文殊山、春爛漫

author photo

Byよっし~

2014年3月29日(土) 晴れ時々曇り

♪川口浩が~ 洞窟に入る~

最近ブロ友さんから、山歩きというより探検とか藪漕ぎマニアと言われているよっし~です(笑)
今日も未踏の登山コースを求めて文殊山へ。
IMG_5712.jpg
今回のルートは鯖江市吉谷町の青葉台団地から橋立山に至る青葉台(京斎谷)コース
以前ジーアイシューさんが下りで歩かれたルートで、同氏が名付けられた徳尾峠(仮称)に近い辺りで酒清水からの橋立コースに合流するらしい。
またこのところの陽気で、カタクリもだいぶ咲いているだろう。ワクワク。
10:18 青葉台(吉谷町)登山口(標高約26m)
IMG_5715_20140330013846c8b.jpg
ジーアイシューさんのレポを参考に酒清水から少し離れた青葉台団地へ。駐車場はないので、付近の路肩に車を停めさせていただく。

本当にここかな? 落ちていた板を裏返すと、標識だった。
IMG_5718_2014033001391809b.jpg
標識には「橋立山(帝釈山)登山口 御峯 帝釈社旧跡地」と書かれており、
ここが登山口で間違いないようだ。

まずは林道のような広い道を進むが、すぐに終了。
IMG_5720.jpg

沢沿いの谷間を登っていく。
IMG_5723_20140330014248a98.jpg

キクザキイチゲ(菊咲一華)
IMG_5722_20140330014235ff8.jpg
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

ニリンソウ(二輪草)
IMG_5725.jpg
同じくキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。

かろうじて道らしきトレースがあるが、最近はほとんど手入れされていないようだ。
IMG_5727_20140330014317bcd.jpg
倒木や藪が多く、少し迷いかけた。基本は沢の右岸(向かって左側)を歩いていくのが正解。

ヒメボタン(ホクリクネコノメソウ)
IMG_5728_20140330014343a07.jpg
ユキノシタ科ネコノメソウの仲間。

スミレサイシン(菫細辛)
IMG_5730.jpg
スミレ科スミレ属の多年草。

一段と道が荒れてきた。
IMG_5729_2014033001435680f.jpg
赤テープやリボン、標識もなく、このまま進んで大丈夫かと不安になってくる。

しばらくするとジーアイシューさんの情報にもあった虎ロープが見えてきた。
IMG_5732.jpg
よかった~ この道で正しいようだ。

前方に稜線らしき場所が見えてきた。
IMG_5734.jpg

ひっそりとカタクリが1輪咲いていた。
IMG_5735.jpg

ロープ場になっているだけあって、かなりの急登
IMG_5736_20140330014517707.jpg
足首への負担がハンパない。

ようやく標識が出てきた。
IMG_5740.jpg
うん? なんて書いてあるんだ?? なんだ、上下逆になっているんだ(笑)

カメラを逆様にして文字を読む。
IMG_5740-001.jpg
だいぶ痛んでいたが、「左尾根、山頂へ 京斎谷コース 青葉台→」と読める。
このコース、本来は京斎谷コースというようだ。

10:48 旧帝釈社跡地(標高約165m)
IMG_5741_20140330014616cfb.jpg
立ったまま小休止。広い平坦地になっており、かつてはここに帝釈社があったようだ。
帝釈社は文字通り、仏教の守護神である帝釈天を祀った密教系の寺院で、文殊山の白山信仰とも何らかの関係があったのかもしれない。

標識に従い、左手の尾根へ(10:55)
IMG_5743_201403300146286c1.jpg

谷ぞいほどではないが、ここもロープが張られた急勾配が続く。
IMG_5744_20140330014641a23.jpg

イノシシくんが掘り返したと思われる場所もあった。
IMG_5745_20140330014653117.jpg

左手に別の尾根が見えてきた。あれが橋立コースだろう。
IMG_5747_201403300147309fd.jpg
この尾根と橋立コースの尾根の間が徳尾峠(仮称)から続く部分のようだが、かなりの急斜面。
かつてよく使われていたのはこちらの尾根なのかもしれない。
ジーアイシューのブログで学ばせていただいた柳田国男氏の「峠の表裏理論」でいえば、徳尾側が峠の表口、京斎谷側が裏口ではないだろうか。

