火燈山(803m)・小倉谷山(910m) シャクナゲ回廊

author photo

Byよっし~

2014年4月28日(月) 曇り

ブロ友のコウちゃんさんのこのレポをきっかけに、この方この方この方など
ブロ友さんたちが軒並みシャクナゲ詣
今年の火燈山(803m)・小倉谷山(910m)のシャクナゲは超当たり年らしい。

imadesho4.jpg

実は土曜日に登ろうかとも思っていたのだが、混雑しているだろうと西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳縦走に回避。
明日からは2日ほど天気が崩れ、GWでは遅すぎるでしょう?というコウちゃんさんの脅し文句もあり、急遽登ることにした(笑)
9:05 富士写ヶ岳大内コース駐車場(標高約248m)
IMG_6899.jpg
GW期間中とはいえ、平日のせいか4台ほどと少なかった。
昨年のように富士写ヶ岳(942m)に先に登り、不惑新道を縦走するならこちらが便利だが、
今日は火燈古道で先に火燈山に登るつもりなのでスルー。

9:06 火燈山火燈古道コース駐車場(標高約260m)
IMG_6900_20140428221813712.jpg
大内コースから200mほど先にあり、こちらには仮設トイレも設置されている。
こちらには10台ほど先客の車があり、ちょうど女性2人組が準備されていた。

9:10 火燈山(火燈古道コース)登山口(標高約260m)
IMG_6903_20140428221837f54.jpg
昨年の富士写ヶ岳からの縦走の際に、下りで一度通っているが、登りは今回が初めて。

登山口脇にある白山神社で、ハイクの安全を祈願。
IMG_6904.jpg

今回は一昨日の疲れが若干残っているので、小倉谷山までのピストンの予定。
IMG_6902.jpg
疲れがなくてもあの不惑新道の登り返しは。。。(笑)

イチリンソウ(一輪草)
IMG_6906_201404282219297d7.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

ヤブジラミ(藪虱)
IMG_6907_20140428221940044.jpg
セリ科ヤブジラミ属。

ムラサキケマン(紫華鬘)
IMG_6909_20140428221948268.jpg
ケマンソウ科キケマン属の越年草。

まずはU字型に掘れた峠道を登っていく。
IMG_6910_201404282220025b2.jpg

峠が見えてきた。
IMG_6912_20140428222013da1.jpg

9:19 大内峠(標高約310m)
IMG_6913_20140428222042f9a.jpg
越前(福井県)と加賀(石川県)を結ぶ大内峠は、往時は多くの人馬が行き交った。

お地蔵様にもハイクの安全を祈願。
IMG_6914_2014042822205441d.jpg

峠を福井県側に少し進んだところから登山道になり、
IMG_6915_201404282221166ce.jpg

ヤセ尾根の斜面を登っていく。
IMG_6916.jpg

ミツバツツジ
IMG_6918.jpg

ロープのある最初の急登にさしかかる。
IMG_6919.jpg
今日は一昨日より涼しいので歩き易い。

木々の間から小倉谷山が見えてきた。
IMG_6920_20140428222243e69.jpg
まだ随分先だな。。。

駐車場におられた二人組が追いついてきたので、道を譲る。
IMG_6921_20140428222256030.jpg

ユズリハ
IMG_6922_20140428222308887.jpg
ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木。若葉が出た後に古葉が譲るように散るのでこう呼ばれる。

前方に見えてきたピーク。
IMG_6924.jpg
あれは多分、騙しピークなんだろうな。。。

9:41 鉄塔(標高約370m)
IMG_6927_201404282223581ec.jpg

鉄塔の脇から下っていく道からでも大内に戻れるようだ。
IMG_6928_20140428222414649.jpg
帰りはこちらを通ってみよう。

お姐様たちは山菜採りに夢中になっていたので一旦先行するが、
IMG_6929_2014042822242969d.jpg

急登に差し掛かり、再び道を譲る。
IMG_6930_20140428222444398.jpg

急な箇所にはロープが設置されているのがありがたい。
IMG_6932.jpg

急登が終わると、「うわ~ スゴイ!」というお姐様たちの歓声が聞こえてきた。
IMG_6935_2014042822254551e.jpg
うん? また山菜でも見つけたか?

