2014年5月9日(金) 晴れ一時小雨

GWは概ね仕事だったが、ようやく遅い連休が貰えたので久しぶりに遠征へ。
1日目は、以前からずっと登ってみたかった三重県にあるこのお山。

御在所岳(ございしょだけ)。
IMG_7263.jpg
鈴鹿山脈第3位の高峰(1212m)で、日本二百名山関西百名山に選定されている。
また鈴鹿セブンマウンテン(藤原岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳、鎌ヶ岳、入道ヶ岳)にも選ばれており、先日この7座をわずか20時間で縦走されたkouさんのレポによると、アカヤシオが満開とのこと。そして、(*´Д`)ハァハァもできるらしい(笑)
 
福井から登山口のある湯の山温泉までは約200km。早起きに自信がないので、前日夜に自宅を出発。
R8を走っていると、深夜にもかかわらず大型トラックが数珠つなぎ。どうやら北陸道の武生-敦賀間が夜間工事で通行止めのためのようだ。
木之本からR365に入り、関ヶ原を抜けて三重県へ。昨年登った藤原岳近くの無料パーキングエリアで朝まで過ごす。

5時半に起床。R306で菰野町に入り、菰野からR477へ。
IMG_7265_20140511200631d81.jpg

湯の山温泉郷から登るルート(裏道)もあるが、鈴鹿スカイライン(R477)へ。
IMG_7266_20140511200641328.jpg

7:11 中道登山口無料駐車場(標高約556m)
IMG_7267_20140511200649f8a.jpg
有料道路時代に料金所があったところで、昨年(2013年)6月に登山者向け駐車場として整備された。
スカイライン側から54台、湯の山温泉側16台の計70台駐車可能だが、トイレはなし。

着いた当初は先客の車は8台ほどだったが、準備している間にも続々と車がやってきた。
IMG_7270.jpg

中道登山口までは150mほど国道を登っていく。
IMG_7271_20140511200734273.jpg

ブラインドコーナーも多いので、国道を横断する際は通行車両に注意。
IMG_7273_2014051120074662b.jpg

7:22 中登山道(中道)登山口(標高約567m)
IMG_7275_20140511200806b58.jpg
御在所岳にはこのほかに、表登山道(表道)裏登山道(裏道)一ノ谷新道武平峠コース国見尾根コースなど様々コースがある。

今回はこの中道から登り、裏道で下山する周回コースの計画。
IMG_7274_201405112007556cf.jpg

登山届も忘れずに提出しハイク開始(7:23)
IMG_7276.jpg

出だしから急登がお出迎え。
IMG_7278.jpg

風化した花崗岩が多く、どこか北アルプスの合戦尾根(燕岳)のような雰囲気。
IMG_7280_20140511200922837.jpg

すでに息が上がっています (*´Д`)ハァハァ
IMG_7281_2014051120093480f.jpg

イワカガミ
IMG_7283.jpg

7:47 裏道迂回路分岐(3合目)(標高約700m)
IMG_7286_20140511201036393.jpg

中道と裏道を結ぶ連絡コースで、2009年に開かれた新しいコース。
IMG_7288_20140511201049acb.jpg
帰りはコチラから戻ってくる予定。

ここからはツバキの樹林帯へ。
IMG_7289_20140511201102857.jpg

ガレた路面になってきた(7:55)
IMG_7291_20140511201155bcb.jpg

岩には矢印や○がペイントされている。
IMG_7292.jpg

次第に巨岩が増えてきた。
IMG_7293.jpg

8:03 負ばれ岩(4合目)(標高約800m)
IMG_7295.jpg

2枚の巨岩が負ぶさる格好からこう名付けられたと謂われる。
IMG_7298_20140511201322dd4.jpg
コースは負ばれ岩脇をかすめているが、岩の間も通ることが可能。

負ばれ岩を過ぎると少しなだらかになり、眺望も少し開けてきた。
IMG_7299.jpg

山腹に見えるスカイツリーのような白鉄塔(6号鉄塔)は、御在所岳ロープウェイの支柱。
IMG_7300.jpg
標高1004mにあり、高さは61mと日本一。

休憩するのに手頃な岩があったが、もう少し頑張ってみよう。
IMG_7301_20140511201355fd2.jpg

重い身体を引きずりながら岩をよじ登っていく(笑)
IMG_7302_2014051120143109a.jpg

8:17 5合目(標高約850m)
IMG_7303_20140511201442538.jpg
ここで5分ほど小休止。今日はこまめに水分補給と行動食をとろう。

眼下には伊勢湾が広がる。
IMG_7305.jpg

南側には鈴鹿セブンマウンテンの1つ、鎌ヶ岳(1161m)。
IMG_7304.jpg

8:28 地蔵岩(標高約865m)
IMG_7306_20140511201504102.jpg

中道、いや御在所岳を代表する奇岩で、今回見たかったスポットの1つ。
IMG_7307.jpg

少し登ったところからのこの角度の方が、その凄さが分かります。
IMG_7308.jpg

サイコロ状の巨岩が見事なバランスをとっていて、自然が作り上げた造形美に感動 (*´Д`)ハァハァ
IMG_7310_201405112016016ce.jpg

山頂はまだあんな先。
IMG_7311.jpg

今度は木の根が露出した道になる。
IMG_7313_20140511201657625.jpg

8:37 6合目(キレット)(標高約900m)
IMG_7314_20140511201708619.jpg

6合目のすぐ先に、このコースの核心部が出現。
IMG_7315_20140511201718ad8.jpg

キレットと呼ばれ、切り立った岩場を垂直に20mほど降下する。
IMG_7317_2014051120173048d.jpg
本場北アルプスから比べれば可愛らしいものだが、結構高度感がある ((゜Д゜;)))