もうすぐ合流点のようだが、キツい。。。
IMG_5748_201403300147411f3.jpg

11:14 橋立コース合流点(標高約220m)
IMG_5750_201403300148055c4.jpg

ここにも標識があったが痛みが激しく、青葉台や橋立という文字が読めるぐらい。
IMG_5749_2014033001475257c.jpg

橋立山まではあと少し。
IMG_5751_20140330014816cfa.jpg

11:20 橋立山山頂(標高261.3m)
IMG_5752_20140330014844ca4.jpg
登山口から1時間2分。いや~ このコースもかなりキツかった。

山頂には誰もおらず、ここまでまだ誰とも出会っていない。
IMG_5753_201403300148546de.jpg

5分ほど小休止した後、文殊山方面へ(11:25)
IMG_5756_20140330014910781.jpg

ようやく数組のハイカーとすれ違う。
IMG_5757_20140330014922f40.jpg

橋立山の北側のせいかこの辺りのカタクリはまだ蕾のモノが多く、咲いていたのは10輪ほど。
IMG_5758_201403300149472ff.jpg

11:30 四方谷コース合流点(標高約233m)
IMG_5759.jpg

11:37 小ピーク(標高約270m)
IMG_5760.jpg

咲いている株が増えてきたが、まだ1~2割程度。
IMG_5763_20140330015022315.jpg

11:43 小ピーク(徳尾コース分岐点)(標高約255m)
IMG_5775_20140330015113040.jpg

アマナの咲いている鞍部に向かう。
IMG_5774_201403300151012d2.jpg
今日も大N翁と出会うのかな?(笑)

ヒロハノアマナ
IMG_5778_20140330015132655.jpg
前回80株近く咲いていたアマナも、残っていたのは僅かに10株程度。咲いていた花もだいぶくたびれた様子で、残念だがおそらくあと1~2日でほとんど枯れてしまうだろう。

この辺りのカタクリは”美人さん”が多い。
IMG_5786_20140330015232a10.jpg

一番キレイだったのが、このお嬢さん(笑)
IMG_5782_20140330015140aa2.jpg

11:57 小ピーク(標高約253m)
IMG_5787_20140330015244cda.jpg

右手には前回登った丹波岳(290m)
IMG_5788.jpg

12:02 小ピーク(標高約283m)
IMG_5789.jpg

奥の院に近づくにつれ、カタクリは5~7分咲きと増えてきた。
IMG_5791.jpg

12:12 奥の院(標高350m)
IMG_5793_20140330015359634.jpg
大勢いるのかと思いきや誰もいなかった。

小休止していると、誰か登ってきた。
IMG_5795.jpg
おや? あれは! 登ってこられたのははなきち二人さんたちだった。
実は今日文殊山に登られるとおっしゃっていたので、何処かでお会いできるかもと思っていた。
大正寺から登ってこられたはなきちさんたちの情報では、展望台付近の群生地も結構咲いているそうで、例の場所にはシロバナも咲いていたそうだ。
私が青葉台コースから登ってきたことが分かると、予想通り呆れられていた(笑)

アマナを見に行かれるはなきちさんたちと別れ、大文殊方面へ(12:28)
IMG_5796_20140330015424ade.jpg
情報ありがとうございます。またお会いしましょう!

今年のカタクリの開花具合は、例年と比べるとちょっと異変
IMG_5797_20140330015502020.jpg

例年は日当りの良い四方谷側から咲き進むのに、今年は大文殊や奥の院近くの方が早いみたい。
IMG_5807_20140330015507673.jpg
名残り雪で稜線部に冠雪があったり、寒い日が続いたせいなのだろうか?