お姐様たちの歓声の理由はコレ
IMG_6944.jpg

シャクナゲ(石楠花)
IMG_6953_20140428222743d3a.jpg

姐 「キレイですよね~」
IMG_6946_20140428222707445.jpg
いえいえ、お姐様たちほどじゃありませんよ(笑)

確かに歓声を挙げたくなるのが分かるほど満開状態。
IMG_6948.jpg
まさにシャクナゲ銀座といった感じ。

「お先にどうぞ」と言われたが、亀足ですからと固辞。
IMG_6951.jpg

3人ともシャクナゲの撮影に我を忘れ、なかなか前に進まない(笑)
IMG_6955_20140428222821400.jpg

ムシカリ(オオカメノキ)
IMG_6956.jpg
スイカズラ科ガマズミ属。

最初のシャクナゲ銀座が終了すると、再びロープのある急登になる。
IMG_6957_2014042822284346f.jpg
シャクナゲがないと急にペースが上がるお姐様たち(笑)

あれは山頂? それとも騙しピーク?
IMG_6958_201404282228538a6.jpg

ロープ場が終わり、次のシャクナゲ銀座へ。
IMG_6960_201404282229431a8.jpg

姐 「花盛りだわね~ 人間でいうとハタチぐらいかしら? はぁ~羨ましい。。。」
IMG_6959_20140428222908415.jpg
後ろから聴いていると、本当におかしい(笑)

先ほどは白や淡いピンクが多かったが、ここは濃いめのピンクが多い。
IMG_6962_20140428222955c0b.jpg

開花目前の蕾。
IMG_6963.jpg

お姐様たちと付かず離れずの距離を保ち登っていく。
IMG_6966_201404282230166b9.jpg
決してストーカーじゃありません(笑)

ブロ友さんたちの言葉通り、今年は本当に当たり年だ。
IMG_6967.jpg
これほどの群生は見たことがない。

アレが山頂か?
IMG_6970_20140428223115fdc.jpg

11:00 小ピーク(標高約739m)
IMG_6971.jpg
やっぱり騙しピークでした(笑)

小ピークから一旦下り、山頂への最後の登りとなる。
IMG_6973.jpg

トクワカソウ(イワウチワ)
IMG_6976.jpg
この付近にはまだ残っていた。

今度こそ山頂だよな。。。
IMG_6978_20140428223248237.jpg

11:18 火燈山山頂(標高803m)
IMG_6979_20140428223256582.jpg
タイムは2時間8分。今日は涼しかったので、意外とバテずに登ってこれた。

ここで今日初めての小休止。
IMG_6980_20140428223307270.jpg
珍しいこともあるもんだ(笑)

