2014年5月24日(土) 晴れ

山歩きを始めて丸3年が経過。
元来熱しやすく冷めやすい私。最初はいつまで続くかと思っていたが、
気づけば3年間も続き、登ったお山は265座。(2014年5月20日時点)
低山がほとんどだが、年間90座ペースとすっかりハマってしまった(汗)

初心を忘れずにということで、山歩きの原点の文殊山へ。
DSCN0204.jpg
3週間ぶりのご無沙汰だが、すっかり万緑の装い。
また登山口に向かう市道の交差点付近に、新しく一旦停止のペイントがされていた。
見晴らしのイイ交差点だが、時折白バイや覆面パトが隠れてるのでご注意を。
 
11:49 二上登山口駐車場
DSCN0207.jpg
午前中が所用があって遅くなったが、駐車場は20台以上と大盛況。

11:55 二上登山口(標高約26m)
DSCN0208.jpg
今日は1つ、自分への課題を課すことにしよう。
それはトレッキングポール封印すること。

初期の頃はあくまでも下りの際に補助的に使っていたぐらいだったが、次第に登りでも使い始め、今ではすっかり手放せなくなってしまった。
確かポールを使うと荷重が分散し、急登では登りでも下りでも非常に重宝する。
でもポールに依存し過ぎてしまい、腕力に頼りがちだったり、身体本来が持つバランス感覚が失われつつあると感じていたからだ。
文殊山のような低山ならそれでも問題ないだろうが、先日登った御在所岳霊仙山など鎖場や岩場の多い山ではポールがあると邪魔になる箇所も多く、その際ポールなしで歩いてバランスを崩しかけた場面も多々あった。
もちろんポールを全否定する訳じゃなく、今回も持ってきているが、後ろでに組んで持ち、なるべく使わないようにしよう。

シャガがまだ咲いていた。
DSCN0210.jpg

今日は普段見かけない家族連れやカップルが多い感じ。
DSCN0212.jpg
この小さな男の子、まだ2歳になっていないそうだ。スゴイね~

ムシカリ(オオカメノキ)
DSCN0215.jpg
スイカズラ科ガマズミ属。

タニウツギはほとんど散っていた。
DSCN0244.jpg

もう紅葉しかけた葉っぱも。
DSCN0216.jpg

12:31 七曲合流点(標高約248m)
DSCN0217.jpg
暑さのせいか、ダラダラ汗が止まらない。 あぢぃよ~

ハナニガナ(花苦菜)
DSCN0219.jpg
キク科ニガナ属の多年草で、この時期の文殊山の主役。

七曲付近も緑が濃くなって、完全に夏の装い。
DSCN0220.jpg

前方からキャピキャピと黄色い声が聞こえてきた。
DSCN0222.jpg
仁愛女子高校のワンゲル部だそうだ。リュックはもう少ししっかり担ごうね(笑)

12:45 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN0223.jpg

13:02 大文殊(山頂)(標高365m)
DSCN0224.jpg
タイムは1時間7分。課題通り、ポールを使わずに登れた。

登山道整備のボランティア募集の貼り紙。
DSCN0225.jpg
参加可能な方は6月8日(日)10時に小文殊集合だそうです。

えっ? ニッコウキスゲ??
DSCN0237.jpg
ご住職に場所を教えてもらう。

ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)(日光黄菅・禅庭花)
DSCN0236.jpg
ユリ科キスゲ属の多年草。

伺ったところ昨年ご住職が貰った種じゃなく、誰かが植えたモノだそうだ。
DSCN0235.jpg
まさか文殊山で見られるとは思わなかった。

今日の山頂からの眺めはまずまず。
DSCN0229z.jpg

4日前に途中敗退した白山もくっきり!
DSCN0227.jpg

山頂付近は一段と雪解けが進んでいる。
DSCN0228.jpg
今日はたくさん登っているんだろうな。。。

久々にメスティンで炊飯。
DSCN0231.jpg
カップ麺もありますがなにか。

スーパーで衝動買いしたオムライスふりかけ。
DSCN0233.jpg
う~ん、多分二度と買わないかも(笑)

今日もご住職と談笑して長居してしまった(14:47)
DSCN0238.jpg
下りもポールを封印しよう。

14:58 小文殊(室堂)(標高296m)
DSCN0239.jpg

シロバナニガナ(白花苦菜)
DSCN0242.jpg
黄色に混じってシロバナも咲いていた。

15:06 七曲合流点(標高約248m)
DSCN0243.jpg

半田コース分岐を少し過ぎたところで、赤テープを発見!(15:14)
DSCN0246.jpg

今まで気づかなかったが、こんな道あったんだ!
DSCN0247.jpg

第4~6ベンチ付近を迂回し、第3ベンチ手前でコースに再合流(15:16)
DSCN0249.jpg
沼田場のようにぬかるむ雪解け時にはいいかも。

15:27 二上登山口(標高約26m)
DSCN0250.jpg
下りは40分。

山歩き4年目になってもまだまだ初級者レベルの私。
普段当たり前のように使っていたポールを封印すると少しキツかった箇所もあったが、なくても意外と平気だった。これからもTPOを合わせてなるべく使わないようにしよう。

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(二上コース)
標高差339m
登り 1時間7分、下り 40分、TOTAL 3時間41分
今年14回目・通算92回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/415-6ca05d00