が見られて良かった。
DSCN3272.jpg

11:32 烏帽子(えぼし)(標高約1348m)
DSCN3273.jpg
ピクトも健在だった。

烏帽子から一旦鞍部に下るとクマ笹の茂る登り返しになる(11:35)
DSCN3274.jpg

前回引き返した地点に差し掛かる(11:45)
DSCN3275.jpg
いなりずし1個しか食べられないほどバテバテだったが、今日はまだまだ余力がある。

11:54 名松新道合流点(標高約1400m)
DSCN3276.jpg

最後の試練の天竺坂
DSCN3278.jpg

山頂にある祠が見えてきた。
DSCN3280.jpg

登山道脇にある小さなお地蔵様にお参り。
DSCN3281.jpg

12:07 銀杏峰山頂(標高1441m)
DSCN3282.jpg
ジャスト4時間と目標タイム通りで、昨年のリベンジを果たすことができた。

山名看板の裏側にはなぜか「○」がある(笑)
DSCN3284.jpg

登頂記念の三角点(三等:北大雲)タッチ。
DSCN3283.jpg
山頂には8人ほどおられた。

北側には白山(2702m)、別山(2399m)と先週登った経ヶ岳(1625m)。
DSCN3287.jpg
白山の冠雪も溶けてしまったようだ。

視線をやや東に移すと三ノ峰(2128m)や荒島岳(1523m)。
DSCN3288.jpg
遥か先には乗鞍岳(3026m)も望めた。

山頂からも噴煙を上げる御嶽山(3067m)が望めた。
DSCN3289.jpg

南東側には昨年登った平家岳(1442m)。
DSCN3296.jpg
百名山の恵那山(2191m)も望めた。

南側には越美国境の盟主、能郷白山(1617m)とその手前に姥ヶ岳(1453m)。
DSCN3295.jpg
平家平のブナの紅葉もまさに見頃かも。

さてお昼にしよう。
DSCN3291.jpg

スーパーで衝動買いしたが、コレは二度と買わない。多分(笑)
DSCN3292.jpg
食後は越前市から来られたソロの男性と山座同定しながら談笑。

荒島岳の先にうっすらと北アルプスも見えていて、槍ヶ岳(3180m)や大キレットも望めた。
DSCN3293.jpg
銀杏峰からでも見えるんだ!!

名残惜しいがそろそろ降りることにする(13:08)
DSCN3298.jpg

下りも中島コースへ(13:17)
DSCN3299.jpg

名松新道に降りてしまうと、中島に戻るのに車で20km近くかかるのでご注意を。
DSCN3301.jpg

13:32 烏帽子(標高約1348m)
DSCN3306.jpg
景色にみとれてつまずかないように(笑)

まさに天空のコリドーだ!
DSCN3307.jpg

下りも晴天で気持ちいい~
DSCN3308.jpg

13:55 正仏(標高約1200m)
DSCN3311.jpg
そのままスルー。

下りは紅葉を愛でながら降りていく。
DSCN3314.jpg

登りは下ばかり見ているので、こんな景色、記憶にありません(笑)
DSCN3316.jpg

紅葉の見頃は来週がギリギリかも。
DSCN3317.jpg

Vロードは滑り易いので慎重に。
DSCN3319.jpg

③の標識、やっぱり見落としていました(笑)
DSCN3320.jpg

15:08 銀杏峰中島コース登山口(標高約442m)
DSCN3323.jpg
下りは休憩せずにジャスト2時間。結局中島コースでは誰とも出会わなかった。

1日じゅう晴天で、暑くも寒くもなく、無事昨年のリベンジを果たすことができた。
やや終盤だったが、紅葉と山頂からの絶景が楽しめ大満足のハイクでした。
中島コースは名松新道や古葉谷コースよりはるかに長いコースですが、
紅葉と尾根歩きが楽しめるので是非おススメします。

今回歩いたコース (クリックすると大きくなります)
genanpo-nakajima.jpg
(上記コース図は大野親岳会のHPから転載させていただきました。)

やっぱり、山っていいね!

銀杏峰(1441m)(中島コース)
標高差999m
登り 4時間、下り 2時間、TOTAL 7時間1分
通算3回目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/482-ec53b985