12:36 南井コース合流点(標高約314m)
IMG_5808_201403300155174e9.jpg

シロバナは昨年は登山道の西側に咲いていたが、今年は東側らしい。
IMG_5809_20140330015530445.jpg
西側はやはり盗掘されたせいなのかも(悲)

シロバナカタクリ
IMG_5812_20140330015537df6.jpg
今年も出会えました! しかも姉妹で。

こちらがお姉さんかな?
IMG_5814_20140330015611023.jpg

決してスタイルは良くないが、純白の花弁の内側にあるピンクのラインがキュート
IMG_5813_201403300156051a2.jpg
お願いです! 撮るのは写真だけにして下さい。

12:47 大文殊(頂上)(標高365m)
IMG_5815_201403300156210d2.jpg
タイムは2時間29分。山頂は賑わっており、ご住職やUZさんも居られた。

薄曇りだったが、白山もうっすらと拝むことができた。
IMG_5824_20140330015735d04.jpg

宴会中のUZさんのテーブルにご一緒させてもらう。
IMG_5816_2014033001562886b.jpg

U:「今日もカレー?」
よ:「えっ、なんで分かったんですか!?」

UZさんとご一緒になる時は、この時この時もなぜかいつもカレー(笑)

今日の山めしはヤキモチなカレー
IMG_5819_20140330015715925.jpg
詳しくは山めしにて。

食後はご住職と談笑。
急に暖かくなったせいで一気にカタクリが開花し、例年ほぼ正確なご住職の開花予想も外れてしまった(笑)
ほんと、今年の文殊山の春は少し勝手が違う。

本堂脇のシュンランが咲いていた。
IMG_5822.jpg

河津桜の蕾もだいぶ膨らんでいて、1両日中には開花しそう。
IMG_5829_201403300158131f2.jpg

前回同様、大正寺コースへとも思ったが、久しぶりに南井コースへ(13:51)
IMG_5831_20140330015824eb9.jpg

トキワイカリソウ(常盤錨草)
IMG_5833.jpg
メギ科イカリソウ属の多年草。通常のイカリソウは赤紫色だが、文殊山近辺は白色のトキワイカリソウがほとんど。

シロバナさん、来年もそのお姿を見せて下さいね。
IMG_5836_20140330015840e21.jpg

13:58 南井コース合流点(標高約314m)
IMG_5837.jpg

南井コースは稜線までの距離が短い分、四方谷コース同様急登のコース。
IMG_5838_2014033001591957e.jpg
急斜面をつづら折れに下っていく。

14:03 山婆の岩洞
IMG_5840.jpg
かつて山婆が棲んでいたという伝説があるそうだ。南井コースにはこのような巨岩が多い。

わずかではあったが、カタクリも咲いていた。
IMG_5841_20140330015938332.jpg

14:13 八畳敷岩
IMG_5843_201403300159507f3.jpg
岩の上の広さがおよそ8畳分なので、こう名付けられたとされる。

14:19 林道出合(標高約140m)
IMG_5844_20140330020001153.jpg
この林道、右へ行けば四方谷コース、左に行けば大正寺コースに合流します。

