2014年3月11日(火) 晴れ

昨日までの寒波でに逆戻りした福井だが、今朝は朝から気持ちの青空が広がる。
こんな日は朝から山へ行きたいところだったが、二度寝して目が覚めると11時過ぎ(汗)
という訳で、今日も近場の文殊山ということになった。
IMG_5419_20140311171207cc1.jpg
今月はこれでもう3回目。常連さんたちにお小言を言われないように励んでいます(笑)
12:55 二上登山口駐車場
IMG_5420_20140311171216b93.jpg
駐車場には15台ほどの車。午前の部第2陣の方々だろう。

林道からは湯気のように水蒸気が上がっている。
IMG_5421_2014031117122590b.jpg

13:02 二上登山口(標高26m)
IMG_5422.jpg
今日も長靴でハイク開始。

頭上から積もった雪が溶けた水が、シャワーのように降り注ぐ。
IMG_5423_2014031117125107a.jpg
しまった!目出し帽持ってくれば良かった。

また下山してきた常連さんから、「お、感心感心。今月は登っているね」と褒められた(笑)

いつも沼田場状態の第4ベンチ付近も、積雪があるせいか歩き易い。
IMG_5424_2014031117131920a.jpg

13:27 岩清水付近
IMG_5425_201403111713315df.jpg
この辺りでお会いしたソロの女性から、「よっし~さんですよね!?」と声を掛けられた。
マスクもあゆむくんもしてないのによく分かりましたね??
やはり”よたよた”した歩きっぷりのせいだろうか(笑)

岩清水から先は一面雪で歩き易かった。
IMG_5426_20140311171338040.jpg

また暖かな日差しが注いでいて気持ちいい。
IMG_5427.jpg

13:37 七曲合流点(標高248m)
IMG_5428_2014031117135806e.jpg

七曲りに入ると雪は溶けていて、相変わらずぐじゃぐじゃ。
IMG_5429_20140311171429611.jpg

13:52 小文殊(室堂)(標高296m)
IMG_5430.jpg
ここまでで10人とすれ違う。

鞍部への下りもドロドロ。
IMG_5431.jpg
帰りはもっとひどくなりそう。。。

角原合流点付近は日が当たりにくいせいか、雪が溶けずに残っていた。
IMG_5432_20140311171458b6e.jpg

この辺りでもTS翁や常連さんたちとすれ違う。
IMG_5433_20140311171508e97.jpg

14:14 大文殊(山頂)(標高365m)
IMG_5434_2014031117154065f.jpg
タイムは1時間12分。前回よりいっぱい担いできた割にはほとんど変わらず。
いい天気なのでご住職も詰めておられるかと思いきや、山頂にはソロの男性だけだった。

雪化粧した福井市街。
IMG_5438.jpg
でもこの雪も明日にはほとんど消えていることだろう。

白山も純白のお姿を見せてくれていた。
IMG_5442_20140311171633bb2.jpg

白山を遥拝しながら、いただきます!
IMG_5441_20140311171611fd8.jpg
今日は風もほとんどなく、ビアが美味い。程なくM川翁を始め、3人ほど登ってこられた。

久しぶりにいっぱい担いできました(笑)
IMG_5439.jpg

今日の山めしは大好きな日清焼きそば
IMG_5440.jpg
もちろん2袋ですがなにか。

ミートボールも添えていただきます。
IMG_5446.jpg
これにご飯もあるとサイコーなんだだけどな~(笑)

酒清水から縦走してきたという単独行の男性と談笑。
この男性、徳尾コース付近のえぐれた山肌部分の話など、結構ディープな話題が多い。
もしかして。。。
尋ねてみると、U字倶楽部お気軽、里山歩きジーアイシューさんだった。

この方、福井のマイナーな山や古道、忘れ去られた峠道などを歩かれており、実はこっそり拝見して非常に参考にさせていただいている。もっとお年を召した方かと思っていたが、意外とお若い方だった。
ジーアイシューさんも時折、このブログをご覧になられて参考にされているとのこと。
いや~ ジーアイシューさんの豊富な情報量から比べたら、お恥ずかしい限りです。

すっかりマイナーな山談義に華を咲かせてしまい、気付くと15時半過ぎ。

酒清水方面にピストンされるジーアイシューさんと一緒に山頂を後にする(15:34)
IMG_5447_20140311171651377.jpg
とっても楽しかったです。またお会いしましょう!

鞍部付近の雪もだいぶ緩んでいた。
IMG_5448.jpg
慎重に降りていこう。

15:49 小文殊(室堂)(標高296m)
IMG_5449_20140311171710702.jpg

最悪な箇所を通り過ぎて少し気が緩んだのか、小文殊の先の坂で体勢を崩し見事に転倒。
IMG_5450.jpg
ジャケットが泥まみれになってしまった(涙)

16:01 七曲合流点(標高248m)
IMG_5452_201403111717398a3.jpg
転んだ際、ザックを泥から守ろうと半身に捻ったせいか、わき腹が痛い。

16:26 二上登山口(標高26m)
IMG_5453_2014031117174993d.jpg
下りは52分。駐車場に戻ると私の車だけだった。

再び雪化粧した文殊山だが、ぽかぽかな日差しが降り注ぎ、春の訪れは着実に進んでいるようだ。
しばらくは路面が滑り易い状況が続くので、特に下りはご注意下さい。

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(二上コース)
標高差339m
登り 1時間12分、下り 52分、TOTAL 3時間35分
今年7回目・通算85回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/380-d040588c