2014年7月15日(火) 快晴

白山ハイクの翌日から筋肉痛に襲われ、階段の登り下りにひと苦労。
本当は今日も涼しい白山に行こうと3時に起きたのだが、まだ若干足に違和感がある。
この様子じゃ下りが不安なので、諦めてリハビリハイクで文殊山へ。
DSCN1350.jpg
しかも今回は100回登拝メモリアルハイク
前回のような無様なハイクにならなければいいのだが。。。
 
9:29 二上登山口駐車場
DSCN1351.jpg
駐車場には20台ほどと今日も盛況ぶり。

林道入口に越知山まつりのポスターが貼ってあった。
DSCN1352.jpg
17日(木)が前夜祭、18日(金)が本祭りだそうだ。

9:38 二上登山口(標高約26m)
DSCN1353.jpg

普段は大腿四頭筋がこわばって専ら下りで難儀するのだが、今回はふくらはぎのヒラメ筋も痛い。
DSCN1354.jpg
このため登りの階段でも足が突っ張る感じがある。

10:02 岩清水
DSCN1355.jpg
今日は結構水量があった。

10:10 七曲合流点(標高約248m)
DSCN1356.jpg

今日も汗がダラダラ流れるが、前回のようなぐでたま状態ではない。
DSCN1357.jpg

10:23 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN1358.jpg
途中でお会いした大N翁から小文殊下付近に絶滅危惧種(IB類)のアゼオトギリが咲いていると
教えて貰ったのだが、見つけられなかった。

鞍部への下りでは痛みが少しぶり返してきた。
DSCN1359.jpg

稜線部になっても風がなく、汗が止まらない。
DSCN1360.jpg

10:44 大文殊(山頂)(標高365m)
DSCN1361.jpg
タイムは1時間6分。今日も本堂は閉まっていた。
本堂に100回目登拝の御礼を報告。

すっかりヘロヘロで、タオルを絞ると水たまりができた(笑)
DSCN1362.jpg

今回もいっぱい担いできました。
DSCN1363.jpg

今日の山めしは日清焼きそば限定版
DSCN1371.jpg
3玉ですがなにか? 詳しくは山めしにて。

山頂におられた女性から、「ブログをされている方ですよね!?」と声をかけられた。
今回が100回目だということもご存知で、お祝いの言葉をいただく。
ありがとうございます。

山頂ではやはり、最近ご住職のご不在が多いことが話題となる。
女性の話では土曜日はおられたそうなのでひと安心。
ご住職、あまりお顔が見られないので、みんな心配してましたよ(笑)

さぁそろそろ降りよう(12:23)
DSCN1373.jpg
山頂でご一緒になったこの男性は、本堂に新聞記事が掲載されている佐々木翁でした。

御年なんと86歳で、年100回以上文殊山に登られていて、今年も富士山に登られるとのこと。
DSCN1374.jpg
いや~ 本当に凄い方にお会いできて光栄です。

12:38 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN1375.jpg

12:46 七曲合流点(標高約248m)
DSCN1379.jpg
この付近になると、足も普段の調子に戻ってきた。

13:05 二上登山口(標高約26m)
DSCN1380.jpg
下りは42分。

2011年5月17日の1回目から3年2ヶ月で、ようやく100回目
年間200日以上登られる常連さんたちから見ればたわいもない記録だが、
無事100回目の登拝を達成することができた。
次の目標はとりあえず200回登拝。
でも今のペースじゃまた3年近くかかり、殿堂入りの1000回登拝は27年後の予定です(笑)

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(二上コース)
標高差339m
登り 1時間6分、下り 42分、TOTAL 3時間27分
今年22回目・通算100回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/433-992f4d8c