2014年10月18日(土) 快晴

法恩寺山中腹の中ノ平避難小屋で一夜を過ごす(5:30)
DSCN3103.jpg
結局誰もやってこなくて、私1人の貸切状態だった。
寒さのせいで夜中何度もトイレに起きたが、ぐっすり眠ることができた。
予報通り快晴で、これから登る経ヶ岳(1625m)からは絶景が見えるに違いない。
中ノ平から法恩寺山・北岳経由で経ヶ岳に至る登山ルートもあるが、近年は歩く人が少ないせいか藪々のようで、使われるのはもっぱら残雪期が多いようだ。
 
手早く朝飯を済ませ、撤収準備にかかる。
DSCN3104.jpg

使わせてもらった板の間等を軽く清掃し、出発(6:39)
DSCN3105.jpg
ありがとうございました。本当に素敵な小屋で、また是非使わせてもらいます。

10km先の保月山コースから登るべく、法恩寺林道を大野市側に戻っていく。
DSCN3108.jpg

7:07 展望台駐車場(標高約900m)
DSCN3109.jpg
車は僅かに1台だけで、ちょうどソロの男性が出発されようとしていた。
六呂師側から来られたそうで、たぬ吉くんの死骸がなかったかと尋ねると、なかったとのこと。
男性も昨日下見に林道を走られて、その際は確かに見かけたそうなのでいったい誰が ((゜Д゜;)))

準備を済ませ出発する前に展望台へ。
DSCN3115.jpg

今日は天空の城は出現しなかったようだ。
DSCN3111.jpg

越前甲(越前大日山)(1319m)もそろそろ紅葉の見頃だろうか。
DSCN3112.jpg

荒島岳(1523m)や能郷白山(1617m)もすっきりと望めた。
DSCN3114.jpg

7:14 経ヶ岳登山口(林道出合)(標高約890m)
DSCN3116.jpg

これまで経ヶ岳には2度登っているが、ここから登るのは今回が初めて。
DSCN3117.jpg
過去2回はいずれも麓の奥越青少年自然の家(標高約600m)から登っている。

出だしはなだらかに人工林の中を登っていく。
DSCN3118.jpg

ごつごつした岩が目立つ辺りから傾斜がキツくなり、
DSCN3119.jpg

程なく急斜面にとりつく。
DSCN3120.jpg

尾根に出ると再びゆるやかな登りとなり、紅葉が目に付くようになる。
DSCN3121.jpg

7:53 アダムとイブの木(標高約1110m)
DSCN3122.jpg
ブナとミズナラが根元で合体しており、R15指定(ウソ)

色付き始めた木々の中、よたよた登っていく。
DSCN3123.jpg

8:24 保月山山頂(標高1272m)
DSCN3124.jpg
ここで小休止。標準タイムは55分なので、少し遅れ気味。

ここには三角点(三等・笹谷)がある。
DSCN3126.jpg

木々が囲んでいるので眺めはあまりないが、銀杏峰(1441m)や部子山(1464m)が望めた。
DSCN3125.jpg

後続の男性2人組が追い越していかれた後、出発する(8:32)
DSCN3127.jpg

保月山から先は細かいアップダウンの続く道となる。
DSCN3128.jpg

この辺りの紅葉はだいぶ色付いていた。
DSCN3129.jpg

急登のせいか下ばかり見ているので、なかなか紅葉を愛でられない(笑)
DSCN3131.jpg

溶岩の固まったヤセ尾根が続くため、梯子場で巻きながら登っていく。
DSCN3132.jpg
経ヶ岳は火山で、白山より古い140万年前に活動していたとされる。

このような場所もあるが、慎重に通れば問題なし。
DSCN3133.jpg

2つ目の梯子場付近も紅葉の見頃。
DSCN3134.jpg

牛岩の辺りで後方からハイカーの足音が聞こえてきたので、道を譲るべく待機(8:58)
DSCN3135.jpg
うん? あれは?!

登ってきたのはなんと、JH9IRLさんだった!
DSCN3136.jpg
JH9IRLさんは律儀?にも奥越青少年自然の家から登ってこられたそうだ(笑)
林道出合通過は7時47分頃らしいので、私より30分も遅い出発なのにもう追い付かれてしまった。
なんとか彼が山頂におられる間に到着したいところだが。。。

ようやく経ヶ岳が顔を出すようになる。
DSCN3137.jpg

ふう~ まだまだ遠い。。。
DSCN3138.jpg

植生がダケカンバやクマ笹に変わり出す辺りから再び急登になる。
DSCN3139.jpg

9:30 釈氏ヶ岳(杓子岳)山頂(しゃくしがたけ:標高1440m)
DSCN3140.jpg
たまらず2度目の小休止。最初誰も居なかったが、程なくソロの年配の男性が登ってこられた。
早朝はかなり寒かったが、かなり暑くなってきたので着ていたジャケットをしまう。

シャリバテしてきたので、ドーピング剤を投与。
DSCN3142.jpg
今日はこの先の急登に備えるべく、奮発して”後半に差がつく”赤袋にする(笑)

