2014年7月24日(金) 晴れ時々曇り

久しぶりに連休がもらえたので、小屋泊ハイクをしよう!
どこにしようか迷ったが、先日コウちゃんが小屋泊りハイクをされた三ノ峰へ。
DSCN1634-001.jpg
先月登った大野市の上小池からでなく、岐阜県の石徹白(いとしろ)から登ってみよう。
できれば2日目には別山(2399m)にも足を伸ばしたいのだが。。。
前日21時に自宅を出発し、旧和泉村(大野市)の道の駅九頭竜で車中泊。
DSCN1541.jpg

4時30分に起床。
DSCN1543.jpg
車内で軽く朝飯を済ませ出発。

九頭竜川の支流、石徹白川沿いに県道127(白山中居神社朝日線)を走っていく。
DSCN1544.jpg

和泉スキー場分岐から先は1車線の隘路となるので、対向車に注意。
DSCN1545.jpg
石徹白地区は元々は福井県だったが、冬期に交通が遮断されることが多く、福井県側の行政との確執もあり、1958(昭和33)年に岐阜県の旧白鳥町(郡上市)に越境合併された。

5:30 白山中居神社(標高約724m)
DSCN1546.jpg
白山信仰の拠点の1つで、白鳥にある白山長滝神社と白山本宮(御前峰)の中居(中間)にあることからこう名付けられた。

中居神社から先も隘路が続く。
DSCN1547.jpg
対向車や落石箇所もあるのでスピードは控えめに。

5:45 白山石徹白道(南縦走路)登山口駐車場(標高約960m)
DSCN1548.jpg
平日のせいなのか、先客の車はなく1番乗り。

駐車場の少し先にはトイレが設置されている。
DSCN1551.jpg

登山口脇には水場もあるが、水量の少ない場合も。
DSCN1555.jpg
翌日の下山時は流れていませんでした。

かつて美濃禅定道と呼ばれた石徹白道(南縦走路)
DSCN1549.jpg
最盛期には「登り千人下り千人」と呼ばれるほど多くの登拝者が行き来したと謂われる。

白山室堂まで約19kmと、数ある白山登山道の中でも有数のロングコース。
DSCN1550.jpg
目的地の三ノ峰避難小屋までも約8.5kmあり、前回の鳩ヶ湯新道(約5km)より3km以上長い(汗)
昨年7月にあつぷりさんが三ノ峰まで日帰りハイクされているので、そのレポでしっかり予習済。
もっとも健脚な彼のタイムは、私には全く参考になりませんが(笑)
※なおこの看板の距離・タイムは多少間違っている部分もあるようです。

今回は小屋泊なのでテントはないのだが、もろもろで15kgの重装備。
DSCN1553.jpg
中でも一番重いのが水分で、水5L、スポドリ1L、ビア1Lの計7Lを準備。
途中にも何箇所か水場があるようだが、枯れている場合もあるのでご注意を。

出発前に登(下)山届も忘れずに提出。
DSCN1554.jpg

6:06 白山石徹白道(南縦走路)登山口(標高約960m)
DSCN1556.jpg
三ノ峰避難小屋までの標準コースタイムは6時間だが、重装備と亀足を考慮し目標タイムは9時間。
まずは最初の目的地の神鳩避難小屋(3.3km・約2時間)まで3時間で行けるといいのだが。。。

出だしから石段の急坂がお出迎え。
DSCN1558.jpg

全部で420段あるそうだ(汗)
DSCN1557.jpg

重装備なので、いつも以上にゆっくり登っていく。
DSCN1559.jpg

6:23 いとしろ大杉(標高約1040m)
DSCN1560.jpg
石段を登り終えると前が開け、縄文杉のような巨大な杉が出現する。

泰澄大師が挿した杖が大きくなったものと謂れ、推定樹齢1800年、周囲約13mにも及ぶ。
DSCN1561.jpg
大師が開山されたのは奈良時代なので計算が合わないが、威風堂々としたその姿に畏敬の念を抱かされる。昭和32年に国の特別天然記念物に指定された。

