尾瀬(会津駒・燧ヶ岳)2泊3日ハイク 3日目その1

author photo

Byよっし~

2014年9月23日(火・秋分の日) 快晴

尾瀬の夜は寒かった。
防寒用にスパッツやフリース、薄手の毛布まで纏い、更には使い捨てカイロまで貼ったのにもかかわらず、寒さで何度も目が覚めてしまった。
1700m近い高地にあるので、昨夜も氷点下まで気温が下がったようだ。
いよいよ2泊3日の会津駒ヶ岳(2133m)&燧ヶ岳(2356m)ハイクの最終日。

5:10 尾瀬沼キャンプ場(標高約1675m)
PAP_0088.jpg
起きて風景を撮ろうとすると、デジカメがピーという警告音とともに、
モニターに「電池残量がありません」と無情の表示。
2日間たくさん写真を撮ったせいか、バッテリーが切れてしまった。
予備のバッテリーは持ってきていないので、仕方なく携帯のカメラで撮影することになる。
ただし携帯の電池残量も2/3ほどなので、セーブして使わないと切れてしまいそう。
なおブレやすいので一部お見苦しい画像が多いのはお許し下さい。
 
周りの草木にはやはり霜が下りていた。
PAP_0086.jpg

テント内で軽く朝食。今朝もソーライスとラーメン。
今日の昼は行動食で済ます予定なので、できるだけ軽くしておこう。

朝日に照らされた燧ヶ岳を望みながら、今日の行程を再検討。
PAP_0087.jpg
テン泊装備のザックを担いで長英新道を登り、御池ルートで縦走下山する計画だが、一昨日の会津駒での醜態を考えると、より重くなったザックで本当に大丈夫だろうか?

DSCN2648_2014100100164254c.jpg

尾瀬沼にメインザックをデポして、長英新道をピストン。昨日同様沼山峠経由で御池に戻るという手もあり、距離は長くなるが身軽で動ける分、かかる時間は案外変わらないかもしれない。
でも昨日の会津駒からの下りや沼山峠からの足取りを振り返ると、少し歩荷に慣れてきた感もある。
ここはやはりMの掟に従い、テン泊装備を背負って縦走することを決意(笑)

周りのテントはまだお休み中の方が多かったので、静かにテントを撤収。
PAP_0084.jpg
忘れ物がないか確認し、番号札をヒュッテに返却して出発する(6:35)
ありがとうございました。とても快適で楽しい夜でした。

食料が減り、水も2.5Lと抑えてのでやや軽くなったが、それでもザックは17kgほどありそう。
PAP_0083.jpg

途中、朝の湿原散歩から戻ってこられた昨日音楽会でご一緒になったご夫婦と再会。
PAP_0082.jpg
小屋も結構冷え込んだので、テン泊の私が大丈夫か心配していただいていたそうだ。
ありがとうございます。この通り、生きています(笑) 行ってきま~す!

6:40 沼尻方面分岐(標高約1670m)
PAP_0081.jpg
長英新道、ナデッ窪ルートへは左へ。

外気温の方が水温より低いせいか、湖面からは湯気のように水蒸気が湧き上がっていた。
PAP_0080.jpg

木道脇の木々にもビッシリ霜が。
PAP_0079.jpg
一昨日の駒の小屋の方が標高が高い(標高約2000m)のに、霜は下りていなかった。
尾瀬沼は山に囲まれた窪地だからだろうか?

尾瀬沼の北岸に入ると、複線だった木道が単線となる。
PAP_0078.jpg

6:51 燧ヶ岳登山口(長英新道)(標高約1670m)
PAP_0077.jpg
長英新道は平野長蔵翁の御子息、平野長英翁が開かれたことから名付けられた。
俎嵓(まないたぐら)まで4.5kmで、標準タイムは3時間45分(桧枝岐村観光案内)
なお距離やタイムは、地図によって5.1kmだったり、3時間、3時間15分とマチマチです。おそらく休憩時間を含む含まないの違いもあるのかも。

なおここから50分ほど先にある沼尻平から登るナデッ窪(なでっくぼ)ルートは、
俎嵓まで3.1km、標準タイム3時間と最短コース。
響きは”リラックマ”のように可愛らしいが、登山道はガレた岩場を直登する狂暴なルートらしい。
rirattukuma01.png
見晴方面からの場合は、こちらの方が時間短縮できる。

まずはゆるやかな林間を登っていく。
PAP_0075.jpg
道幅は意外と広い。この日はそうでもなかったが、泥濘が多いのでスパッツがあった方がいい。
途中後続のソロの男性と山ガール2人組に道を譲る。

7:28 1合目
PAP_0074.jpg
30分以上歩いたが、ようやく1合目。少しショックを受ける(笑)

次第に木の根が露出したり、路面が浸食されていて少し歩きづらくなってきた。
PAP_0073.jpg

7:48 2合目
PAP_0072.jpg
この辺りで下山してきた男性とすれ違う。早いっすね~
伺ったところ、2時半から登り始められたそうで、山頂からは富士山も望めたとのこと。

