2011年11月4日(金)

11月に入ったので、今年の登山は終了という方も多いだろうが、
山登りにハマっている私には、まだまだ登り足りない(笑)

さすがにこれからの季節の1000m超の山々は、私にとって無謀以外の何ものでもない。
今月は紅葉を目当てに、低山を登っていくつもりだ。

今回選んだ山は、【藤倉山】(642m)。
DSC09899.jpg
北国街道の旧宿場町、今庄宿の背後に聳える山で、【鍋倉山】(516m)とともに地元の方から、手頃なハイキングコースとして愛されている。
国道(R365)から一本入った旧街道沿いには、卯建(うだつ)がある商家が建ち並び、今も往時の佇まいを残している。
DSC00048.jpg

登山口はいくつかあるようだが、今回は北陸本線脇にある八十八ヶ所登山口から登ることにする。
DSC09902.jpg
地元の方が八ヶ所と(350m)呼ぶ山で、四国八十八ヶ所を模しており、
DSC09904.jpg

登山口には弘法大師や水掛地蔵の像がある。
DSC09905.jpg

10:20 藤倉山ハイキングコース入口(130m)
DSC09903.jpg

つづら折れの登山道の脇には、石仏が安置されており、
DSC09910.jpg

1番から順番に番号札がかけられている。
DSC09908.jpg

所々に休憩所があり、ベンチが設置されている。
DSC09912.jpg

ここからは七曲り半の登り坂で、
DSC09918.jpg

ややキツくなる。
DSC09919.jpg

なんか見えてきた。
DSC09921.jpg

アンテナのあるこの場所は、湯尾(ゆのお)峠からの登山道との合流点でもある。
DSC09924.jpg

合流点から少し進むと、なぜか橋が。でも川も溝もない。
DSC09928.jpg

欄干には、ごくらくばしの文字。
DSC09929.jpg
そういうことなら渡らせていただきます(笑)

また橋を渡るとすぐに階段。看板には八十八段あると書いてある。
DSC09930.jpg
確かに八十八段あったが、途中やたら歩幅の狭い箇所もあり、こじつけ感ありあり。

前にいるのは、どうみても未就学の保育園児たち。
DSC09931.jpg
あんな小さい子たちが、こんなところまで登ってくるとは・・・恐れ入りました。

10:50 弘法寺(標高350m)で小休止。
DSC09936.jpg
沿道にあった石仏。てっきり88体あるものだと思っていたが、50番ぐらいまでしか確認できなかった。

あれが鍋倉山(516m)だろうか?
DSC09934.jpg

ここから先が本格的な登山道になる。
DSC09937.jpg

でもなんでこんなところにガードレールが??
DSC09939.jpg

どうやら北陸電力の巡視路にもなっているようだ。
DSC09940.jpg

鍋倉山へは一旦鞍部に下って、再度登り返す。
DSC09943.jpg

途中見晴らしの利く場所からは、日野山(795m)や
DSC09945.jpg

先月登ったホノケ山(737m)が望めた。
DSC09948.jpg

鍋倉山山頂に近づくにつれ、急登になる。
DSC09951.jpg

11:27 鍋倉山山頂(標高516m)
DSC09952.jpg
登り始めから1時間7分。

分岐標識の上に小さく山名表示があるだけで、三角点はなし。
DSC09953.jpg
ベンチなどもなく、眺望もほとんど利かない。

5分ほど小休止した後、藤倉山へ向かう。
DSC09958.jpg

鞍部に向けて、手入れされた杉林を80m近く下っていく。
DSC09961.jpg
せっかく登ってきたのに、また下るのかよ~

11:44 鞍部(標高440m)
DSC09964.jpg
藤倉権現や御神燈に下る道との分岐でもある。

鞍部から頂上までは1.2km。200m登り返すことになる。
DSC09966.jpg

美しいブナ林の急登を登っていく。
DSC09970.jpg

途中でみかけた熊の糞。まだ新しい感じだ。
DSC09972.jpg
出てこないでね~

12:10 尾根出合
DSC09973.jpg

急登はここまでで、ここから頂上まではなだらかな道となる。
DSC09976.jpg

あれが頂上か?
DSC09978.jpg

12:20 藤倉山頂上(標高642m)
DSC09984.jpg
DSC09979.jpg

三角点(三等:今庄)
DSC09983.jpg

地元の単独行の女性の方と出会う。
DSC09982.jpg
彼女は私とは逆コースで、鍋倉山側に向かわれていった。

頂上にベンチ等はないが、すぐ横の反射板のところに
DSC09981.jpg

テーブルになりそうな土台があったので、
DSC09985.jpg

ここで食事にしよう。
DSC09991.jpg

まずは、みそ味鍋ラーメン。
DSC09993.jpg

付近の山々を見ながらの食事は格別。
DSC09987.jpg

これだけでは足りないので、
DSC09994.jpg

カレーうどんもいただく。
DSC09998.jpg

1時間ほど滞在したのち、下山する(13:10)。
DSC00002.jpg

下りは登ってきた道を戻るのではなく、そのまま尾根沿いを下っていく。
DSC00003.jpg

細かなアップダウンはあるが、美しいブナ林を進んでいく。
DSC00008.jpg

登山道は送電線鉄塔の下を通っていく。
DSC00013.jpg

眼下には今庄宿の街並みが広がる。
DSC00014.jpg

鉄塔を過ぎると、やや急な下りとなる。
DSC00016.jpg
落ち葉が多くて滑り易いのでご注意を。

14:00 愛宕山(標高270m)
DSC00023.jpg
今庄の人々の憩いの山であり、100mほど先には、
燧ヶ城址(ひうちがじょうし)がある。
DSC00028.jpg
古来より戦略上の重要な地であり、源平、南北朝、戦国期と三度に渡って城が築かれてきた。

先ほど登ってきた鍋倉山が見える。
DSC00029.jpg

燧ヶ城址から再び下っていく。
DSC00036.jpg

色々分岐があって迷いがちだが、新羅神社方面へ。
DSC00038.jpg

建物が見えてきた。
DSC00040.jpg

14:20 愛宕山登山口(新羅神社)(標高150m)
DSC00042.jpg
下りは1時間10分だった。

新羅神社。祭神は素盞嗚命(すさのおのみこと)とされる。
DSC00045.jpg

車を停めた八ヶ所登山口まで、宿場内の旧街道をのんびり歩いていく。
DSC00049.jpg

14:45 八ヶ所登山口。
DSC00050.jpg

途中地元おばさんに教えてもらったふれあい会館へ。
DSC00052.jpg
旧今庄町役場の隣にある入浴施設で、温泉ではないが低料金(300円)でさっぱりできる。

今回の山行。当初は標高が低いので大したことないと侮っていたが、4つの山々を8km近く巡り歩くコースで、意外と登りがいがあり、大満足。
ササユリもキレイらしいので、今度はその頃にも登ってみたい。

藤倉山(642m)・鍋倉山(516m)
標高差512m
登り 2時間、下り 1時間10分、TOTAL 4時間25分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/4-244ea8d5