再び入山者カウンターを通って登山道へ。
DSCN1562.jpg

風は全くなく、じと~っとした湿気と暑さで滝のような汗が噴出。
DSCN1563.jpg

通称”ならし坂”と呼ばれる急坂に差しかかる。
DSCN1565.jpg
15kgのザックが肩や両足に重くのしかかる。キツい。。。

なんとか最初の急坂をクリアするが既にヘロヘロ。
DSCN1566.jpg

7:06 登山口から1km地点(標高約1220m)
DSCN1569.jpg
たまらずここで小休止。このコース、1kmごとにこのような標柱があるのがありがたい。

まだ1kmしか登っていないのに、既に1時間が経過。先が思いやられる。。。
DSCN1567.jpg

ここからはしばらくブナ林が清々しいなだらかな道になる。
DSCN1572.jpg
この辺りは時折クマの目撃情報があるようなので、クマ鈴をかき鳴らしながら進んでいく。

後方からのガサっという音に思わずビックリ! 振り返るとソロの男性だった。
DSCN1573.jpg
もう、脅かさないでくださいよ~ この方は銚子ヶ峰ピストンだそうだ。

通称”山腹坂”と呼ばれる急坂に差しかかる。
DSCN1574.jpg
完全に”妖怪なめくじ歩き”に変化してしまい、ペースが全然上がらない。

この先”おたけり坂”というこのコース一番の急坂があるのだが、ここでこの調子だと・・・
DSCN1575.jpg

8:14 登山口から2km地点(標高約1370m)
DSCN1577.jpg
ここでもたまらず小休止。既にスタートから2時間が経過し、1km≒1時間の超~亀足ペース。
水も既に500ml1本を開けてしまった。

8:36 おたけり坂入口(標高約1400m)
DSCN1579.jpg
前半最大の難所を前にまたも小休止。

泰澄大師の母(伊野姫)が我が子を案じて女人禁制の白山に登ろうとしたため、
DSCN1580.jpg
怒った白山の神様が雨雲や雷鳴を轟かせて行く手を阻んだところ、「女人なれど我が子を案じて登ろうとする母をなぜにこうも拒絶するのか!」と哮(たけ)ったことに由来するとされる。

距離は100mほどと短いのだが、標高差が80mもある激登り
DSCN1583.jpg
ここはデブ禁制か!? 暑いぞー! 重いぞー!

8:57 雨宿りの岩屋・かむろ杉(標高約1450m)
DSCN1585.jpg

坂の7合目ぐらいにあるこの場所でヘタりこむ。
DSCN1588.jpg

大師の母がなおも歩みを止めないので、白山の神は血の雨や槍の雨を降らせてきたので、
DSCN1586.jpg
ここで雨宿りをしたと伝えられる。 私じゃなくても雨宿りできそうにないんですが。。。

また岩屋の上には、大師の金剛杖が生え付いたといわれるかむろ(禿)杉がある。
樹高は2mほどと低いが、先ほどの大杉同様1000年近い樹齢があるとされる。
樹高が低いのは金剛杖を逆さまに挿したからだとも謂われている。

重いザックを背負い直し、再びおたけり坂を登っていく(9:10)
DSCN1589.jpg

ようやくおたけり坂を登り切る(9:14)
DSCN1590.jpg
たった100m進むのに、40分近くもかかってしまった。情けない。。。

視界が開けるようになり、左手前方には銚子ヶ峰前峰(標高1748m)が見えてきた。
DSCN1591.jpg
あそこで、三ノ峰までの中間地点のようだ(汗)

ゆるやかになると、ダケカンバやクマ笹が目立つようになってきた。
DSCN1592.jpg

トリアシショウマ(鳥足升麻)
DSCN1593.jpg
ユキノシタ科チダケサシ属。

9:36 登山口から3km地点(標高約1540m)
DSCN1594.jpg
神鳩避難小屋まではあと僅か。

9:46 神鳩ノ宮(かんばたのみや)避難小屋(標高約1565m)
DSCN1595.jpg
ハイク開始から3時間40分。普通は2時間もあれば到着できるようだが、大幅にブレーキ。
小屋の中でヘタりこんでしまう。

2001(平成13)年に建て替えられたログハウス造りの小屋で、定員は15名。
DSCN1597.jpg
小屋内外には誰も居なかった。

昨年まではトイレがあったが、残念なことに今年(平成26年)から廃止されてしまった。
DSCN1596.jpg
ただし小屋脇に簡易トイレ用のブースがあるので、200円(簡易トイレ代)を支払って利用可能。

