2014年6月3日(火)  晴れ

まだ6月だというのに連日真夏日が続き、いったいどうなっているのだろうか。。。
この時期の山選びは本当に難しい。
とりあえず南越方面の山に行こうと、一路R8を南下。
久しぶりにこの山に登ることにしよう。

日野山
DSCN0432.jpg
昨年(2013年)9月以来で、平吹コースで登るのは1年以上のご無沙汰。
今日も暑そうだな。。。
9:00 中平吹公民館駐車場
DSCN0431.jpg
先客の車は僅かに1台のみ。 駐車場の入口にはチェーンポールができていた。

日野神社に参拝し、ハイクの無事を祈願する。
DSCN0434.jpg

9:13 中平吹登山口(標高80m・頂上まで3100m)
DSCN0436.jpg
今日の目標タイムは2時間30分。 でも3時間ぐらいかかるんだろうな・・・

ヤマアジサイ(山紫陽花)
DSCN0440.jpg

コアジサイ(小紫陽花)
DSCN0442.jpg

登山道は左へ。
DSCN0443.jpg

右の林道にも日野山山頂に至るとあるが、崩落箇所があるのでご注意を。
DSCN0444.jpg

エゴノキ(斉墩果)
DSCN0446.jpg
エゴノキ科エゴノキ属の落葉広葉樹。果皮に有毒なサポニンが含まれる。

下草が結構茂っていて、登山道が狭く感じる。
DSCN0447.jpg

9:31 古道1分岐
DSCN0451.jpg
今日は趣向を変えて、右側の古道へ。

一度下りで使ったことがあるが、登りでは初めて。
DSCN0452.jpg

9:40 古道2の下
DSCN0453.jpg
なお林道を左に進むと登山道に合流する。

古道は石の唐戸や弁慶の三枚切りなどの奇岩とは別の尾根を登っていく。
DSCN0454.jpg

9:48 二王子の梨
DSCN0455.jpg
この地に潜龍されていた男大迹王(をほどのおおきみ)、のちの継体天皇の二人の皇子(後の安閑天皇と宣化天皇)に由来するようだが、詳細は不明。

これがその梨の木なのだろうか?
DSCN0456.jpg

途中道案内してくれた蝶。
DSCN0458.jpg
どなたかご教授下さい。

ロープのある箇所も。
DSCN0459.jpg
雪解け時は滑りやすいのでご注意を。

林道が見えてきた。
DSCN0462.jpg

10:01 古道3の下
DSCN0463.jpg
立ったまま軽く息を整える。

10:10 古道4の下
DSCN0466.jpg
林道を左に進むと本道に復帰できる。

ハナニガナ(花苦菜)
DSCN0468.jpg
キク科ニガナ属。

10:14 古道5の下
DSCN0469.jpg

10:17 古道6の下
DSCN0471.jpg
この付近で下山者とすれ違う。早いっすね~

10:27 室堂(標高450m・頂上まで1000m)
DSCN0473.jpg
ここまで1時間14分。 暑さですっかりバテバテです。

長めの小休止をとった後、出発(10:43)
DSCN0474.jpg
残り1000mだが、この先急登が待っているのでこの暑さではまだ1時間以上かかるだろう。

11:14 比丘尼ころばし入口(標高600m・頂上まで600m)
DSCN0477.jpg
ここからいよいよ急登の始まりです。

後続からソロの男性が登ってきたので、すかさず道を譲る。
DSCN0478.jpg

50mおきに残り距離を示してくれる。
DSCN0479.jpg

11:23 比丘尼ころばし
DSCN0480.jpg

雪解け時や雨後は滑り易い比丘尼ころばしだが、今日は乾いているせいか登りやすい。
DSCN0481.jpg

11:33 大比丘尼ころばし(標高680m・頂上まで400m)
DSCN0482.jpg

立ち止まりや座り込みが激増。 キツい・・・
DSCN0483.jpg

11:57 頂上まで200m地点
DSCN0484.jpg
100m進むのに10分と大ブレーキ。 ここでもヘタりこむ。

12:05 頂上まで100m地点
DSCN0487.jpg
暑さだけでなく、10kg近いザックで足取りが重い。

12:12 頂上まで50m地点
DSCN0488.jpg
もうあと少しだとわかっていても、ペースが上がらない。

12:16 日野山山頂広場
DSCN0489.jpg
つ、ついたー すぐさまヘタりこみたいところだが、身体にムチ打って山頂へ。

12:19 日野山山頂(標高795m)
DSCN0493.jpg
タイムは3時間6分。目標の2時間半はおろか、3時間も超えるとは情けない・・・

晴れてはいるが、黄砂の影響が残っているのかやや霞んでいる。
DSCN0494.jpg

冠山(1257m)や金草岳(1227m)といった越美国境の山々。
DSCN0497.jpg
なお冠山林道は現在工事中につき、7月下旬頃まで全面通行止になっています。

うっすらではあったが、白山(2702m)も望めた。
DSCN0495.jpg

山頂は暑いので小屋の日陰へ。
DSCN0506.jpg
結局山頂には誰もおらず、小屋にもカンヌキがされていた。どうやら先ほどの男性は林道から降りたようだ。

今日の山めしは爆辛カレー
DSCN0504.jpg
作った本人が言うのもなんなんですが、これは凶器です!(笑) 詳しくは山めしにて。

北の社方面に寄ってみる(13:11)
DSCN0507.jpg

13:12 北の社(標高約772m)
DSCN0508.jpg

ここにも誰もおらず、山頂では誰とも会わなかった。
DSCN0509.jpg
この時期は登る方が少ないのかな?

鯖江や福井方面が望める。
DSCN0510.jpg

山頂広場に戻り、平吹コースでピストン(13:14)
DSCN0511.jpg

乾いているとはいえ、苔で滑り易い箇所もあるので慎重に降りていく。
DSCN0514.jpg

13:39 比丘尼ころばし入口(標高600m)
DSCN0515.jpg
登りで1時間もかかってしまったこの区間も、下りは25分。

下りも汗が止まらない。
DSCN0516.jpg

13:53 室堂(標高450m)
DSCN0517.jpg
ここで小休止。

このシャツとタオル、登りの際もあったけど忘れ物??
DSCN0518.jpg

下りも古道へ(14:06)
DSCN0520.jpg

14:09 古道6の下
DSCN0521.jpg

あぢぃよ~
DSCN0522.jpg

14:15 古道2の上
DSCN0523.jpg

14:24 古道2の下
DSCN0524.jpg

途中でみかけたトカゲ。
DSCN0525.jpg
お腹が大きいので、産卵間近なメスなのだろう。 大丈夫、食べないから(笑)

14:29 古道1の下
DSCN0526.jpg
ここで本道に合流し、古道終了。

今回水2.5Lを持ってきたが残り僅か。
DSCN0527.jpg

14:39 中平吹登山口(標高80m)
DSCN0528.jpg
下りは1時間25分。 古道を使ったが方が早く降りれます。

神社の近くの民家にある自販機でご褒美の給水。
DSCN0529.jpg
ここに設置した営業マン、ナイス判断です(笑)

今日も真夏日ですっかりヘロヘロ。さすがに2座目はパスしました(笑)

やっぱり、山っていいね!

日野山(795m)(平吹コース古道)
標高差715m
登り 3時間6分、下り 1時間25分、TOTAL 5時間50分
今年1回目・通算9回目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/420-829b7753