経ヶ岳(1625m)3回目

author photo

Byよっし~

2014年10月18日(土) 快晴

法恩寺山中腹の中ノ平避難小屋で一夜を過ごす(5:30)
DSCN3103.jpg
結局誰もやってこなくて、私1人の貸切状態だった。
寒さのせいで夜中何度もトイレに起きたが、ぐっすり眠ることができた。
予報通り快晴で、これから登る経ヶ岳(1625m)からは絶景が見えるに違いない。
中ノ平から法恩寺山・北岳経由で経ヶ岳に至る登山ルートもあるが、近年は歩く人が少ないせいか藪々のようで、使われるのはもっぱら残雪期が多いようだ。
 
手早く朝飯を済ませ、撤収準備にかかる。
DSCN3104.jpg

使わせてもらった板の間等を軽く清掃し、出発(6:39)
DSCN3105.jpg
ありがとうございました。本当に素敵な小屋で、また是非使わせてもらいます。

10km先の保月山コースから登るべく、法恩寺林道を大野市側に戻っていく。
DSCN3108.jpg

7:07 展望台駐車場(標高約900m)
DSCN3109.jpg
車は僅かに1台だけで、ちょうどソロの男性が出発されようとしていた。
六呂師側から来られたそうで、たぬ吉くんの死骸がなかったかと尋ねると、なかったとのこと。
男性も昨日下見に林道を走られて、その際は確かに見かけたそうなのでいったい誰が ((゜Д゜;)))

準備を済ませ出発する前に展望台へ。
DSCN3115.jpg

今日は天空の城は出現しなかったようだ。
DSCN3111.jpg

越前甲(越前大日山)(1319m)もそろそろ紅葉の見頃だろうか。
DSCN3112.jpg

荒島岳(1523m)や能郷白山(1617m)もすっきりと望めた。
DSCN3114.jpg

7:14 経ヶ岳登山口(林道出合)(標高約890m)
DSCN3116.jpg

これまで経ヶ岳には2度登っているが、ここから登るのは今回が初めて。
DSCN3117.jpg
過去2回はいずれも麓の奥越青少年自然の家(標高約600m)から登っている。

出だしはなだらかに人工林の中を登っていく。
DSCN3118.jpg

ごつごつした岩が目立つ辺りから傾斜がキツくなり、
DSCN3119.jpg

程なく急斜面にとりつく。
DSCN3120.jpg

尾根に出ると再びゆるやかな登りとなり、紅葉が目に付くようになる。
DSCN3121.jpg

7:53 アダムとイブの木(標高約1110m)
DSCN3122.jpg
ブナとミズナラが根元で合体しており、R15指定(ウソ)

色付き始めた木々の中、よたよた登っていく。
DSCN3123.jpg

8:24 保月山山頂(標高1272m)
DSCN3124.jpg
ここで小休止。標準タイムは55分なので、少し遅れ気味。

ここには三角点(三等・笹谷)がある。
DSCN3126.jpg

木々が囲んでいるので眺めはあまりないが、銀杏峰(1441m)や部子山(1464m)が望めた。
DSCN3125.jpg

後続の男性2人組が追い越していかれた後、出発する(8:32)
DSCN3127.jpg

保月山から先は細かいアップダウンの続く道となる。
DSCN3128.jpg

この辺りの紅葉はだいぶ色付いていた。
DSCN3129.jpg

急登のせいか下ばかり見ているので、なかなか紅葉を愛でられない(笑)
DSCN3131.jpg

溶岩の固まったヤセ尾根が続くため、梯子場で巻きながら登っていく。
DSCN3132.jpg
経ヶ岳は火山で、白山より古い140万年前に活動していたとされる。

このような場所もあるが、慎重に通れば問題なし。
DSCN3133.jpg

2つ目の梯子場付近も紅葉の見頃。
DSCN3134.jpg

牛岩の辺りで後方からハイカーの足音が聞こえてきたので、道を譲るべく待機(8:58)
DSCN3135.jpg
うん? あれは?!

