2011年10月11日(火)

先週に引き続き、今日も南越の山をハイクしよう。
今日の目的の山は、【権現山】(ごんげんやま:565m)

DSC09546.jpg
大宝元(701)年に泰澄大師によって開山されたとされる。
権現山のある旧今立町(越前市)は、戦国時代の剣豪佐々木小次郎の生誕地とされ、
DSC09547.jpg
登山口の近くには、佐々木小次郎公園がある。

8:45 権現山登山口(柳の滝遊歩道)(標高約136m)
DSC09551.jpg
駐車場はおよそ5台ほど。先客の車はなく、またまた一人だけかも。

8:50 登山開始。
DSC09557.jpg
登山道のある柳谷には、小次郎が秘剣ツバメ返しをあみ出したとされる、
柳の滝と呼ばれる滝があり、登山道はこの柳の滝沿いを登っていくルートで、
別名裏参道とも呼ばれている。
また柳の滝は1つではなく、主な5つの滝の総称である。

登山口から3分ほどで、1つ目の滝が見えてきた。
DSC09564.jpg

8:54 不動滝(標高約150m)
DSC09566.jpg

滝の横に祀られている不動明王に由来する。
DSC09569.jpg

脇には泰澄大師の石像もある。
DSC09567.jpg

なお不動明王の右約40㎝のところには、「小六」と彫られている。
DSC09568.jpg
看板の説明では、佐々木小次郎の幼名で、この不動滝で剣の修行をしたとされる。

次のお釜滝に向かう。
DSC09571.jpg

8:58 お釜滝(標高約170m)
DSC09579.jpg

高さ11mの滝で、落下する水勢が巨石の中腹をえぐって、深さ約2mの滝つぼを作り、
DSC09575.jpg
その形が釜底を連想させることから、こう呼ばれるそうだ。

布滝に向かう。
DSC09580.jpg

道は非常に整備されており、登山道というより遊歩道といった感じ。
DSC09581.jpg

9:04 布滝(標高約200m)
DSC09586.jpg
大岩壁をすべるように流れる様が、さながら白布をたらした様なので、こう呼ばれる。

柳の滝の中で一番大きな滝で、高さ36m。
DSC09588.jpg

渓流で見かけたかめ穴(甌穴)。
DSC09589.jpg
河床の岩盤を、小石や水が長い年月をかけて浸食してできたとされる。

この付近まで路面が簡易舗装されている。
DSC09590.jpg

前方になにやら大きな黒い塊
DSC09592.jpg
一瞬、!?とビビったが、近づいてみると排水用の大きなパイプだった(笑)

DSC09597.jpg

9:24 窓滝(標高約275m)
DSC09671.jpg

窓滝の近くには、こもり穴もあるので寄ってみる。
DSC09602.jpg

ただし沢を渡渉して、鎖場のある岩場を登らないとならない。
DSC09604.jpg

9:26 こもり穴(標高約290m)
DSC09606.jpg
大岩壁の根方が深くえぐられて庇のようになった幅12m、奥行き9m、高さ19mの穴。
かつて平家の落武者がこの穴に隠れていたというありがちな伝説から、こう呼ばれるそうだ。

窓滝から先は、普通の登山道となる。
DSC09609.jpg

9:35 夫婦滝(標高約320m)
DSC09615.jpg
岩の上からふたすじになって水が落ちることから、こう呼ばれる。

前方になにやら大きな木が見えてきた。
DSC09618.jpg

9:35 松ヶ嶽神社の大モミ(標高約455m)
DSC09623.jpg
越前市の天然記念物に指定されている。

幹には大きなコブが多数あり、威厳すら感じさせる。
DSC09626.jpg

大モミから頂上までは残り200mほどだが、最後の登りが堪える。
DSC09627.jpg

やっと社らしき建物が見えてきた。
DSC09629.jpg

10:04 権現山山頂(標高565m)
DSC09632.jpg
タイムは1時間19分。やはり他の登山者の姿はなかった。

松ヶ嶽神社(まつがたけ)
DSC09642.jpg
始め巻皇神社と言われたが、泰澄大師が天忍穂耳命の像を奉じて松ヶ嶽神社と改称。
別名、松ヶ嶽大権現とも呼ばれ、山名の由来にもなっている。

半鐘があったので、もちろん鳴らしてみる。
DSC09637.jpg
ほとんどの登山者が鳴らすようだ(笑)

木々に囲まれているので、眺めはあまりよくない。
DSC09638.jpg

頂上にはベンチとテーブルが2箇所。
DSC09635.jpg
ここでお昼といきたいところだが、

500mほど先に展望台があるようなので、先に寄ってみよう。
DSC09643.jpg

頂上から一旦下っていくと、
DSC09644.jpg

鞍部に新しくて立派な小屋。
DSC09645.jpg

中もかなりキレイで、できて間もないようだ
DSC09646.jpg
トイレや水場はないが、充分避難小屋にも使えそう。

ただ外の柱に、ご覧のように深くえぐられた箇所を発見!
DSC09648.jpg
おそらくの仕業だろう。近くに居ないよな??
俺の縄張りにこんなモノ建てやがって!と怒っているのかも。

小屋から先を登っていくと、林道に出合う。
DSC09651.jpg

林道を横切り、5~6分ほど登っていくと、
DSC09652.jpg

10:32 鞍ヶ上展望台(標高620m)
DSC09653.jpg
官行造林記念碑が立っているだけで、三角点もなし。

南東側の部子山(1464m)方面の眺望。
DSC09654.jpg
この日はガスっていて、眺望はイマイチだった。

早々に展望台を後にし、山頂に戻る(10:42)。
DSC09658.jpg
お昼の準備に取り掛かる。

今日は珍しく?簡素にカップラーメンだが、もちろんひと手間かけよう。
DSC09661.jpg

缶詰のスイートコーンをフライパンで炒める。
DSC09665.jpg

そして先日スーパーで見つけた便利グッズ。ちょい食べカレー。
DSC09664.jpg

これを炒めたコーンと混ぜ合わせる。
DSC09666.jpg

これをラーメンに入れると、カレーコーンラーメン。もちろんそのままでも充分イケる。

帰りは別ルートの表参道にしようかとも思ったが、急勾配で滑り易いそうなので、
DSC09639.jpg
往路と同じく、柳の滝の裏参道へ(11:35)。

大モミさん、また来るね。
DSC09670.jpg
下山中に、ようやく県外からの2人組とすれ違う。

12:10 登山口(標高約136m)
DSC09672.jpg
下りはあっという間だった。

意外にあっさりした山行だったので、少し物足りない。
まだ時間もあるし・・・

そうだ!あそこに行こう!

権現山(565m)(裏参道コース)
標高差435m
登り 1時間19分、下り 35分、TOTAL 3時間25分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/42-c640db3f