林道を横切って登山道へ。
IMG_5845_20140330020029eaa.jpg

14:22 岩上地蔵
IMG_5846_20140330020041e34.jpg
岩神が変じて岩上となったとされる。

14:24 林道終点(標高約87m)
IMG_5847.jpg

砂防堰堤を左手に見ながら林道を下っていく。
IMG_5848_20140330020103ebe.jpg

14:28 南井登山口(標高約50m)
IMG_5850_2014033002014472a.jpg
下りは37分。駐車場にハイカーの車はなかった。

車を停めた青葉台までは約2kmの道のり。
IMG_5851.jpg
四方谷方面に向かう。

私以外にも登る酔狂な方がいるのかな?(笑)
IMG_5852_201403300201591d4.jpg

途中にあるビオトープ(片上自然博)。
IMG_5855_201403300202098fd.jpg

県道は左側に迂回しているが、1kmほど遠回りになるので、近道すべく直進。
IMG_5856_20140330020215647.jpg

左手の山(158m)と橋立山から続く尾根との間に林道があり、通称四方谷坂と呼ばれる。
IMG_5857_2014033002025723b.jpg

舗装されているが、意外と傾斜がキツい。
IMG_5859_2014033002030722f.jpg

14:45 四方谷峠(仮称)(標高約60m)
IMG_5860_201403300203173b0.jpg
峠付近は両側とも固い岩盤になっている。

吉谷側にはイノシシ除けのゲートがあった。
IMG_5862_201403300203264b8.jpg
四方谷側にゲートや電気柵がないのはなぜ?

吉谷町の集落を抜けて青葉台へ。
IMG_5864_20140330020332fae.jpg

15:09 青葉台(吉谷町)登山口(標高約26m)
IMG_5717_20140330013859727.jpg

登りの時には気付かなかった登山口近くにあったこの花、なんというのだろう?
IMG_5866.jpg
どなたかご教授下さい。

今回も藪漕ぎあり~の、ルートロストしかけた場所あり~のと、プチ探検ハイクだった(笑)
スプリング・エフェメラルたちが続々と咲き始めており、文殊山はまさに春爛漫
カタクリは来週半ばぐらいから満開と思われ、あと2週間ほどは楽しめそうです。

今回のコースの概要はこちらのMAPをご参照下さい。

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(登り:青葉台コース 下り:南井コース)
標高差339m
登り 2時間29分、下り 37分、ウォーク 41分、TOTAL 4時間51分
今年10回目・通算88回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 8

はなきち二人  

こんにちわ。
昨日は、一瞬気づかず失礼しました。
よっし~さんは、目出し帽のイメージがあったので。でももう暑くて被れませんよね。(笑)
あの後、ヒロハノアマナを見に行ったけど終わりかけで滑り込みセーフの感じでした。
帰りに城山へも行ってきたけどあれだけ白花があると感動がないですね。また、何処かの山でお会いしましょう。今度は絶対に解りますから。

最後の、写真の花は、園芸種で「ハナニラ」だと思います。確認してください。

2014/03/30 (Sun) 15:47 | EDIT | REPLY |   

NeNe  

文殊山 完全制覇攻略マップが出来そうですね。

私も思いました。今年はカタクリの開花場所の順番が違うみたいですね。
でも この違いがあるお陰で まだ当分楽しめそうですね。
最後の花は「ハナニラ」だと思います。

2014/03/30 (Sun) 16:25 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

はなきち二人さん こんにちは

昨日はこちらこそ足を止めさせてしまいすみません。
やっぱりマスクかあゆむくんがないと分かりづらかったですかね?(笑)
私はきちさんのバンダナと、はなさんのお顔で思い出せました。

アマナ、滑り込みセーフでしたね。
今日の雨でおそらく全部終了してしまったでしょうね。

あの後、城山に行かれたんですね。
私も帰り際に寄ったんですが、16時を回っていたのでお会いできなかったようで。
確かに今年のシロバナの多さは異常ですね。
私が数えただけでも10株ありましたから。

ハナニラご教授ありがとうございます。
野生種じゃないよな~と思っていたんですが、やはり園芸種なんですね。

2014/03/30 (Sun) 17:01 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

NeNeさん こんにちは

ほんと今年のカタクリの開花具合は例年の逆みたいな感じですね。
先週の土曜日には橋立山付近は降雪があったので、寒さで遅れたのが原因かもしれませんね。

ハナニラ、ありがとうございます。また1つ賢くなりました(笑)

NeNeさんも昨日、城山に登られたんですね。
私も文殊山の後に登ってきました。
カタクリやシロバナ、ショウジョウバカマは見つけられましたが、ヤマルリソウやシュンランは気付きませんでした。
下ばかり向いて登っているんですが、足元近くしか見ていないので視界外にあると見落としてしまうようです(笑)

