生憎の天候で宝剣岳(2931m)に登れなかった。
でも麓にあるもう1つの宝剣岳を求めて駒ケ根中心部へ。

玉龍飯店(ぎょくりゅうはんてん)
DSCN2167.jpg
駒ケ根市は我が地元福井同様、カツ丼といえばソースかつ丼を指すほど有名。
40店を超えるお店でいただくことができ、菅の台バスセンター近くにもいくつか有名店がある。
第1候補のお店は別にあったのだが、生憎定休日でこのお店になった。
 
お店は駒ケ根駅近くの細い路地を入ったところにある。
DSCN2165.jpg
駐車場は少し分かりにくいので、お店の方に聞いて駐車。

駒ケ根のソースかつ丼は福井のモノとは少し違う。
DSCN2166.jpg
福井の場合、カツの肉を叩いて薄く伸ばしているが、駒ケ根のモノは肉厚で、衣も福井のモノに比べて粗い。
また福井では邪道とされるカツとご飯の間に千切りキャベツを敷いているのも駒ケ根の特徴。

開店(11:00)から間もないせいか、店内に先客の姿はなし。
DSCN2170.jpg
入口のショーケースにはぬいぐるみやフィギュアなどごちゃごちゃ飾られており、B級スポット感がありあり。

カウンター席に陣取り、既に決めてあった品を注文。
DSCN2168.jpg
店名や飯店というからに、昔は中華料理店だったようだが、メニューにはそのかけらも見られない。

天井にも風変わりなクロスやLED電飾が施されていて、
DSCN2169.jpg
なんか中野にあるブロードウェイのようだ(笑)

10分ほど注文の品が運ばれてきた。
DSCN2171.jpg

ソースボリュームミックス丼大盛(宝剣岳バージョン)(1400円※)
DSCN2173.jpg
※ロープウェイ半券で100円引き

大エビ2本、ヒレカツ2枚、ホタテ1個がうず高く積まれた山容は、さながら宝剣岳
DSCN2174.jpg
これまで多くの山ヤが挑み、敢無く敗退した魔の山である(大ウソ)
店頭にあった写真より標高が低く見えるが、これは大盛にしたせいで丼でなくラーメン鉢になったからです(笑)

プリプリした大エビフライに、柔らかいヒレカツ。
ボリューム満点で、間に挟まれたキャベツが良いアクセントになっている。
キャベツのせもありなのかも。

本物の宝剣岳には登れなかったが、こちらの宝剣岳は無事登頂することができました(笑)

会計の際に、駒ヶ岳ロープウェイの半券を提示すると、100円引き(※)のサービス(平成27年6月28日まで)をやっています。 ※加盟店によりサービス内容は一部異なります。

駒ケ根ソースかつ丼公式HP

玉龍飯店  ※事情により現在は昼の部(11:00~14:00)のみの営業だそうです。

やっぱり、山っていいね!

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/452-13484390