2014年10月7日(火) 晴れ

台風一過の青空が広がる。
福井はさほど雨風もひどくなかったが、被災された地域の方にはお悔やみ申し上げます。
連休なので小屋泊ハイクに行きたかったのだが、夕方から所用があるため
近場の文殊山へ。
DSCN2844.jpg
今日もいつもの二上コースではなく、4ヶ月ぶり角原コースで登ってみよう。
 
8:50 角原コース登山口(標高約20m)
DSCN2799.jpg
今日は先客の車はなし。

準備を済ませハイク開始(8:54)
DSCN2804.jpg

なにげにいやらしい傾斜の林道を進んでいく。
DSCN2805.jpg

ミズヒキ(水引)
DSCN2803.jpg
タデ科イヌタデ属の多年草。

ミゾソバ(溝蕎麦)
DSCN2807.jpg
タデ科イヌタデ属の一年草。葉の形が牛の額に似ていることから、ウシノヒタイ(牛の額)とも呼ばれる。

9:07 林道終点(標高約95m)
DSCN2809.jpg
車でここまでこれるが、路面の轍が深いのでおススメしない。

アキギリ(秋桐)
DSCN2811.jpg
シソ科アキギリ属の多年草。近縁種にキバナやシロバナもあり、園芸種のサルビアも同属。

沢が近いので路面に水が流れている箇所も多く、あっという間に靴が濡れていく。
DSCN2812.jpg

9:17 水場(標高約155m)
DSCN2814.jpg
登山道はここで右に折れ曲がり、斜面に取り付いていく。

クマさんの大好きな団栗が一杯落ちていた。
DSCN2815.jpg

以前出没したクマさんの縄張りなので、クマ鈴は必携。
DSCN2817.jpg

9:26 ベンチ
DSCN2818.jpg

あまりハイカーが通らないので、蜘蛛の巣も多い。
DSCN2819.jpg

9:39 二上コース合流点(標高約295m)
DSCN2820.jpg

9:49 大文殊(山頂)(標高365m)
DSCN2821.jpg
55分でとうちゃこ。火曜日には珍しく、ご住職も詰めておられた。

昨日の台風で幟用のポールの1本がなぎ倒されてしまったそうだ。
DSCN2823.jpg
また避難小屋の屋根にもたくさんの折れ枝が落ちていたらしい。

明日(10/8)は皆既月食だそうだ。
DSCN2822.jpg
今年4月にもあったそうだが、その時は福井では見られなかった。

今日の山頂も前回ほどではないが風が強く、しかも北風なのでめちゃくちゃ肌寒い。
DSCN2826.jpg

白山も遥拝することができた。
DSCN2829.jpg
あと2週間もすれば、初冠雪の便りも聴かれることだろう。
本堂北側は寒いので、南側の本堂脇に避難。北側とは別世界で、ポカポカとして温かい。

今日の山めしはナス天入りラーメン。
DSCN2831.jpg

先日2000回登拝されたM川翁が登ってこられた。おめでとうございます。
DSCN2832.jpg
山登り独楽吟の山ガールの件を直接尋ねたところ、翁の山登りの元気の素だそうだ(笑)
私の100回登拝の際にもお会いした女性や他の常連さんたちと談笑。

「楽しみは 山頂に集いし ハイカーより これどうぞと 菓子もらう時」

みなさん結構このブログをご覧いただいているようで、燧ヶ岳のことやヘッデンを購入したことまでやたら詳しい(笑)

そろそろ降りることにする(11:27)
DSCN2834.jpg

11:35 角原コース分岐点(標高約295m)
DSCN2835.jpg
下りも角原コースへピストン。

11:47 水場(標高約155m)
DSCN2837.jpg

路面が滑り易いので慎重に降りていく。
DSCN2838.jpg

11:51 林道終点(標高約95m)
DSCN2839.jpg

12:00 角原登山口(標高約20m)
DSCN2840.jpg
下りは33分。結局、角原コースでは誰とも出会わなかった。

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(角原コース)  コースMAP
標高差345m
登り 55分、下り 33分、TOTAL 3時間6分
今年31回目・通算109回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/472-6bc60346