8:07 3合目
PAP_0071.jpg

3合目の先の少し広くなったところで小休止。
PAP_0070.jpg
行動食のビスケットとドーピング剤を摂取。また暑くなってきたので、アウターを脱ぐ。

8:35 4合目
PAP_0069.jpg
このように階段の框部分に標識が付いている箇所もあるので、下りでは気付かないだろう。

時折視界が開けるようになり、眼下には尾瀬沼が見えてきた。
PAP_0068.jpg

4合目を過ぎると急登が待ち構えている。
PAP_0067.jpg
ひーひー キツい。。。

8:52 5合目
PAP_0066.jpg
ようやく半分か。。。

階段のある個所も。
PAP_0065.jpg

9:05 6合目
PAP_0064.jpg
ここで本日2度目の小休止。ここまで約2時間。よたよた歩きだが、今のところ順調すぎるペース。

オヤマリンドウ(御山竜胆)
PAP_0063.jpg
ここまで大して見るべき花もなかったが(単に私が見落としているだけかも)、この辺りからぽつぽつとリンドウが目立ってきた。

6合目から先は一旦なだらかになり、眺めもよくなってくる。
PAP_0062.jpg

色付き始めた木々の先に、ようやく俎嵓が見えてきた。
PAP_0061.jpg

9:27 7合目
PAP_0060.jpg

今日は一昨日と比べ、歩くペースは相変わらず遅いが立ち止まることはほとんどない。
PAP_0059.jpg
やはり3日目ということで身体が馴染んできたのだろう。

男体山(2486m)や白根山(2171m)など日光の山々もすっきり望める。
PAP_0058.jpg

急な階段を登り切ると、急に視界が開ける。
PAP_0055.jpg

9:43 燧ヶ岳(ミノブチ岳)(標高約2210m)
PAP_0054.jpg
3年ほど前までは写真中央付近にケルンがあったらしいが、現在は撤去され標識もない。
登山口から2時間52分。参考にした標準タイムでは3時間なので、まずまずというか予想以上のペースで登ることができた。

何もないので見晴らしが良く、遠くは浅間山(2568m)や赤城山(1828m)が望める。
PAP_0052.jpg

途中で会った下山者の話では、ここから富士山が望めたそうだが、霞んで分からなかった。
PAP_0051.jpg

一昨日登った会津駒ヶ岳(2133m)もくっきりと見える。
PAP_0050.jpg

ひと息入れたのち、俎嵓までもうひと頑張り(9:56)
PAP_0048.jpg
御池岳の東側を巻きながら進んでいく。

10:04 8合目
PAP_0047.jpg
ここでリラックマ、ナデッ窪ルートと合流。

俎嵓までの最後の急登が立ちはだかる。
PAP_0046.jpg

最高地点の柴安嵓(しばやすぐら)の頂上には登山者の姿も見えている。
PAP_0045.jpg

10:19 9合目
PAP_0044.jpg
いよいよあと1合分。

9合目からは急登な岩場登りとなり、4輪駆動で登っていく。
PAP_0043.jpg
一応マーキングはあるが、登山道が分かりにくく迷う箇所も。

至仏山(2228m)や尾瀬ヶ原も見えてきた。
PAP_0042.jpg

ヒーヒー、ついに山頂だ!
PAP_0041.jpg

10:32 燧ヶ岳俎嵓(まないたぐら)(標高2346m)
PAP_0039.jpg
タイムは3時間41分。健脚な方にはどうってことのないタイムだろうが、ヘタれな私がテン泊装備を背負って標準タイム(3時間45分)以内に登頂は、まさに歴史的快挙(大ゲサな。。。)
福●新聞から「号外を出しましょうか?」と電話があったほど凄いことなのだ(大ウソ)

感激に浸りながらの三角点(二等・燧岳)タッチはまた格別。
PAP_0040.jpg
最低5時間は覚悟していたのだが、4時間以内で登れたとはとても信じられない。


(この区間の行程)
6:35尾瀬沼キャンプ場~6:40沼尻方面分岐~6:51長英新道登山口~7:28一合目~7:48二合目~8:07三合目(小休止)8:20~8:35四合目~8:52五合目~9:05六合目(小休止)9:15~9:27七合目~9:43ミノブチ岳(2210m・小休止)9:56~10:04八合目~10:19九合目~10:32燧ヶ岳俎嵓(2346m)

尾瀬(会津駒・燧ヶ岳)2泊3日ハイク 3日目その2 に続く。

やっぱり、山っていいね!

燧ヶ岳(俎嵓)(長英新道)
標高差676m
登り 3時間41分(休憩36分)

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 2

よっしー  

歴史的快挙!! 
おめでとうございます(^・^)

ぜひ自作で記念の号外新聞出してください(笑)

2014/10/03 (Fri) 08:28 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よっしーさん こんにちは

やりました! ヘタレな私が歩荷を背負ってコースタイム以内に登頂することができました。
自分でも本当ビックリしちゃいました。

自作の号外ですか。。
う~ん それもイイですね(笑)

2014/10/03 (Fri) 09:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)