登ってきたのはなんと、JH9IRLさんだった!
DSCN3136.jpg
JH9IRLさんは律儀?にも奥越青少年自然の家から登ってこられたそうだ(笑)
林道出合通過は7時47分頃らしいので、私より30分も遅い出発なのにもう追い付かれてしまった。
なんとか彼が山頂におられる間に到着したいところだが。。。

ようやく経ヶ岳が顔を出すようになる。
DSCN3137.jpg

ふう~ まだまだ遠い。。。
DSCN3138.jpg

植生がダケカンバやクマ笹に変わり出す辺りから再び急登になる。
DSCN3139.jpg

9:30 釈氏ヶ岳(杓子岳)山頂(しゃくしがたけ:標高1440m)
DSCN3140.jpg
たまらず2度目の小休止。最初誰も居なかったが、程なくソロの年配の男性が登ってこられた。
早朝はかなり寒かったが、かなり暑くなってきたので着ていたジャケットをしまう。

シャリバテしてきたので、ドーピング剤を投与。
DSCN3142.jpg
今日はこの先の急登に備えるべく、奮発して”後半に差がつく”赤袋にする(笑)

なかなか息が整わず、20分も休憩してしまった(9:50)
DSCN3143.jpg

釈氏ヶ岳から中岳までは熊笹の茂る中、なだらかな稜線歩きとなる。
DSCN3144.jpg

10:06 中岳山頂(標高1467m)
DSCN3145.jpg
ここはスルー。釈氏ヶ岳同様、標識等はありません。

中岳から鞍部の切窓までは、せっかく稼いだ標高をあざ笑うかのように80m近く下っていく。
DSCN3147.jpg

右手にはかつて火口原だった池の大沢
DSCN3148.jpg
今年の紅葉は焼けて茶色が目立つ。

前方には経ヶ岳へのエグい急登が待ち構えている。
DSCN3149.jpg

前回はなかった土留めの木材があるので、幾分滑りにくくはなったが慎重に下っていく。
DSCN3150.jpg

10:21 切窓(標高約1383m)
DSCN3151.jpg
池の大沢を登ってくる唐谷(からたに)コースとの合流点でもある。
機会があれば歩いてみたいが、登山道が荒れているとかクマと遭遇しやすい噂があるが。。。

切窓から山頂まで250mほど登り返す(大汗)
DSCN3152.jpg

いつ見てもこの急登、ハンパないっす!(笑)
DSCN3153.jpg
三ノ峰(2128m)、みつまた山(1060m)とともに福井県三大急登※とも呼ばれている。
※三ノ峰やみつまた山の代わりに荒島岳(1523m)や越前甲(1319m)を入れる説もあります。

いつもの如く、立ち止まりが激増。
DSCN3155.jpg
後続の8名ほどの団体さんに道を譲る。

釈氏ヶ岳で一緒になったソロの男性がもう降りてこられた。早いっすね~
DSCN3156.jpg

中岳と同じぐらい登り返した辺りで、たまらず小休止(10:48)
DSCN3157.jpg

福井方面も望めるようになり、ホームの文殊山も望めた。
DSCN3158.jpg

再び別のグループにも追い越される情けない有様。
DSCN3159.jpg
おかしいな~ 後半に差が付くはずなのに。。。

山頂まで残り200mほどのところで、下山中のJH9IRLさんと再会(11:13)
DSCN3160.jpg
やっぱり山頂ではお会いできませんでしたね(笑)
JH9IRLさんは私がまだ中岳でうろうろしていた頃、既に山頂に到着されていたそうだ。
その健脚が本当に羨ましいです。またどこかのお山でお会いしましょう。

山頂までもうひとふんばり。
DSCN3161.jpg

11:30 経ヶ岳山頂(標高1625m)
DSCN3162.jpg
今回もへろへろでとうちゃこ。タイムは4時間16分と、麓から登った前回(4h14m)より遅いという情けないタイム。

山頂に居る方たち全員に追い抜かれました(笑)
DSCN3163.jpg

バテバテな私を絶景が迎えてくれる。
DSCN3166.jpg

うん? 御前峰(2702m)のあの白い部分はもしかして?!
DSCN3165.jpg
この日、白山の初冠雪を記録したそうだ。

今回も前回同様、風もなくポカポカしたインディアンサマー
DSCN3167.jpg

日差しが降り注いで、むしろ暑いぐらいだ。
DSCN3173.jpg

今日の昼飯は珍しくカップ麺1個のみ。
DSCN3170.jpg

続々と後続のハイカーが登ってきて、山頂は大賑わい。
DSCN3176.jpg

場所を譲るべく、そろそろ降りることにしよう(12:22)
DSCN3179.jpg

下りは滑り易いので慎重に。
DSCN3180.jpg
と言っている尻から、今回も3回ほどコケました(笑)