南にはホームの文殊山(365m)や日野山(795m)。
IMG_6981_201404282233142c7.jpg

西には高須山(438m)や国見岳(656m)。
IMG_6983_2014042822335547b.jpg

北には富士写ヶ岳(942m)。
IMG_6984_20140428223401686.jpg

東には南丈競山(1045m)や浄法寺山(1053m)。
IMG_6986.jpg

今日の目的はほぼ達成されたので、ここで引き返しても良かったのだが、小倉谷山へ(11:27)
IMG_6989_201404282234152e1.jpg

小倉谷山へは一旦鞍部に下ってから登り返しとなる。
IMG_6992_20140428223428101.jpg

また先行されたお姐様たちの声が聞こえてくるが、遠くてよく聞き取れない(笑)
IMG_6994_201404282235275d7.jpg

鞍部のシャクナゲは蕾のものも多く、
IMG_7017_20140429114440681.jpg

5分咲きといったところ。
IMG_6995_20140428223542195.jpg

タムシバの方が目立っていた。
IMG_6996_20140428223555a62.jpg

この辺りはGW後半が見頃かも。
IMG_6997_20140428223608414.jpg

鞍部を過ぎると、芽吹き始めたブナ林を登り返していく。
IMG_6998_20140428223621224.jpg

ショウジョウバカマ
IMG_7000.jpg

ブナ林を抜け、再びシャクナゲが見えてきたら山頂はもうすぐ。
IMG_7001.jpg

12:01 小倉谷山山頂(910m)
IMG_7005_20140428223720e95.jpg
火燈山より33分。

まずは記念の三角点(三等・伏拝)タッチ。
IMG_7006.jpg
お姐様たちもここで引き返されるそうだ。

先程は小倉谷山の陰で見えなかった白山も遥拝。
IMG_7008.jpg

一段と雪解けが進んでいるようだ。早く登りたいな~
IMG_7009_20140429114302d40.jpg

今日の山めしは天ぷら鍋焼きうどん。
IMG_7012_20140429114311468.jpg

お姐様からいただいたおやつをいただきながら、しばし山談義。
IMG_7013.jpg
結構山に登られているそうで、昨年は白山に7回も登られたとのこと。す、すごい!

山頂に着いた頃から日差しが出てきて、白山も次第にハッキリしてきた。
IMG_7015.jpg
風もほとんどなく、ポカポカして気持ちいい~

富士写ヶ岳(942m)に続く不惑新道
IMG_7014_20140429114328402.jpg
標高差は30mほどしかないが、200mほど激下りして登り返すのでかなりハード。

お姐様たちはひと足先に出発され、そろそろ私も降りるとしよう(12:59)
IMG_7016_20140429114430112.jpg

時間も遅いので縦走は次の機会にし、予定通り火燈古道にピストン。
IMG_7018_20140429114452a04.jpg

13:19 火燈山山頂(標高803m)
IMG_7022_20140429114459acd.jpg

ここでお姐様たちに追いつくが、私は降りてきた小倉谷山を見ながら小休止。
IMG_7023_20140429114505f2b.jpg

再びシャクナゲの待つ火燈古道へ(13:23)
IMG_7024_20140429120450df1.jpg
誤って福井県側の山竹田コースに行かれないように。

大内峠までは2.6km。
IMG_7026.jpg

タムシバ
IMG_7025.jpg

13:37 小ピーク(標高約739m)
IMG_7027.jpg

今日2度目のシャクナゲ銀座。
IMG_7028.jpg

下りは登りの時はひと味違った感じに見える。
IMG_7036_20140429120613d59.jpg

ただしシャクナゲにみとれて、コケないように(笑)
IMG_7037.jpg

ロープ場の急坂を下って、次の群生地へ。
IMG_7039.jpg

今年のシャクナゲを見ないと絶対後悔しますよ。
IMG_7043_20140429120655880.jpg

ここでシャクナゲさんたちとお別れ。
IMG_7044.jpg

あとはただ下るだけだが、ミツバツツジも充分存在感をアピール。
IMG_7045_20140429120752d07.jpg

ロープ場でお姐様たちに追いつく。
IMG_7047_20140429120807f9d.jpg

14:15 鉄塔(標高約370m)
IMG_7050_20140429120819568.jpg
お姐様たちは再び山菜探しに夢中(笑)

彼女たちも山菜採りで巡視路の方に行くそうなので、ご一緒する。
IMG_7051_20140429120833263.jpg

山菜の見分け方に不慣れなので、後ろについて勉強させてもらう。
IMG_7052_201404291208462ef.jpg

チゴユリ( 稚児百合 )
IMG_7053_20140429120914161.jpg
ユリ科チゴユリ属の多年草。

野草には目もくれず、獲物を狙うの様な鋭い眼で山菜を探すお姐様たち。
IMG_7055.jpg
彼女たちの通った後はペンペン草も生えていないかも(笑)

エンレイソウ(延齢草)
IMG_7056.jpg
ユリ科エンレイソウ属の多年草。

姐 「アレは少し小さいわね~ でも誰か摘んじゃうから採ってしまおうっと!」
IMG_7054.jpg
なるほど、そういう論理もありますね(笑)

14:37 林道出合(標高約275m)
IMG_7058.jpg

林道に入ってもミツバ採りなどにお忙しそうだったので、ここでお別れする。
IMG_7059_20140429121038a02.jpg
山菜採りのご教授ありがとうございました。いろいろお話できて楽しかったです。
また山でお会いしましょう。

