先日ネットで見つけたこの商品

防水型LEDインフレータブル・ソーラーランタン
DSCN2737.jpg
簡単に言うと、太陽光で発電するLEDランタンで、インフレータブル(Inflatable)とは、”空気を注入して膨らませる構造”という意味。
つまり折り畳み式の超コンパクトなLED式のソーラーランタンで、思わずポチしてしまった(笑)
 
オリジナルはアメリカのエムパワード(MPOWERD)社製のようだが、
DSCN2725.jpg
今回注文したのは同品を生産する中国の類似品。
ただし類似品といっても表面部分が微妙に違うだけで、内部キットや素材は本家と同じで、いわば無印製品といったところだろう。
ネットでは2000~4000円とやや幅があるが、大体3000円前後で売っている。
今回私が注文したのは送料無料で2480円だった。

折り畳み時はこんなに小さい(直径130mm×高さ25mm)ので、ザックの中でかさばらない。
DSCN2728.jpg

【諸元】
■サイズ: 直径130mm×高さ25mm(収縮時) 直径130mm×高さ80mm(伸長時)
■重量:100g  ■使用温度:-20~50℃
■ソーラーパネル:5V/120mah  ■定格電力:0.6 W
■充電時間:約8時間(満充電) ■連続点灯時間:約6~12時間(満充電時) 実用:約4~8時間(〃)
■光度:4000mcd(ミリカンデラ) 15sq feet(1.39㎡)の照射面積の場合、最大90lm(ルーメン)
■材質:塩化ビニール、PVC(ポリ塩化ビニル)、紙、複合合成樹脂

ソーラーパネルなので、歩行中ザックの外に付けて充電(満充電8h)
DSCN2734.jpg
3時間充電で約2時間の使用可能。

ビーチボールを膨らますように空気を注入すると、このようになる。
DSCN2730.jpg
肺活量が少ないので、結構疲れました(笑)

スイッチを入れると10個のLED灯が点灯。
DSCN2735.jpg
周りが透明な塩ビで、反対側がリフレクター(反射鏡)になっているので、広範囲に光が拡散。

明るさは2段階に調節でき、緊急時用の点滅モードもある。(画像はLowモード)
DSCN2736.jpg
上下にビニール製の取っ手が付いているので、持ち歩いたり、テントの上部から吊るすことも可能。
塩ビ製の簡易防水なので、雨天時での使用も可能。

先日のテン泊の際は、ヘッデンの灯りを水の入ったPETボトル当てて光を拡散させてランタン代わりにしていたが、こちらの方が全方向に均一に拡散するので段違いに明るい。

テント内ではまだ試していないが、自宅で使った時は充分読書できるレベルだったので、期待できそう。
早くテン泊で使ってみたいな~


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/470-4ae2ea5e