水場は小屋の東側にある標柱のところから70mほど下ったところにある(7-10月)
DSCN1600.jpg
時期や天候によっては調達できない場合もあるのと戻りは結構な登り坂らしい。

また小屋には毛布、銀マットのほかに、ガスコンロやランタン、懐中電灯なども設置されている。
DSCN1598.jpg

さて、この先どうしようか?
今夜の宿営予定の三ノ峰避難小屋までは残り約5kmで、標準コースタイムは3時間30分。
標高差は500mほどだが、この先銚子ヶ峰(1810m)、一ノ峰(1839m)、二ノ峰(1962m)と登って行く間に50~100mほどのアップダウンもあり、この炎天下の中、重装備でヘタれな私の足ではまだ6時間以上かかるだろう。
今回は三ノ峰は諦めて、ここにザックをデポして銚子ヶ峰までにしようかな?

そうこう悩んでいると1組の老夫婦が登ってこられた。
今日は銚子ヶ峰までの日帰りハイクだそうで、登山口を出発されたのは8時過ぎだそうだ(大汗)

よし、今回は銚子ヶ峰までにしよう!

ご夫婦を見送った後、メインザックをデポし銚子ヶ峰へ(10:21)
DSCN1601.jpg

登山道脇にある石の祠。
DSCN1602.jpg
かつてここには神鳩社(かんばたしゃ)という社と室があったが、神仏分離令により取り壊され、石の祠が祀られた。

まずはあの銚子ヶ峰前峰(標高1748m)へ。
DSCN1603.jpg

サブザックには昼食と水1.5Lだけなので、全然足取りが軽い。
DSCN1604.jpg
朝追い越された男性がもう降りてこられた。早いっすね~

次第に回りが開けてきて、背後には石徹白の街並みとスキー場が見える。
DSCN1605.jpg

左手(西側)には越美国境の願教寺山(1690m)やよも太郎山(1681m)。
DSCN1606.jpg
なお登山道はなく藪漕ぎがひどいため、登れるのは残雪期のみ。

ササユリ(笹百合)
DSCN1608.jpg
ほとんど終盤でだいぶお疲れモード。

ゴゼンタチバナ(御前橘)
DSCN1610.jpg
こちらも終盤だった。

10:47 登山口から4km地点(標高約1610m)
DSCN1611.jpg

前方に前峰にある母御石が見えてきた。
DSCN1612.jpg

背後の避難小屋もだいぶ小さくなってきた。
DSCN1613.jpg

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
DSCN1615.jpg

11:04 母御石(標高約1748m)
DSCN1616.jpg
ここで水分補給がてら小休止。

どうしても白山に上ろうとする母を、大師がこの岩を割って中に閉じ込めたという伝説がある。
DSCN1617.jpg

なるほど、岩の上部には伝説のような裂け目がある。
DSCN1620.jpg
このような伝説が生まれたのも、白山開闢の泰澄大師の母御ですら神聖な白山には登らせてもらえないのだから、ましてや一般の女人は決して立ち入ることができない神聖な世界だということ知らしめるためなのだろう。今じゃ女性の方が幅を利かせていますが(笑)

母御石の先には別山から続く南白山(2168m)。
DSCN1618-001.jpg

母御石から先は、白山の神様・仏様の住まわれる”上品の世界”とされる。
DSCN1621.jpg

ウラジロナナカマド(裏白七竃)
DSCN1622.jpg
もう色付き始めた葉もあった。

11:16 銚子ヶ峰前峰(標高約1748m)
DSCN1623.jpg

前峰を過ぎると両側にクマ笹が生い茂ったなだらかな広尾根の道になる。
DSCN1627.jpg
この辺りから正面に別山(2399m)も見えてくるはずなのだが、生憎のガスで全く見えない。

ニッコウキスゲ(日光黄菅)
DSCN1630.jpg
キスゲもほとんど終盤だった。

11:39 銚子ヶ峰山頂(標高1810.4m)
DSCN1631.jpg
登山開始から5時間33分と、普通の方なら下山していてもおかしくないほど情けないタイム。
ザックをデポした小屋からは1時間18分なので、あまりにも前半が遅すぎた。

