現在使っている鹿番長(キャプテンスタッグ)製のコンロはもう15年も使用。
イグナイター(点火スイッチ)部分は壊れてしまったが、まだ十分使える頼れる山歩きのお供である。

ところが消費税増税や原材料価格の高騰のせいか、最近ガス缶(CS-250)の価格が急騰。
2月頃まで実売で400円前後だったものが、最近は600円前後と200円近い値上げ。
月に約1缶、年に12缶は使っていたので、2400円の負担増は大きい。

SOTOレギュレーターストーブ(ST-310)(新富士バーナー)
st310-411.jpg
そこで以前から検討していたこのガスストーブを購入する(実売で5000円前後)。
廉価な家庭用カセットコンロ用のガス缶(CB缶)が使用できるのでとっても経済的
st-310_5.jpg
1缶当たりの値段差は約500円なので、1年間で元がとれてしまう。

ゴトクも大きく、最大直径19㎝の鍋まで使用可能で、収納時はコンパクト。
st-310_3.jpg

またマイクロレギュレーター採用で、
st-310_6.jpg
低温時に火力低下を起こしやすいCB缶でも安定した火力を実現できるそうだ。

さすがに氷点下近くでは厳しいようだが、これから頼りになる1品です。
従来のコンロも時折活躍するかも(笑)

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/401-0b282f4f