鞍部からキレットを振り返るとこんな感じ。
IMG_7319.jpg
鎖もあるので、3点支持ができれば特に問題はない。

キレットを抜けると再び樹林帯の中を登っていく。
IMG_7320_20140511201820b4c.jpg

ミツバツツジ
IMG_7321_20140511201835559.jpg

また急登です。
IMG_7322.jpg

キツいです (*´Д`)ハァハァ
IMG_7323_20140511201900590.jpg

ここまでまだ誰とも出会っていない。
IMG_7326.jpg

8:59 7合目(カモシカ広場)(標高約1000m)
IMG_7327.jpg

だんだんアカヤシオが見えてきた。
IMG_7328_20140511202011bb4.jpg

この付近でようやく後続のハイカーに道を譲る。
IMG_7329_2014051120202578f.jpg

(*´Д`)ハァハァ
IMG_7330.jpg

あれが山頂部か!?
IMG_7333.jpg

9:24 8合目(標高約1100m)
IMG_7334_201405112021202c0.jpg
まだ先がありました Orz

随分登ってきました。
IMG_7337_20140511202128041.jpg

kouさんが縦走された釈迦ヶ岳(1091m)や竜ヶ岳(1099m)方面。
IMG_7341_20140513055855683.jpg
出発点の藤原岳(1144m)はなんと、30km以上も先。
この超ロングトレイルを夜通し歩いたkouさんはチョッと頭がおかしいと思います(大ウソ)

入道ヶ岳(905m)も見えてきた。
IMG_7342_20140511202212018.jpg

9時を回ったので、ロープウェイも運行開始。
IMG_7343_20140511202225f9f.jpg
あれを使うと、僅か12分で山頂までワープ(片道1240円)できる(笑)

ここからアカヤシオの中、鎖場のある岩場をトラバースしていく。
IMG_7344_20140511202235a76.jpg

さしずめ御在所岳版カニのタテバイ、ヨコバイといった感じだった。
IMG_7345_20140511202243f1d.jpg

もうヘロヘロです (*´Д`)ハァハァ
IMG_7346_201405112022564ba.jpg

ようやく遊歩道らしき部分が見えてきました (;≧∇≦) =3 ホッ
IMG_7347.jpg

9:47 富士見岩(9合目)(標高約1180m)
IMG_7350.jpg
名前通り富士山が見えるらしいが、ここから400km近く離れているので空気が澄んだ冬の時期だけのようだ。

眼下には四日市市街や伊勢湾が広がる。
IMG_7352_20140511202401857.jpg

北側には国見岳(1170m)や釈迦ヶ岳(1191m)。
IMG_7351_20140513055906b10.jpg

富士見岩の足元はこんな感じ。
IMG_7353_20140512075336a3d.jpg
思わずキャン●マが縮み上がりそうな高度感です(笑)

ここで二手に分かれるが、とりあえず右手の山頂方面へ(9:54)
IMG_7356_2014051207535943d.jpg

山頂公園周辺にもアカヤシオが咲き誇っている。
IMG_7355_20140512075346a26.jpg

アカヤシオ(赤八汐)
IMG_7357_201405120754076b1.jpg
ツツジ科ツツジ属の落葉広葉樹。

尾根続きの国見岳(1170m)でもアカヤシオが山肌を彩る。
IMG_7359_201405130559169cb.jpg
白く見える大部分は花崗岩だろうが、一部はシロヤシオ(ゴヨウツツジ)も咲いているようだ。

ここでロープウェイ乗り場に続く舗装路に合流。
IMG_7360_20140512075509e85.jpg

9:59 裏道分岐(標高約1184m)
IMG_7362.jpg

こちらに進むと下りに利用する裏道へ。
IMG_7363_20140512075527442.jpg

山頂公園内には三重県唯一の御在所岳スキー場がある。
IMG_7365_20140513055926b91.jpg

山頂(三角点)には遊歩道からも行けるが、近道のゲレンデを通っていこう。
IMG_7366.jpg

ロープウェイ終点から山頂まではリフト(片道300円)が運行されている。
IMG_7369_20140512075622b8f.jpg
これは中間駅のカモシカ駅。リフトは料金均一。

観光客の多くがこのリフトで山頂まで行き、下りは遊歩道やゲレンデを散策しながら戻るようだ。
IMG_7371_201405120756358d7.jpg

ようやくリフト終点(頂上駅)が見えてきた。
IMG_7373_201405120756446a3.jpg

10:17 御在所岳山頂(三角点)(標高1209.37m)
IMG_7375_20140512075734649.jpg
タイムは2時間54分。

一等三角点(御在所山)があるが、柵で囲まれているのでタッチはせず写真のみ。
IMG_7376_2014051207574418f.jpg

ここは三重県と滋賀県の県境でもある。
IMG_7378_20140512075801a21.jpg

こちらの看板でも標高1212mになっているが、正確に言うとこれは間違い。
IMG_7377.jpg

1212mは御在所岳の最高地点の標高で、それは50mほど先にあるあの部分。
IMG_7379_20140513055935848.jpg

10:21 望湖台(御在所岳最高点)(標高1212m)
IMG_7380.jpg

その名の通り、琵琶湖が見えるらしいのだが、この日は霞んでいてほとんど分からなかった。
IMG_7383_20140513060049f73.jpg

あの建物は御嶽大権現という神社らしい。
IMG_7382.jpg
あとで寄ってみよう。

山頂(三角点)はあまり眺望が良くないので、こちらまで足を伸ばされた方がイイです。
IMG_7385_20140513060103fe0.jpg
三角点に戻りお昼しよう。

今日の山めしは赤スパ。
IMG_7389.jpg
2玉ですがなにか。

長くなったので後編へ。


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/407-a3356095