12:52 切窓(標高約1383m)
DSCN3181.jpg
登りは1時間以上かかったこの区間も、下りは30分。

あ~あ、またこれを登り返すのか。。。
DSCN3182.jpg

山頂に居た方々もぼちぼち降り始めているようだ。
DSCN3183.jpg

13:17 中岳山頂(標高1467m)
DSCN3184.jpg
ここで小休止。

今回は2Lの水を持ってきたが、残り500ml。暑かったせいか水の減りが早い(13:34)
DSCN3185.jpg

また行動食を車に置き忘れてきたので、シャリバテ気味で力が出ない。
DSCN3186.jpg
腹減ったよ~

13:54 釈氏ヶ岳(杓子岳)山頂(標高1440m)
DSCN3187.jpg

ようやく保月山が見えてきた。
DSCN3188.jpg

登りは逆光だったが、下りは陽が当たって紅葉が一段と鮮やか。
DSCN3189.jpg

14:35 保月山山頂(標高1272m)
DSCN3190.jpg
ここで最後の小休止。

15:02 アダムとイブの木(標高約1110m)
DSCN3191.jpg

ついに水が底を付き、久しぶりに”妖怪水くれじじい”が出現(笑)
DSCN3192.jpg
ヨーでる ヨーでる ヨーでる ヨーでる ようかいでるけん でられんけん♪

15:29 経ヶ岳登山口(林道出合)(標高約890m)
DSCN3193.jpg
下りも3時間7分と前回の麓までのタイムとほぼ同じ。情けない。。。

駐車場にはまだ4台ほど停っていた。
DSCN3194.jpg
帰りは六呂師側ではなく、勝山市側に降りることにしよう。

スキージャムではパラグライダーも飛んでいた。
DSCN3195.jpg
下山後は勝山の水芭蕉で汗を流した後、帰路につく。

林道からのハイクだったにもかかわらず、前回のタイムと変わらない情けない結果となったが、
天候に恵まれ、紅葉や山頂からの絶景、ブロ友さんとの出会いもあって大満足のハイクでした。

やっぱり、山っていいね!

経ヶ岳(1625m)(保月山コース)
標高差735m
登り 4時間16分、下り 3時間7分、TOTAL 8時間15分
通算3回目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 16

ごもっ友  

よっし~さん お早うございます
私たちは小荒島岳で居合わせた人と
経ヶ岳を眺めていました
春日部の人で明日(19日)経ヶ岳へ
登ると言っていました
9時半頃でしたがよっし~さんは
その頃どの辺りだったのでしょうか
白山の初冠雪も偶然に見られて良かったですね

2014/10/20 (Mon) 09:08 | EDIT | REPLY |   

はなきち二人  

おはようございます。
よっし~さんは土曜日でしたか。私達は昨日登ってきました。
林道まで行ったんですが、通行止めのバリケードと猪除けまでキチンとしてあったので外して入る勇気がなく、奥越青少年自然の家の登山口のスタートになりました。
おかげで林道で小熊さんも見かけましたよ。近くに親熊が居ないか心配しながら上り始めました。
今から、写真を整理してブログをアップします。

2014/10/20 (Mon) 11:23 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ごもっ友さん こんにちは
コメントありがとうございます。


この日は本当に天気が良かったですよね。
経ヶ岳からも荒島岳がすっきりと見えていました。

9時半ごろでしたら、釈氏ヶ岳でへばっているところでした(笑)

2014/10/20 (Mon) 13:40 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

お二人は昨日だったんですね。
昨日、一昨日を逃すと来週まで天気が悪く、その頃だとだいぶ紅葉もピークを過ぎてしまっているかもしれませんよね。

土曜日も登っている方の7割は青少年の家から登ったようです。
林道の工事は完全に終わっていて、おそらく看板の工事期間(~10/30)後はそのまま冬期通行止になるんでしょう。

林道で子熊を見かけたんですか!!
16日に登られたひろとろさんも親子連れのクマを林道付近で見かけたとあったので、おそらく同じクマなのでしょうかね。
やはり今年はクマ出没が多いですね。お互い気をつけましょう。

2014/10/20 (Mon) 13:47 | EDIT | REPLY |   

toshi0113  

よっし~さん、おかんさんと二人で大長から眺めていましたよ
だいぶ、へばった姿を
...って薮で見えないね(笑い)
最後の急登、休憩しちゃダメですよ
toshi家の規則では、無休憩&30分以内に定められてま~す

と、冗談はさておき
土曜は、天候も良く気持ちの良い山登りになったのでは
景色も良く、白い帽子の白山も見れ最高でしたよね!!