とうちゃこ記念の三角点(三等・銚子峰)タッチ。
DSCN1641.jpg

小屋でお会いしたご夫婦はお昼を済ませ下山されるところだった。
DSCN1632.jpg
お気をつけて。

誰も居なくなった山頂でお昼にしよう。
DSCN1633.jpg
ほかにも持ってきましたが、珍しくあまり食欲がありません(笑)

山頂からは360度の大パノラマが広がる。
DSCN1635-001.jpg

一ノ峰(1839m)、二ノ峰(1962m)、三ノ峰(2128m)と続く登山道。
DSCN1634.jpg
生憎のガスで三ノ峰や別山は見えなかったが、まさに”天空のコリドー”のようだ。

歩いてきた南側の前峰にかけては、クマ笹の広尾根が続く。
DSCN1637.jpg

西側には馴染みの赤兎山(1628m)や大長山(1671m)。
DSCN1638.jpg

願教寺山(1690m)から野伏ヶ岳(1674m)に続く山並み。
DSCN1639.jpg
あの向こう側が打波川のある福井県。

微かではあったが、御嶽山(3067m)も望めた。
DSCN1636-001.jpg

この絶景を見ていたら、ザックをデポしてきたことを少し後悔したが、
DSCN1642.jpg

ヘロヘロであのガスの中に突入しない方がイイと自分に言い聞かせながら下山開始(12:15)
DSCN1645.jpg

でもやっぱり行けば良かったかな?
DSCN1646.jpg

その後登ってくる方はなく、今日ここまで出会ったのは僅かに3人だけ。
DSCN1647.jpg

12:30 母御石(標高約1748m)
DSCN1648.jpg

12:54 神鳩ノ宮避難小屋(標高約1565m)
DSCN1650.jpg
下りは39分。

さてどうしよう? 時刻はまだ13時で、休憩後下山すれば15時までには楽勝で降りられる。
でもせっかく小屋泊まりでいっぱい担いできたのに、ほとんど使わずにまた降りるのもなんか癪に障る。
迷った末、今夜はここにご厄介になり、明朝三ノ峰に再アタックするか、下山するか考えよう。

そうと決まれば、誰も居ない小屋にマットを敷いて寝床造り。
安堵したせいか睡魔が襲ってきて、いつの間にか寝てしまった。

目を覚ますと16時30分。そろそろ晩御飯の準備をしよう。
DSCN1651.jpg

他のハイカーはおらず、どうやら今宵は私1人だけのようだ。
DSCN1652.jpg

1人宴会が済んで手持ち無沙汰。
持参したラジオはほとんど電波が入らず、携帯ももちろん圏外。

文庫本も忘れてしまったので、小屋内にある資料等をかたっぱしから見たりして暇つぶし。
DSCN1654.jpg
この船戸翁は長年石徹白道の整備に尽力されたが、残念ながら昨年永眠されたそうだ。

だいぶ日が傾いてきたが、まだ6時台。
DSCN1659.jpg
ヒマだな~ やっぱり降りた方が良かったかも。。。

すっかり日も暮れ、辺りが夕闇に覆われ出した頃、突然ガタガタと階段を登る音。
DSCN1663.jpg
ガラ~っと扉が開き、ヘッデンを灯した長身の若い男性が入ってきた(19:35)
うわ~ ビックリした!
男性も今晩ここに泊まるそうだ。 話し相手ができてチョッとウレシイ。

東京から来られた学生さんで、今回白山を縦走されるとのこと。
18時頃に登山口に到着し、本当は野宿するつもりだったが、結局小屋まで登ってきてしまったそうだ。
明日は三ノ峰、別山と縦走し、白山室堂で1泊。翌日岩間道で下山する予定だそうだ。

えっ!? ここから室堂まで15kmほどあって、更に翌日の岩間道も12kmほどありましたよね。
しかも彼も12kgほどのザックを背負っているそうなので、スゴイというしかない。
15kg程度のザックで三ノ峰を諦めた自分が恥ずかしく情けない。。。

男性と山談義しながら過ごし、21時前に就寝。

2日目につづく・・・

やっぱり、山っていいね!

銚子ヶ峰(1810m)
標高差850m
登り 5時間33分、下り 39分、TOTAL 6時間48分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/438-8c2f326c