R364旧道に合流(14:43)
IMG_7063_20140429121100dc5.jpg

14:45 火燈山火燈古道コース駐車場(標高約260m)
IMG_7064_20140429121110f82.jpg
下りは1時間46分。

予想以上のシャクナゲに出会え、大満足のハイクでした。

今回のルート図 (クリックすると拡大します)
mt_hitomoshi01_2014043000424563f.jpg


火燈山(803m)・小倉谷山(910m)(火燈古道)
標高差650m
登り 2時間41分、下り 1時間46分、TOTAL 5時間36分
今年1回目・通算3回目

県境の山ですが、石川県側から登っているので石川県の山としました。

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 8

はなきち二人  

おはようございます。

シャクナゲロード、凄かったでしょう。・・・・・シャクナゲ銀座か。ミツバツツジが綺麗に咲いていますね。私達が登った時は蕾が多かったのに。

体調良かったみたいなのに・・・周回すればよかったのに、よっし~さんには整備されたメジャーな山ではスリルがなくて面白くないのかな?(笑)
こんなに綺麗なシャクナゲは、もう何年かは見れないでしょうね。

2014/04/30 (Wed) 09:16 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなくち二人さん こんにちは

はなきちさんたちのレポを見て、遅ればせながら登ってきました。
火燈古道のシャクナゲはピークをやや過ぎかけ、しぼみ始めているモノもありましたが、あれだけ一斉に咲いていたのは圧巻でした。
今年は超~当たり年ですね。

この日は午前中やや肌寒いくらいでしたので気持ち良く登れました。
富士写へ行こうかとも思ったんですが、下山が16時を回ってしまいそうだったので断念しました。
事実帰宅した16時頃には雨が落ち始めていましたので、正解だったようです。

2014/04/30 (Wed) 11:35 | EDIT | REPLY |   

コウちゃん  

まだまだ見れてますね。あれだけアピールしたんですから
行って貰って嬉しいですよ。富士写周辺もまだ五分咲きだったんで
GWでも十分楽しめそうです。

僕も休みに登ったら朝飯1時間とか昼飯1時間は
ゆっくり欲しいですよ。よっし~さんも山飯キチ%&だから取ってますね~。笑

2014/04/30 (Wed) 20:59 | EDIT | REPLY |   

こうじ  

はじめまして、こんばんは。
僕も登ってきました。
凄いですよね??
山でお会いできたらよろしくお願いします。

2014/04/30 (Wed) 21:24 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

コウちゃんさん こんにちは

コウちゃんさんが言われた通り、素晴らしいシャクナゲでした。
あれだけ一斉に咲いているのは見たことがありません。
情報ありがとうございました。

私の場合、山でいろいろ調理して食べることも山歩きの重要な要素になっています。
もちろんアフター登山も(笑)

2014/05/01 (Thu) 11:16 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

こうじさん はじめまして

コメントありがとうございます。
こうじさんも登られたんですね。
ほんと、あのシャクナゲは凄かったですよね。
ツラい登りも花とお姐様たちの会話で癒されました(笑)

どこかのお山で見かけたら、声をかけて下さい。
デカい図体でよたよた登っていたら、多分私です(笑)

2014/05/01 (Thu) 11:19 | EDIT | REPLY |   

山ガールの青レンジャー  

20歳のシャクナゲ

よっし~さん、こんにちわ。

うわ~、シャクナゲいいな~。青レンジャーも見に行きたい~!!!しかし、早くても5月10日あたりにならないと見に行けない。。。その頃にはすでに下火ですかね。。。こんな咲き乱れているシャクナゲは見たことがありません~。どーしても見に行きたい~!!!

若干、お姉様方々の会話、青レンジャー達と通じるものがあります。。。も、もしやへっぽこ登山隊???

2014/05/02 (Fri) 12:20 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 20歳のシャクナゲ

山ガールの青レンジャーさん こんばんは

ここまで咲き揃った満開状態は厳しいかもしれませんが、富士写ヶ岳だとなんとか大丈夫じゃないでしょうか。
是非ご覧になってください。

シャクナゲと山菜に夢中だったお姐様たちは能美市から来られたそうです。
ワラビの雄と雌の違いなどいろいろ教えて貰いました。

2014/05/03 (Sat) 00:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)