なかなか息が整わず、20分も休憩してしまった(9:50)
DSCN3143.jpg

釈氏ヶ岳から中岳までは熊笹の茂る中、なだらかな稜線歩きとなる。
DSCN3144.jpg

10:06 中岳山頂(標高1467m)
DSCN3145.jpg
ここはスルー。釈氏ヶ岳同様、標識等はありません。

中岳から鞍部の切窓までは、せっかく稼いだ標高をあざ笑うかのように80m近く下っていく。
DSCN3147.jpg

右手にはかつて火口原だった池の大沢
DSCN3148.jpg
今年の紅葉は焼けて茶色が目立つ。

前方には経ヶ岳へのエグい急登が待ち構えている。
DSCN3149.jpg

前回はなかった土留めの木材があるので、幾分滑りにくくはなったが慎重に下っていく。
DSCN3150.jpg

10:21 切窓(標高約1383m)
DSCN3151.jpg
池の大沢を登ってくる唐谷(からたに)コースとの合流点でもある。
機会があれば歩いてみたいが、登山道が荒れているとかクマと遭遇しやすい噂があるが。。。

切窓から山頂まで250mほど登り返す(大汗)
DSCN3152.jpg

いつ見てもこの急登、ハンパないっす!(笑)
DSCN3153.jpg
三ノ峰(2128m)、みつまた山(1060m)とともに福井県三大急登※とも呼ばれている。
※三ノ峰やみつまた山の代わりに荒島岳(1523m)や越前甲(1319m)を入れる説もあります。

いつもの如く、立ち止まりが激増。
DSCN3155.jpg
後続の8名ほどの団体さんに道を譲る。

釈氏ヶ岳で一緒になったソロの男性がもう降りてこられた。早いっすね~
DSCN3156.jpg

中岳と同じぐらい登り返した辺りで、たまらず小休止(10:48)
DSCN3157.jpg

福井方面も望めるようになり、ホームの文殊山も望めた。
DSCN3158.jpg

再び別のグループにも追い越される情けない有様。
DSCN3159.jpg
おかしいな~ 後半に差が付くはずなのに。。。

山頂まで残り200mほどのところで、下山中のJH9IRLさんと再会(11:13)
DSCN3160.jpg
やっぱり山頂ではお会いできませんでしたね(笑)
JH9IRLさんは私がまだ中岳でうろうろしていた頃、既に山頂に到着されていたそうだ。
その健脚が本当に羨ましいです。またどこかのお山でお会いしましょう。

山頂までもうひとふんばり。
DSCN3161.jpg

11:30 経ヶ岳山頂(標高1625m)
DSCN3162.jpg
今回もへろへろでとうちゃこ。タイムは4時間16分と、麓から登った前回(4h14m)より遅いという情けないタイム。

山頂に居る方たち全員に追い抜かれました(笑)
DSCN3163.jpg

バテバテな私を絶景が迎えてくれる。
DSCN3166.jpg

うん? 御前峰(2702m)のあの白い部分はもしかして?!
DSCN3165.jpg
この日、白山の初冠雪を記録したそうだ。

今回も前回同様、風もなくポカポカしたインディアンサマー
DSCN3167.jpg

日差しが降り注いで、むしろ暑いぐらいだ。
DSCN3173.jpg

今日の昼飯は珍しくカップ麺1個のみ。
DSCN3170.jpg

続々と後続のハイカーが登ってきて、山頂は大賑わい。
DSCN3176.jpg

場所を譲るべく、そろそろ降りることにしよう(12:22)
DSCN3179.jpg

下りは滑り易いので慎重に。
DSCN3180.jpg
と言っている尻から、今回も3回ほどコケました(笑)

12:52 切窓(標高約1383m)
DSCN3181.jpg
登りは1時間以上かかったこの区間も、下りは30分。

あ~あ、またこれを登り返すのか。。。
DSCN3182.jpg

山頂に居た方々もぼちぼち降り始めているようだ。
DSCN3183.jpg

13:17 中岳山頂(標高1467m)
DSCN3184.jpg
ここで小休止。

今回は2Lの水を持ってきたが、残り500ml。暑かったせいか水の減りが早い(13:34)
DSCN3185.jpg

また行動食を車に置き忘れてきたので、シャリバテ気味で力が出ない。
DSCN3186.jpg
腹減ったよ~

13:54 釈氏ヶ岳(杓子岳)山頂(標高1440m)
DSCN3187.jpg

ようやく保月山が見えてきた。
DSCN3188.jpg

登りは逆光だったが、下りは陽が当たって紅葉が一段と鮮やか。
DSCN3189.jpg

14:35 保月山山頂(標高1272m)
DSCN3190.jpg
ここで最後の小休止。

15:02 アダムとイブの木(標高約1110m)
DSCN3191.jpg

ついに水が底を付き、久しぶりに”妖怪水くれじじい”が出現(笑)
DSCN3192.jpg
ヨーでる ヨーでる ヨーでる ヨーでる ようかいでるけん でられんけん♪

15:29 経ヶ岳登山口(林道出合)(標高約890m)
DSCN3193.jpg
下りも3時間7分と前回の麓までのタイムとほぼ同じ。情けない。。。

駐車場にはまだ4台ほど停っていた。
DSCN3194.jpg
帰りは六呂師側ではなく、勝山市側に降りることにしよう。

スキージャムではパラグライダーも飛んでいた。
DSCN3195.jpg
下山後は勝山の水芭蕉で汗を流した後、帰路につく。

林道からのハイクだったにもかかわらず、前回のタイムと変わらない情けない結果となったが、
天候に恵まれ、紅葉や山頂からの絶景、ブロ友さんとの出会いもあって大満足のハイクでした。

やっぱり、山っていいね!

経ヶ岳(1625m)(保月山コース)
標高差735m
登り 4時間16分、下り 3時間7分、TOTAL 8時間15分
通算3回目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/480-8348ae0c