2014/03/30 (Sun) 17:08 | EDIT | REPLY |   

ジーアイシュー  

こんにちは
青葉台コースの詳細な調査ありがとうございました。ちゃんとした登り口があったんですね。私のほうは歩きやすいところを歩いていたら、よっし~さんが出てきたところよりひとつ西の谷筋に出てきてしまいました。そこから徳尾峠(仮称)に向かって道のようなものがありましたから、それが古い峠道だと思われます。

一応、地図を作りましたので、良かったら見てください。

http://giwonderworld.web.fc2.com/2014/tokuotouge_chiriin.html

青葉台コースは橋立山への最短ルートですし、掘れた古い道がありますので、もっと整備すれば良い登山道になると思います。それに丹波岳・広野山の登山道も興味がありますので、その内歩かせてもらおうかなと思います。

2014/03/31 (Mon) 13:17 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ジーアイシューさん こんにちは
コメントありがとうございます。

青葉台コース登ってきました。
前半の谷間部分はトレースが分かりづらく、ロープが出てくるまで何度も迷いそうになりました。

ジーアイシューさんが途中で外れたコースの入口も場所は確認しています。
いつになるかは分かりませんが、こちらもいずれ登ってみたいと思います。
ほんと、文殊山は奥深いですよね。

丹波岳は稜線歩きの大N新道(仮称)以外にも、別所林道を通って観音ヶ岳(分岐)と広野山の間の稜線に出る古道があるようです。
藪や倒木の具合は不明ですが、こちらも近いうちに調査して参ります。

2014/03/31 (Mon) 18:25 | EDIT | REPLY |   

山ガールの青レンジャー  

ショック。

よっし~さん、こんばんわ。

ええ~!!!ヒロハノアマナはもう終了っぽいんですか~!!!見に行こうと思っていたんですが・・・ちょっと考えてみます。。。しかし、カタクリは凄い。。。ああ、どうしよう~。

今回もヤブコギ名人の出番ですか~。これだけ何度も多くのコースを歩かれていらっしゃるので、例え目隠しで山の中に連れてこられても(どんな状況???)、文殊山では迷うことなんてないですよね~。

ところでよっし~さん、文殊山で一番お好きな登山口はどちらでしょうか?参考にしたいと思います。

2014/04/02 (Wed) 18:13 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: ショック。

山ガールの青レンジャーさん こんばんは

残念ながら今年のアマナは終了のようです。
少し遅かったですね。
でも毎年咲くので来年こそは是非見にきて下さい。
カタクリが開花する少し前から咲き始めているので、見頃は3月の中~下旬でしょうか。

>例え目隠しで山の中に連れてこられても(どんな状況???)、文殊山では迷うことなんてないですよね~。

そんな無茶な・・・(笑)
でも二上コースや大村コースなら夜間でも迷わず歩けるかも。


一番好きなコースですか。。。
季節によっても異なりますが、カタクリの時期なら四方谷コースか大正寺コースですね。
大正寺コースはおおむねなだらかな尾根歩きで、カタクリだけでなく、紅葉の時期もイイです。

四方谷コースは稜線に合流するまでは急登で、合流点から山頂(大文殊)は小ピークを7つほど越えていくロングコースなので少々疲れますが、カタクリ群生地の中を歩いていくのでオススメです。

またこの2つをミックスして、登りは四方谷コース、下りは大正寺コースというのもイイですよ。

参考レポはこちら
http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/blog-entry-382.html

でも2コースとも遠方から来られた方には登山口の場所が分かりづらいかもしれないので、
こちらの文殊山のコースMAPと登山口情報で場所をご確認下さい。
http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

なお2コースともカタクリ以外の時期はハイカーが少ないです。

無難なところでは、駐車場が広くてハイカーの多い二上コースやなだらかな大村コースがオススメですね。

2014/04/04 (Fri) 00:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)