2014/10/20 (Mon) 14:50 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

toshi0113さん こんにちは

toshiさんとおかんさんは大長山でデートしていたんですね(笑)
大長山からだとより間近に白山を遥拝できますね。

>toshi家の規則では、無休憩&30分以内

恐るべき家訓です(笑)
あの切窓からの急登、標準コースタイムでは確かに30分となっているんですが、
急登が大の苦手の私は毎回キツくて止まっちゃうんです。
あれをすたすた登れるtoshiさんたちは本当にスゴイです。

2014/10/20 (Mon) 16:57 | EDIT | REPLY |   

コウちゃん  

福井の方が中ノ平避難小屋や部子山避難小屋に
泊まるのはドエム探検隊だけですね(笑

でも何時かは土曜でいいですから宴会しましょう
僕も途中参加ですが合流しますから。

2014/10/20 (Mon) 18:44 | EDIT | REPLY |   

JH9IRL  

久しぶりでした。

よっし~さん、こんばんは♪♪
久しぶりにお会いできて、、、、、、
ヘトヘトのよっし~さんを見れて、良かったです。(笑) 
福井は狭いですから、里山が紅葉してきたら、
また、お会いすることでしょう。
そのときを楽しみに待ちます。
ナイス、ハイク!

2014/10/20 (Mon) 19:43 | EDIT | REPLY |   

はなきち二人  

こんばんわ。コメント追加です。

昼食、カップ麺だけってどうしたの、心配です。

2014/10/20 (Mon) 22:11 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

コウちゃんさん おはようございます。

本当にそうですね。
一般のハイカーはここで小屋泊しないでしょう(笑)

次回は必ずご連絡しますので、ご馳走を期待してします。

2014/10/21 (Tue) 07:28 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 久しぶりでした。

JH9IRLさん おはようございます。

牛岩付近で後続を振り返ったら、JH9IRLさんだったのでビックリ!
今回は予想以上に暑かったので、急登ですっかりバテてしまいました。
山頂でお会いしたかったんですが、予想通り急登での再会になりましたね。
いつもあんな具合によたよた歩いています(笑)


2014/10/21 (Tue) 07:34 | EDIT | REPLY |   

poptrip  

僕は赤兎でした。
この日は本当に天気が良かったですね~。

福井三大急登がその3つだと初めて知りました。タメになるブログだなあw)

2014/10/21 (Tue) 07:36 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん おはようございます。

前日小屋で食べ過ぎたのと、持参した行動食を全て車に置き忘れてきてしまい、カップ麺1個となってしまった訳で、体調が悪い訳でもダイエットしている訳でもありません(笑)
下山中はお腹が減って、シャリバテがキツかったです。

そして帰りにコウちゃんのお店でがっつり食べようと思ったら、準備中でした(涙)

2014/10/21 (Tue) 07:38 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

poptripさん おはようございます。

popさんの赤兎山のレポ、拝見させてもらいました。
赤兎山や取立山も考えたんですが、入山料をケチって経ヶ岳になりました(笑)

赤兎山も大勢のハイカーで賑わっていたようで、山ガールも多かったようですね。
経ヶ岳でも急登で私を追い抜いていく山ガールのお●をモチベーションにして頑張りました(ウソ)

popさんはこの後、お子さんの付き添いでアルフィーのコンサートで金沢まで行かれたんですよね。
その体力、本当にスゴいです。

2014/10/21 (Tue) 07:46 | EDIT | REPLY |   

山ガールの青レンジャー  

よっし~さん、こんばんわ。

経ヶ岳には大変キレイな避難小屋があるんですね~。知りませんでした。しかし、最近は朝晩の冷え込みが激しいので、カイロを使用したとはいえ、火もなく辛くなかったでしょうか?

この日は快晴中の快晴で、素晴らしい景色が見られて良かったですね~。いいな~、羨ましいです。

相変わらず経ヶ岳の激登は・・・辛すぎます。。。でも凄い人気のお山ですよね。

2014/10/21 (Tue) 23:03 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

山ガールの青レンジャーさん こんにちは

避難小屋があるのは経ヶ岳から尾根続きの法恩寺山で、スキージャム勝山のイリュージョンサイト直下です。

経ヶ岳の林道登山口からだと車で10kmほど林道を走ったところにありますが、車で行くことができます。
石川県側からだとR157で谷峠を越えて勝山市に入り、暮見トンネルを抜けてすぐの交差点を左折します。
ただしそのまま真っ直ぐいくと法恩寺有料道路(820円)に入ってしまうので、暮見集落の方に入り暮見川沿いに林道を走っていくと中ノ平に至ります。

標高1000m近い場所にあるので、この時期はかなり冷え込みました。

2014/10/22 (Wed) 10:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (87)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)